負けてたら、すぐに席を立つ博多のファン!
過日、福岡ヤフードームに交流戦の目玉、ソフトバンクホークスvs阪神タイガースを見に行ってきてきました。
東京から、わざわざ友人も見に来たので勝って花火を見て帰って貰おうと思ってたら昨日に限って負けー(泣)。
もー、がっくり・・・でした。

西鉄ところで、この帽子、何だかわかりますか?
そう、言わずとしれたニューヨーク・ヤンキース・・・じゃなくって、言わずとしれた西鉄ライオンズです!
って、もう誰も知らないでしょうね・・・。

ちなみに、私は25才まで阪神ファンでしたけど(笑)。
でも、これには、理由があります。

私が子供の頃、博多では、野球!と言えばイコール「西鉄ライオンズ」だったんですが、私は皆が好きな物と同じ物はイヤだったので、かと言って巨人も、その当時、ON全盛時代でしたから、如何にもそれしか知らないって感じでちょっと・・・で、当時、あまり、博多ではなじみがなかった阪神のファンになったわけです。
正直、江夏しかしりませんでしたけど・・・。

で、今、そう言うと、「今、地元のホークスファンじゃねーか!」ってよく言われるんですけど、これにもちゃんと理由があります。
最初、ホークスが博多に来たとき、私は阪神ファンでしたから、あまり関係はなかったのですが、たまたま、初戦を当時の平和台球場に見に行ったのですが、何と博多人!やっとで来てもらった福岡ダイエーホークスよりみ~んな西武ライオンズを応援してたんですよ!!!
博多人の一番嫌いなところですが、 「弱くなるとまるで応援にいかない」→ 「そのくせ、居なくなるとなると文句ばっか言う」→ 「で、やっと呼んできたら、また気に入らないなどと文句ばっかりで、あっちがよかったなんて言って敵を応援してる・・・」
で、「それはなかろうもん!」で、速攻でホークス・ファンクラブに入り、ピラピラのウィンド・ブレーカもらいましたよ。
今でも、カカアに捨てろ!と言われながらも、大事に持ってます(泣)。

亡父が以前、言っていたことなのですが、「大相撲九州場所のとき、(相撲が終わった後にある)弓取り式を博多人は誰も見ようとしない。さっさと帰ってしまう。やりようモンがおるっちゃけん最後まで見てやらな・・・」と。
生前、父が言った、唯一、良い言葉です(笑)。
今でも、阪神ファンは大敗していても最後まで残って見ているのに、ホークスファンは勝敗に関係なくゾロゾロと7回くらいで帰り出しているという・・・。
                          平太独白

by heitaroh | 2005-05-23 17:30 | スポーツ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/212165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もぐもぐ at 2006-03-23 17:08 x
池田さん
TB,コメント有難うございます。
いやあ、やっと今日勝ちました。一矢は報いたというところです。
ん?
では、さっきの勝利の瞬間はご覧になったとか?
Commented by へいたらう at 2006-03-23 17:09 x
>もぐもぐさん

いえ、風呂に入ってました。
子供が「クルーンが出てきた!」と言ってきたので、あるいは!と期待したのですが、下位打線じゃ無理でしたね。
ま、同一カード三連勝は難しいですよ・・・って、楽天・・・ていうか、中日!どうなってる!
いや、失礼。
取り乱してしまいました・・・。
Commented by ジンマーマン at 2006-03-23 17:10 x
タイガースファンは21年も我慢し、18年も我慢し、それはそれは我慢強いファンたちなのであります(笑)。タイガースファンには3種類ありまして、一つはアンチ巨人の人。一つは地元指向の人。もう一つはマゾヒスト(笑)。急いで付け加えておきますが、三番目のファンは少数です。極少です(笑)。最近、第4のファンも増えてきました。すなわち、タイガースの野球が好きという人々です。もちろん特定の選手のファンからチームを応援するようになったというファンはどの球団にも共通ですね。さらに、タイガースファンの伝統として、移籍した選手をも応援するという麗しき風習があります(笑)。私など、どうせ弱いけど好きで何が悪い、というメンタリティーで楽しんできました(笑)。そんな自分を笑っているのですね、タイガースに自己を投影して…。タイガース・タイガースで失礼しました。
Commented by へいたらう at 2006-03-23 17:10 x
>ジンマーマンさん

私はそうなると、第三番目のマゾヒスト・・・なのかもしれません(笑)。
巨人もそれほど知らなかったし、地元でもないし・・・。
でも、本当に、負け続けていたときなんか、もう、感覚が麻痺してますからね。
勝ったら、もう盆と正月でした♪

最近では、野村監督の頃までは一応、応援してましたが、今や、阪神の選手なんていないじゃないですか!
あんなによそから、良い選手ばかり集めたんじゃ、巨人とどこが違うの・・・って思うんですよね。
<< 中国政府の危険な綱渡り 混浴禁止令に想う明治は遠く成り... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:36
おっしゃるとおりで、いま..
by sakanoueno-kumo at 20:42
>PPさん 遅くな..
by heitaroh at 19:48
虎の門ニュースで青山繁晴..
by PP at 00:31
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:19
尊氏は、戦に負けたり劣勢..
by sakanoueno-kumo at 23:13
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 16:51
>非公開コメントさん ..
by heitaroh at 15:44
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:58
13周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 00:36
>sakanoueno..
by heitaroh at 17:30
現地での発見って快感です..
by sakanoueno-kumo at 21:42
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:01
> sakanoueno..
by heitaroh at 15:57
尊氏という人は、何度か絶..
by sakanoueno-kumo at 15:05
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧