タグ:正力松太郎 ( 4 ) タグの人気記事

NHKドラマ「ロング・グッドバイ」見てすっかりハードボイルド的書いちゃいました
実はここのところ、立て続けに講演の依頼などを戴いたもので、結構、バタバタとしており、なかなかこちらまで手が回りません。
ふと気づいたら、5月もあと1週間で終わろうとしており、何か書かなければ史上初の更新ゼロ月となってしまう・・・と思い、寸暇を惜しんでパソコンに向かっております

で、先日、たまたま、講演原稿作成の合間にテレビをつけたらNHKドラマロンググッドバイなるものをやっているのを見て、途中からだったのですが、まあ、私が好きなレトロ的なものということもあり、以来、すべて見てしまいました。
まあ、犯人もオチも早くからわかってましたけど、このドラマは、そういう味を楽しむのではなく、むしろ、香りと余韻を楽しむ物なんだろうなと。
(うっかり最後まで気づかなかったのが、悪の親玉にはモデルがあるということ。もろ、正力松太郎。NHKとしては日テレの創始者こそ悪の親玉というのもわからないではないのですが(笑)、ここまで露骨に出すということは思わず、本当に類似のことがあったんじゃないかって気に・・・。)

で、ハードボイルドってやつはドラマでしか触れたことがないので、原作者であるレイモンド・チャンドラーって人の本も読んでみようかと考え中。
名前は聞いたことがあるんですけどね
まあ、長らく、楽しむ為の読書という物をやった記憶が無いもので、たまにはいいか・・・と。
で、先日、友人から「21時まで時間が空いたから仕方ないから遊んでやる」と言われ二時間ほど飲んだのですが、その帰途、ちょっちょっと書いちゃいました(笑)。
以下、ハードボイルド的に・・・(笑)。
----------------------------------
いつものように帰途につこうとジャケットを手にした瞬間、電話が鳴った。
電話の向こうからは相棒のサカキバラのいかれた声。
「今夜、9時まで暇になったんすけど」。
俺の第六感がビンビンと音を立てて鳴った。そっちへ行ってはいけないと。
俺は自分に苦笑いを返しただけで相棒の元へ向かう。
そこで待っていたのは.期待通りのデインジャラスな展開だった。

サカキバラはいつものようにバーのカウンターの中央に陣取っていた。
おいおい、ハードボイルド的には隅っこにいるもんだろうという俺の願いも虚しく相棒(やつ)は切り出した。
「依頼のうちにも入らないような依頼なんすけど...」。
ヤバい話の時のやつの常套句だ。俺の中の危険信号がけたたましく音を立てて鳴った。
これ以上はヤバいと。俺はそいつから耳を塞ぐように、いつものハーパーを喉に滑らした。

依頼の内容はこうだった。長年飼ってた♀猫に逃げられた飼い主が猫を探して欲しい...と。
俺は逃げた猫の行き先はやつが知ってるであろうことに気付きながら、その依頼を引き受けることにした。
それが俺の俺なりの主張だと自分に言い聞かせながら。
「ただ...」
やつは9時までと言いながら9時半をとっくに過ぎているのに、気にする風もなく、おもむろに切り出した。
いよいよ、俺の中の赤信号が勢いをつけて鳴り響いた。
e0027240_15310629.jpg
「お休み、ハニー。良い夢をご覧」。
サカキバラはそう言って腕の下で眠る天使に別れを告げて来たらしい。
「猫を探すだけなら何もおまえが来る必要はない。俺一人で十分だ」。
やつにはそう言ったのだが、やつもやはり男だった。依頼の困難さはやつが一番よく知っていたのだろう。
珍しく時間きっかりにお越しになった。
「いいって言っただろうが」。
俺がそういうと、やつはおもむろに口を開いた。
「とりあえずハイボールをくれないか」。
おいおい、タメ口かよと苦笑いしながら、俺は冷蔵庫から炭酸水を取りだし、手元にあったハーバーで無造作に注ぎ入れた。
やつは、突き出されたグラスを無言で口に運んだ。
俺も「飲んだらとっとと行くぜ」と行間に「相棒」という言葉を存分に滲ませながら言った。
これが、俺なりの親愛の情ってやつの表し方だ。やつはあさっての方向を見ながら頷いた。
数分後、俺は険しい表情の榊原を助手席に置きながら、愛車のシポレーのエンジン音を聞いていた。

いつだったか、やつは言ったことがある。
「しみったれた三日月っすよね。俺はこういうのが大っ嫌いなんすよ。光るんならもっと煌々と光れっつうんですよ」。
やつが過去に何を見たのか俺は知らない。だが、何となく、やつがそう言う気持ちはわかった。
俺にもそういう時代がなかったわけではい。
だが、残念なことに俺はやつの感傷に付き合うほどヒューマニストでは無かった。
「それで」。
我々の業界の便利なワードである。人はこう言われると、色々と聞いてなかったことまで懇切に話してくれる。

榊原は俺的に最高のリズムを刻んでいるかのように思えていたシボレーのエンジン音に異議を唱えるように口を開いた。
「なあ、俺たち、どっちが先にしぬんだろうな」。
完全にタメ口になっている相棒に対し、俺は最小限の言葉で答えた。
「おまえだ」。
やつは特に考えるふうもなく、「だよな」と答えた。完全にタメ口である。
そうこうするうちに我々は依頼者、つまり猫の飼い主の下へと導き寄せられた。
もう、俺の危険信号も愛想をつかしたのか何も言わなかった。

続く・・・。やつは危険だ。
                  平太独白

by heitaroh | 2014-05-24 15:32 | 私小説 | Trackback | Comments(0)

逆もまた真なり、「成名毎窮苦時、敗事多因得意時」の是非
親愛なるアッティクスへ

e0027240_18314892.jpg週末、校区の祭りに出かけ、またしても醜態をさらしてしまいました。
それほど飲んだつもりもないのですが、気が付いたら、土間で寝ており、家人に発見され、「みっともない」と起こされても足にきていて歩けない・・・。
結局、近い距離をタクシーを呼ばれ、家人一行に担がれて帰宅するという「名誉の帰還」となったのですが、困ったことに家人に発見されるまでの記憶がまったくありません。
どういうわけか、鼻の頭から下にかけて見事な傷を作っているのですが、私は何をしたのでしょうか・・・。
どなたか、目撃情報をお持ちの方は是非、非公開コメントでご一報ください(笑)。

ところで、たびたび、ご紹介申し上げている、昭和の老財界評論家・三鬼陽之助という人のオイルショック直後の著書にこういうものがありました。

「 昭和四十八年末の驚きの一つは、日本ハム社長大社義規のプロ野球・日拓ホームフライヤーズ買収である。(中略)
 大社は、いささか誇張していうと、食品界の土光敏夫である。香川県生まれ、野球に強い高松中学を卒業、香川県養豚組合主事から徳島ハム加工場を経営、それをスタートに、鳥清ハムと合併、米国食肉加工のトップ企業のスイフト社と技術提携、兵庫工場を建設した。消息筋によると、大社がスイフト社と技術提携を結ぶまで、十年を要したが、その間の米側とのかけ引きは一編の物語となるようである。
 ところで、大社の〝野球″進出である。
 大正四年生まれ、六十に近い年齢で、しかも競争激化の業界で売上高でも純利益でも業界の記録をたてた。それに野球界で超有名な高松中学出身である。ことに先輩には、三原脩といった野球の鬼がいる。だから、大社のプロ野球進出には、衆知が集められたことと思われる。
 しかし、私はあえて言いたい。それは、経営者が〝得意″時代、計画したものと、〝失意″時代、計画したものとの成功率は、断然、前者が悪いということである。これは中国の名言集〝酔古堂剣掃″にある「成名毎窮苦時、敗事多因得意時」の言葉が物語ることで、例の渋沢栄一の愛好の言葉である。論より証拠である。大映の永田雅一は論外として、東映の大川博、大洋漁業の中部謙吉、鐘紡の武藤絲治等々が〝野球″に色気を出した前後の、その得意満面の姿が、私は職業柄、いまも眼前にクッキリと描き出されるのである。」

まず、危惧された日本ハムファイターズですが、その後、ご承知の通り、後楽園での不遇時代を耐えきり、今や北海道で立派に根付きましたよね。
それに、それを言っていたら、どこもプロ野球のオーナーになろうなどとは思わなくなるわけで、これはこれでまさしく、今の日本が陥っている負のスパイラル、すなわち、「精神の萎縮」に繋がるのではないでしょうか。
そう考えれば、私如きが大評論家氏に大変、失礼なのですが、これは、反面、「得意のときでないと乗り出せない計画」があるともいえるのではなかと。
讀賣の正力松太郎翁の貪欲なまでの事業意欲は、テレビ事業にしてもプロ野球にしても原子力にしても、当時はかなり時期尚早の観が強かったわけで、後は、それをどう持続するか・・・の問題であり、となれば、本人の気力と、それから後継者も含めた問題になるのかもしれません。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-07-26 19:06 | 経済・マネジメント | Trackback | Comments(4)

ついに歴史上の人物になってしまった稲尾さん
親愛なるアッティクスへ

NHK総合で毎週水曜に、「その時歴史が動いた」という番組が放送されているのですが、ご存じでしょうか?
ちなみに、今日、平成20年9月3日は「シリーズ日本降伏 前編 焦土に玉音が響いた ~8月15日・終戦決定までの道程~」となっています。
まあ、私のような歴史オタク向けの番組ですね(笑)。

ところが、その翌週、平成20年9月24日の放送予定を見て、驚愕しました。
何と!「奇跡の大逆転!神様、仏様、稲尾様 〜稲尾和久 奮闘の日々〜」なのです。
おそらく、今年の北京オリンピックで413球の力投を見せた上野由岐子投手が「神様仏様上野様」と賞賛されたことで、急遽、採り上げられることになったのではないかと思うのですが、元西鉄ライオンズの大投手、稲尾和久氏が採り上げられることには、未だに、飲んで稲尾さんの話をすると感極まってしまう私としては感慨深い物があります。
ちなみに、その翌週は、「信長、討つべし 〜浅井長政 知られざる闘い〜(仮)」で、その前週、つまり、再来週は、「名君の改革に異議あり! 〜徳川宗春 華麗なる反乱〜」すから、稲尾さんも、織田信長や、尾張公・徳川宗春と並んで、ついに歴史上の人物になってしまったのか・・・と。

でも、こういう歴史番組でしか、稲尾氏の功績が顕彰されないということにも、少し、首を傾げるところではあります。
思えば、15年ほど前でしょうか、確か、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の五都市を中継で結んで、各地の「記憶に残るスポーツ名場面集」みたいな番組をやっていたことがあるのですが、その中で、多くは「貴花田、千代の富士を破る!」とか、「昭和60年の阪神優勝」、「巨人、最終戦で優勝決定」とかだったのに、福岡だけが、なぜか、堂々一位が「西鉄ライオンズ、奇跡の逆転日本一!」・・・でした。
ところが、東京のスタジオでは、若いグラビアアイドルか何かのおねーちゃんが、「何これ?」と眉をひそめながら一言、コメントして終わり・・・。
とまあ、大体が、福岡の老人だけの自虐的自己満足のような扱いだったのですが、当時の西鉄ライオンズと、稲尾氏の活躍というのはもっと、正確に顕彰されて良いと思います。

今からちょうど、50年前の昭和33年、西鉄は巨人を相手に3連敗からの4連勝逆転日本一に輝いたわけですが、当時の巨人とは今の巨人と同じに考えてはいけませんよ。
昭和26年から昭和34年までの9年間リーグ優勝8回、つまり、昭和29年の中日を除いて、すべて、巨人が日本シリーズに出てきていたわけで、しかも、昭和31年に西鉄と当たるまでは、日本シリーズに出場した年はすべてに日本一でもあったわけです。

ところが、31,32年と日本シリーズで西鉄に二年連続で日本一を許してしまい、これは、「勝利決まったろう」こと、正力松太郎が率いる天下の大巨人軍としては、あってはいけないことだったわけで、讀賣、ひいては、そこに牛耳られた球界としては、後継の西武が西鉄、太平洋、クラウンとはまったく関係なく、新規で立ち上げた球団という形にしたことも含めて、徹底的にこの「負の歴史」タブー視してきた・・・と。
だからこそ、稲尾さんと西鉄ライオンズの伝説は、こういう、「歴史番組」で採り上げられざるを得なかった・・・ということに、複雑な想いがあるわけです。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-09-03 08:16 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(6)

興業としてのプロスポーツのあり方
親愛なるアッティクスへ

以前、NHK「その時歴史が動いた」で、日本プロ野球の成立過程を取り上げた東京ジャイアンツ(現読売ジャイアンツ)のアメリカ遠征が放送されましたが、ご覧になられたでしょうか?
ご承知の通り、昭和9年、ベーブ・ルースなどの全米野球チームを日本に招いての日米野球を開催する為、急遽、その対戦相手として、読売の正力松太郎のその強引とも言えるやり方で集められた日本代表は日米野球終了後、そのまま、日本プロ野球を成立させる為にアメリカ遠征という武者修行に出されます。
結果として、正力らの思惑とは別に日本人の野球選手らは、128日間109試合、訪問した都市は63を数え、南はメキシコから北はカナディアン・ロッキーまで実に2万キロにも達する過酷な強行日程というの中で、プロの厳しさと、そして、「野球を職業とすることの意味」を学んだと。

このアメリカ遠征ですが、実際には、選手たちは華々しく送り出されたはいいが、遠征自体の資金計画は実にずさんなもので、移動、宿泊、食事代などの必要経費は、当初から、現地での「観客収入の中から」支払う仕組みになっていたそうで、つまり、次の試合に観客が入らなければ、一行はその日の食べ物さえ事欠くような状況となってしまったと言います。
となれば、食べる為には、毎日試合して、その日その日を稼がなければならず、ちょっと気の抜けたプレーでもしているとすぐに客が来なくなり・・・、選手達は必然的に、「観客に来て貰える野球をしなければならなかった。」と、この遠征に日本人として参加した後年の大投手、スタルヒンも言ってました。
「この遠征で、プロとは何かを学んだ。」と。
スタルヒンなどは、晩年まで、とにかく、試合前のキャッチボールなどでもファンを楽しませることを心がけたと言いますが、今のプロ野球が、今頃、ようやく、こういうことに目を向け始めたなどということはどうにも理解に苦しむことです。

その意味では、収入をその日の興行収入から確保するというプロスポーツの原点に照らすならば、サッカーはもっと試合数を増やすべきだと思います。
サッカーが野球と比べて、興行的致命的なのは試合数が少ないことです。
プロ野球が公式戦140試合に加え日本シリーズオールスターゲームばかりか、オープン戦等も含めると、何だかんだで一年の大半で興行しているのに対し、サッカーはJリーグ発足時に1週間に2試合だったのが、けが人が続出するということで、2週間3試合になったと記憶しております。

オフシーズンを短くしたところで、絶対数の不足感は否めず、となれば、野球並みに試合数増やすか、もしくは、一試合あたりの入場料引き上げるか、それが出来ないなら、選手の給料を適正に抑えるか・・・だと思います。
そういうと、「わかってない。サッカーはそういうものではないんだ。」と言われる方もいらっしゃるかと思います。
でも、よく考えれば、野球でも一人の投手が140試合投げる訳でもないでしょう?
であれば、サッカーもローテーション制を取り入れるべきだと思います。
それが出来ないのなら、やはり、興行的にはあわないと。
                              平太独白
by heitaroh | 2007-08-04 08:17 | スポーツ | Trackback | Comments(9)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧