タグ:台湾 ( 18 ) タグの人気記事

WBC日本対台湾戦で帰らない客が一番すげえと思った夜
昨夜のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、日本台湾戦は凄い試合になりましたねえ。
序盤までは、キューバ戦と同じような展開で、塁には出るけど点が入らないという嫌な展開、ただ、日本はこれまでの試合、終盤に得点する傾向が強かったことから、このまま、完封されることはないだろうなとは思っておりましたが・・・。

e0027240_11553695.jpg

従って、同点となった時点で、日本は大喜びしてましたが、私はむしろ、糸井が三塁でタッチアウトになって2死となった事の方にがっかりしましたよ。
「あ、これで同点どまりだ」と。
で、その前まで物凄い気迫で投げ込んでいた田中まーくんも、この攻撃の間にテンションが下がってしまったようで、明らかに前の回までとは違いましたから、3番打者にあっさりと打たれた時点ですぐに変えなきゃ・・・と。
相手チームはカウントの途中だって、厳然と交代させてんですから。

その意味では、9回に好投したストッパーの牧田和久を、その回だけであっさりと引っ込めたのは正解ですよ。
摂津にしても、田中まーくんにしても、替わった直後は好投しても、回が進むと打たれる・・・という現実があったわけで、やはり、この辺の対応力は世界の代表チームはさすがです。
従って、リードを許した時点で相手にはリリーフエースが控えていたことを考えれば、「あ、これは負けたな」と。
(そもそも、打線も大幅に組み替えるとか言いながら、殆ど変わってなかったじゃないですか。結局、長野も途中から普通に出てたし。)

その、日本代表を救ったのは9回表2死からの鳥谷の盗塁と、井端の起死回生の同点打・・・と、そして何より、小フライを飛び込んで捕球した牧田のファインプレーでしょう。
(中田の決勝犠牲フライについていえば、日本はあれでもう勝ったつもりで大喜びしてましたが、無死1.2塁で犠牲フライの1点しかとれなかったんですよ。手放しで喜んでて良いのか・・・と思ったら、その裏、杉内が打たれて一打逆転サヨナラのピンチだったわけで。)
まず、鳥谷は良く9回2死から走ったなあと思いましたし、井端も良く、あの投手から打ったなあ・・・と。
おそらく、走者1塁でも、2塁で井端敬遠でも負けだったんじゃないですか。
でも、それもこれも、牧田のあのファインプレーが全てだったと思います。
WBC第一回大会の時、韓国の美技の前に完全に封じ込められていた日本に対し、多村仁選手がフェンスに激突して捕球したプレーで、日本選手は皆、自分たちの泥臭さという原点を思い出したんじゃないかと思うのですが、牧田のファイト溢れるプレーも、それと同じ効果をもたらしたんではないかと・・・。

でも、一番のMVPはあの時間になってもまったく帰らなかった観客でしょうね。
さすがに東京ドームの客は目が肥えている!
福岡ドームだったら、絶対にああいうことはないな・・・と。
家は近いはずなんですけどねぇ・・・。

親愛なるアッティクスへ
                                         平太独白
by heitaroh | 2013-03-09 07:33 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その7
親愛なるアッティクスへ

もうすぐ、1月も終わりですので、このシリーズも一応、閉めておきたいと思います。

先日から申し上げておりますように、私は台湾は、台北及びその付近しか行ったことがなく、従って、今回、それ以外の地域へ行くというのは初めての体験でした。

e0027240_13224112.jpgで、私が我が家の家訓を軽んじてまで、正月の松飾もとれぬうちから台湾へ出かけることを思い立ったのには、一つにはそれもあったのですが、実は、最大の理由は他にありました。

(←台湾東部の名勝・太魯閤渓谷です。滞在中はずっと、天気には恵まれませんでしたので、人工構築物はともかく、せっかくの景勝地もあまり印象的ではありませんでしたが、ここだけは降ったりやんだりだったにも関わらず、比較的、見応えがありましたね。

e0027240_1338584.jpg
ちなみに、入口部分は殆ど、大分県の青の洞門にそっくりでしたが、奥行き、深さなどは遥かにこちらのほうがダイナミックでした。)

e0027240_13171727.jpg

で、私が今回の台湾行きを思い立った理由・・・、それは今年から進学する息子に、どうしても、日本以外の世界があることを見せておきたかったからでした。
「今時の若い者は・・・」というのは古代から言われてきた言葉ですし、私なども若い頃は少なからず言われてきた方ですので、頭ごなしにそれを言うことには少なからず抵抗があるのですが、それでも、最近、うちの子に限らず、息子たちの世代を見ていると危機感を覚えることがあるわけです。

で、知人から、「どこでも良いから、外国を一度見せておくと違いますよ」ということを言われ、また、男同士、息子と今後のことも含めて、腹蔵なく語っておきたいと思っていたこともありましたので、それではと思い立ったところ、スケジュールがどうしても正月過ぎのこの時期しか合わなかった・・という次第でした。
ともあれ、太魯閤渓谷を出てからは、花蓮駅から電車で台北まで向かったのですが、その際、車中で出たのがこれ(↓)。

e0027240_13502932.jpg
これ、なにかお分かりになりますか?

まあ、電車の中で出ると言えばどなたにもすぐにお分かりになるとおもいますが、そう、駅弁ですね。
味の方も、日本人向けにカレーなどまぶしてありましたので、まずまず、美味しかったですよ。
で、この過剰とも言える容器と袋も良いお土産になると思い、持ち帰ったのですが、息子は食べ終えたら、棄てていくつもりだったようで、この辺にも戦後に幼少期を過ごした親に育てられた世代と、今時の若者のジェネレーション・ギャップを感じた次第でした。

e0027240_1471692.jpg

で、最後がこれ(↑)。
我々が乗った飛行機はキティちゃんジェットだったのですが、機内食までしっかりキティちゃん・・・でした(笑)。
まあ、ナプキンやフォーク、ナイフなどはともかく、かまぼこ(?)までもがキティちゃんになっていました・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-30 07:56 | 地域 | Trackback | Comments(2)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その6
親愛なるアッティクスへ

e0027240_11315249.jpg高雄に到着した時にはすっかり日が落ちていたのですが、それでもとりあえずスケジュール通りにここ(←)へ。
龍虎塔です。
向かって左の塔の入り口がで右の建物の入り口がになっており、台湾では、十二支の中で龍が最も良く、虎が最も悪いと言われているらしく、 そのため、龍の口から入って、虎の口から出てくると善人になれるとされているのだとか・・・。
確かに、中国では龍は皇帝しか使えないなどという話を聞いたことがありますので、少し特別な存在ですよね。

e0027240_11553942.jpg(←花蓮の近くにある名勝・太魯閤渓谷です。入口付近はまったく、大分県の「青の洞門」でしたが、谷の深さなどの立体感という点では及びませんでした。確かに、中国本土ではないと言え、こういう風景を見ていると龍が天に昇っていくのもありかな・・・という気もしてきますね。)

ところで、先日、車に乗っていたら、どなたかがラジオで「十二支の中で架空の生き物は龍だけと言われているが、あれは架空ではなく、鰐(ワニ)の可能性がある」・・・ということを言っておられました。

e0027240_11504438.jpg
(↑高雄市内にある龍の象。これを見ていると、確かに「鰐」という気もしてきますね。ちなみに、この像は時間で動くように出来ているそうですが、残念ながら私が見ている限りはまったくぴくりともしませんでした。いつもの、ハニーフェイスでやさしく見守っていたんですけどね(笑)。)

「微笑めど 龍も固まる 寒波かな」 梁庵平太


e0027240_12212538.jpgで、その方曰く、日本には氷河期の頃に絶滅した7mもある巨大鰐の化石があるそうですが、その鰐が、中国では数百年前、の時代くらいまで生きていたらしく、日本のそれよりも大型で、10mくらいあって、主に鹿を主食としていたそうです。
また、その方は、実際に7mの鰐を南米かどこかでご覧になったそうですが、7mの鰐は10mくらいあるように見えたらしく、であれば、10mの鰐を実際に見たら、それはもう、巨大な龍のように見えてもおかしくはなかっただろう・・・と。

ちなみに、良く言われる、龍ののど元にあると言う逆のウロコ、いわゆる、逆鱗に触れるの「逆鱗」らしき物もその鰐にはあったそうです。
真偽のほどはわかりませんが、結構、説得力のある話のように思えました。
でも、7mの鰐でも、十分にもう龍ではなく、恐竜だと思いますけどね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-23 08:28 | 地域 | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その6
親愛なるアッティクスへ

e0027240_16644.jpg私が居たこの時期、台湾はちょうど、総統選挙の真っ最中。
ガイドさんによると、台湾では夫婦間でもうかつに選挙の話は出来ないそうで、本当に「選挙離婚」というのがあるとか・・・。
(←北回帰線です。北回帰線通過証明書というのをもらいましたが理科に疎い私はそれが何だか良くわかってません(笑)。ガイド曰く、ここを境に熱帯亜熱帯に分かれるので、この塔の中では中心線を境に温度が少し違うということでしたが、まったくわかりませんでした(笑)。)

e0027240_16334863.jpgまあ、要はそれほど選挙戦は激しいということなのでしょうが、その辺は、防弾ガラスで守られながらの遊説・・・というのを見てればわかるような気がします。
賭けの対象になってるというのはどんな不測の事態が起こってもおかしくない・・・ということでしょうから。それにあちらは徴兵制の国ですから(今も?)、皆、日本人と違い、銃の扱いには慣れており、いざ、抗争となったときはそれを鎮圧しようとする方にも多大な被害が出る・・・という話を聞いたことがあります。)

e0027240_171910.jpg
まあ、総統選挙自体はご承知の通り、現職の勝利に終わったわけですが、ついでに言えば、台湾は親日の国として知られているものの、現政権は親中ですから先行きについては不透明ですね。
TOPが盗られて10年したらあらゆるものがガラッと変わりますよ。
e0027240_16565327.jpg

ちなみに、私は台北は3~4回くらい来ているのですが、なぜか、いつも同じホテルでして・・・。
今回は手配が違うので、いくら何でも別の所だろう・・・と思っていたところ・・・、またもや、同じホテルでした(涙!)。
「アナタにはここがお似合いよ!」という声が聞こえてきそうな気がするのですが、気のせいでしょうか?(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-21 15:53 | 国際問題 | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その5
親愛なるアッティクスへ

先日からの続きです。

e0027240_16435119.jpgその、台湾花蓮で泊まったホテルの近くの商店には色々な店が入っていたのですが、その一つにパソコン教室がありました。
ガラス張りで外からも見えましたので中を覗いてみると、幼稚園児くらいの子供たちがパソコンに向かっており、「パソコン学習熱は高いなー」と思いつつ、画面に目をやると、何と!そこに映し出されていたのは「フェイスブック」ではないですか!
さらに、数台あった他のパソコンの画面も、見た限りでは、すべてフェイスブック・・・。
フェイスブックって、幼児も登録できるのか?・・・と。

とはいえ、まあ、そもそも、本人確認があるわけでもないし、実際、台湾のアイドルの顔写真などで登録している謎の集団がいる・・・とも聞きましたので、あってもおかしくはないのでしょうが・・・と、そこまで考えて、ハッとしました。
もしかして、これ、本当にパソコン教室なのか?・・・と。

e0027240_16395787.jpgまあ、怖いのでこれ以上は、詮索しないようにして、話を進めます(笑)。
二日目は高雄に泊まったのですが、ここで見た果物がこれ(←)。
「しゃかとう」と言うのらしいですが、見ての通り、「釈迦」「頭」みたいですから、おそらく、ガイドさんが日本語に訳して言ってくれたのでしょう。
味の方は、甘いと言えば甘いけど、種が多く、パサパサして、私はあまり好きではありませんでしたが、同行の方たちには好評だったようですから、もっと、ちゃんと食せば美味だったのかもしれません。

e0027240_1743888.jpg


e0027240_1754422.jpgところで、本来、この時期、台湾は日本よりもっと暖かいらしく、台北で18℃、高雄では23℃くらいあるらしいのですが、私が滞在していた4日間は見事に滅多にない寒波にぶつかったらしく、結構、寒かったですね。
となれば、この後、高雄市内を流れる川にクルージングに出たのですが、夜間の水の上は寒い寒い・・・。
おそらく、10℃を切っていたのではないでしょうか。
私も、高雄ではTシャツ1枚で過ごすつもりでしたので、おかげで台湾滞在中、見事に着たきり雀・・・でした。

ちなみに、夜景自体は・・・まあ、ノーコメントです(笑)。

明日に続きます。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-19 17:34 | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その4
親愛なるアッティクスへ

先週の続きです。

台湾と言えば、近松門左衛門国性爺合戦で知られる日中ハーフ鄭成功ですが、実は本日、結構な二日酔いでして・・・。

e0027240_147449.jpg頭が全く回っておりませんので、一身上の都合により、また、後日に回すことと致します(笑)。

で、花蓮という所で泊まった際に、夕食後、少し時間があったのでホテルの周囲を散策したのですが、ガイドさんからは「ホテルの周囲にはコンビニがあるだけで何もない」と聞いていたにも関わらず、少し歩くと、商店街まではいかないけれど、ちょっとした店が立ち並んでいる地域がありました。
(←パン屋のショーケースにはこれが並んでました(笑)。ピカチュウです。)

e0027240_1424741.jpg


e0027240_13582892.jpg(↑ウルトラマンにこういうの出ませんでした?(笑)。)

で、ここにはピカチュウもあったのですが、同時に、こういう看板(←)も・・・(汗!)。
これって、注射器・・・ですよね?
薬局の前にあったのであるいは、使用済みの注射器を回収する為の物なのかもしれませんが、屋外に設置する必要もないでしょう。
いたずらされたり、奪われたりしないんでしょうか?
それとも、街中から注射器を回収してしまおうという意図があるのか・・・。

e0027240_14165469.jpgさらに行くと、これ(←)が・・・。
世界のドラえもんですから、まあ、これあること自体は珍しくないでしょうが、よく見たら、風車として回るようjに切れ込みが入っており・・・、よくできてますよ。
ちなみに、アメリカで絶対に受け入れられなかったのが、「ドラえもん」「水戸黄門」だそうですね。
のび太のような他力本願タイプや、水戸黄門みたいにお上にすがって助けてもらう・・・などとはアメリカ人は許せないんだとか。
まあ、なんとなくわかるような気がしますけどね(笑)。

                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-16 07:55 | 地域 | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その3
親愛なるアッティクスへ

先日の続きです。

実は昨日も書きかけたのですが、目を離した隙に全部消えてしまいましたので、本日、また気を取り直して、仕切り直しです。

e0027240_17154945.jpgで、翌朝、コンビニで買ったのがこれ(←)。
「腰の果て」・・・です(笑)。
台湾通の知己に聞いたところ、台湾では良く、日本語の「の」を入れるのが流行りらしく、まあ、この点は日本人がよく、接続詞に「&」を使うようなものを想像すれば良いのでしょうか。
で、「果て」は当然、「果て」ではなく、果実の「果」だそうで、では、問題の「腰」は何かと思えば、「カシューナッツ」のことだとか・・・。
一応、「お茶」と書いてあったのですが、味の方も何ともビミョー・・・(笑)。

翌、到着二日目は日本人ばかり30~40人くらい乗った観光バスに同乗して、一路、南へ・・・。
実は私、台北には3~4回来たことがあるのですが、台北以南はまったくの初めてでして、(ところが泊まったホテルはすべて同じ・・・。いくら何でも今回は違うだろうと思っていたら、またまた同じホテル・・・。たまには違うホテルに泊まりたいよー・・・(笑)。)ただ、台湾は九州とほぼ同じくらいの面積だそうですから、それを正味3日間で廻ることは結構な強行軍になるということを意味しており・・・。
で、台中で一件お寺に寄って向かったのが台湾有数の景勝地「日月潭」・・・なのですが、普段、晴れ男の私もどういうわけか今回の滞在中はあまり天気に恵まれませんで、せっかくの名勝も、どうやら好天でこそ際立つものだったようで・・・、あまり印象に残る物ではありませんでしたね。
e0027240_1731184.jpg


e0027240_17391338.jpg
で、昼食後、一路、今度は台南へ。

台南という所は台北の前に都が置かれていたところだそうで、その意味では日本の京都みたいな所だという説明がありましたが、私にとっては、台南は鄭成功ゆかりの地・・・という認識しかありませんでした。

e0027240_1752958.jpg
で、結構、駆け足ではありましたが、その息吹に触れられたことは幸甚でした。

明日に続・・・けば幸甚です(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-13 18:14 | 地域 | Trackback | Comments(0)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その2
親愛なるアッティクスへ

昨日の続きです。

7日の朝、5時起きで台湾から帰国したのですが、松飾もとれようかという頃になって年賀状の束を見るのも違和感がありましたし、その晩、七草粥と一緒にお雑煮を食べるのも何か変な感じでした。

e0027240_14261866.jpgで、到着したその日の夜だけはフリーでしたので、たまたま現地に滞在していた台湾通の知己に伴われ、台北の街を色々、案内してもらいました。
で、まずは昨日申しましたとおり、101ビルへ行き、その後、ここ(←)へ・・・。
誤解なきように申し上げておきますが、台湾料理の店ですよ(笑)。
台湾の中華料理は日本統治時代があった関係で割と日本人向きの味になっている・・・と聞いてましたが、ここのは特に「日本人向き」だったようで、結構、美味しかったですね。
私がこれまで、海外で食った中華の中で一番美味かったのは香港で食ったそれでしたが、ここのはそこより美味しかったです。

e0027240_15223525.jpg本場で食う中華は独特の香料の香りがあり、私的には食材に選り好みはないのですが、あの臭いというのはあまり得意ではありません。
まあ、決して我慢できないわけではないのですが、何日もあの臭いを嗅いでいると、もう良いかなー・・・と。
その意味で、それが殆どない中華料理というのは美味い不味いというよりも、やはり「口に合った」と言うべきなのでしょうか。
もっとも、それでも結構、入店するのに待たされましたから、地元の人たちの間でもそれなりの人気店だと思いますよ。

(←北海道の余市でも那須の与一でもなく、台湾の夜の名物、「夜市」です(笑)。)

e0027240_15595531.jpg
(↑あまりにはっきりと「観光」とか「北海道」などと書かれると日本人的には有難味がないような・・・(笑)。)

ということで、久保大人師、この場を借りて謝謝!

明日に続く・・・と思う(笑)。


                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-11 08:20 | 社会全般 | Trackback | Comments(2)

人生初、松飾もとれぬうちからの台湾周遊行 その1
親愛なるアッティクスへ

   「松飾 とれぬうちから 空の旅」   梁庵平太

e0027240_11555832.jpg今日からようやく、本格的な仕事始めですね。
今年は私の半世紀になんなんとする人生の中で初めて、正月早々、旅に出てきました。
なぜなら、当家には「正月は家で迎えなければならない」という家訓があり、私も若い頃には多少、反発もあったものの、一応、これまで、その家訓に従い、家内の実家に帰るくらいで旅らしい旅には出たことはなかったのですが、今年だけは3日から4泊5日で台湾へ行ってきました。

(←台北のシンボル、101です。)

まあ、元旦二日じゃなくても、三日だから良いだろうと・・・。
ご先祖様、許してチョーダイ!(←古い・・・(笑)。一応、ご先祖様にわかるように昭和30年代の流行語で先祖に許しを乞うてます。)

e0027240_1205338.jpg
(↑展望台からの眺め。高すぎて雲がかかってます。ここはドバイ上海に抜かれたと聞いてましたが、タワーではなく、ビルとしてはまだ、世界一の高さなんだそうですね。)

e0027240_123336.jpg
(↑101の免震構造。日本の従来の高層ビルと違い、まったく揺れないことに驚いたのですが、その秘密がこれだそうです。ちなみに、エレベーターも最上階の展望台まで上がるのにあっという間だったことにもびっくり。東芝の技術だそうですが、さらに、それだけの高速で登って、揺れはもとより、耳もまったく痛くならなかったことも印象的でした。)

e0027240_12852.jpg

従って、正月の松飾もとれぬうちから家を空けたのは私も初めての経験でして、どうにもこれまでと勝手が違うことが多い年の初めとなっております。
まず、例年、正月はすることがないから、もう、3日4日くらいから本格的に仕事をしているのですが、今年はようやく、本格的に動き出したのは今日からで、それどころか、まだ、昨年からの積み残しも終わっていない状態・・・。
それから、初詣に初めて行ったのもやっと昨日。
(一応、三社参ってきましたが。ちなみに、一昨日、新年会の席で初めて知ったのですが、福岡は京都に次いで二番目に神社の数が多いのだそうで、確かに、選ばなければ三社参りくらい通勤の道すがらで簡単に終わりますね。)

明日に続く。余裕があれば・・・ですが(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-01-10 07:28 | 社会全般 | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ「龍馬伝」に見る国境ボーダレス化と西郷役の難
親愛なるアッティクスへ

NHK大河ドラマ「龍馬伝」ですが「台湾で放送されることになった」という報道を耳にしました。
現地では、中国語字幕入りでの放送だそうですが、主演の福山雅治さんは台湾でも日本同様、高い人気を誇っており、それで放送されることになったのだとか。
さらに、福山さんの人気と知名度は台湾以外のアジア各国でも知られており、韓国タイなどでも放送が希望されている・・・とのことでしたが、この点は、今、日本人も「冬のソナタ」などの韓国のテレビドラマを普通に見、韓国人のアイドルが普通に売れていることを思えば、庶民感覚の上では国境のボーダレス化が進んでいるということであり、相互理解のためにも大いに歓迎すべきものだとは思います。
ただ、いくら福山さんが人気あるからって、親日国の台湾やタイはともかく、あの韓国で、それも、植民地支配の原風景ともいえる日本の幕末期の放送が希望されるなんてのはとうとう、そこまで来たか・・・という観があると同時に「大丈夫か?」という気がしないでもありません。

そういう目線であの番組を見ると、やたら、「日本が!」とか、「日本人ぜよ」などという文句が出てくるんですよね。
これって、現代日本人的には「世界が!」とか「人類が!」などというような感覚での物なのでしょうが、他国の人が見ると思うと・・・、少し違和感がありましたよ。
「おしん」ならともかく、「良いのかー、こんなの見せて」・・・と思わなくもないような。
で、同番組での西郷吉之助(西郷隆盛)ですが、大河ドラマに限らず、どこも巨漢という点で西郷役には苦心しているみたいですね。
「龍馬伝」では高橋克実さんでしたが、昭和39年の大河ドラマ「竜馬が行く」では小林桂樹さんでしたからね。

ちなみに、昭和48年、私が小学校6年のとき、当時の担任の先生(当時、40代くらい?)が皆に何かを聞いてました。
いつも授業など聞いていなかった私は心ここに在らずの上の空だったのですが、そのうち、先生も困ったのか、こういうマニアな話題ならこいつだと言わんばかりに、なぜか私が指名され・・・。
狼狽して、「は?」と言うと、「少し前にNHKでやってたでしょ。『竜馬が行く』って番組。あなたなら知ってるよね?」・・・と。
「・・・知りません」と言うと、「どうして、皆、知らないの。やってたじゃない」と宣う。
でも、どう考えても記憶にないので、「それって、いつ頃の話ですか?」と聞いたところ、「えーと、東京オリンピックの頃だから昭和39年かな」・・・と。
「先生、僕たちは昭和36年生まれですから、まだ3歳ですよ」と言うと、その先生、「え!」と絶句・・・。
その先生にとっては9年前なんてのは少し前のことだったのでしょうが、12年しか生きていない者にとっての9年というのは紀元1世紀に相当するような話なわけで・・・(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-06-28 07:58 | 時代観 | Trackback(1) | Comments(5)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧