人気ブログランキング |


中国高速鉄道事故は大きな国の主義で括れない危険
親愛なるアッティクスへ

e0027240_10395799.jpg先般からの中国高速鉄道事故とその後のあまりに杜撰な処理についてですが、日本人の感覚からいえば何とも信じられないやり方で、かなりの人がこれを冷笑をもって見たのではないかと思います。
(←以前、重慶で見た工事現場です。左下の標語は「安全を忘れるな」・・・でしょうか。日本でいうところの「安全第一」だろうと思いますが、私には傍らの高層ビルが冷たく見下ろしているようで、何とも寒々しく聞こえます。その横は、「珍しく命を惜しめ」・・・?でしょうか(笑)。)

私も友人からそういうことを言われたのですが、実は、私には少し違う感慨がありました。
いつだったか、テレビで中国人の実業家が「小さい国には小さい国のやりかたがあるように、大きな国には大きな国にあったやりかたがある。少しくらいのミスには構うことなく前に進むことだ」というようなことを言ってましたが、私はこれは一理ある見解だと思います。

この辺の日中の違いを私は以前、トラックの荷造りに例えて申し上げたことがあったと思いますが、日本というトラックは各荷物を安定するように揃えて詰んで運ぶのに対し、中国というトラックは四角であろうが丸であろうが、とにかく片っ端から積み込み、そのままシートで被って出発する・・・。
途中でばらまこうが、散らかそうが関係ない。
しかし、その分、往復の回数を増やすことで収益を確保する・・・と。

これは日本人の感覚からすれば、何とも無様なように見えますが、でも、回数を運んでほしい人にとってはこちらの方が向いているわけで、要はニーズの問題なのだろうと思います。
その一例となるのが、カンボジアアンコールワットの修復についてだと思います。
同遺跡の修復にあたっては日本のそれは国内の文化財修復で培ってきたノウハウそのままに既存の部分との違和感がないように丹念に仕上げますが、中国のそれはとにかく、修復したという形だけあればいいというようなものでして・・・。
ところが、カンボジア政府はこれに大きく感謝していたんですよ。
いわく、「短期間でこれだけの数をやってくれたことに大いに満足している」・・・と。
(この点は万里の長城の作り方にしても然りです。日本人の考え方ではああいう作り方はしないなと思いましたが、でも、あれはのんびりした環境で作ったわけではないですからね。一方で敵を撃退しながら作ったわけで・・・。)

ただ、今回の鉄道事故についていえば、「少しくらいの」という範疇を超えていると思います。
ああいう、世界に報道されたような大事故を「壊して土に埋めて翌日から普通に走らせる」というのがまかり通るようでは、逆に暴走を招きかねず、中国のこれからのためにも良くないですよ。
温家宝首相も駆けつけてくるのが遅いし。
ご本人は病気だったと言っておられましたし、確かに顔にもやつれがめだちましたが、おそらくはそれ以上に「軍」に対する遠慮があったのではないでしょうか。
中国の鉄道省というのは要は昔の満鉄で、国共内戦当時、兵員の輸送に利用されたことから人民解放軍の一組織で、以来、軍が手放そうとしなかった権益だったのが、ようやく、最近、鉄道省になった・・・と聞きましたから。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-08-09 08:39 | 国際問題 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/15250032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mohariza6 at 2011-08-13 14:10
要は、中国は、まだ「人間の命に多大な価値を置く」ことまで行って無い低文明国なのだと思います。
人の命より、名だけの「世界一」を求め、人間(特に漢民族以外)の命を粗末にしている国。

本当の文明国になったなら、人間の命に価値を見出すようになるでしょうが・・・、

人口が多すぎ、貧富の差が余りにも大きすぎ、経済や文化が、国(国民)の隅々まで行くには、まだまだ、時間が掛かると思います。
Commented by heitaroh at 2011-08-13 15:02
<mohariza6さん

まあ、おしゃる通りなんでしょうね。
ただ、良い悪いは別にしても、あの国にはあの国の尺度があるわけで、日本人の尺度を当てはめて冷笑するのはいかがなものかと思います。

>本当の文明国になったなら、人間の命に価値を見出すようになるでしょうが
>経済や文化が、国(国民)の隅々まで行くには、まだまだ、時間が掛かると思います。

いえ、あの国に限ってはそういう時代は永遠にやってこないでしょう。
その辺を振り落としながら、それに構わずに進むのがあの国の特性です。
Commented by sakanoueno-kumo at 2011-08-19 10:38
少し前までなら、さすがは中国と冷笑をもって見たと思いますが、この度の原発事故で露呈した安全管理の杜撰さや、その後の政府や東電の対応を見ていると、日本も大して変わらないような気がしないでもないです。
Commented by heitaroh at 2011-08-19 16:11
< sakanoueno-kumoさん

おおむね、私も同感です。あまり偉そうなこと言えた義理じゃないじゃないかと。

ただ、違うとすれば、その後の対応・・・でしょうか。
さすがに、壊して埋める・・・というのは、発想の時点で・・・。
やはり、野党がない国ならでは・・・ですね。
<< 東日本大震災・北関東派遣見聞録... 東日本大震災・北関東派遣見聞録... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
遅ればせながら、40万ア..
by sakanoueno-kumo at 18:55
> sakanoueno..
by heitaroh at 01:18
スゴイじゃないですか! ..
by sakanoueno-kumo at 21:49
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:08
明けましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 18:50
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:10
心配ご無用。 間違いな..
by sakanoueno-kumo at 17:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:53
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧