人気ブログランキング |


タグ:鎮西探題 ( 5 ) タグの人気記事

博多駅前史異聞 その4 字馬場
親愛なるアッティクスへ

昨日の続きです。
珍しく、熱心に続けて書いております(笑)。

その上で、探題舘博多市中に存在した鎌倉時代、後に博多の南にに開削されることになる房州堀はまだ無く、代わって天然の堀の役目を果たしていたのが流れを変えられる前の比恵川(現御笠川)だったと考えられます。
(房州堀というのは、戦国時代に大友宗麟の家臣・臼杵安房守鎮続により掘られた堀だと言われていますが、研究者の間では江戸初期の掘削という説もあるようで、まあ、いずれにしても鎌倉時代はなかったわけです。)

現在の御笠川は博多の東を通り、そのまま、博多湾にそそいでいますが、本来は、現在の流れから突然、西に流れを変えて、今のキャナルシティの脇の低地へ注いでいたそうで、となれば、河口には現在同様、那珂川も存在していることから、一帯は大雨が降るたびに洪水に見舞われていたそうです。
これにより、中世に大規模な治水土木工事がおこなわれ、川の流れは現在のように変えられたそうで、その名残が私が子供の頃まで存在していた鉢の底川であると。
(ちなみに、キャナルシティ一帯は現在も排水の上では低地であり、今も傍にあるポンプ場からポンプで水をくみ上げて那珂川に排出しております。博多駅前史参照。)

e0027240_1132026.jpgただ、房州堀は比恵川の残存物とは角度的にも考えにくく、そう考えれば、比恵川の本来の流れは、房州堀よりはもう少し上流の地点、少なくとも現在の博多駅付近から流れを変えていたと考えるのが自然であり、つまり、こう(←)なっていたのではないか・・・と。

また、鉢の底川ですが、こちらも本来はもっとも無理のない形で延長したならば、それこそ、うちの馬場添の方向に流れることになり、事実、私が子供の頃はそこを流れていました。
(キャナルシティ脇の川の形は変わっていないと考えて良いと思います。)
これは那珂川の支流だったのですが、おそらく、農業用水として、クリークを引いたということはあったでしょうから、それを拡幅延伸して作ったということは考えられるでしょうね。
(実際、私が子供の頃には鉢の底川と平行して、幾筋もどぶ川が流れていました。もっとも、おかげで、大雨が降れば、すぐに床下浸水でしたけどね(笑)。)

結論を言えば、当時、字馬場は比恵川の北、つまり、博多市中の内側にあったことになり、となれば、ここは博多の南端にぷくっと膨らんだような場所で、城で言えばいわゆる出丸のような所でありながら、洪水が多いことから砦のような防御施設を構築することも出来ない場所だった・・・と。
その一方で、探題舘からここまでは何ら遮られる物なく行くことが出来たことを考えれば、平時は馬場にしておいて、有事の際にはすぐに駆け付け、比恵川を防衛線として戦うという戦略を採った・・・と。
すなわち、こここそが鎮西探題舘の馬場であった・・・と。
でもって、馬場はわかったのですが、ところで肝心の馬場添って何だったんですかね?
                                平太独白
by heitaroh | 2010-05-25 08:21 | 地域 | Trackback | Comments(20)

博多駅前史異聞 その1 鎮西探題舘
先日、元寇研究会会長氏による「元寇後の城郭都市 博多と鎮西探題」というセミナーを聞きに行ってきました。
元々、さして興味があったわけでもなかったのですが、先日来、鎮西探題九州探題について触れてたこともあり、出かけてみました。

e0027240_11594974.jpg(←旬ですね(笑)。)

で、会長さんは、おそらく、元は学識者なのでしょう、さすがになかなかの手練れだとお見受けしました。
(もっとも、元寇研究会なるものがあるのを初めて知りましたが(笑)。)
とはいえ、話自体は、まあ、私の認識と大差なく、そう改めて驚くような話は無かったのですが、一点だけ、興味深い箇所がありました。
鎌倉時代、博多市中にあったとされる鎮西探題の居舘、いわゆる「探題舘」ですが、私が興味を持ったのは、この舘に隣接してあったとされる「犬射馬場」というものの存在でした。

先日も触れましたが、元弘3年、肥後の菊池武時が、その探題舘を襲撃して破れた際、彼らが討たれた場所こそ「犬射馬場」だった・・・と。
で、なぜ、この名称に反応したかといいますのも、私が生まれた福岡市下人参町(現在の博多駅前三丁目)は、以前から、平太郎独白録 : 「博多駅前史」シリーズで変遷について述べてきました通り、実は正式名称ではなく、(なぜか、上人参町、中人参町は正式名称として町名登録されておりますが、下人参町だけは町名申請しなかったようで、あくまで、通称どまりとなっております。)正式には、福岡市大字春吉という地名でした。
(こちらもややこしいのですが、春吉という地名はすぐ近くに別に存在しており、こちらはあくまで大字春吉です。昔は本家の春吉の飛び地のような存在だったようです。)

で、その大字春吉には当然、大昔には小字が存在したようで、明治の地図には「字人參畑」という字も見えるのですが、おそらく、これは通称を小字と勘違いしたのだと思いますが、正確には、当地の小字は「馬場添」というものでした。
で、調べてみたら、近くには「馬場」という小字もあり、私が子供の頃には近くには馬場新町という町もあったことから、「その付属地?」とも思ったのですが、でも、同時に思ったのが、「馬の調練場なら、福岡城の近くに作るでしょ?」と・・・。
で、犬射馬場という名前を聞いて、もしかして、馬場添の馬場って、福岡藩の馬場ではなく、鎮西探題の馬場だったんじゃないの・・・!と思ったわけです。

自己満足シリーズは長くは続かないつもりだけど、とりあえず、明日に続く(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-05-21 08:38 | 地域 | Trackback | Comments(0)

古の九州探題は何処にありや!を推理する その4
親愛なるアッティクスへ

先日よりの続きです。

e0027240_16425173.jpgこの鎮西探題の城があったと言われている鷲尾山、今では、鷲尾愛宕神社として知られているところですが、ここは、今でこそ一等地であるものの、先日から申しておりますとおり、私が良く行っていた昭和50年頃までは決して、それほど賑やかだとは言えない所でして・・・。

e0027240_11192429.jpgこちらの方で少年時代を過ごしたという知人によると、「昔は、意識の上では、室見川までが福岡市内、川の向こうの愛宕から先は郊外という感じだった・・・」とか。

私は、愛宕神社だけは行っていたものの、それ以外にはあまり、馴染みがなかった地域ですので、この方の言が当を得たものかどうかはわかりませんが、確かに、そんな感じだったかもしれません。
当時は、福岡市の市域はもっと小さかったですから。
(ちょうど私が愛宕神社に連れて行かれていた最後の頃の昭和50年頃に、福岡市の人口が100万人を超えたとか何とか言っていたような気がします。)

e0027240_1145636.jpgとなれば、私が子供の頃でもそういう感じだったわけですから、ましてや、鎌倉期ともなると、ここは相当に人里離れた寂しい所だったと思えるわけで、(博多市中までは車で30分程度ですから、おそらく、人の足では単純計算で片道2時間くらいかかったのではないでしょうか。)そもそも、「九州総督」として中央政府から派遣されてきたはずの探題が、都邑の殷賑からかけ離れたこんな僻地にそびえ立つ、天然の要害に籠もらなければならないということ自体、探題の力の弱まり・・・、率直に言えば、「怯え」を示していると思うからです。
(←探題城本丸址。もっとも、昭和の初めには日本で二番目になるケーブルカーがあったそうですから、その当時に整地されたものかもしれませんけどね。)

e0027240_11484395.jpg先述した菊池武時探題博多舘襲撃事件の直後、中央で足利尊氏鎌倉幕府に反旗を翻すと、時の探題・北条英時の恐れは現実の物となり、九州の有力武士らは一斉に、探題城に攻め寄せ、防戦虚しく、ついに城は落ち、英時は自害して果てた・・・と。
(←北側麓より臨む鷲尾山。標高と共に、山頂に愛宕神社がおわかり頂けるかと。当時であれば、海中に浮かべた船から城を見上げた光景だったでしょうか。)

この後、中央での政争に敗れ、九州へと落ちてきた足利尊氏は、再び、京へ攻め上るに際し、九州の押さえとして、一色範氏を博多に置き、ここに九州探題が始まる・・・と。

ようやく、次回より本題に向かいます(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-04-30 08:00 | 歴史 | Trackback | Comments(2)

古の九州探題は何処にありや!を推理する その3
親愛なるアッティクスへ

先日よりの続きです。

e0027240_13454487.jpgその鎮西探題が居城とした鷲尾山ですが、実は、ここは私にとっては大変、思い出深い所でして、と申しますのも、ここは現在、鷲尾愛宕神社となっており、その中腹にある焼き餅屋さん(←)が、父のお得意様だったようで、子供の頃から、何かあると良く連れて行かれたんです。
(昔はこんなに立派ではありませんでしたけどね・・・。)

e0027240_14315964.jpg当時、ここから見る南側の風景はと言うと、ゴッホも惚れ惚れとするような見事な田園風景でして・・・。
(←ここから見える、山裾に至るまでの風景すべてが緑一色だったと想像してください。)

それが、平成の初め頃に行った時には、見渡す限り、びっしりと建物だらけになっており、さらにそれから10年ほど後には都市高速は通るは・・・で、さら現在は地下鉄も走っており・・・。
往事を知る者にとって、その変貌ぶりは驚嘆です。

e0027240_14352644.jpgここは、東は室見川という川が流れ、で、当時は海中に取り残されたような殺風景埋立住宅街があるだけでした。
(←右端に見えるのが福岡タワー。ということは、昭和30年代までは手前の樹木と右中程タワー奥に見える遠景の山以外、すべて海だったと・・・。)
e0027240_14464031.jpgちなみに、西は姪の浜という街ですが、ここは昔は漁師町でしたので、おそらく、鎌倉期は入江だったのではないでしょうか。
(←ちなみに、南側を下から見るとこのようになっております。隣のマンションと比べると、その断崖絶壁ぶりが際だっており、つまり、三方が海と川、南は断崖ということで、改めて、その難攻不落ぶりが偲ばれるでしょうか。)
ただ、その堅固な要害ぶりと裏腹に、探題がここに城を構えた・・・ということ自体、その後の滅亡を示唆していると思います。


次回に続く。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-04-26 17:40 | 地域 | Trackback | Comments(2)

古の九州探題は何処にありや!を推理する その2
親愛なるアッティクスへ

昨日の続きです。

福岡市南区に在する花畑小学校には、かつて、九州探題があった・・・という石碑の文面についてですが、まず、私が疑問に思ったのは、「鎌倉時代に九州探題があった」という表記自体についてでした。
というのも、私の記憶では、確か、鎌倉幕府によって設置されたのは鎮西探題であり、九州探題を設置したのは室町幕府だったからでした。
で、そこら辺を少し整理しておきますと、まず、「探題」というものについて言えば、源 頼朝によって創建された鎌倉幕府ですが、同時にそれは当時の日本の国土的に見たならば、京都に比べ、極めてに偏重した政権が成立したということでもありました。
となれば、当時は、電信設備は愚か、宿場さえもろくに整備されてない時代であすから、中央政府に決裁を仰いでも、返事が来るのに数ヶ月はかかってしまうわけです。

e0027240_12293350.jpgこれでは元寇などの緊急時に対応できないということで、ある程度の権限を持たせた出先機関を設置する必要性に迫られたことから設置された機関が探題で、一手に当地の行政・裁判・軍事などを管轄した・・・と。
(←元寇防塁・・・ではないかと言われている物です。)

e0027240_1226296.jpgで、この鎮西探題について言えば、こちらの方は割とどこにあったかがわかっていて、舘は当初、交際上の必要からか博多市中の一等地にあったようですが、博多市中は便利ではあっても、防衛上は堅固とは言い難く・・・。

(←当時の博多。)

実際、鎌倉幕府が揺らぎ初めた元弘三年(1333年)には、肥後の菊池武時が探題館を襲撃しており、このときは、少弐・大友といった在地勢力の協力を得て、これを退けたものの、改めて、博多市中に居館を置くことの危険性を痛感したと思われます。
(私がまだ高校生だった昭和53年(1978年)の夏、中洲から博多駅へと向かう地下鉄の工事現場から、無数の人間の頭骨が発掘されたことがあり、研究者の見解によると、この、探題舘襲撃のときに撃退された菊池勢のものではないかということでした。)
それがあったからか、いつの頃からか、探題舘は現在の福岡市西区愛宕にある愛宕神社がある地に移ります。

次回に続く。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-04-21 08:21 | 歴史 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
遅ればせながら、40万ア..
by sakanoueno-kumo at 18:55
> sakanoueno..
by heitaroh at 01:18
スゴイじゃないですか! ..
by sakanoueno-kumo at 21:49
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:08
明けましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 18:50
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:10
心配ご無用。 間違いな..
by sakanoueno-kumo at 17:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:53
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧