人気ブログランキング |


タグ:耐震偽造 ( 6 ) タグの人気記事

教員免許更新制導入論議に対する教育の是非。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_11362363.jpgここ最近、鬱々として楽しまざる事がありましたので、思い切って、「自分にご褒美」みたいな感じで、結構な昼飯を食いに行きました(笑)。
おかげで、今日はそこら辺の弁当か何かで我慢・・・です。

ところで、安倍政権は、首相の私的諮問機関「教育再生会議」の設置を決定しておりましたが、先日、そのメンバーが決まったというニュースを耳にしました。

まあ、はっきり言って、顔ぶれになどは興味がないのですが、主に、学習指導要領の見直し、教員免許の更新制度、学校・教員の部外評価制度、全国的な学力調査の実施、学校選択制、大学入学時期の見直しと社会奉仕活動の義務づけ、教育バウチャー(利用券)制度などが、議論されると聞いております。

元々、教育という点では、私の考えは、平太郎独白録 「学年不要論」や、平太郎独白録 「学問とは志であり、学校制度は日本にはなじまない。」などで述べたとおりですが、いずれにしても、少しでもいい方向に進んでくれればと思っております。
ただ、これら教育再生会議の討議事項の中で、一点だけ、「ん?」と思ったのが、「教員免許の更新制度」でした。

先般より、姉歯建築士の構造計算偽造に端を発し、世間を騒がせた「耐震偽造」問題以来、一級建築士などにも免許の更新制度が導入されるそうですが、まあ、こういった建築士などを始め、日々、新しい技術が出てきている業界は、まあ、こういう更新制度というものもありなのかな・・・とは思います。

その意味では、真っ先に、更新制度導入の対象になってもおかしくないと思われるのが医師免許でしょう。
しかし、今、医師不足は深刻な問題となってきており、現段階で医師免許にも更新制度を導入することは、決して、現実的だとはいえないと思います。
まあ、だからこそ、医療制度改革というものが、なかなか、進まない一因になっているのでしょうが。

で、思うのが、古代ローマ共和制から帝政へと移行する道を拓いた、英雄、ユリウス=カエサルですが、彼は自らが権力を握ると、元老院議員の議席を増やし、征服したばかりの属州の族長などを元老院議員に登用するなどの様々な、改革に取り組みましたが、その中の一つに、「医師教師には、無条件でローマ市民権を与える」・・・というものがありました。
つまり、「医師と教師」というのは、時代は変わっても、国家にとっては、それほどまでして、量を確保しなければならない存在・・・ということなのではないでしょうか?

となれば、更新制度を導入するという点では、教員もまた、一考を要するのではないかと思った次第です。
大学のような、最先端の知識が求められるところは別としても、指導教材の変更で十分に対応出来る小中高などの教員免許も更新制度を設けるのでしょうか?
もし、これが導入されれば、まあ、更新のレベルにもよるのでしょうが、実際に、いじめ校内暴力などの学業以外のことに対処しなければならない教員に対し、もの凄い負担になりますよね。
実際には、教員は順番待ち・・・というくらい、数が多いといいますから、いきなり、医師免許と同じように考える必要はないとは思いますが、将来的に見て、「量の確保」という点では如何なものかと思った次第です・・・。

ちなみに、うちの子供が通っている市立小学校へは、私は殆ど行ったことが・・・、ていうか、行かせてもらったことがないのですが、なぜかというと、妻曰く、私が行くと、すぐにケンカになる・・・からだそうです。
以前、一度、ちらっと話を聞いたときには、厳しく叱る先生が、一度、担任を外れた後に、また、戻ってくるということになったときに、父兄の中には、「あの先生には戻ってきて欲しくない。子供が学校に行きたくないと言い出した」といって、反対した人がいたそうです。
私的には、子供が悪いことして、先生が叱るのは当たり前のことだと思います。
私だって、そりゃあ、毎日のように先生から・・・、あ、いえ、何でもないです(笑)。

問題は、価値観の相違だと思うんですよ。
つまり、そういう、「うちの子に手を挙げるなんて!」って親は、そういう価値観を持った人ばかりの学校に行かせるべきだと思うんです。
今のように、日本人全体の価値観が多様化してきた時代に、一律に住民票でその区域の公立学校に行かせるから、とかく、問題が起きる。
もっと、柔軟に、「こちらではあわないみたいだから、こっちに行かせますね」くらいのことがあっていいと思うんですよ。

ていうか、イマイチ、言いたいことがまとまりませんでした。
やっぱり、モチベーションが上がらないもんで・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-10-20 08:21 | 教育 | Trackback(2) | Comments(7)

福岡における新たな耐震偽造疑惑に想うマスコミのあり方。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1754612.jpg←昨日は、ここで飲んでました。

で、以前から、気になっていた店だったのですが、中洲とは全然、違うところにあるのに「中洲寿し」・・・。

昔は中洲にあったのが移転したのかな・・・と思っていたら、大将(博多では、(あるじ)のことをこうい言います。)の名字が中洲さんでした(笑)。

私、結構、こういう昭和30年代の雰囲気、好きなんですよ。
ちなみに、この店、何と、営業を始めて50年!、変わらず、この場所でやっているのだそうです。

ということで、本日も、食欲はまるでありません(笑)。

で、福岡市では、昨日の朝刊に、非姉歯物件での耐震偽造が見つかったという記事が出てました。
参考:国交省九州局が設計会社「サムシング」元社長を聴取
これって、実は、以前、平太郎独白録 寒波襲来に見る耐震強度偽造事件の構造的問題!の中で取り上げた会社でした。
まあ、このときは、名称などを出すことは控えましたが、新聞に、こうはっきりと名前が載った以上、もう、いいかなと・・・。
まあ、この社長は、強硬に容疑を否認しているそうですが、ここに関しては、以前から、地元では、あまり良い評判は聞こえてこなかったんですけどね・・・。

それはさておき、実は、地元では注目するようなことが起きてます。
裁判になっている問題の福岡県篠栗町の物件(非木村建設物件です。)でも、分譲元、建設会社、設計事務所は、姉歯物件同様、「自分には責任はない」と言い張り、それぞれに押し付け合いをしているわけですが、一昨日だったか、この件での、姉歯物件におけるヒューザーのような立場にある会社のトップ脱税容疑逮捕されました。
(あ、シノケンじゃないですよ!)
何だかこれって、あまりにも、タイミングが良すぎません?
思わず・・・、何か勘ぐってしまいそうです。

ただ、これで、彼らを悪玉だと決めつけるのは、少々、拙速であるとも思います。
「ロッキード事件」や、「江川 卓投手の空白の一日事件」「三浦和義氏の『ロス疑惑事件』のときなどをみるまでもなく、マスコミという物は、一旦、誰かを悪玉に祭り上げると、もう、歯止めの利かない「喰い殺すまでやめない猟犬」のようになってしまう一面があるからです。
確かに、「彼は悪い!」と書かないと売れないという、三面記事好きの日本人の性格もあるでしょうが(「スクープ競争体質」という過剰競争がそれを支えているのだとも思いますが)、しかし、熱が冷めた後で、「実は彼は無実だった!」となったとき、マスコミはどう責任を取るのでしょうか?
まさか、「ごめん、ごめん!」で済ませるつもりではないのでしょうから、巨悪を暴く・・・という社会的使命はあっても、それなりの慎重さは求められると思いますが如何でしょうか・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング>
by heitaroh | 2006-02-11 08:35 | 時事問題 | Trackback(5) | Comments(11)

ALWAYS 駅前三丁目の夕日3 耐震偽造にみる職人気質
親愛なるアッティクスへ

耐震強度偽造事件ヒューザー小島社長というスターの登場ですっかり、ワイドショーネタになった観がありますね。
シノケンが一番、喜んでいるんじゃないでしょうか?
まったく、目立ちませんからね(笑)。
ちなみに、シノケンの本社があるところは、以前はオウム真理教道場でした。
つくづく・・・、いや、何でもないです(笑)。

さておき、この件では、当ブログでも、すでに3回も触れましたので、これ以上、あまり掘り下げるつもりはなかったのですが、この問題が語られるとき、ワイドショーなどで、コメンテーターや有識者などから、度々、あるひとつのセリフを耳にしました。
それ即ち、「昔は・・・」という言葉です。
「昔は職人気質だったから、こういう問題は起こらなかった。」、「昔は、その家が、誰の仕事かわかったから、手抜きはなかった。」「昔と違って、今や、職人気質という言葉が死語になった。」などなど。
でも、私に言わせれば、「職人気質」ってものも過大評価されているように思えますし、「手抜き工事」って言葉だって、生まれたのは最近のことではないですよ。
何より、一戸建てならともかく、今、問題になっているようなRC(鉄筋コンクリート)の物件なんかは、戦前からゼネコンの仕事です。
技術革新がそれほど激しくなかったことと、終身雇用制がしっかりしていた為に余り問題にならなかっただけで・・・。

この点、当家は代々大工の棟梁でしたので、昔の職人や施主というものが、どういうものだったのか、色々と聞いております。
コストダウン圧力などと言うのも、何も今に始まったことではなく、「施主から値切られる」から、大工の方も儲けを残す為に色々、やったとか。
知り合いの職人がよく言ってましたよ。
金を出せば、いくらでもいい建物を建ててやるよ。金を出さなければ、こっちだって、ただ働きするわけにはいかないんだから、どこかで調整しなければならないことになる。つまり、それなりの建物になるってことさ。」と。

一方で、施主の方もしたたかで、夜間に、柱や板などが本当に見積の数だけあるかどうか数えて廻ったとか、「あの人はまだ、職人じゃなくて弟子(見習い)」という理由で、支払を値切ったり・・・ということもあったらしいです。
(ある職人は、初めて弟子に上がったとき、棟梁から「床屋に行け。」と言われたとか。親切心でも何でもなく、丸坊主では弟子の手間賃しかもらえないから、少しでも職人に見せる為・・・だったそうです。)
また、職人といえば、皆さん、「自分の仕事には誇りを持つ」とか、「口は悪いけど、気はいい職人さん」というものをイメージしておられるようですが・・・、何の何の!この点は、私は身を持ってよく知っております。
最近でこそ、あまり見かけなくなったようですが、昔の職人の困ったところは、人の道具などをすぐに盗むんですよ。
言ってみれば、「職人の魂」を盗まれる方が悪い!ってことでしょうが、今の時代に、これをやられると本当に困りましたよ。
ちゃんと管理しているのを持って行くんだから・・・。

何でもかんでも、過ぎ去ったら美しく思える。
ALWAYS・・・如何でしょうか、御同輩。
                                 平太独白
by heitaroh | 2005-12-01 08:01 | 時事問題 | Trackback(4) | Comments(0)

耐震強度偽造問題その3 設計監査という結論。
親愛なるアッティクスへ

今、世上を騒がせている姉歯建築士と、ヒューザー小島社長というのは共に宮城県北部出身同郷だそうですね。
で、小島社長の方は置くとして、姉歯建築士は宮城県立古川工業高校卒で、1976年に高校を卒業後、東京中堅ゼネコンに就職したと言います。
彼は私の四歳上であり、まあ同世代と言っていい年代ですが、それだけに、何となく、これまでの姉歯という人の半生が透けて見えたような気がします。

実は、私の同級生にも、同じく工業高校卒設計士をやっている者が何人かいるのですが、(いずれも大変そうです。)そのうちの一人が、以前、ぽつんと言った言葉があります。
「設計士で高卒というのは、なかなか、大変なものがあるんだ・・・。」
まあ、安藤忠雄さんの例もあるわけですし、何より、違法行為をした姉歯建築士を擁護するつもりは、さらさらありませんが、地方の工業高校を出て、東京の中小企業に就職した人間が、自分で設計事務所を始める・・・ということがどういうことであったか。
同世代だけに、彼が上京後に生きてきた道程がわからないうでもなく、そう考えれば、マスコミに追いかけ回され、晒し者にされているあの姿は、自業自得とはいえ、何とも、哀れに思えて成りません。

で、前回の続きですが、「やはり、『審査される方が客』という構図の民間審査はダメだ!」という意見があるようですが、役所が審査していたら、見逃さなかったかと言えば、必ずしもその保証もないようです。
着工前の建築確認はうるさいくせに、竣工検査は受けないでも何も言われないという・・・(笑)。
すでに、制度自体が形骸化していたということでしょう。
となれば、必要なのは、「こういうことをしたら割に合わないよ。」と一罰百戒で教えることではないでしょうか。

この後、一度、民間建築審査会社で確認したものを、再度、役所が審査するのであれば、二度手間でまったく意味がないことになりますし、再び、「やはり民間には任せておけない・・・」ということで、すべて官がやるというのも規制緩和という主旨からすれば、時代の流れに逆行することになるのではないかと思います。
(そういえば、今思い出しましたが、以前、私の知人が勤務する化学工場の隣にマンションが建つことになったとき、役所などに「危険だ。」ということを申し入れに行ったそうですが、役所は、「これまでだったら、こういう近隣交渉問題が片づかないうちは、何だかんだ言って建築確認を降ろさなかったものが、今では、民間建築審査会社で確認が下りてしまうのでどうしようもない・・・。」と言っていました。)

元々、この件は、以前、平太郎独白録 「耐震データ偽造事件にみるヒルズ族性善説への期待。」でも申しましたように、権限を委譲した官の側にも、「指名停止、営業停止になりかねないことをするようなバカなやつがいるわけがない。」という思いこみがあったように思います。
となれば、今後は制度の破れている部分を繕えば済むことであり、あるいは、宅建業界のように、万一の時に備え、審査業者には、保証料として一定額を供託させるか、それとも保証協会加入を義務づける・・・などというのも一つの方法でしょう。

むしろ、この問題は、これまで散々言ってこられたことでしょうが、日本人には未だに馴染めない「自己責任」というものの一種であり、昨今、あちらこちらで起きている事件と同質のものだと言えるでしょう。
そういう視点で見てみたならば、今後も規制緩和というものの方向が変わらないと仮定すると、官が持っていた権限を民間に委譲すると言う流れに変化がないことが予想され、そうなると、施主・住宅購入者と言った人たちの側も、引き渡し前に、自分で選んだ第三者設計士監査依頼する、いわゆる「設計監理」ならぬ、「設計監査」という考え方が必要になってくるのかもしれません。
by heitaroh | 2005-11-30 00:52 | 時事問題 | Trackback(4) | Comments(0)

耐震強度偽造問題その2 処理方法としての結論。
親愛なるアッティクスへ

姉歯建築士による耐震強度偽造問題・・・、先日も平太郎独白録 「耐震データ偽造事件にみるヒルズ族性善説への期待。」の中で指摘してました通り、やはり事件は拡大の様相をみせてきましたね。
さらに、木村建設自己破産社員全員解雇ヒューザーも年内倒産を匂わせる文書を国交省に送ったとか。
確かに、武部幹事長「悪者捜しに終始すると景気がおかしくなる」発言を聞くまでもなく、当事者が片っ端から潰れちゃったら、被害者救済もできないわけですから、感情論に振り回されるのは如何な物かと思います。

この問題、現実を直視したならば、ヒューザーシノケンなどに、果たして、これだけの事件の賠償能力などあるのでしょうか?
まあ、銀行が貸せば別ですが、「年内倒産」などと自分で言っているところに、貸すとは思えないし・・・。
(ましてや木村建設や姉歯建築士など、逆立ちしても・・・。)
となれば、結論としては、被害者救済の為には、公的資金の導入以外に方法はないのではないでしょうか?
もし、それしかないとしたならば、それを実行する為には、ひとつ、大前提としなければならないことがあります。
それ即ち、「悪いことをしたやつらを刑務所に入れなければならない。」ということです。

アメリカでは、年金事業団でしたっけ?あれの清算の際に公的資金を導入したときは、片っ端から悪いことをした奴らを刑務所にぶち込みましたよね。
そこで、責任をはっきりさせて、それから国民負担を求めるのでなければ、事件自体は、まったくの民間の犯罪なのですから、国民感情納得しないでしょう。
で、思い起こされるのが、日本では、住専問題の時など、悪いことしたやつらの責任が曖昧なまま、公的資金の導入だけを俎上に挙げたから、ゴウゴウたる非難が巻き起こったわけですよね。
結果的にも、末端は少しは罪を問われたかもしれませんが、住専に天下りしていた大物官僚OBなど、肝心の首魁は何の罪にも問われることはなかったと記憶しております。
今回も、ヒューザーの小島社長などが、伊藤元国土庁長官を連れて国交省に行って、「100億か200億くらい」の公的資金投入を求めたなどと言う話も聞きましたが、これが事実かどうかはともかく、被害者の救済の為の公的資金投入が犯罪者の救済になることだけは、国民感情からして、到底、理解が得られないでしょう。

おそらく、この問題(に限らず)、一番大事なのは偏に決定権者の意向でしょう。
「覚悟」と言い換えても良いのかもしれません。)
まずは何をするのか、しなければならないのか。
モラルハザードの問題などもあります。
「救済しない」という選択肢も有りでしょう。
民間の犯罪公的資金を投入するというのはおかしいと判断するか、それとも、被害者救済を第一として特例的に公的資金を投入するか。
どちらに決定しても、助長補短がしっかりしていれば、マスコミの論調はともかく、国民は支持すると思うのですが・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2005-11-29 07:32 | 時事問題 | Trackback(32) | Comments(6)

耐震データ偽造事件にみるヒルズ族性善説への期待の是非
親愛なるアッティクスへ

今、設計事務所によるマンション・ホテルなどの耐震データ偽造事件が問題になってますよね。
まず、民間の検査機関の側で言えば、いくら役所のマニュアルに沿ってやっているからと言っても、明らかに怠慢だと思います。
おそらく、国土交通省検査機関も、こういう物を偽造するなんて事は、まったく想定してなかったのでは?と思います。
パソコンで作成する建設関係の色々な書類は、私も作っていて、「まるで偽造されるということを前提としてないな。」と思う物がたくさんありましたよ。
役所的には、「そんな営業停止指名停止にされるようなことを、自ら進んでやるやつがいるわけがない。」という発想でしょうか。
(中には、役所から「この書類を出せ!」と言われ作成する書類もあるのですが、多くが、ただ受け付けるだけであることが多く、「だったら、書いてあることが、本当のことなのかどうかわからないでしょ?」と言う場合もあります。つまりは、明らかに役所の自己満足的な書類・・・。)

一方で、提出サイドに絞れば、構造計算下請け設計事務所は、一人で罪を被るつもりみたいですけど、実際のところ、大元であるデベロッパーからの、有形無形のコスト削減圧力こそが主因でしょう。
おそらく、この問題は、この程度の拡がりでは収まらないと思われます。
なぜなら、この点で、私には、思い当たることがあるからです。

二年ほど前、私はある地場ゼネコンの社長さんと会食したことがあるのですが、当時、建設業もどん底だったこともあり、その社長さんは業績の厳しさばかりを口にされておられました。
で、私が、「でも、現実に***建設**とか、***さんなんか、好業績をあげている新興の建設デベロッパーもあるわけじゃないですか。」と言ったところ、その社長曰く、「あれはね、見ててごらん。10年後には社会問題化するよ。」と言われました。
それが何を意味しているのかはそのときはわかりませんでしたが、今回、この問題の中で、そのとき話に出た一社が取りざたされたのをみて、「ああ、こういうことだったのか。」と今更ながらに得心した次第でした。

これは何も、耐震データ偽造だけではないと思われます。
おそらく、あれは氷山の一角であり、他社が建設不況の中で、軒並み、業績悪化で苦しんでいる中、こういう会社が桁違いに業績を伸ばしてきた背景には、徹底した・・・というよりも、むしろ、「手段を選ばない」と言った方が正確なまでの、コストダウンがあったのだろうと思います。
となれば・・・。
もちろん、すべてが違法なことだとは言いませんが、こういった新興の企業人にどの程度、モラル意識というものがあったのかと言われれば、少々、疑問ではあります。
むしろ、今のヒルズ族と言われる人たちに代表されるような勝ち組と言われる人たちに、性善説を期待する社会の仕組みがおかしいのだと思います。

下請け設計事務所の方も、それを断っていたら、仕事は来ないわけですから、仕方ない!という上で引き受けていたのだろうと・・・。
まあ、家の問題に限らず、急成長している会社のものを買うときは、むしろ、気をつけるべし!という教訓でしょう。
同業他社が業績が伸びてない中、値段も変わらないのに、その会社だけが伸びているというのは、つまりは、どの部分かの経費削っている・・・という場合が大きいのですから。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2005-11-19 07:55 | 時事問題 | Trackback(7) | Comments(6)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:39
今回に限らず、あの番組で..
by sakanoueno-kumo at 17:22
> sakanoueno..
by heitaroh at 14:02
岡城、一度行きたいんです..
by sakanoueno-kumo at 09:41
> sakanoueno..
by heitaroh at 09:41
「離合」、初めて聞きました!
by sakanoueno-kumo at 09:26
>とがわさん 大橋..
by heitaroh at 12:11
大橋武夫氏の名言に惹かれ..
by とがわ at 11:58
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧