その時歴史が動いた「神様、仏様、稲尾様」補足編 その2
親愛なるアッティクスへ

先般、NHKの歴史番組、「その時歴史が動いた」の中で、元西鉄ライオンズの大投手、稲尾和久氏の奮闘ぶりが採り上げられてましたが、その件で、今更ながらの続きです。
番組は、昭和33年日本シリーズで、西鉄が稲尾投手の連投に次ぐ連投で、常勝巨人を「3連敗の後の4連勝」という奇跡の逆転で破って、三年連続日本一になる・・・という部分を中心に構成してありましたが、このとき、実は、相手方である巨人の藤田元司投手も、稲尾投手と同じ7試合中6試合に登板しているんですね。
まさしく、エース意地だったんでしょう。

また、もうひとり、稲尾投手の前に立ち塞がった、巨人の新人、長嶋茂雄選手との攻防についても述べてありましたが、実は、稲尾対長嶋はこのシリーズの前にも一度、対戦したことがあったのだそうです。
それがその年のオールスターで、ところが、そのときの捕手が、稲尾さんの宿敵、野村克也現楽天監督だったそうで、稲尾さんは対戦相手の長嶋さんよりも、女房役である野村さんに球質を盗まれないことに神経を使っていたそうで、従って、長嶋さんとの対決についてはまったく覚えていなかったのだとか(笑)。

それにしても、この番組中で言っていた、「長嶋茂雄という打者は打つ瞬間にしか気配を感じさせない特異な打者であった」という表現を聞いて、改めて、今のイチローや、少し前の落合博満さんなどよりも、あるいは前の時代の大下 弘氏などの誰よりも「天才」という表現が相応しい人物だったろうと思いましたね。
おそらく、西部のガンマン同士の決闘の場にいれば、無敵だったのではないでしょうか。
それを可能にしたのは、長嶋選手が極めて、特殊な「来た球を打てる」という能力を持っていたからでしょう。
この点は、稲尾投手の高校と西鉄の先輩である河村英文投手が、後に広島にトレードされた際に長嶋選手と対戦し、ツーストライクと追い込んでから、打たれるはずがない決め球のシュートを投げたら、見事に打たれたので、どうして打たれたかわからない河村投手は、本人に聞いたところ、「いやぁ、気が付いたら打ってたんです」と答えた・・・という話があります。
このとき、稲尾さんもこれまでの打者とは違う、長嶋分析に頭を悩まし、徹夜で考えて、ようやく、朝が白んできた頃に、「もしかして、深く考えずに感性で打つタイプなのでは」ということに気づいた・・・と、生前、言っておられました。

で、その長嶋さんも、昭和49年10月「巨人軍は永遠に不滅です!」の名文句と共に引退したわけですが、先日も、10月だったからか、二度ほどBSで特集されていました。
ちなみに、昭和49年といえば、当時、中学一年生だった私にとっても、やっぱり長嶋が引退した年なんですよね。
しかも、東京ならまだしも、まだ、周囲には西鉄ライオンズ余韻が強烈に残っていた時代の福岡の子供ですから、それほど、長嶋ファンでもなかった私なのですが、とにかく、それでも、この長嶋引退というのは結構、強烈な印象として残っています。
なぜか・・・、それは長嶋引退試合が、行われたのは10月だったでしょうが、その余波はもの凄い物があり、2ヶ月後の翌昭和50年の正月のテレビは長嶋引退特番ばかりだったからでした・・・(笑)。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-11-27 18:08 | スポーツ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/9077569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by D-KID at 2008-11-29 20:19 x
『来た球を打てる』という時点で、やっぱり宇宙人なんでしょうか?(笑)

やはり現代だとイチロー選手が天才に相応しい人物ですかねぇ。
Commented by heitaroh at 2008-11-29 20:42
<D-KID さん

稲尾さんも、そう喝破しながらも、「本当にそんなことができるんだろうか・・・」と半信半疑だったようですよ。

でも、イチローも落合さんも、「広島の前田こそが本物の天才だ」と言ってましたよ。
イチローに「内野安打なんか打って楽しいか?」と言ったそうですから。
前田もアキレス腱さえ切らなければ・・・。
残念でなりません。
Commented by ウエダ at 2009-03-24 21:52 x
イチローが天才なんて・・・
野球が哀しい。
内野安打では落ち込んでる自チームを引き上げることはできない。
今の日本野球は投手への依存が高いですね。バッターは無責任。
それを痛感した大会でもあります。
でもヒーローは打者なんだな、これが・・・

子供の頃から長島ファンでした。
小学生で作文も絵も長島ばかり描いていました。
でも(監督)長島は駄目です。







Commented by heitaroh at 2009-03-25 10:49
<ウエダさん

村山実さんなんかは、死ぬまで、「投手は打たれた場面しか放送されない」と嘆いてましたが、元々、打者があらゆる意味で有利(優遇?)だから・・・ということで、最近では、随分、投手の重要性が見直されて、それが投手依存度を高めてしまうことに繋がっているんでしょうね。

実際、稲尾さんは42勝挙げて、投手三冠王になっても、MVPは優勝した南海の野村克也さんでしたし、逆に、稲尾さんが最多勝獲って、西鉄が優勝したときには、野村さんがホームランのシーズン新記録を作ったと言うことでMVPでしたしね。
<< ALWAYS 駅前三丁目の夕日... 大相撲九州場所は博多で年末を知... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:53
大河ドラマに関していえば..
by sakanoueno-kumo at 12:30
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
不吉なことを言わないでく..
by sakanoueno-kumo at 01:51
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 13:46
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:17
もう長いこと鹿児島には行..
by sakanoueno-kumo at 17:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 15:40
わたしも、西郷より大久保..
by sakanoueno-kumo at 21:37
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:36
おっしゃるとおりで、いま..
by sakanoueno-kumo at 20:42
>PPさん 遅くな..
by heitaroh at 19:48
虎の門ニュースで青山繁晴..
by PP at 00:31
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:19
尊氏は、戦に負けたり劣勢..
by sakanoueno-kumo at 23:13
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧