人気ブログランキング |


<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「黒田家三代」「毛利輝元」増刷決定!心より御礼!

e0027240_1954128.jpg私、昨年末の12月下旬に、性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之の黒田家三代の藤と相克を描いた

(←)「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」

を出版したと申し上げました。

さらに、その舌の根も乾かぬうちの今年1月下旬、道楽ついでとばかりに、関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた処女作、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」を、
e0027240_19573042.jpg(←)「毛利輝元  傾国の烙印を押された男」

として復刻再出版致しました・・・とご報告申し上げた次第ですが・・・、
このたび、目出度く、この二作品が、ともに、
増刷決定!
ということになりました。
これもひとえに皆々様のお力添えの賜と、心より深謝御礼申し上げます。

(くどいようですが↑↑からでも、右下のライフログからでも購入できます(笑)。今回は結構、生活がかかっておりますので、どなた様もこれで息を抜くことなく、尚一層、宜しくお願い致します(笑)。)

ただ、私もまさか、12月下旬1月下旬に発売した無名の作家が書いた物が、まさか、2月初旬に増刷されることになるとは思っておりませんでしたので、正直、驚いております。

この件については、実は、先日、お買い求め頂いた友人から、「ネットで買ったら、『完売したので、入手にあと、1ヶ月くらいかかる』と言われた」という話を聞いていたのですが、なにぶん、販売状況在庫状況などは私の方では、どうなっているのかは皆目わからず・・・。
(出版社の方でもはっきりと把握していないようです。)
私としては、以前もそういうことがあったもので、「ほんまかいな〜」と思っていたのですが、何と、ホンマだったんですね。
ということで、しばらくは入手にご迷惑をおかけすると思いますが、しばし、「予約」だけしておいて頂ければと思います(笑)。

まずもって、どなた様もお力添え、ありがとうございました。
心より、伏して、御礼申し上げます。
                                         平太独白

by heitaroh | 2011-02-09 20:52 | 私小説 | Trackback(1) | Comments(11)

マンガ「タイガーマスク」に自分の図書館を持ちたい老後の夢
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1125419.jpgおのぼりさんは・・・、とうとう、買っちゃいました(笑)。
タイガーマスク(←)・・・です。

私が子供の頃はとにかく、流行りましたからねぇ。
何かの景品で、虎模様のマントチャンピオンベルトなどを持っていたような気がしますよ。

昨年末から話題になった伊達直人によるタイガーマスク現象で、何だか無性に見てみたくなったのですが、当初、頭に浮かんだのはアニメの方でして・・・。

で、アマゾンで検索してみたらマンガ本の方が先にヒットしまして、「ああ、マンガか・・・」と思ったのですが、よくよく考えてみると、私が見てたのはむしろ、マンガ本の方だったことに気が付きました。
もちろん、アニメも見ていたのですが、私の記憶ではアニメ化される前、確か、当初は、「ぼくら」という雑誌で掲載が始まったと思うのですが、その後、「ぼくら」が「ぼくらマガジンになり、「ぼくらマガジン」が「少年マガジン吸収合併され、最終的には少年マガジンで連載されていた・・・と思います。

ちなみに、私は、この頃、結構、この「ぼくら」を愛読しておりまして、当時、これと並んで好きだったのが、「冒険王」(月刊)という雑誌で、こちらは確か、同じく、「まんが王」という雑誌に吸収され、その後、その「まんが王」も「少年チャンピオン」に吸収されたと記憶しております。
しかし、あの当時、私はマンガなどは誕生日正月くらいしか買ってもらえませんでしたので、自分でも、一体、どこで見ていたのか不思議でもあります。
結構、店先で立ち読みしていた記憶もありますし、友達が持っていたのを読ませてもらったりもしたのでしょうが、それでもどうやって読んでいたのか不思議なくらいに、殆ど毎号読んでいた記憶があります。
(その意味では、本当にマンガに渇いてましたね。)

だから、私は今でも、本はもの凄く、大切にします。
(最初から捨てるような物は逆に買いません。読み捨ての週刊誌などは定食屋などで見ることはありますが、自分で買うことはないですね。)
従って、蔵書類は結構、膨大な数に上っており、家人からは目の仇にされているのですが、私は老後は自分の「池田図書館」を建てるのが夢です。
と言っても、タイガーマスクでおわかりの通り、私の蔵書類は玉石混淆で、こういうマンガ本や中には教育上好ましくないような本(ご想像にお任せ致します(笑)。)から、文献、記録誌、辞書、辞典の類まで多岐にわたっておりますが、でも、たとえ、公序良俗に反するような雑誌でも、それはそれで、その時代を映し出す一つの資料であるという考えから、私はそれらも含めた上での図書館としたいと思っております。
実際、昭和の頃のそれなどを見ると、結構、興味深いものがありますしね。
「今なら、こんなの何の問題もないんだろうけど、昔はこれで大騒ぎしていたんだからなぁ・・・」と。
(あくまで、ご想像にお任せ致します(笑)。)
                                         平太独白

by heitaroh | 2011-02-08 08:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

KARAを見ていて哀しくなった戦略無き日本製アイドルの劣位
今、巷はKARAの解散問題で揺れてますよね。
(揺れているのはお前だけだ・・・などという暴言には耳を貸しません(笑)。)
この点で思うのが、KARAに限らず、韓国のアイドルがどんどん、日本デビューしている・・・ということです。
これは、「単なる可愛いおねえちゃん」・・・のこととなどではなく、まさしく、アイドルという名の韓国製品の躍進だと思うべきでしょう。
事実、少し前まで、東南アジアなどでアイドルといえば日本のアイドルだったのが、今や、韓国のアイドルばかりで、日本のアイドルについて尋ねてみても、「日本のアイドル?知らなーい」という状態だとか。

今、世界ではジャパン・ブランドにあぐらを掻いていた日本製品は格下と思っていた韓国製品に次々と駆遂されているというような話を良く耳にしますよね。
(日本の家電5社が束になっても、サムソン1社に経常利益(?)で及ばない・・・とか。)
これについては「日本は豊かな国内市場を持っていたので、それに安住して出遅れたが、韓国は元々、国内市場規模が小さく、積極的に外国に出て行かざるを得ず、韓国政府も国を挙げてそれを後押しした・・・」ということが言われているようです。
(もっとも、同時に、日本製品を駆遂した韓国製品の少なくない部分を日本製の部品が占めていることから、韓国はもの凄い、ジレンマを抱えている・・・という話もちらほら。)

韓国のアイドル市場もまた然りで、この方面での市場規模は日本はアメリカに次いで2番目なんだそうですが、それに比べると、韓国の市場規模は恐ろしく小さいらしく、だから、国内で少し売れると、すぐに日本にやってくる・・・と。
そして、韓国政府もこれらのアイドルの海外進出を外貨獲得の手段として認識しており、日本が違法コピーなどを警戒して出て行かない間に、韓国は違法コピーには敢えて目を瞑って、その分、人気を浸透させてコンサートなどで儲けるという戦略を徹底し、積極的に進出した・・・と。
この点も考えさせられることですが、中国などは違法コピーをするなと言ったところで所詮、無理な話なんですよ。
であれば、もうこれからのアイドルはCDは人気を浸透させるツールだという認識で、タダで配るくらいの認識を持つべきではないでしょうか。

一方で、「製品」自体に着目すれば、痛感するのが、彼女たちの日本語の習熟度です。
皆、たどたどしいながらも通訳無しで結構、日本語を話すじゃないですか。
それに対して、日本人のアイドルで韓国語中国語を話す人がどの程度いますか?
スマップ草薙 剛さんなどは結構、有名ですが、(もう、アイドルの範疇に入れるのも如何なものかと思いますが(笑)。)AKB48モーニング娘。などはどうでしょうか?
中国や韓国はまだまだ市場として魅力がないというのなら、英語を話せる人はどの程度いるのでしょうか?
そう考えれば、必要に迫られた上でのこととは言え、韓国のアイドルがあれほどに日本語を話しているのを見ると、日本製アイドルの劣位は明らかな気がしてきて、何とも哀しい気持ちになります。
                                         平太独白

by heitaroh | 2011-02-05 18:17 | 経済・マネジメント | Trackback | Comments(4)

大相撲の八百長問題でたまにはまともなことを言う某都知事
親愛なるアッティクスへ

八百長事件疑惑が発覚して、存亡の危機にあるといわれる大相撲ですが、でも、そんなもん、土建屋の談合と一緒でみーんな知ってたことなんじゃないですか?
この点を、石原慎太郎東京都知事は会見で、「あんなものは昔からあったことだ。当たり前のことだ」と言ったそうですが、「誰とは言わないが、力士が取組中に相手に『押せ、押せ』」と言うのだが、力のない横綱とか大関は相手を押し切れない。それを記者はゲラゲラ笑って見てた。そこで金が動いたかどうか知らないが、そういう経験があったものだから、今さら驚かない」とのこと・・・で、そんなもん、石原氏に限らず、本気で「八百長なんて有り得ない」ということを信じていた人なんて、どれくらいいたんですか?

おそらく、放駒理事長(元大関魁傑)だって、現役の時は多少は身に覚えもあるはずで、少なくとも、まったく聞いたこともないというのこそ、有り得ない話でしょう。
だって、最近でこそ、外国人力士が増えたけど、昔は日本人同士、言葉も通じるし、価値観も一緒なわけでしょ。
であれば、魚心あればなんとやら・・・で、普通に考えて、話がつかないほうがおかしいでしょう。
問題は、世の中がそういうことを許さない時代になってきた時代に、まだ、それをやっていたということであり、これは親方衆も、自分たちも現役時代やっていたからこそ「やめろ」と強く言えないという、まさしく、関東軍の暴走を止められなかった石原莞爾を始めとする帝国陸軍上層部の姿そのもじゃないですか。

e0027240_18265470.jpg

この辺を石原氏の言を借りれば、
「今さら大騒ぎするのは、世間もずいぶん物を知らなかったというか」、「これからの一番、八百長でございますというわけじゃないんだから、歌舞伎の見得(みえ)を堪能するみたいに騙されて見て楽しんでいればいい。そういうものだよ、相撲とは」
というもので、私も全く同感ですよ。
このジーさんも、たまにはまともなことを言うな・・・と思いましたね(笑)。
その意味では、以前から申し上げているように、日本相撲協会は公益法人の資格を返上するのが改革の第一歩でしょうね。
その方が彼らのためにも良いと思いますよ。

そもそも、国技だ、伝統文化だと言ったところで、彼らが一体、何の公益に貢献していると言うのでしょうか?
豆まき一つ出てもご祝儀をもらうわけでしょ?
何事も、「ごっつぁんです」の一言で丸抱えしてもらっていると言われてますが、であれば、彼らは、もっと、老人ホーム慰問に行くとか、児童福祉施設ランドセル贈るとかすべきなんじゃないんですか?
やってるのかもしれませんが、まるで伝わってこないようでは、「やっているうちに入らない」と言われても仕方が無いんじゃないでしょうか。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-02-04 18:15 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(6)

愛知県民に糺す松田聖子のいただけない博多弁CMの是非
親愛なるアッティクスへ

今、ソフトバンクCM松田聖子ちゃん(「ちゃん」でもないのかもしれませんが、私は同学年ですから、あくまでも、「ちゃん」です・・・(笑)。)が小料理屋の女将に扮してるやつをやってますよね。
で、以前、愛知県豊橋市の友人より、「松田聖子の博多弁、可愛いね」というメールが来たことがあるのですが、彼女はご承知の通り、同じ福岡県でも博多ではなく、久留米市の出身でして・・・、従って、我々が聞くと、かなり、取って付けたような博多弁になっており・・・、(博多では、「なに想像しとっと?」などとは言いませんね。「なん想像しようと?」です。)もう少し、誰か他に人はいなかったのか・・・と。


e0027240_18203565.jpgちなみに、「うわさ話はすべてタダ~♪」の浜崎あゆみさんは福岡市です。
(良く、中洲の鮨屋で「今日は何がはいっとうとー」などと言ってると聞きましたが(笑)。)

ちなみに、博多弁と久留米弁がどれくらい違うかというと、私の祖父は久留米の方の出身でして、子供の頃は良く、祖父の実家に遊びに行っていたのですが、私には彼らが何を言っているかまったくわかりませんでした(笑)。

(←ちょっと、書き加えただけで排水口が人の顔に・・・。)

他県の方にはたぶん、どちらも同じに聞こえるのでしょうが、従って、我々的には松田聖子の博多弁はもの凄く違和感があるわけで、だったら、別に久留米弁でも良かったように思うんですけどね。
で、おそらく、他県の方にはどちらも同じように聞こえるのでしょうが、我々的にはかなり、違います。
これは、一口に福岡県と言っても、江戸時代以前は博多は筑前國、久留米は筑後國であった関係があるのでしょうが、その意味では、福岡県北九州市豊前國ですから、こちらもまた、かなり方言が違います。
ただ、北九州市は、「門司に方言無し」という言葉があるほど方言色が無く、(門司は港町であったことから、色々な地方の人たちが出入りした結果、そうなったとか。)我々が聞くと、殆ど標準語に聞こえ、その意味では、よっぽど、広島弁などの方がわかりにくいですよ。

で、豊橋人には「彼女は、久留米から直接、東京に行った人ですから、博多弁はまったく喋ったことがないはずで、彼女の博多弁はまったく、いただけません。言うならば、豊橋人が名古屋弁を喋っているようなものです」とメールしたところ、「豊橋人の名古屋弁・・・、それはダメです・・・」と返事が来ました(笑)。
あちらも、同じ愛知県でも、尾張三河ですから、かなり、言葉も違うみたいですね。
私が聞くと、どちらも同じに聞こえますが(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-02-03 18:38 | 地域 | Trackback | Comments(4)

世界に地殻変動を起こしかねないエジプトでの反政府デモ
親愛なるアッティクスへ

ムバラク大統領退陣を要求する反政府デモが続いているエジプトですが、デモ開始から8日目、反体制政治グループが「100万人行進」を呼び掛けたことから、民衆が首都カイロ中心部のタハリール広場に続々と集結しているそうで、いよいよ、大きなヤマ場を迎えようとしている・・・とか。
鍵を握ると見られるは、昨31日、「民衆に対して武力を行使しない」と宣言する声明を出し、中立の姿勢を打ち出したことで、これにより、ムバラク政権はますます、窮地に追い込まれる可能性が出てきたようですね・・・。

チュニジアの政変に端を発する今回の騒乱ですが、おそらくは、エジプトでこの政権が倒れたときのインパクトは先のチュニジアの比ではないはずで、近隣のアラブ諸国はどこも同じような問題を抱えるだけに、反政府デモのドミノ化を招きかねず、リビア、サウジからイラン、そして、中国まで巻き込んだ一大地殻変動を巻き起こす可能性があると思います。
特に、中東一帯が大産油地帯でもあることもあって、世界は固唾を呑んでその成り行きを見守っているようですが、私がもっとも懸念するのはこれが中国に波及することです。
今回の騒乱は、これまでこの地域で見られたような、宗派間の対立でも、民族間の紛争でも、国家間の抗争でもなく、民衆の生活苦への不満、格差への憤りが爆発した形になっていることを思えば、同様の問題を抱える中国に飛び火しないとは言い切れないでしょう。

今回のエジプトでのデモがフェイスブックを元に惹起されている点は見落とすことが出来ない事態で、この点は中国政府は早速、国内の情報を遮断する方策に出ましたが、少々、遅きに失した観があるように思いますし、こういう時代にもう、情報を完全に遮断してしまうこと自体、難しいことなのではないでしょうか。
もし、これにより、中国国内の不満分子がデモを企てようとすれば、どうしても、取り締まりが厳しい以上、「反日」ということを名目にせざるを得ず、今、日中間にお願いだから波風を立ててくれるなよ・・・と誰よりも思っているのは他ならぬ中国政府当局でしょう。
その一方で、政権移行期にある中国ではこの時とばかり、波風を立てたい集団があると思われ、またまた、一方では、国内の不満を外へ向けるというオーソドックスな手法を試みる人たちも出てくると思われ・・・。

e0027240_19582613.jpgそれにしても、ムバラクという人は随分、長いこと、大統領をやってますよね。
私はこの人が政権の座についたときのことを覚えてますよ。
昭和56年(1981年)、キャンプデービット合意の立役者、サダト大統領が暗殺された後、当時、副大統領だったムバラク氏が後継の大統領になりましたが、そのときの印象では前任者と違い、随分と地味な人・・・という印象で、このとき、花も恥じらう(?)20歳の若者だった私が、まさか、それから30年後に、こんなに見事な50のおっさんになるまで、大統領を続けているとは夢にも思いませんでした。

(←この電車もまだ、現役ですけどね(笑)。)
                                       平太独白
by heitaroh | 2011-02-01 19:50 | 国際問題 | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
遅ればせながら、40万ア..
by sakanoueno-kumo at 18:55
> sakanoueno..
by heitaroh at 01:18
スゴイじゃないですか! ..
by sakanoueno-kumo at 21:49
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:08
明けましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 18:50
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:10
心配ご無用。 間違いな..
by sakanoueno-kumo at 17:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:53
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧