人気ブログランキング |


WBC日本代表がキューバに快勝に理屈抜きに歓喜の理
親愛なるアッティクスへ

いやいや、やってくれましたね。
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド初戦、日本代表が、それまで圧倒的な強さで第1ラウンドを勝ち進んできたキューバを6-0で下し、快勝!ですよ。
やはり、世界が舞台の場で日本代表が勝つと理屈抜き感動しますね。

でも、喜んでばかりはいられないでしょう。
今日の試合は、私もすべて見たわけではないのですが、やはり、日本の、「投手陣を中心とする守りの野球」から大量点をとる・・・ということが如何に至難の業であるかを、改めて示した形になったわけで、つまり、日本に勝つためにはキューバ型強力打線で敵を粉砕する野球ではなく、韓国型の1-0で勝つ試合を心がけなければならない・・・ということを顕していると思います。
これは、改めて、日本と韓国という、アジア野球のレベルの高さを世界に突きつけた格好になったわけでしょうが、ただ、韓国とメキシコの試合がどうなるかはわかりませんが、もし、「アジア野球のレベルの高さ」という私の推測が当たっていれば、おそらく韓国が上がってくるでしょうから、その意味では、この後、下手すれば3回も戦わなければならないことになる韓国に対しては、今日のような野球をやっていたのでは、相当、苦戦することが予想されるのではないでしょうか。
実際、今日の試合では、初回の2点は韓国相手だったら獲れてないんじゃないですか?
まあ、その辺は選手もよくわかってるでしょうけどね。

ともあれ、あの長い腕をバネのようにしならせて投げるキューバの投手を打ち崩した日本代表を見て、昔、何のオリンピックのときだったか、女子バレーのキューバの選手が全身をバネのように反らしてアタックを打つ姿を見て、思わず、「これはアジア人が勝つのは無理」と思っていたら、あれよあれよと思っているうちに中国代表が勝ってしまったのを思いだしてしまいました。
別にキューバの選手ほどには体が反らなくても、バネが無くても、つまり、アジア人でも勝てるんだ・・・と結構、目から鱗でしたね(笑)。

ちなみに、今日はあまり良いところがなかったイチロー選手ですが、やはり、その存在感は凄いみたいですね。
近所のオバサンたちが集まっても、「イチロー」「イチロー」言っていたそうですから。
イチロー抜きで戦った北京オリンピックと、結果が出なくてもイチローがいる今年のWBC・・・、何をか言わんやでしょうね。
ここまでの存在感、ファン選手球場さえも巻き込んでしまうほどの圧倒的な・・・、磁力とも言えるほどの求心力は、おそらく、長嶋茂雄さん以来じゃないですか?
そう考えると、あまりにもイチローの存在が大きすぎて、「次」が見あたらないことが課題ではなく、いずれ、問題になってくるでしょうね。
一瞬、本当にアメリカまで観に行こうかと思いましたが、さきほど、改めて、現下の経済情勢がそれを許さないことを思い知らされました・・・(涙!)。
嗚呼、本当に、日本戦でなくても良いからWBC観たい!行きたい行きたい!
                                         平太独白
by heitaroh | 2009-03-16 08:46 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/9845553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from <徳島早苗の間> at 2009-03-16 17:58
タイトル : 日本、キューバに完勝。-第2回WBC2009・2次ラウンド-
◆<WBC>キューバねじ伏せた松坂 長男誕生日で二重の喜び◆ ◆<WBC>日本、キューバに6-0で快勝、韓国もメキシコ破る◆  何かここに来てようやく打線が正常に機能した感が。青木GJ♪。先発・松坂も6回無失点と好投。    松坂といえば先週土曜日「上地雄輔物語」に横浜高校野球部OB、上地の1年後輩として特別出演していて上地と1打席勝負をやって、3球目でHR性のヒットを打たれていたが。 (録画しておいて後半だけ見た。前半は「銭ゲバ」最終回。)  ガチじゃないだろ~あれw。  日本は...... more
Commented by ななし at 2009-03-18 07:13 x
 野球を知らなくてもイチローを知ってる人は多いでしょうね。にしても韓国は強い。キューバのバッターはバットをどんどん振ってきましたから助かりましたけど、韓国バッターだったらあそこまでどんどん振ってこなかったでしょう。
Commented by heitaroh at 2009-03-18 13:33
<ななし さん

まったくですね。
今日の試合も私は厳しいと思いますよ。

>野球を知らなくてもイチローを知ってる人は多いでしょうね。

まさしく、昔の長嶋状態ですよ。
Commented by ななし2 at 2009-03-18 18:27 x
やられましたね。初回の自滅から流れをつかめないままずるずるいった形になりましたね。にしても韓国バッターはなかなか振りませんね。選球眼がいいんでしょうかね。打てなくても四救や死球で塁を埋めて投手にプレッシャーをかけて足をからませたりして決め玉を狙っていくということでしょうか。

まだ守りのリズムとかエンジンがかかってないときに、1死もとれないま塁に出されるのはイヤなもんで、さらに盗塁ときました。あれがすべてでしょうか。
Commented by heitaroh at 2009-03-19 14:53
<ななし2さん

私は昨日の試合は見てないんですよ。
ただ、途中で、3-0だと聞いて、「あ、負けたな」とは思いましたけどね。

昨日の夜に、清原が韓国の野球事情についてリポートしているものを見ましたが、やはり、韓国の強さは本物ですね。
Commented by ななし3 at 2009-03-19 16:08 x
 キューバはかつての頃に比べて力がおちてるかもしれませんね。かつてはパチェイコやキンデランやリナレスがいた。投手もコントレラスとかラソとかすごい投手がいましたけど、投手の層もおちてきてるような感じがします。今日もキューバのミスに助けられた形になりました。

 明日はまた韓国に負けるんじゃないでしょうかね。日本は明日は先発はわかりませんが、内海とか小松とかまだ投げてない投手をなげさせるでしょうか。主力は休ませるかもしれません。
Commented by heitaroh at 2009-03-19 17:10
<ななし3さん

確かに。
キューバが何度やっても日本と同じようなスコアになったように、日本と韓国も何度やっても同じスコアになるような気がしてなりません。

でも、私はむしろ、日本と韓国が強くなっているんだと思います。
キューバが脅威だった頃というのは、日本もアマチュア主体だったし、プロが出だしてからも、国際試合というものがどういうものかわからない・・・という状況の時代でしたからね。

委細は本日の記事をご覧ください。
Commented by yu16-o at 2009-03-27 17:28
コメントありがとうございます。というか、ました。
返答が遅きに失してしまい、ご免なさい。

野球に対する、heitarohさんの熱き想いが感じられました。

私自身、最後にプレイしたのは、小学生時代の少年野球です。
その後は近鉄、身売り後は東北楽天と大二朗監督のオリックスだけ気にしてました。
が、WBCをきっかけに、ベイスターズと西武の結果をチェックする気になりました。

WBCのゾンビ方式、球数制限については納得できませんが、今後も形を変えつつ継続してほしいと思います。
Commented by heitaroh at 2009-03-28 12:37
<yu16-oさん

こちらこそ、TBしっぱなしで失礼致しました。

私は以前、どこかに書いてますが、元々、子供の頃は阪神ファンだったんですよ。
私の子供時代の福岡では、西鉄ファンばかりでしたから、人と同じ事がいやで、当時は福岡ではあまり馴染みがなかった阪神ファンになったのですが、ライオンズが所沢へ行って、ダイエーが福岡に来ても、平和台球場では誰もダイエーを応援し無いのを見て、自分たちが呼んでおいて・・・という想いから、一応、ホークスファンになりましたが、最近では特にここというのはないですね。
<< 公立高校合格発表の日に想うそれ... 桜開花と春の嵐に見る気温の変動... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 14:02
岡城、一度行きたいんです..
by sakanoueno-kumo at 09:41
> sakanoueno..
by heitaroh at 09:41
「離合」、初めて聞きました!
by sakanoueno-kumo at 09:26
>とがわさん 大橋..
by heitaroh at 12:11
大橋武夫氏の名言に惹かれ..
by とがわ at 11:58
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
遅ればせながら、40万ア..
by sakanoueno-kumo at 18:55
> sakanoueno..
by heitaroh at 01:18
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧