人気ブログランキング |


郷土愛ランキングに一喜一憂の要なし
親愛なるアッティクスへ

昨日、宮城県より友人が来ましたので、二人で一献やりました。
私は、前夜が2時間くらいしか寝てなかったので、どの程度、お付き合いできるか危惧していたのですが、我ながら、良く最後まで持ったな・・・と(汗)。
で、帰りにラーメン食って帰宅したのですが、胃がもたれているにも関わらず、結局、今日の昼飯もラーメンでした(笑)。

e0027240_16483263.jpgということで、本日はお決まりの二日酔いですので、いつものように適当に流します(笑)。

先日、エキサイトのニュースで面白い物を見つけました。
県別愛着度ランキング(←)、つまり、郷土愛ランキングだそうです。
色々なアンケート結果を数値化したもので、数値が高いほど愛着度が強いのだとか。

で、どういう内容が評価されたかというと・・・。

「出身都道府県のどのようなことが誇り(自慢)に思うか」をたずねたところ、47都道府県の平均では
「海・山・川・湖などの自然が豊かなこと」(51.1%)がトップで、
食事がおいしいこと」(43.4%)、
「道路や交通の便がよいこと」(32.8%)、
「土産や地域産品があること」(27.4%)、
「誇れる温泉レジャー施設・公園など」(27.3%)、
伝統芸能、祭り、イベントがあること」(27.2%)が続き、最も「自慢度」の高かった沖縄県は「海・山・川・湖などの自然が豊かなこと」が83.0%のほか、「人のよさや優しさ、おもてなしがよい」が64.9%と他県と比べて突出して高い傾向だった…と。

で、我が、福岡県は堂々、4位にランキングされているんですね。
まあ、わからないではないのですが、この点で少し思うことがありました。

先日、福岡市ANAクラウンプラザホテル福岡(旧博多全日空ホテル)の総支配人に就任したフェリュス・ジャン・ラファエルという人が、「スタッフに『福岡の良い所は?』と聞くと、すぐに、『食べ物が美味しい』という答えが返ってくるが、『では、その次は・・・』と聞くと途端に続かない」というような内容のことを言っておられました。
この辺は如何にも福岡人らしいんですよね。
愛着は持っていると言っても、自分が興味があることにしか興味がないですから(笑)。
でも、それだけに、郷土愛と言ったって、郷土の何を知っているの?といえば、殆どの人が何も知らないんです。
で、この、「地元ほど知らない」などというのは、何も福岡に限ったことではなく、どこも似たり寄ったりの観はあるでしょう。
であれば、この手のランキングを見て、一喜一憂する必要はないかな・・・と思うわけです。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-10-30 18:40 | 地域 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://heitaroh.exblog.jp/tb/13535675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mohariza6 at 2010-10-30 21:52
私は、「データー」という集計結果は、ほとんど信用していませんが、
今回の<県別愛着度ランキング>で、今、私が住んでいる「埼玉県」が最回位は、分かる感じがします。
北の埼玉には自然が残り、歴史風土も残っていますが、ほとんどの埼玉の住民の亭主は、東京に勤め、唯、寝床化しているように思います。

茨城県がワースト2位なのは、解せませんが・・・。
統計の聞き取り方の問題のように思います。
茨城県民は、頑固な面もあり、郷土への愛着は強いと思っていましたが・・・。都民崩れの人の声を象徴しているのでしょう・・・。

どちらにしても、基本は、「住めば、都<みやこ>」。
<どんなへんぴな田舎であっても、住んでいるうちに都に住んでいると同じになる(?)>と思います。

その中で、福岡県(特に博多)は、いっとき、若い時に住んでいましたが、住みやすいと思います。

Commented by heitaroh at 2010-11-01 18:30
< mohariza6さん

私はデータは重視しますが、鵜呑みにはしません。
特に、アンケート集計の場合、設問の文面次第でかなり変わるからなおさらです。
また、愛着心という点では私も、福岡よりも熊本の方が強いような気がしますので、如何にこういう物が当てにならないか・・・ということではないでしょうか。

でも、私も埼玉が最下位なのは何となく、理解できました(笑)。
だって、殆どが移り住んできた人ばかりでしょうから。
県人口でいえば、堂々たる物がありますからね。

福岡にお住まいだったのは、いっときでしたか。
私はこちらのご出身で私の先輩かと思っておりました(笑)。
Commented by mohariza6 at 2010-11-02 03:39
heitarohさんへ

前コメントで、「最回位」は、「最下位」の誤記でした。
(言葉を誤った「音」で記憶しているので、漢字変換で間違いがしょっちゅう<?>あります・・・。)

福岡の筑豊(田川郡赤池町)で生まれましたが、5歳になる前に北海道に父の転勤で移りました。
そして、小学校5年には、heitarohさん同じ、福岡の博多(大橋)に戻りました。
大学時代(芸工大)まで居ましたが、一応卒業後は、関東(東京・埼玉)に住みつき、現在に至ります。

貴記事は、博多の現状が垣間見え、懐かしく思いながら、読ませて頂いています。
Commented by heitaroh at 2010-11-02 12:49
< mohariza6さん

筑豊から北海道ですか。
何となく、想像付きますが、環境の変化は大きかったでしょうね。
でも、小五から大学生まで大橋であらせられたのであれば、微妙に私と被ってますね(笑)。
今では、芸工大も九大になってしまいましたし、あのキャンパスもいつまであそこにあることやら・・・って感じですよ。
Commented by mohariza6 at 2010-11-02 20:49
heitaroh さんへ
弊ブログへのコメント有難うございました。後ほど、ゆっくり、投稿されていた貴記事を読まさせていただきます。

<芸工大も九大になってしまいましたし、あのキャンパスもいつまであそこにあることやら・・・って感じですよ。>・・・

芸工大と九大が合併したのは、膨大な赤字を抱えた九大が、大橋キャンパスの売却をもくろみ、赤字補填を考えていた・・・、との噂はあったようです・・・。

ま~、どうなる事やら・・・。

その動きが現実化した場合は、卒業生(同窓生)として、「大反対」の運動を起こす所存ですが・・・。
Commented by heitaroh at 2010-11-03 10:42
< mohariza6さん

そうだったんですか。
そういえば、そんな噂を聞いたような聞かないような・・・(笑)。

でも、九大に変わって以来、未だに移転の話が本格化しない辺りを見ると、当分は無いんじゃないでしょうか。

>その動きが現実化した場合は、卒業生(同窓生)として、「大反対」の運動を起こす所存ですが・・・。

是非、宜しくお願いします。
九大も、福岡市が手放したくないのはわかるけど、元岡(西区)などの外れに持って行かなくても・・・と。
あんな辺鄙な所に持っていくくらいなら、問題になってる人工島にでも持っていった方がマシだ・・・と思っています。
福岡市は、とにかく、アクセスなどの都市計画を考えませんからね。
<< 地上波がなかった中日対ロッテの... ドラフト会議の正しい在り方は談... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:39
今回に限らず、あの番組で..
by sakanoueno-kumo at 17:22
> sakanoueno..
by heitaroh at 14:02
岡城、一度行きたいんです..
by sakanoueno-kumo at 09:41
> sakanoueno..
by heitaroh at 09:41
「離合」、初めて聞きました!
by sakanoueno-kumo at 09:26
>とがわさん 大橋..
by heitaroh at 12:11
大橋武夫氏の名言に惹かれ..
by とがわ at 11:58
> sakanoueno..
by heitaroh at 16:59
号外いいなぁ! 私は住..
by sakanoueno-kumo at 21:18
> sakanoueno..
by heitaroh at 11:00
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:57
「健安」はやめちゃたんで..
by sakanoueno-kumo at 21:02
無事是名馬、おっしゃると..
by sakanoueno-kumo at 20:59
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:55
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
太平記を歩く。 その69..
from 坂の上のサインボード
太平記を歩く。 その68..
from 坂の上のサインボード
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧