太平記をスピンオフで歩く。 その2 「寒風多々良川」 福岡市東区
先日の続きです。

建武3年(1336)、後醍醐天皇建武の新政から離反した足利尊氏は、楠木正成北畠顕家らと戦って敗れ、再興を期して九州へ落ちていったわけですが、九州では足利方に味方していた肥前国守護の少弐頼尚らに迎えられます。
少弐氏はその後の戦国乱世が進行するうちに滅亡したので、今ではあまり知る人も少ないと思いますが、当時は元寇などでも奮戦し、島津、大友と並ぶ、九州御三家大名の一つに数えられるほどの勢家でした。
(元々、少弐とは「次官」という意味で、鎌倉幕府が成立すると外様の御家人・武藤氏が大宰府の少弐に任じられ、以後、少弐を名乗りとしたと。)
その少弐らに先導され、筑前に入った尊氏ですが、待ち構えていたのは、宮方に味方した肥後国の菊池武敏をはじめ、筑前国の秋月種道、肥後国の阿蘇惟直、筑後国の蒲池武久、星野家能ら九州の諸豪族の大半2万騎以上。
菊池武敏に主導された宮方勢は、まず、少弐氏の本拠・大宰府を襲撃し、頼尚の父で菊地の長年の宿敵・少弐貞経を自害させます。

一方、足利勢は、宗像大社(現福岡県宗像市)に戦勝祈願した後、筑前国の多々良浜(福岡市東区)に布陣した宮方と向かい合うことになります。


e0027240_19392665.jpg
(↑寒風水面を渡る多々良川。)

このとき、足利軍は約2千騎(太平記によると300)に過ぎず、尊氏は敵の大軍を見て戦意喪失、「切腹する」と言ったと伝わります。

この話がどこまで本当なのかはわかりませんが、過日、時間が空いた際に、「多々良浜古戦場の碑」を見て、せっかくだからすぐ横を流れる多々良川まで行くか・・・と思い、行ってみたのですが、そこに飛び込んできたのがこの(↓)風景。

e0027240_19390630.jpg

以前から、「尊氏が多々良浜合戦を前に陣を敷いたとすればこの丘だろうな」と思っていたので、一度、行きかけたのですが、当時はカーナビも無い時代、ちょっと車では入っていきづらかったこともあって、今までちゃんと行かないままでした

なので、ちょうど時間はあるし、車はないし、ちょっと行ってみるかと。

で、この丘、画像では大したことないように見えるかもしれませんが、結構、高さがあり、坂を登りつつ、尊氏が眺めたとすればこの辺りだろう・・・と見た風景がこれ(↓)。

e0027240_12325534.jpg

(川面は見えませんが、中央に走っている都市高速の手前下が多々良川です。)


この辺りは川の河口ですから、当時は、割とすぐ下まで潟と呼ばれる湿地帯が来ていたのでは無いでしょうか。

木立の隙間から見える風景は、なるほど、意外に眺めが良いなと。

腹を切ると言ったかどうかは別にして、おそらく、尊氏がここへ登ってきて敵陣を俯瞰したのは間違いないでしょう。

とすれば、この向こう、川の向こう側の平地一杯に敵兵が充満しているわけで、こちらは満足な武装も無い・・・。

尊氏が「もはやこれまで」と思ったのも無理は無いかと。


で、尊氏の実弟、足利直義はこれを押しとどめ、自ら、奮戦して菊池軍を撃破。

これにより、九州のほぼ全域を掌握した尊氏は捲土重来で東上し、湊川の戦いで楠木正成を敗死に追い込み、室町幕府を成立に漕ぎ着けたと。

ただ、これを押しとどめたのは傍らに居た少弐頼尚だったという話もあり、もし、そういう話があったとすれば、こっちのほうが本当で、直義はそれに同調したというところではなかったでしょうか。

頼尚からすれば、既に父は殺されているわけで、復仇の念に燃えていたでしょう。

次回に続く。


                         平太独白


by heitaroh | 2018-01-26 19:25 | 歴史 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/26754278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 坂の上のサインボード at 2018-01-26 15:11
タイトル : 太平記を歩く。 その68 「宝満寺」 神戸市長田区
神戸市長田区にある宝満寺を訪れました。打出合戦に敗れた足利尊氏が敗走中にここを訪れ、再起を願い、武運を守るようにと祈願したと伝えられます。 その後、尊氏は兵庫から九州へ敗走しますが、筑紫(福岡県)の多々良浜で菊池武敏軍と戦った多々良浜の戦いのとき、突然、突風が吹き、その中から一人の少年が尊氏の前に現われ、矢竹をほしいと頼んだといいます。尊氏は、その少年に一本の矢竹を与えました。その後、勢力を立て直した尊氏は、再び兵庫へ攻め上ってきますが、その際、再びここ宝満寺を訪れ、矢竹のことを僧に話したところ、そ...... more
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-01-26 15:05
尊氏という人は、何度か絶体絶命のピンチに立たされていますが、その都度、敵の寝返りなどで窮地を脱していますよね。
これは、尊氏の戦略家としての才もあったかもしれませんが、司馬さんだったか海音寺さんだったか忘れましたが、何かの本で、尊氏の持つ天性の英雄的魅力がそうさせた、と述べていました。
たしかに、わずか1ヵ月余りで九州のほぼ全域を味方につけちゃったわけですから、尊氏にはそういう資質があったのでしょうね。
Commented by heitaroh at 2018-01-27 16:01
> sakanoueno-kumoさん

ただ、あの時代、メディアもネットもないわけですから、彼個人の魅力がいくらあってもそれをどの程度、知らしめることが出来たのか?という気はします。
やはり、尊氏個人の魅力はあったとしても、それ以上に武士たちの不満が溜まっていたということではないでしょうか。
つまり、火薬庫にはいつでも火が付く状態だったと。
江藤新平が佐賀に帰ったら、すぐに彼を担いで佐賀の乱が起こったときの状況に近いものがあったのでは?
<< 太平記をスピンオフで歩く。 そ... 太平記をスピンオフで歩く。 そ... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:53
大河ドラマに関していえば..
by sakanoueno-kumo at 12:30
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
不吉なことを言わないでく..
by sakanoueno-kumo at 01:51
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 13:46
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:17
もう長いこと鹿児島には行..
by sakanoueno-kumo at 17:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 15:40
わたしも、西郷より大久保..
by sakanoueno-kumo at 21:37
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:36
おっしゃるとおりで、いま..
by sakanoueno-kumo at 20:42
>PPさん 遅くな..
by heitaroh at 19:48
虎の門ニュースで青山繁晴..
by PP at 00:31
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:19
尊氏は、戦に負けたり劣勢..
by sakanoueno-kumo at 23:13
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧