タグ:土井正三 ( 3 ) タグの人気記事

その人だけに与えられた才能の定義 その1
親愛なるアッティクスへ

才能とは何か?」
「才能を持つということは、どういう位置づけで捉えればいいのか?」

最近、よく、そのことを考えます。
つまり、なぜ、その人のみに、他者より優越したものが与えられたのかと・・・。

e0027240_128198.jpgそれは、広義で言えば、美形であるとか、スタイルが良い・・・などということもそうなのでしょう。
(←世の中にはこういう救いようのないやつもいますから(笑)。)

では、才能があるということがどういう事なのか?

たとえば、イチローなどは、私が死ぬほど努力しても、絶対に野球では追いつけない存在であり、現実には、それ以前に私の肉体はどれだけのケアをしていたとしても途中で壊れてしまうでしょう。
若き日の王 貞治さんが荒川コーチの下で猛練習を繰り返し、強打者として花開いたのを見た土井正三氏が「私にも・・・」と申し出たところ、荒川コーチは少し考えて、「やめておきなさい。君の体力ではその前に壊れてしまう」と却下したという話を思い出します。
これなども、練習量以前に王さんしか持っていなかった「頑健な体力」という才能と、そこに特化しての成功という面を見ることが出来るでしょうか。
また、これと同様のことを、サッカー解説者の水沼さんが言ってました。

現役時代、何かの大会を前に、「日本代表として惨めな試合は出来ないということで、死ぬほど練習して、太ももにはおかげでもの凄い筋肉がつくようになった。このとき、アルゼンチン代表でマラドーナが来日したが、彼の太ももを見て、びっくりした。彼の太ももは死ぬほど練習して付いた俺の太ももよりはるかに大きく、自分たちが限界まで鍛えてこの太ももなのだから、それを見た瞬間、『あ、これはもう、努力して付いたんじゃないな・・・。最初から付いてたな』と思った・・・」と。
また、努力云々以前に、私が、東大法学部きっての秀才といわれた故・岸 信介元首相と同レベルの努力をして、同じ教育を受けて、同じレベルに達するというのはあり得ない話なわけで、つまり、人は決して、「生まれながらににして平等ではない」わけです。

一方で、本人の才能以前に、「金のスプーンをくわえて生まれてきた」という、生まれながらにすべて満たされていた人を揶揄する言葉がありますが、この点でも、少し思い当たることがあります。
かつて、私の同級生には対照的な二人がおり、片方はそれなりの資産家の子供でしたが決して成績も良くなく、運動も得意ではなく、風采も上がらなかったのに対し、もう片方は決して裕福とはいえない家庭の子供だったものの、学業優秀、スポーツ万能、長身でハンサムでいつも学級委員をしているようなやつでした。
(残念ながら、両方とも私のことではありませんよ(笑)。)
で、ある日、ふと、思ったのですが、「これって、金のスプーンをくわえて生まれてきたといえるのは果たして、どっちなんだろう・・・」と。
無論、五島 昇さんのように資産家の家に生まれ、男前で、成績優秀で、生涯、転落を知らないという人もいますよね。
また、人の一生にはどうしてみたところで、幸不幸があるのもまた事実でしょう。
それがいけないと言ったところで、人の力ではどうしようもない部分があるわけで。

いつの日か続くと思います(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-05-19 08:31 | 思想哲学 | Trackback | Comments(2)

「君はフランス人になれるか?」にみる自己犠牲のあり方
親愛なるアッティクスへ

今日は久々、見事な二日酔いです。
従って、見事に脳がフリーズしており、急きょ、柔らかい話題に切り替えます(笑)。

過日、元巨人の名二塁手で、お亡くなりになった土井正三氏の現役時代を「送りバントの名手だった」と書いたのですが、この件で、先日、プロ野球OBで構成するマスターズリーグで土井氏が打席に立ったとき、「送りバント」のサインが出て、これに氏が怒った・・・という話を耳にしました。
曰く、「誰だってバントなんかやりたくないんだ。でも、チームが勝つために必要だから今までやってきただけのことだ」と。  

e0027240_11531858.jpgまあ、サインを出した側からすれば、「土井のバントをファンは期待しているだろう」ということだったのでしょうが、土井氏自身はあれほど「送りバントの名手」と呼ばれながらも、決して、好きでやっていたわけではなく、チームの勝利のために自分の恣意を殺して・・・ということだったのでしょう。

この点で、以前からたびたび紹介しております元西鉄ライオンズ豊田泰光氏がその著書の中で、「君はフランス人になれるか?」ということを書いておられました。

一部抜粋しますと、
『元阪神監督の吉田義男さんがフランス野球を教えていた時のこと。送りバントを命ずると、打者が「なぜ私が犠牲にならねばならないのか。私には打ってヒーローになる資格はないのか」と訴えてきたそうだ。
 もちろんフランスにはサッカーラグビーといった団体競技の伝統があり、犠牲の意味も説明すれば通じるそうだが、そこには確かに「団体競技としての野球と個人」という深い問題が横たわっている。「個人」が勝ちすぎると勝利は遠ざかる。一方では、個性の発露の場がないスポーツなんて何の意味がある? となる。』・・・と。
私としては、今の、やたらバントを多用する戦術は感心しませんが、ただ、今では、その分、犠打自体、結構、認められていることを思えば、それほど「自己犠牲」ばかりでもないような気もしますけどね。

ちなみに、豊田翁は、『 カウント0-3から打って出るかどうか。フランス人ならためらいなく打って出るだろうが、日本人はそうはいかない。1球、2球待って様子をみろ、というのが球史を通して浸透してきた定石だ。お客にみせるプロ野球で四球を待つという戦法は何とも後ろ向きの発想だが、これをひっくり返すのは難儀。
 昔、三原脩監督に聞いたことがあった。「0-3から打ってはいけませんか」。すると、「いいよ」と言う。話がわかる監督じゃないか……。しかし監督は付け加えた。「だが、打つならヒットだ。凡退したらまわりがうるさい」。いかにも外国語に訳しづらそうな「まわり」の目が日本にはある。フランスの打者ほど自己主張しかねる私は、0-3は「待ち」と決めたのだった。』・・・とも述べておられましたが、まあ、この辺は三原さんならではの言い回しなんでしょうが、確かに考えさせられることではあります。
                                         平太独白
by heitaroh | 2009-11-25 18:07 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

今更ながらの追悼!V9巨人の名二塁手・土井正三氏
親愛なるアッティクスへ

先頃、V9巨人の名二塁手・土井正三氏がお亡くなりになりましたよね。
今頃・・・って感もあるのですが、土井さんと言えば、王 貞治さんや長嶋茂雄さんと共に内野の一角を占めていた方で、私は特にバントの上手さと、二塁守備でのインサイドワークの巧みさが印象に残っており、私自身も子供の頃、随分と参考にしたものです。
ただ、その土井さんも、今では現役時代の輝かしい球歴よりも、オリックスの監督として、あの、イチローを潰そうとした監督・・・というイメージが強いのではないでしょうか。

土井さんも、実際は、イチローを大事に育てようとした・・・ということも言われているようですが、一方で、あの、野村克也氏もキャンプで入団間もないイチローを見て、「良い選手が入ったねぇ」と言っていたら、一向に出て来ないので疑問に思い尋ねたところ、「土井が嫌って、使いませんねん」と言われた・・・という話もあるようで、真偽のほどはわかりませんが、ただ、そうでなかったとしても、それだけで、土井=無能と決めつけるのは少し酷すぎるような気がするんです。
この点は、以前も触れたように、努力の積み重ねによって今日を築いてきた指導者というものには、往々にして、一握りの天才は理解できないということがあるからです。
イチロー選手同様、入団間もない頃の落合博満選手なども、当時の監督で、現役時代、打撃の職人といわれ、幾人もの好打者を育てた名指導者・山内和弘氏から、あの、特異な打ち方を直すように言われ、「仰ることはわかりましたが、もう、結構です」と答えたところ、すぐに二軍に落とされ、そのまま、使ってもらえなかった・・・という話があります。

その土井さんですが、V9巨人の名選手・・・だけに、それを鼻にかけた指導をしていたような報道もされてましたが、この点では、私にはひとつ、思い起こす話があります。
土井さんが巨人に入団したとき、打撃練習で打球が外野へ飛ばなかったそうで、野球エリート集団の中にあっては奇異な観免れ得ず、そのうち、当時、王、長嶋の後の5番を打っていた国松 彰選手が無遠慮にゲージの中の土井氏に話しかけてきたそうです。
「土井君、一体、誰があんたを入団させたの?球団も契約金払ったんだろうに・・・」と。
土井氏が複雑な顔をしていると、そこへ、当時、巨人の名参謀といわれた牧野 茂ヘッドコーチが通りかかったそうで、国松選手は今度は牧野氏に向かい、「ねえねえ牧野さん。あなたですか?この土井君を引っ張ったのは?」と語りかけたのだとか。
すると、牧野コーチは途端に、「冗談じゃない!俺がこんなの入れるわけがないだろう。監督じゃないの?」と吐き捨てたとか。
入団間もない、内心、心細いはずで、時期ですから、私にも、似たような経験がありますが、もう、黙って下を向くしかないんですよね。
土井氏の心中や察して余りあるでしょうか。

結果的に、数日後行われた紅白戦で、レギュラーの選手が怪我をしたことで、やむなく試合に出場した土井選手は、詰まった当たりながらも5打数3安打4打点を叩き出したことで、これにより、当時の川上哲治監督の目にとまり、その後の飛躍に繋がった・・・わけですが、私には、少なくとも、こういう経歴を持った人がエリートを鼻にかけるようには思えないんですけどね・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2009-11-17 08:56 | スポーツ | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧