タグ:山口百恵 ( 4 ) タグの人気記事

阿久悠物語に改めて想った昭和 その5
親愛なるアッティクスへ

で、少し間が空きましたが、先週からの続きです。

e0027240_17374770.jpg先週から申して参りましたように、阿久悠という人は、如何にも、歌手の売り出し戦略に合わせたような詞を書いておられますよね。
この、時代に迎合したような部分が、当時、私が侮蔑した部分でもあったのですが、今回、このドラマを見て、その認識は改めました。

阿久悠という人物は、「いかにも売れそうな詩を書く」商業的職業作詞家などではなく、「媒体を売れるように加工し、その一助として売れそうな詞を付けて売り出す」総合プロデューサー的な幅広い仕事をされた方だったんですね。

特に、この人が、一作詞家の範疇を越える手腕を発揮するのがアイドルの場合。
山本リンダ、フィンガー・ファイブ、ピンク・レディーなど社会現象にまでなった素材に関しては、完全に市場が受け入れるような形に「加工」して売り出すことをしてますよね。
(阿久氏は、駆け出しの頃、他の人が書いた歌詞を一々、書き写し、そこから時代のワードを探っていたといいますが、この辺が、この人の市場調査能力の高さに繋がっていたのでしょう。)
この人は、おそらく、「社歌を書いてくれ」と言われたら、「コンセプトは?」と尋ねる人ではなかったと思います。

それだけに、「加工」の必要が認められない素材には、あまり、食指が動かなかったようで、スター誕生に応募してきた山口百恵に対し、「君は主人公の妹にしかなれない」とコメントし、辛い採点しかしなかったと。
これはプラモデルを組み立てるのが好きな人が組上がったおもちゃには興味を示さないのと一緒で、つまり、百恵ちゃんは、最初から加工の必要がないほどに完成度が高かったのではないかと。
でも、私は、最初から、桜田淳子、森昌子との中三トリオの中では、一番、惹かれる物がありましたよ。
(意外に森昌子ちゃんは可愛いと思ったんですけどね。)

それが、私の偏った感覚などではなかったことは、百恵ちゃんは、スター誕生では専門家の評価では辛い採点になったものの観客の票、つまり、聴衆の支持を得て合格点を叩き出した・・・ということが如実に物語っているのではないでしょうか。
(さらに、「商売」という点では審査員より、より、市場に密着していると言って良いレコード会社に至っては21社も手を挙げたという・・・。何をか言わんだったでしょうか。)
つまり、観客は必ずしもプラモデルを求めていたわけではなかった、そこが、供給側と消費者の感覚の差ではなかったかと・・・。
あるいは、阿久氏には、「観衆は口に合うように味付けされた物だけを受け入れる」という誤った認識があったのかもしれませんね。

あと1回くらい続く予定です。
                            平太独白
by heitaroh | 2008-08-15 17:17 | 文学芸術 | Trackback | Comments(6)

阿久悠物語に改めて想った昭和 その2
親愛なるアッティクスへ

e0027240_135458100.jpg(←昭和50年代、私が学生時代の音楽シーンに出てきそうな風景。もっとも当時のカラオケに、まだ映像はありませんでしたけどね(笑)。それに、阿久悠というよりはどちらかと言えば大瀧詠一系・・・でしょうか。)
で、先日の続きです。

・・・と言いたいところですが、本当は前回、もう少し続けて書きたかったのですが、時間がそれを許さず、何とも中途半端なところで切れてしまい、結果、なかなか続きを書く気になれません。
で、思い切って、続きは先送り・・・ということにして、本題です(笑)。

1978.12.31・・・

これは何の日付かと言えば、阿久氏が作詞し、そして、プロデュースしたピンク・レディが「宿敵」(?)、山口百恵を抑え、レコード大賞に輝いた日・・・ですね。
このドラマでは、この場面、壇上で大賞を取ったピンク・レディが歌っている最中に客席にいた山口百恵さんが、傍らの人に、「紅白がありますから、先に失礼させて頂きます」と言って立ち去るシーンがありました。
以下、これを目撃したときの、劇中の阿久さんのコメントです。
「黒いドレスが喪服に見えた。客席の通路がしんと静まりかえり、空気が凍てつく気配さえ伝わってきた。壇上の受賞者さえピエロにしてしまいそうな強烈な大スター、山口百恵・・・、私は誇りに思った」
ここまでの「圧倒的な存在感」・・・という点では、山口百恵という人はまさしく、美空ひばり以来の存在だったんでしょう。
改めて、それを感じました。

で、このとき、私は誰かに「レコード大賞は何だった?」と聞き、「えー!UFO!?うっそー」と言った記憶がありますので、おそらく、番組自体、見ていなかったんでしょうね。
が、ピンク・レディの受賞は意外・・・というよりも、首を傾げる結果ではありました。
これは、当時、レコード大賞などという物は威厳のある物であり、いくらヒット曲でも色物が獲るということはなかったように認識していたからです。
すなわち、山本リンダフィンガーファイブ社会現象になっても、決して、彼らがレコード大賞を獲ることはなかったわけで・・・。

この点は、以前から採り上げております元西鉄ライオンズの名遊撃手、豊田泰光氏もその著書の中で同じようなことを述べておられました。
曰く、『一九五三 (昭和二十八)年、ルーキーの私はオールスターまでに14本塁打をマークした。西鉄の先輩、中西太さんの16本に次いで、リーグ2位。ファン投票で当然選ばれるだろうと思った私が甘かった。
 フタを開けると、遊撃手の1位は3685票の南海・木塚忠助さん。私は3位の1617票だった。四度の盗塁王など、すでに名選手の呼び声高い木塚さんだったけれど、その年の前半戦は28試合に出ただけで、打率2割5分7厘だった。
 よし、ファン投票が駄目でも監督推薦があるさ。
 しかしここでもがっかり。三原脩監督が私を呼びつけて言うには「監督推薦で出られると思っているだろう」。「ハイ」
 すると監督は説得調で「実は」と切り出した。パの監督を務める鶴岡一人・南海監督(当時は山本姓)が「豊田はまだ若いから」と電話してきたというのだ。結局、球宴初出場は二年後になった。』

やはり、中途半端になりましたが、続きは、また、次回・・・。
                               平太独白
by heitaroh | 2008-08-07 08:53 | 文学芸術 | Trackback | Comments(2)

阿久悠物語に改めて想った昭和 その1
親愛なるアッティクスへ

相変わらず毎日暑いですね。
先日、ある雑誌を読んでいたら、「8月は暦の上では秋」という言葉が目に飛び込んできました。
私の感覚では、8月こそが夏真っ盛り・・・でしたので、ちと、違和感を覚えたのですが、言われてみれば夏至を過ぎている以上、本来的な暦の感覚で言えば「秋」なのかもしれません。

e0027240_14414395.jpgそう言えば、昨年も、盆を過ぎると、暑さもそうでもないという話をしたな・・・と思い出しました。

となれば、こういう(←)画像も今のうちに使っておかなきゃ・・・ということで、訳なく、入道雲の画像です(笑)。

ということで、本題です。

以前、見たドラマ、「ヒットメーカー 阿久悠物語」というものがありました。
阿久悠という人は、昭和の、私がもっとも多感な時代に幾多のヒット曲を世に送り出した人であり、もちろん、私もその名前は知っていましたが、ただ、私としては、あまり良いイメージがある人ではありませんでした。
それは、すべてではないのですが、私にはこの人の作る歌詞に「侮蔑」に近い感情を持っていたということがあります。

このドラマ・・・、特に後半では、阿久氏が手がけなかった巨星・山口百恵という人の存在と、阿久氏の業績・・・、いや、健闘と言った方が相応しかったでしょうか・・・、それを対比させながら進行しました。
そして、その中で、「百恵ちゃん」を評して、作曲家の都倉俊一氏が「百恵は凄い大人の存在感だな。まだ、19歳なのに・・・」という部分があり、対して、阿久氏が、「誰が百恵を大人にした。阿木燿子の詩が大人にしたんじゃないか」と呟く場面がありました。

この点は、当時、私も、リアルタイムでレコードを買っていた、言うならば、最前線の消費者の一人でしたので、両者の詩の違いというものはよくわかる気がします。
つまり、一言で言えば、阿久氏は職業作詞家であり、私が彼の詞を侮蔑していたのもこの点にあります。
当時、阿木さんは、我々、消費者と年齢も近く、共感できる「感性で作った詞」だったのに対し、阿久さんのそれは、「良い詩を作るのではなくヒットする詞を作る」というものだったように思えました。
これから、季節は夏になる・・・と思えば「渚のシンドバッド」、王選手が本塁打世界記録を作れば「サウスポー」と・・・。
不遜なようですが、「これなら俺でも作れるよ」と思いましたよ。

とりあえず、その2へ続きますので、お叱りはその後で・・・(笑)。
                              平太独白
by heitaroh | 2008-08-05 17:38 | 文学芸術 | Trackback | Comments(10)

イケメン投手結婚中傷にみる、資本主義の原則への良書的煩悶。
親愛なるアッティクスへ

先日、プロ野球、福岡ソフトバンクホークス 和田毅 投手が、タレントの仲根かすみさんとの結婚を発表しましたが、それについて、HPにファンからの悪質な書き込みが頻発しているとか・・・。
参考:和田毅 オフィシャルサイト
昭和36年生まれの私としては、それを聞いて、結構、マジ、びっくり!

大昔は、人気歌手だった舟木和夫さんなどのように、「結婚したら、ファンが激減してしまい、その後の歌手活動に支障をきたすようになった。」という話もあったくらいですから、芸能人は結婚しても公表することはタブーだったと聞いてました。
それを劇的に変えたのが、あの山口百恵さんのステージ上での、結婚発表だったように記憶しております。
以来、ファンスターの結婚を祝福するようになったと。
ところが、この平成の時代に、和田投手の結婚にショックを受けている女性が多いというのは、何だか昼間絶滅した恐竜の幽霊を見たような気が・・・(笑)。
未だにいちファンが、こういうスターと結婚出来ると思っている人がいたってことでしょうか?
この調子では、さらに、女性に人気のある川崎宗則選手(通称、ムネリン)の結婚の時は、福岡市自衛隊出動要請した方がいいのかもしれませんね(笑)。

それはさておき、話は変わりますが、今朝、PCを開いたところ、郎女(いらつめ)さんという方から、平太郎独白録 「ナポレオン三世と小早川秀秋に見る歴史というものの無責任性について」へのTBを戴いてました。
ナポレオン三世については、いずれ、また、改めて述べてみたいとは思っているのですが、それとは別に、その郎女さんの記事の中に興味深い一文をみつけました。
曰く、「一番ありがたかったのは、ナポレオン三世の外交や戦争についても章がさかれていることで、アマゾンでさがしたんですが、普墺戦争普仏戦争を解説してくれている日本語の本って、いま、ほとんど出てないんですよね。」というものでした。

今から25年くらい前、確か学生時代だったかと思いますが、当時、私は中国日本の歴史関係の本(それほど大げさな物ではなく)は概ね、読破したこともあり、次は西洋史・中東史・朝鮮史などを読んでみたいと思い、書店に足を運びました。
ところが、どの書店も、信長・秀吉・家康については、くどいくらい色々な人が書いているのに対し、中東史はもとより、西洋史という点でも、図書館ならともかく、一般の書店では、せいぜい、「ナポレオン」についての本があるくらいで、「カエサル」さえ殆ど置いてないという状態でした。
東洋史においても、「三国志」「史記」などの特定の本ばかりに集中し、「チンギスハーン」がやっとナポレオン状態・・・。
これは、当時の書店のいけないところ・・・というよりも、日本人の偏った知識欲というものの困った部分だと思いますが、せめて、プルタルコス「英雄伝」ヘロドトス「歴史」くらいは置いといて欲しかったです。

この点は、最近は、まあ、随分、よくなってきたようですが、今でも、朝鮮史・インド史などは、もっと身近にあっていいと思うのですが、未だに「これなら・・・」と気軽に読めるようなものには、お目にかかったことがありません。
(探せばあるんでしょうが、逆に言うと探さなければ無い・・・と言う。)
従って、そういう状態ですから、韓国で一番好きな人物は?と聞かれたなら、少ない知識の中から、朴正煕と答えざるを得ず(もっとも、すべて知ったとしても、この方は上位には入ると思いますが)、こういった傾向は私に限らず、おそらく多くの日本人がそうなのではないでしょうか?

まあ、良書売れる本であるとは限りませんから、「資本主義の原則にあわないような物を読みたきゃ、図書館へ行きな。」ってことでしょうが、何だか、和田投手の結婚発表の前日結婚式を挙げながらも、誰からも一切の誹謗中傷がなかった、同じく、福岡ソフトバンクホークス 的場直樹 捕手と同じくらい、割り切れないような気もしなくもないような・・・(爆!)。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2005-12-15 08:30 | 社会全般 | Trackback(1) | Comments(4)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧