現代中国歴史的独自考察
歴史的に見ても中国という国は、揺り返しがある国だと思います。
おまけに野党がないお国柄、世論というものをあまり気にしないでいい国です。
イギリスの政治家の言葉に「絶対王朝は絶対的に腐敗する」というのがあります。
従って、いいときは、もの凄い勢いで発展するのでしょうが、悪くなるときも救いようがないくらい悪くなるというのが私の考えです。

そこで例によって勝手な持論ですが、現代の中華人民共和国の成立過程と紀元前の前漢王朝の成立過程項羽劉邦の話とが酷似していると思うのです。
始皇帝亡き後、覇を競った両雄の話ですが、これを以下の通りに当てはめてみました。
(焼鳥屋のメニューの看板みたいでしょう(笑)。)
毛沢東=劉邦  蒋介石=項羽
日本軍=秦王朝  江青と4人組=呂后と呂一族
周恩来=張良 琳彪=韓信  劉少奇=膨越
鄧小平=陳平   華国峰=周勃  胡耀邦=晁錯
  等々。

e0027240_11463043.jpg
つまり国共合作で秦王朝を追い払った後、両雄が覇権を争い始め、初め軍事力に勝る方が押していたが経済で世論の指示を得たほうが最終的に勝利した・・・という図式ですね。
むろん蒋介石は台湾海峡を渡り、国を二分したけれど、項羽は河を渡らず自害したという違いは残りますが、しかし、当然といえば当然で、これは、規模が世界的になってアメリカという超大国の介入を考えなければならなかったことの違いを考慮すれば、あながち的外れでもないと思います。
(アメリカに該当するのは共和制ローマだと思いますが、こちらは当時、接触すらなかったわけで。)
ほかにも建国後の粛正文化大革命も、権力者の嫁が強大な権限を握り残酷なことをしたという点も、その後、革命生き残りの元勲・陳平が国政立て直しに乗り出した際、周勃に倒させて自分は裏で実権を握ったところなども華国峰を利用した鄧小平とよく似てると思いませんか?

で、ここからが本題ですけど、陳平以後の漢王朝はどうなったか・・・ですが、まず優秀な官僚による法治政治がしばらく続く。
呉楚七国の乱というのが起き、中央政府によって鎮圧されますが、これは、さしずめ、天安門事件でしょうか。
(このとき、これまで、前漢王朝をリードしてきた宰相、晁錯が失脚しますが、これも、胡耀邦が失脚したことと恐ろしいほどに酷似しているかと。)
そして、ついに、第5代皇帝に武帝という極めて独裁色の強い皇帝を産み出すことになるのですが、この武帝こそ軍部の人間ではないでしょうか。
つまりこうしてみてくるとしばらくは、鄧小平の路線の元、官僚による近代化が進むが、ある程度安定期を迎え、地力も付いてきたとき、官僚による腐敗は進み、軍部の台頭を許すことになる。
そして軍の権威を背景に独裁色を強め、拡張政策に出る。

もっとも、先述しましたように、この時代周辺に大国の存在はなく、北に狂奴という軍事力のみの突出した国があったことから(さしずめソ連か)、それを武帝は攻撃したわけですが、当時と今とでは核抑止力の問題も違い、また、特に接点がなかった古代ローマに対し、接点があるアメリカの存在などの違いもあり、同じように論じるわけにはいかないとは重々、承知しております。
しかし、内部での権力闘争と言う観点でのみ見れば、大いに参考になると思いますが如何でしょうか?
                平太独白

by heitaroh | 2007-02-17 08:56 | 国際問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/5171121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< よく遊びよく働けの野村證券創業... 中村紀洋にみる大場久美子との商... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 13:46
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:17
もう長いこと鹿児島には行..
by sakanoueno-kumo at 17:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 15:40
わたしも、西郷より大久保..
by sakanoueno-kumo at 21:37
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:36
おっしゃるとおりで、いま..
by sakanoueno-kumo at 20:42
>PPさん 遅くな..
by heitaroh at 19:48
虎の門ニュースで青山繁晴..
by PP at 00:31
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:19
尊氏は、戦に負けたり劣勢..
by sakanoueno-kumo at 23:13
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 16:51
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 15:44
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:58
13周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 00:36
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧