タグ:周年 ( 9 ) タグの人気記事

危うく忘れるところだった祝12周年!
気がつけば3月も後半。
「何か書かなきゃなあ」と思っていたのですが、特に書くこともなくそのままになっていたところ、ふと、「あ!12周年だ!」と。
もう、12年も経ったら、完全に忘れてしまってました。
(12年の星霜は短いようで長い。人間の経年劣化も激しく。思い出すたびに忘れ・・・(笑)。)

ということで・・・、相変わらず貧乏暇なしで、色々と世間の雑事に追われておりますが、祝!12周年~!となりました。

e0027240_17532572.jpg
(↑初回からずっと、周年は「道」をテーマにした画像をUPしてきましたが、今回は少し趣向を変えて、「海に残った道」ということで。)

で、12年ですが、先述したとおり、12年というのは短いようで長い歳月ですねえ。

e0027240_18151989.jpg
(↑過日、長崎県でたまたま通りがかったホテル。周囲の風景には似合わないほど、明らかに目立ってましたので、ちょっとお茶してきました。設計は・・・、案の定、隈研吾でした。)

42歳の本田宗一郎が38歳の盟友・藤沢武夫と初めて会った時、「あたしも若かったけど、うちの副社長(藤沢)も若かったねえ」と言ったといいますが、当時、私はまだ20代。
「42歳と38歳の何が若いんだ。おっさんじゃねーか」と思いましたが、今、改めて振り返ってみて、40代が如何に若かったか・・・ということを痛感しますね。

e0027240_1843875.jpg
(と思ったけど、やっぱり、道シリーズが途切れるのも心苦しいので形だけ(笑)。)

最近では、「私たちはスマホと大人になっていく初めての世代だ」などというCMがありますが、スマホなんてあっという間に過去の遺物になりますよ。
iモードが死語になったように。

e0027240_18435970.jpg
(やっぱ、周年の割には華やかさが足りないなと。)

とりあえず、13周年・・・があるのか無いのかわかりませんが、ぼちぼち、頑張りませうご同輩。
                     平太独白
by heitaroh | 2017-03-21 17:57 | その他 | Trackback | Comments(2)

惰性でもってるだけの祝11周年記念号!
去る3月20日、ふと見たニュースで、「福岡県西方沖地震から11年」・・・というのを見て、「あの日もちょうど休日でこんな良い天気だったんだ。書き始めたばかりだったブログにも書いたよな」と思い、はたと気付きました。
「あ!つーことは俺のブログも11年になるんだ!」と。
ということで・・・と言いながら、色々と世間の雑事に追われ、今日になってしまいましたが、寸暇を惜しんで、祝!11周年~!ということで。

e0027240_18434463.jpg
(↑例年、周年は「道」シリーズということでやっております。ここは何の変哲もない風景に見えるかもしれませんが、黒田如水が関ヶ原の戦いの折、豊後石垣原で大友の軍勢を撃破した古戦場の道です。正面に海が盛り上がっているのがおわかりいただけるでしょうか。この坂が、数に勝るはずの黒田勢が当初、苦戦した要因だったのかなと。)

で、あれから11年。
今にして思うと、何だか隔世の感があります。

e0027240_18553635.jpg
(↑私にはスター・ウォーズR2-D2C-3POが立っているように見えます(笑)。)

11年前・・・、いやいや、ホント若かったよなあ。
最近ではすっかり酒が飲めなくなってしまい、腰は痛い、中性脂肪は危険水域に入る・・・などという話は祝いの席ではやめましょう(笑)。

e0027240_1904863.jpg

ちなみに今、また懲りずに一つ書いてます。
何とか早く片付けて、次に移らないといけないのですが、なかなか・・・。

e0027240_19165095.jpg

ということで、こんな(↑)感じで、かなり息も絶え絶えですが、今少し、世上にはびこりますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
ペロリ。
                     平太独白
by heitaroh | 2016-03-23 18:25 | その他 | Trackback | Comments(2)

ついに9年目にしてすっかり忘れていた9周年記念号!
日々の多忙さに紛れ、すっかりサボりぐせがついてしまった拙ブログですが・・・、ふと、気がつけば遂に・・・というか、とうとう・・・というか、何と言うか、
9周年!・・・を迎えてしまったようです。
まずは、これも偏に、皆々様のお引き立ての賜物と厚く御礼申し上げます。

まあ・・・、熱しやすく冷めやすいの博多人の典型のような私ですから、ここ数年は惰性で、さらに、この数ヶ月は完全に燃え尽きたような状態で、単に続いているというだけの状況でしたので、ついに、9年目にして9周年記念号を起稿することをすっかり忘れておりました。

e0027240_12264479.jpg
(↑毎年恒例、周年シリーズ画像、「道」です。特に珍しい道ではないのですが、ここは私にとって三の丸(?)に相当するような所で、かねてから、この蛇行が気になっておりました。川の跡かとも思ったのですが、調べた限り、ここに川はなかったはずで・・・。昭和48年に完了した博多駅地区土地区画整理で整備されたはずの地域に何でこんな曲がりくねった道があるんだ・・・と。ちなみに、画像で見るとかなり蛇行してますが、地図で見ると殆ど蛇行らしい蛇行にはなってないんですよね。たぶん、すぐ脇をJRが走ってますので、博多駅に入る前のカーブを緩やかにする為の軌道に合わせたんだろうとは思いますが・・・。)

e0027240_12231338.jpg

思えばブログを書き始めた9年前、2005年の3月ですが、翌4月2日の土曜日から秋田の友人から京都で開催されるある会合に誘われたことがきっかけでした。
全く知らない人ばかりの会合ですから、私のような凡下の人間がそういう会に参加させていただくということ自体、厚かましい限りでして、ならばと著書の宣伝と自己紹介を兼ねて「今流行のブログという物を始めてみるか・・・」と思い立った次第でして、(その少し後ですが、玄界西方沖地震郵政解散があった頃です。)んなもんで、明確に、「今日から始める!」と思って始めて無いので、明確に何日から始めたか覚えていません。
大体、3月の20~25日くらいだったよな・・・という程度でして・・・。
e0027240_14012017.jpg
ちなみに、ここ最近、私がサボり気味なのには訳がありまして・・・。
以前、拙著、「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を書いたことから、おかげさまで、今年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の余禄に預かっており・・・。
色々と講演の依頼などを頂戴している為、準備その他にかなり時間をとられている・・・というのは表向きで、まあ、やっぱり9年も続けていればいい加減飽きたんでしょうね(笑)。
                                    平太独白


by heitaroh | 2014-03-28 13:04 | その他 | Trackback | Comments(2)

思えば遠くへ来たもんだ~の8周年記念号!
どうやら、拙ブログも、遂に・・・というか、とうとう・・・というか、何と、
8周年!・・・を迎えてしまったようです。
まずは、これも偏に、皆々様のお引き立ての賜物と厚く御礼申し上げます。
ただ・・・、ここ数年は惰性で続いているような状態でしたので、あまり、気に留めていなかったのですが、それでも、さすがに「8年」となると、改めて、「え?!」って感じです。

e0027240_1591372.jpg(←毎年周年シリーズ恒例、「道」です。特に深い意味があって、始めたわけではないのですが、これも8回続いてしまったんですねぇ・・・。)

ところで、この時期は「通信簿」の季節でもありますよね。
通信簿・・・といえば、私の場合、成績は言わずもがなのこととして、それとは別に記憶に残っているのが、毎回、通信欄に記入されていた文言・・・。
「落ち着きがありません」
まあ、「動中動」で、基本、今も変わっていないんでしょうね(笑)。

また、小学校2年の終業式の後だったと思うのですが、当時の担任の先生が、、思い詰めた表情で私を呼び、「帰ったら、この封筒をお母さんに渡しなさい。決して、中を開けてはいけません」と言い、封筒を渡しました。
「?」と思いつつ・・・、帰宅して、母に渡したら、母がその場で頭を抱え、「『とにかく、この子は落ち着きがありません。このままでは、この子の将来が心配です』と書かれてるよ」・・・と。
「ホットケ!」ですよね(笑)。
そんなもん、三つ子の魂百まで・・・で、言われたからって直るわけがないでしょ・・・と。
結局、飛躍的に増えたのは、その晩の親父に殴られる回数だけでした・・・(笑)。

e0027240_154897.jpg

  「日ノ本の 心彩る 桜かな」 梁庵平太

末尾ながら、今年の特徴として、「桜の開花が例年に無く早かった」ということを記す意味で、桜の画像を添えて、形ばかりの8周年のご挨拶とさせて頂きます。

親愛なるアッティクスへ
                                         平太独白
by heitaroh | 2013-03-25 07:42 | その他 | Trackback | Comments(4)

慶祝慶祝慶祝、毎年恒例、区切りの7周年・・・です。
親愛なるアッティクスへ

どうやら、拙ブログもいつの間にやら7周年・・・を迎えてしまったようです。
これも偏に、皆々様のお引き立ての賜物と厚く御礼申し上げます。

e0027240_20342873.jpgで、毎年恒例のこの周年シリーズですが、ただ、これまでも、5年を過ぎたあたりから、かなり息も絶え絶え・・・となっていたのですが、お気づきの通り、今年は本当にそれが深刻のようでして・・・。
まあ、確かに多忙と言えば多忙で、毎日、何もしてないうちに一日が終わっていく感じですが、かと言って、必ずしも書くことがない・・・というわけではないんですよ。

(←毎年恒例、「道」シリーズです。毎年、そうであるように特に意味はありません(笑)。)

e0027240_20402518.jpg本当の理由は、やはり、7年も続けていると自分の中で意欲がなくなってしまった・・・、つまり、飽きてしまったということなんでしょうね。

(←佐賀県祐徳稲荷にある、人間が手彫りで大岩をくりぬき、「道」とした跡です。虚仮の一念岩をも通す・・・と。つまり、見習え・・・と(笑)。わかっちゃいるんですけど、どうにも粘りがないのが福岡人でして・・・(笑)。)
ということで、本当は何か気が利いたことを書きたいんですが、まあ、目下、その余裕もない・・・ということで。

機会があれば、次回に続きますので、しばし大目に見てくださいませ。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-03-27 20:49 | その他 | Trackback | Comments(4)

祝!5周年の節目に思う思えば遠くへ来たモンだ! その1
親愛なるアッティクスへ

お陰様をもちまして、拙ブログも2005年の3月下旬よりの書き始以来、5周年を迎えることが出来ました。
この間、起稿した拙文は1,215本、アクセス頂いたユニークユーザー(正味の人数)はこのエキサイトだけで157,991人、これに当初やっていたライブドアや、一時期併設していたJANJANgooなども含めると、おそらく、25万人近い方にアクセス頂いたのではないかと思います。

(↓gooのアクセス数です。全然、更新してなかったけど結構あってたんですね。)
e0027240_13571470.jpg

どなた様も、このような、とりとめもない駄文にお付き合いくださり、誠に有り難うございました。
改めて、皆々様のご厚情に厚く御礼申し上げます。

e0027240_11215956.jpg
(↑ 過去4回、なぜか、ずっと「道」の画像をUPしてますので、今回も適当に付けてみました(笑)。オーストリアウィーンの朝です。)

ただ、毎度申し上げておりますように、当初は、まさか、これほどに長いスパンを想定して書き始めたわけではないもので・・・、それどころか、「ちーと、やってみるかねぇ」程度の軽い気持ちで始めたもので・・・、正確な日付がわからなくなっており・・・、まあ、確か、このくらいやったろう・・・という、例によって典型的福岡人気質アバウトさで本日にしました・・・(笑)。
(すなわち、書き始めた当初、書くことが山のようにあったので、遡ってまとめて書き、やがて、日を経るに従って書いては消しを繰り返した結果、周年ということになったときに調べてみたらわからない・・・と。)
それに、大体、このくらいの時期はWBCプロ野球開幕と重なるから、まあ、この辺でいいや・・・と(笑)。

で、4周年の時は、「いつまでこんなことやってるかなぁ」という感じでしたが、さすがに、5周年ともなると、そういうわけにもいかず、こんなことなら、3周年までで、あんなにネタを浪費するんじゃなかった・・・と(笑)。
まさか、熱しやすく冷めやすい典型的福岡人の私が5年もやる・・・とは思ってませんでしたからねぇ。

で、小難しい話は明日以降に持ち越すとして、これは私からの5周年のプレゼントです。
つまらない物ですが、少し前に、戯れで書いた小説です。
             ↓
http://ncode.syosetu.com/n0250k/

ついでに、こちらは起稿済みの物ですが、よろしければどうぞ。
             ↓
http://ncode.syosetu.com/n1660k/

http://ncode.syosetu.com/n1659k/

で、これ・・・、誤解があると困るのですが、別に「一旗揚げてやろう!」などということではなく、なぜ、このような形でUPしたかと言うと・・・、以前、私の故郷である現博多駅前3丁目・・・、当時の「福岡市下人参町」のことを調べていて、たまたま、同地付近について書かれた土成謹造という人の、「キンゾーの作り方」というネット小説を見つけたからでした。
(こちらについては、ちと、方言色が強く・・・、それも死語になった観の物が多く、福岡県以外の方が見ると、とても読みにくいと思いますので、ご紹介程度に留めさせて頂きます。)
この話についてはまた、後日、改めて触れたいと思っていますが、まさしく、我が、下人参町界隈の話であり、私の子供の頃の世界でして・・・、是非、作品にコメントを残したい・・・と思ったところ、コメントしたいなら、ログインして自分も何か小説をUPしろ・・・ということで、やむを得ず、こういう物をUPした次第でした。
いずれにしても、それほど、大した物ではありませんけどね・・・。

明日に続く。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-03-23 08:18 | その他 | Comments(4)

息も絶え絶えの祝!四周年記念 その1 人切り平太郎
親愛なるアッティクスへ

お陰様で、このブログも2005年の3月下旬より書き始め、4周年を迎えることが出来ました。
1月末の「通算記事千本突破」の時にも触れたことですが、この間にアクセス頂いた方はこのエキサイトだけで116,280人、これに当初やっていたライブドアや一時期併設していたgooなども含めると、おそらく、20万人を超える人にアクセス頂いたのではないかと思います。
これもひとえに、皆々様のご厚情あってのことと厚く御礼申し上げます。


e0027240_13352512.jpgただ、当初から、まさか周年を迎えるほど書き続ける・・・ということを想定してなかったものですから、書き始めた日付も記録しておらず、従って、確か3月25日くらいじゃなかったかな・・・という例によって典型的福岡人気質アバウトさでして、ましてや3周年くらいまでは何かネタを用意しておりましたが、さすがにまさか、熱しやすく冷めやすい典型的福岡人の私が4年もやる・・・ということは完全に想定外でして、実は今回は特に何も考えておりません(笑)。

(←過去三回もなぜか、「道」の画像をUPしてますので、今回も適当なのを付けてみました(笑)。)

となれば、元々、「石の上にも三年」の三年を過ぎ、かなり、息も絶え絶えの手抜きで到達した4周年ですし、適当に近況ででもお茶を濁すか・・・と(笑)。

というこで、とるに足りない私の近況の方を開陳しますと、目下、公私ともに結構、多難な状況にありまして・・・。
で、まず、本業の方ですが、こちらがなかなかに楽観視できない状況になっており、まあ、私自身は公園で寝泊まりすることにもあまり抵抗ない人間なんですが、ガキはまだまだしばらくは教育費がかかる年齢なもので、どうにか踏ん張らないといけないな・・・と思っているところです。
ただ、そういうストレスからか、先日から、眼球の奥が痛くなり、そのまま放っておいたら、今度は酒がまったく飲めなかったということがあった為、これはしゃれにならないと思い、慌てて、病院で検査を受けました。
結果は、尿酸値中性脂肪が高いものの、特に異常なし・・・ということで、まずは一安心したのですが、驚いたのは費用の方。
さすがに、三割負担は高いですねぇ。
経済状態が苦しいところへ、思わぬ物入りでした(笑)。

また、年をとって偏狭になったせいか、最近、しょっちゅう、人と絶縁しています。
おかげで、「人切り平太郎」などと有り難くないあだ名を頂戴しているくらいでして(笑)。
元々、子供の頃は結構、社交的な性格で、こんなことはなかったんですけどねぇ。
何か面倒くさいことがあると、すぐに、「もういい、あいつとは付き合わない」となってしまうようで。
これも老化の一種でしょうか。
                                         平太独白
by heitaroh | 2009-03-26 08:28 | その他 | Trackback | Comments(8)

祝!石の上にも三年の3周年記念! 前編
親愛なるアッティクスへ

おかげさまをもちまして、このブログも2005年の3月下旬(実は結構あやふやです(笑)。)より書き始めて以来、3周年を迎えることが出来ました。
この間、UPした記事は836本、訪問者数はメインのエキサイトと当初やっていたライブドア75,000名、これに、別館であるgooも加えれば、おそらく、延べ15万名以上の方にお越し頂いたものと思われまする。
(ちなみに、検索ワードランキングでは、その時々で色々と変動はあったものの、なぜか、「瀬島龍三」というワードが、絶えず上位にランクインされていたことが印象的でした。他にも、何でこれなんだ?・・・というのも、ちらほら・・・(笑)。)

これもひとえに、皆々様のご厚情あってのことと、厚く御礼申し上げます。

e0027240_1132549.jpg(←毎年恒例、特に関係ないけど周年が殺風景過ぎるのもいかがなものかという、ただ、それだけの理由での画像です。私のホームグラウンド・博多駅前の夜景ですね。そういえば、過去二回は「道」繋がりでしたが、今回も、まあ、道と言えば、道ですね(笑)。)

思えば、このブログを書き始めた三年前・・・、当時、私はそのちょうど1年前の平成16年3月に、処女作、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」を出版していました。
実は、この作品は、自分的には、それなりに自信はあったのですが、ここが地方にいる身の哀しさで、書いたは良いが、それをどうやって世に出せばいいのかが皆目検討がつきませんで、やっと、手がかりを掴んだのが、当時、とっていたそっち関係のメルマガでした。
そこには、「持ち込みなんてのは、まず、見てももらえない。に応募するのが王道」と書いてありましたので、なるほど・・・と思い、賞に応募することとしました。

ところが、調べてみたら、推理小説以外は、殆どの賞が「原稿用紙200枚以下」であり、中には、「50枚以内」というものさえある始末で、私のそれはと言えば、すでに、原稿用紙650枚になっていましたので、200枚以下では、少々、減らしたところで到底無理なわけで、やむなく、一つだけあった原稿用紙500枚以内の賞に応募しようと、様々なところをカットし、さらに、雑巾を絞るように、点や丸、さらには行を削除するなどして、ようやく、500枚ちょうどにしました。
ただ、その賞は、一応、「ジャンルは問わない」とは書いてあった物の、過去の入選作品を見てみると、明らか拙著とはにニーズが違うものばかりで、この点、そのメルマガにも、「賞には賞の求めている雰囲気のようなものがあるので、自分の作品が、それにあっているかもよく検討すること」とも書いてありましたが、そうは言われても、もとよりこちらには字数の問題で、賞に対しての選択肢などはないわけで・・・。
で、その結果は・・・というと、やはり予想通り、箸にも棒にもかからない・・・というものに終わったわけですが・・・。

後編へ続きます。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-03-19 08:31 | 私小説 | Trackback(1) | Comments(12)

一周年シリーズ、勝利の花火。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_15142059.jpgいやあ、昨日も勝利の美酒に酔いしれてしまいました・・・。

(←まさしく、狂喜乱舞・・・(笑)。)

明け方、気が付いたら、テレビは付けっぱなし・・・、焼酎のコップは中身が入ったままで携帯と一緒に枕元に・・・(笑)。

危うく、携帯が焼酎漬けになるところでした・・(汗!)。

でも、西武も、明らかに抑え投手がいないんだな・・・というのがわかりましたね。
最終回なんて、ホークス打線、皆、端から見てもわかるくらいに自信満々で打ってましたから・・・。
まあ、西武も、それでなくとも優秀な人材は次々にFAして巨人メジャーに行っちゃう傾向にあるのに持ってきて、親会社はおかしな事になってるわ・・・じゃ。
何だか、かつての、ダイエーを見るような想いもして・・・。

e0027240_1555644.jpg(←昨日も見ることが出来ました、ホークスが勝った日にだけあがる勝利の花火です。ドーム内で花火が見られるというのも凄いでしょ!)

夕べに隆盛を誇った者も朝(あした)には滅ぶ・・・じゃないですが、大企業と言えども、その理屈からは逃れられないようですね。

さておき、当ブログを書き始めるに当たっての契機については、前回、前々回で述べて参りました通りですが、何度も述べております通り、お陰様をもちまして、当ブログも、一年間、一日一件、コンスタントに書き続けて来られたわけですが、この点で、アドバイスというと少々、口幅ったいのですが、継続していく上において、私が気が付いた点、気をつけている点を、何かのご参考になればと思い、ここで述べさせて頂こうと思います。
重要なのは、まず、第一に、「人間、何事も充電というモノが必要と言うこと。」
それから、「書くことをプレッシャーだと感じないようにすること。」
この二点だと思います。

まず、私の場合は、根っからの文字人間なのでしょう。
心のどこかで、「あれ?!完全にネタに詰まったかな・・・。」などと思うときも、なるべく、そういうことを考えないようにして、昔、読んだ雑誌に書いてあった「いい話」などでお茶を濁したりしているうちに、(おっと、内緒ですよ(笑)。)車のラジオなどを聞いていると、ふっと、いいものが浮かんだりして、大体、2~3日で復活するようです。
これが充電完了なのかも・・・。

もうひとつ言うならば、私の場合、一日一件という姿勢を基本的に崩さないようにしております。
当初、この形が定まる前は、一日に3件UPしたこともありましたが、今では、今日2件書けるとしても、1件しかUPしません。
だから、せっかくの旬の話題数日遅れでUPされることも珍しくないようです(笑)。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-03-29 18:13 | スポーツ | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧