人気ブログランキング |


アレキサンダー大王の強さの秘密、「時間差攻撃!」
無料でもらえた!昨日のソフトバンクホークスの試合は長かった・・・。
少し早めに入ったこともあって、球場にいたのはトータルすると6時間超ですよ!
前日の二日酔いもあり、くたくたでした。
今日もまだ、体中に鉛を流し込んだようです(泣)。
ちなみに、開幕二試合はこれがもらえました。
新応援グッズです!

ところで、また、先日、仕事さぼって、映画「アレキサンダー」見に行ってきました。
映画自体はちょっと、締まりがない作品でしたが、それを見ていて思ったことがあります。
アレキサンダー大王こと、アレクサンドロスが無敵の強さを誇った秘密。
それこそが、即ち、スピード
ペルシャの大軍を打ち破ったイッソスの戦いに顕著に見られるのですが、それは、中央で自軍の歩兵が敵の大軍を引受け、それが壊滅する前に、騎馬隊の疾走力で敵の主将のみを急襲、撃破するという、言うならば時間差攻撃だったと思います。

何も両軍、皆が一斉に等しく当たる必要はなく、どんな優劣のはっきりしたの戦いの中でも、必ず、勝っている部分と負けている部分が出てくるわけで、味方が壊滅する前に、敵将だけに焦点を絞り、その一点だけを騎馬のスピードで撃破する。
源義経鵯越も本質的には同類だったでしょうか。

その意味で、孫正義が日本から流行らなくなったインベーダーゲームをアメリカに持って行くとき、彼は船便ではなく、航空便で送ったという辺りにも、同義の物を感じます。
                               平太独白
by heitaroh | 2005-03-29 16:18 | 歴史 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/211757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from イタリア伊人列伝 at 2006-08-19 13:27
タイトル : 英雄アレクサンドロス
ポンペイ出土モザイク画といえば「牧神の家」の「イッソスの戦い」。若きアレクサンドロス、4,5万の軍勢でペルシャ帝国・ダレイオス王の2,30万もの敵を破る。愛馬ブーケパラス騎乗アレクサンドロス戦闘場面の迫力。ナポリ考古学博物館蔵。 ブーケパラス。アレクサンドロス少年が御した荒馬、このときの父王の感激。戦場では鬣を振って他馬にオレに続けと命じる駿馬であった。 父王フィリッポスが暗殺され20歳で即位、すぐさまアテネとコリントス同盟に楔をさし、拒絶したテーバイは徹底破壊。1年で一気にギリシャを握る。 多感...... more
Commented by のり坊 at 2006-08-19 13:25 x
おはようございます。
ボクのアレキサンダー読んでいただき、感謝感激。
馬の名前の呼び方のほうが気になって、眠れなくなったとですよ。

義経、信長なのですね、機動部隊として馬をソッコーでまとめて使ったのは。
信長は、あの後は天下取るには慎重な力攻め。速度と臨機応変、天才なのでしょう。
我らが日本馬も、軽自動車級だったようで...天才と馬を大事に育てないと、ニッポン。

体育会系ブログもやられていたんですね、拝見しました。
「毛利輝元に見る危機管理」人形町方面にも行ってみました!
ボクも猫となんかとばかり遊んでちゃイカンと気づき、
遅ればせながら輝元さんと信玄さんを自分のトコからAMAZONに頼んでみました。
Commented by へいたらう at 2006-08-19 16:02 x
>のり坊さん

お買いあげ有り難う御座います(笑)。
拙著も、絶滅危惧種ですから、よくぞ、保護して下さいました(笑)。

信長における桶狭間は、奇襲ではなかったという説が、最近の主流のようですね。
しかし、それでも、全体が劣勢でも主将がいる部分だけに主戦力を持って行ったという点で、アレキサンダー大王の戦い方と同義かなと思いました。
で、仰るとおりで、アレキサンダーはその後も、この戦い方を続けたわけですが、信長はこの後は、こういう戦い方というのをやってませんよね。
賢明だと思います。
この戦法は、言うならば、骨を切らせて肉を断つというものですから、例え勝っても、見方の損害も大きいわけで・・・。
Commented at 2007-01-31 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by heitaroh at 2007-02-01 10:03
<さん

初めまして。
コメント有り難う御座います。

アレクサンドロスやカエサルのことについて書かれた本などは、もっと、たくさんあってもいいと思うんですが、少ないですよね。
まあ、以前に比べれば、格段に充実してきたのでしょうが・・・。
それでも、ハンニバルやピュロスなどについて書かれたものは、まだ、皆無に等しいですよね。

私も、あのまま、アレクサンドロスが東進し、中国にまで行っていたらどうなったかな・・・と想像してしまいます。
当時の中国は、春秋時代ですから、まとまって抵抗するということは考えにくく、日本まで来たかも・・・なんてね(笑)。
<< わざと面白くなく作っている歴史... 日ソ戦 >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:39
今回に限らず、あの番組で..
by sakanoueno-kumo at 17:22
> sakanoueno..
by heitaroh at 14:02
岡城、一度行きたいんです..
by sakanoueno-kumo at 09:41
> sakanoueno..
by heitaroh at 09:41
「離合」、初めて聞きました!
by sakanoueno-kumo at 09:26
>とがわさん 大橋..
by heitaroh at 12:11
大橋武夫氏の名言に惹かれ..
by とがわ at 11:58
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧