タグ:ゲゲゲの女房 ( 4 ) タグの人気記事

死んでなかったヤザワのゲゲゲの名伯楽
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1632022.jpg矢沢永吉という人がいます。
言うまでもなく、還暦を過ぎても、なお輝き続けるロック・シンガーで、ちょうど、私が高校生の時に「時間よ止まれ」の大ヒットでカリスマ的人気を誇っていた人なのですが、盛者必衰の理に漏れず、私が大学に入った辺りからその人気は翳りを見せ始め、自作映画を作ったり、アメリカのレコード会社と契約したりというニュースは耳にするものの、曲もぱっとしませんでしたから、このまま下降線を辿っていって、いずれ、「天地真理」状態にでもなるのかな・・・と(笑)。

それが、その翌年辺り、ちょうど、私が20歳を越えた頃くらいにCMソングとして「YES MY LOVE」が出て、「あれ?」と思っていたら、続けて出たLAHAINAを聞いた瞬間、「あ、ヤザワ、まだ死んでないや」・・・と。
その後の活躍は改めて触れるまでもないことですが、なぜ、こんなことを言うかというと、アスリートなどと違い、音楽などの芸術を売る人たちには基本的にアーチスト寿命というのは無いんだということを思うからです。
つまり、彼らは本当に良い物を提供すれば聴衆は受け入れてくれるということであり、「時代が変わった」とか、「飽きられてしまった」・・・、あるいは、「大衆の嗜好が変わった」などと言っている人たちは、それ以前に「本当に良い物を提供していない」のではないかという気がするんです。

確かに、時代の変化というのはあるでしょう。
実際、我々が大正時代のヒット曲を聴いて、当時の人たちと同じように感動できるかといえば、そこは生活習慣も違えば環境も、言語さえも違う以上、難しい物があことは事実でしょう。
でも、一世代くらいなら、十分、許容範囲で、実際、私も、親の時代の曲でも好きな曲はありますし、うちのガキどもも私が彼らくらいの時に聞いていた「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」などを聞かせたところ、気に入ったみたいですし・・・。

この点で想起するのが、今年の流行語大賞にもなった「ゲゲゲの女房」で、スランプに陥った水木しげる翁が「もう、誰も私の漫画なんか見てくれませんよ」と投げ遣りに言うのを受けて、盟友のイヌイさんが「大丈夫です。本物は消えません」というシーンです。
(毎度、思いますが、流行語大賞って、一体、何を基準に選んでるんだ・・・と。昨年の「政権交代」なんてまったく流行してませんし、今年のも流行はしたけど、流行語にはなってないだろう・・・と。)
イヌイさんという人は、水木翁にとって、であり、仕事仲間であり、理解者であり、でもあったのでしょう。
それだけに、今の水木漫画に何が欠けているかはわかっていたはずで、(おそらくは仕事が増えるうちに、かつての野性味のようなものが無くなっていたのでしょう。)それなのに、「今、あなたの漫画に何が欠けているかは私にもわからない。でも、それが何かわかるまでは大いに苦しんでください」・・・などという辺り、この人は、翁にとってはまさしく名伯楽だったのでしょうね。
こういう人たちに囲まれていた水木しげるという人は本当に幸せな人だったんだなと大変、羨ましく思えますね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-12-14 18:00 | 文学芸術 | Trackback | Comments(4)

ドラマ「ゲゲゲの女房」に日々黙考 その6
親愛なるアッティクスへ

水木しげる・布枝夫妻の半生を描いた「ゲゲゲの女房」もとうとう、終わりましたね。
私は、元々、朝の連ドラなどはまったく見ない人でしたので、これでまた、そういう物に縁遠い生活に戻ると思いますが、ていうか、そもそも、朝の連ドラなんて物をここまで見たのは初めてでしたよ。
で、このドラマ、最初は別に「やってれば見る」という程度だったのですが、佳境に入って以降は、恥ずかしながら、結構、独り、感涙にむせぶことも・・・、いやあ、とにかく、色々なことを考えさせられました。

①布枝夫人のお父さんが水木翁に対し、「家族という物は家長を中心に一糸乱れぬ統制の元、粛々と・・・」などと言うシーンなどは、今のお常識なら、「理不尽な!」、「人権侵害だ」などという罵声が聞こえてきそうですが、明治生まれの義父大正生まれの婿との間では、その概念に対してはいささかの疑問も存在しないわけで・・・。
九州人的には、我が家でも、今でもそうありたいと思っているのですが、如何せん、時代の波には逆らうには私は余りにも非力すぎます・・・(涙)。

②「皆、、戦死する者は戦闘で死ぬと思っているだろうが、実際には戦闘以外で落命する者も多かった」という体験を語る中で、ワニに食われて死んでいった者の話がありました。
まあ、この話自体は私も以前より聞いていたので特に驚く話ではありませんでしたが、印象に残ったのが、「皆、自分はこんなことで死ぬのかと驚きながら死んでいった」・・・というくだりです。
私も、過去、何度か死にかけたことがありますが、中でも過般の凍死の時と、学生の頃に志賀島で溺れかけた時には、まったく、そういう感じでしたね。
「え?嘘やろ?俺はこんなので死ぬの?」・・・と。
私的に言わせて頂ければ、「死はいつも明確な意図をもって訪れるとは限らない」・・・というところでしょうか。

スランプに陥った水木翁のもとを貧困時代からの理解者・イヌイさんが訪ねてきて、「私もあなたの近頃の作品には精細が無いのが気になっていた」と言い、「私はもう過去の人だ!」と嘆く翁に対し、「大丈夫です。本物は絶対に消えません。水木しげるは本物です」と確信を持って言い切る・・・。
そして、「今の貴方に何が足りないのか私にもわからない。今は大いに苦しんでください」といい、これにより、スランプから脱出するわけですが、私が思うに、多分、イヌイさんは水木翁に足りないものが何かはわかっていたと思いますよ。
まさしく、名伯楽でしょう・・・。

で、これらのどれより、私が一番、痛感したことがあります。
今の私に一番、致命的なまでに欠けている部分であり、本当は、その部分についてこそ書きたかったのですが、ここに顕すには余りにも身の不徳は如何ともし難く・・・、また、いずれ機会が有れば・・・。
ちなみに、長女のアイコさんがどうやら私の一歳下くらいのようですので、昭和40以降のシーンなどを見ていると、我が家も結構、同じような感じがありましたね。
確かに、うちも水木家と同様で、たまに家族で出かけるとなるとデパートで、しかも、行くだけで何も買ってくれないんですよ・・・(笑)。
そういえば、うちも母の弟などが来ると、デパートに連れて行ってくれて好きな物を買ってくれていたような気がしてきました(笑)。
嗚呼、昭和は遠くなりにけり・・・ですね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-09-28 17:35 | 文学芸術 | Trackback | Comments(2)

祭り…縁日…雑踏…昭和のワンダーランド「放生会」
親愛なるアッティクスへ

e0027240_13501978.jpg今、福岡三大祭りの一つ、箱崎放生会に来ています。

(←放生会名物、「博多ちゃんぽん」です。ちゃんぽんと言ってもラーメンの太い奴・・・じゃないですよ。ガラスで出来た、口にくわえて吹くと音が鳴る奴です。もっとも、買ったことないですけどね(笑)。)

私が子供の頃は、この季節が近づくと、「梨も柿も放生会」と言いながら、心待ちにしたもので、思えば、当時はコンビニなんてありませんでしたからねぇ・・・。

e0027240_13504874.jpg従って、何か買ってもらうとなると、デパートでしたが、でも、デパートで何か買ってもらえるなんて、ホント、正月くらいで・・・。
それ以外は、「ゲゲゲの女房」見て思い出しましたが、親戚のおじさんなどが来ると、良く、デパートに連れて行ってくれるので、親戚が来るのを楽しみにしていたような気がします。

それが、ここだけは未だに凄い人混み(←)ですよ。
今日は平日で、しかも比較的早い時間なので、まだ、人と人の間に隙間がありますが(笑)。

e0027240_1351545.jpg(←昨日だけは、この光が昭和の灯りに見えました。実際には、昔はもっと暗かったんでしょうが。)

私が子供の頃はまだ、市内電車が走ってましたので、我が家はそれで行っていましたが、地下鉄では少々、味気ないですね。

e0027240_13512074.jpgそういえば、一度、帰りがけに市電に乗っていると、酔った労働者風の人が乗ってきて、子供心にも少し嫌な感じだったのですが、案の定、降りる時に金を払わないで降りようとして、運転手さんからドアを閉められ、降ろす降ろさないで揉めて電車が動かない・・・ってことがありました。
ダイヤの時間が一分一秒かっちり決められた現在では考えられない話ですね(笑)。
その時は、見かねた乗客の20代くらいのお兄さんが後ろから出てきて、その人の分を払って、一件落着となりましたが。

e0027240_16301886.jpgで、放生会といえば、何といっても外せないのがお化け屋敷(←)でしょう。
ちなみに、お化け屋敷と並んで外せないのが見せ物小屋ですが、呼び込みの口上を聞いていて、思わず、笑ってしまいました。
「蛇を生で食べる女!もう、これが最後の一人となりました」・・・って、えらく、正直な(笑)。
そう考えれば、この「芸」(?)ももう、見られなくなる日が近いんでしょうね。
本当はこういうことをやらせること自体、何とも酷い話なのでしょうが、消えてしまう・・・と思うと、少し寂しい気もします。

e0027240_17114059.jpg私などは、当時は、「また、やってるよ」くらいしか思いませんでしたが、むしろ、今まで、人権団体などは何も言わなかったものだと。
この辺も、ノスタルジー映画では絶対に描かれない、昭和という時代の一面なんでしょう。

で、この、日本中の出店が集合したんじゃないかというくらい大がかりな昭和のワンダーランドを出たならば、当然、行き着く先は一つで、これまた如何にも昭和・・・って感じの居酒屋で一杯引っかけて(←)、往事に思いを馳せながら家路に着きましたとさ。

                                         平太独白
by heitaroh | 2010-09-14 18:55 | 地域 | Trackback | Comments(2)

ドラマ「ゲゲゲの女房」に日々黙考 その2
親愛なるアッティクスへ

先週よりの続きです。

e0027240_1626315.jpgこのドラマでは、最近、よく耳にする、「昭和30年代は物はなかったけど、皆、幸せだった」という刷り込みが所詮、詭弁でしかないことを知らしめるに十分なまでの、まるで痛いまでにザラザラした「貧困」というものの現実が如実に描き出されているように思います。

ここ数年、映画・「ALWAYS 三丁目の夕日」に代表される、まるで当時が理想郷であったかのような描かれ方が為されてきましたが、でも、現実にはそんな甘い世界ではなかったことはたびたび、申し上げてきた通りで、実際の貧困とはもっと、肌を刺すような物ですよ。
幼稚園くらいまでしか知らない私が言うのも如何かと思いますけど(笑)。)

e0027240_1771740.jpgと言っても、私自身は子供の頃から、欲しい物は人並み以下にしか買ってもらえなかったものの、とりあえずは、平均的な生活はして来られましたので、決して偉そうなことは言えた立場ではないのですが、ただ、私が子供の頃は、良く、マンガ(当然、他力本願です(笑)。)などを読んでいると、「俺が貧乏人だから犯人と疑われたんだ!」というようなセリフが出てきました。
当時は私の周囲ではこういう話は聞いたことがありませんでしたので、私的には、読むたびに少し違和感があったのですが、おそらくこれは、読んでいる側ではなく、書いていた側の世代の人たちにとって、少なからず、日常的にあった光景だったのではないでしょうか。

事実、後年、知ったのですが、私の同級生でも同様のことはあったようです。
その同級生曰く、「俺は本当は勉強は好きだったんだ。だが、クラスで文房具が無くなったとき、『買えないから盗んだ。おまえしかいない』と疑われ、いくら、自分じゃないと言っても先生に殴られ続けた」と・・・。
「以来、勉強なんかするものか!と思った」・・・と。
まあ、さすがに我々の時代は、必ずしも、その他多くの事例の中の一つだったというわけではないと思いますが、間違いなく、背景には「家が貧しいから」ということがあったようですから、何とも酷い話ではあります。
(今なら、大問題になるところでしょうが、当時はそんなもんでしたからねぇ。私なども、そこまで酷い話ではありませんが、似たような想いは経験ありますよ。)

この点で、このドラマは、「三丁目の夕日」とは違い、ある程度、水木しげる翁と布枝夫人の実体験に基づいているのでしょうから、貧困というものの扱い方という点ではリアリティがあるように思います。
豊かな現代日本人は、「貧困」ということを一食抜くくらいのダイエット的感覚でしか捉えていない人が多いように思えますが、しかし、かねてより申し上げているとおり、「人は走ることが辛いのではなく、ゴール無くして走り続けることが辛いのだ」という意味で、「終わりのない貧困との闘い」とは夫妻にとっては本当に辛いものだったでしょう。
この後の翁の成功を知る我々は、一時的な雌伏の時代のような観を持っていますが、ドラマの中でもたびたび出てきたように、実際には志半ばで筆を置いて去っていった無数の水木しげるがいたわけで・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-07-05 18:28 | 時代観 | Trackback | Comments(6)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 16:51
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 15:44
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:58
13周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 00:36
>sakanoueno..
by heitaroh at 17:30
現地での発見って快感です..
by sakanoueno-kumo at 21:42
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:01
> sakanoueno..
by heitaroh at 15:57
尊氏という人は、何度か絶..
by sakanoueno-kumo at 15:05
スピンオフ、光栄の極みで..
by sakanoueno-kumo at 14:49
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:48
もとは自身のスキルアップ..
by sakanoueno-kumo at 09:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:26
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:23
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 03:13
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧