タグ:傾国の烙印 ( 9 ) タグの人気記事

「黒田家三代」「毛利輝元」増刷決定!心より御礼!

e0027240_1954128.jpg私、昨年末の12月下旬に、性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之の黒田家三代の藤と相克を描いた

(←)「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」

を出版したと申し上げました。

さらに、その舌の根も乾かぬうちの今年1月下旬、道楽ついでとばかりに、関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた処女作、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」を、
e0027240_19573042.jpg(←)「毛利輝元  傾国の烙印を押された男」

として復刻再出版致しました・・・とご報告申し上げた次第ですが・・・、
このたび、目出度く、この二作品が、ともに、
増刷決定!
ということになりました。
これもひとえに皆々様のお力添えの賜と、心より深謝御礼申し上げます。

(くどいようですが↑↑からでも、右下のライフログからでも購入できます(笑)。今回は結構、生活がかかっておりますので、どなた様もこれで息を抜くことなく、尚一層、宜しくお願い致します(笑)。)

ただ、私もまさか、12月下旬1月下旬に発売した無名の作家が書いた物が、まさか、2月初旬に増刷されることになるとは思っておりませんでしたので、正直、驚いております。

この件については、実は、先日、お買い求め頂いた友人から、「ネットで買ったら、『完売したので、入手にあと、1ヶ月くらいかかる』と言われた」という話を聞いていたのですが、なにぶん、販売状況在庫状況などは私の方では、どうなっているのかは皆目わからず・・・。
(出版社の方でもはっきりと把握していないようです。)
私としては、以前もそういうことがあったもので、「ほんまかいな〜」と思っていたのですが、何と、ホンマだったんですね。
ということで、しばらくは入手にご迷惑をおかけすると思いますが、しばし、「予約」だけしておいて頂ければと思います(笑)。

まずもって、どなた様もお力添え、ありがとうございました。
心より、伏して、御礼申し上げます。
                                         平太独白

by heitaroh | 2011-02-09 20:52 | 私小説 | Trackback(1) | Comments(11)

舌の根も乾く「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」出版報告
親愛なるアッティクスへ

by heitaroh | 2011-01-19 07:10 | 私小説 | Trackback | Comments(8)

祝!石の上にも三年の3周年記念! 後編
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1510597.jpg一昨日、いつものように川沿いの歩道を歩いていると、目の前で1m大魚が釣り上げられるところに出くわしました。
何と今日の記事に相応しい目出度い画像かと・・・。
で、「これ、何という魚ですか?フナ?」と聞くと、「いや、ソウギョだ」とのこと。

・・・私はソウギョが何か知らないのですが、針を外すと、そのまま、おもむろに魚を川にドボン・・・。
「食べないんですか?」と聞くと「食べるとは聞かんな」と・・・。
何か、絶版になったにも関わらず、中古市場ではなぜか定価以上で売れている拙著、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を象徴しているような・・・、目出度さ半分・・・といったところでしょうか(笑)。

で、気を取り直して、昨日の続きです。

その、自分では自信作ではあったものの、発表しようにも対象の賞が見あたらなかった最初の拙著ですが、その後、さて、どうしたものかな・・・と思っていたところ、「他に応募した作品でも可。字数も問わない」という自費出版系の出版社の賞が目に付きました。
まあ、これに応募すると言うことがどういうことかくらいはわかりましたが、他に選択肢もなく、やむなく応募したものの、こちらでも、字数の多さ(=本の厚さ=値段が高くなる=買い手が限られる。)敬遠されたとのことで、結果、落選・・・。
で、その出版社より声がかかったわけですが、もとより、こういう会社の営業トークを本気にすることはなく、一旦、これを断りました。
(もっとも、本音を言えば、自信があった作品だけに、こういう形でしか世に出せないことに対して忸怩たる物があったことが最大の要因でしたけどね。)

とはいえ、このまま、お蔵入りにするのも忍びなく、自分の中で、しばし、葛藤があった後、ある先輩の「私の取引先の社長は最近、乗っていたセスナ墜落して亡くなった。人間、悔いの無いように・・・」という言葉を聞き、また、出版社も、かなり値引きした金額を提示してくれたことで(後で、計算したところ、ほぼ、向こうも原価でしたね。)、さらに、通常は1000部しか刷らないところを、当初から、2000部刷る・・・という力の入れようを示してくれましたので、ようやく、重い腰を上げた次第でした。

が、結果は、無名の著者の本がすぐに売れるはずもなく、数ヶ月程度で店頭からも姿を消したわけですが、ここで、私は思いました。
田中角栄進歩党大麻唯男から、『君は何もしなくて良いから』と言われて初めて公認で選挙に出たとき、話と違って、誰も何もしてくれなかったので落選したことから、『よし!自分の力で通ってやる!』と思い直し、次の選挙で当選した」・・・と。
また、「歌手の松崎しげるさんは、名曲〔愛のメモリー〕をひっさげ、外国で賞を獲得して帰国したのに、何の話題にもならず、レコード化もされなかったので、自分でことあるごとにレコード会社へ売り込みをかけて、ようやく、世に出た」・・・と。

とはいえ、業界に何のコネも知識もない私にできる自助努力などあるはずもなく、そこで、まずは「自分の主張を知ってもらうこと」から始めようと、手を付けたのがブログでした。
ということで、「石の上にも三年」と言いますので、この3年間、休日以外は一日も欠かすことなくUPし続けてきましたが、ちょうど、先頃には、その、拙著、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]2000部を売り尽くし、このたび、目出度く絶版になったこともあり、「もう、この辺で良いかなー」と思うようになってきましたね・・・。

ということで、とりあえず、お付き合いくださってお疲れ様でした・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-03-21 00:09 | 私小説 | Trackback | Comments(12)

祝!石の上にも三年の3周年記念! 前編
親愛なるアッティクスへ

おかげさまをもちまして、このブログも2005年の3月下旬(実は結構あやふやです(笑)。)より書き始めて以来、3周年を迎えることが出来ました。
この間、UPした記事は836本、訪問者数はメインのエキサイトと当初やっていたライブドア75,000名、これに、別館であるgooも加えれば、おそらく、延べ15万名以上の方にお越し頂いたものと思われまする。
(ちなみに、検索ワードランキングでは、その時々で色々と変動はあったものの、なぜか、「瀬島龍三」というワードが、絶えず上位にランクインされていたことが印象的でした。他にも、何でこれなんだ?・・・というのも、ちらほら・・・(笑)。)

これもひとえに、皆々様のご厚情あってのことと、厚く御礼申し上げます。

e0027240_1132549.jpg(←毎年恒例、特に関係ないけど周年が殺風景過ぎるのもいかがなものかという、ただ、それだけの理由での画像です。私のホームグラウンド・博多駅前の夜景ですね。そういえば、過去二回は「道」繋がりでしたが、今回も、まあ、道と言えば、道ですね(笑)。)

思えば、このブログを書き始めた三年前・・・、当時、私はそのちょうど1年前の平成16年3月に、処女作、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」を出版していました。
実は、この作品は、自分的には、それなりに自信はあったのですが、ここが地方にいる身の哀しさで、書いたは良いが、それをどうやって世に出せばいいのかが皆目検討がつきませんで、やっと、手がかりを掴んだのが、当時、とっていたそっち関係のメルマガでした。
そこには、「持ち込みなんてのは、まず、見てももらえない。に応募するのが王道」と書いてありましたので、なるほど・・・と思い、賞に応募することとしました。

ところが、調べてみたら、推理小説以外は、殆どの賞が「原稿用紙200枚以下」であり、中には、「50枚以内」というものさえある始末で、私のそれはと言えば、すでに、原稿用紙650枚になっていましたので、200枚以下では、少々、減らしたところで到底無理なわけで、やむなく、一つだけあった原稿用紙500枚以内の賞に応募しようと、様々なところをカットし、さらに、雑巾を絞るように、点や丸、さらには行を削除するなどして、ようやく、500枚ちょうどにしました。
ただ、その賞は、一応、「ジャンルは問わない」とは書いてあった物の、過去の入選作品を見てみると、明らか拙著とはにニーズが違うものばかりで、この点、そのメルマガにも、「賞には賞の求めている雰囲気のようなものがあるので、自分の作品が、それにあっているかもよく検討すること」とも書いてありましたが、そうは言われても、もとよりこちらには字数の問題で、賞に対しての選択肢などはないわけで・・・。
で、その結果は・・・というと、やはり予想通り、箸にも棒にもかからない・・・というものに終わったわけですが・・・。

後編へ続きます。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-03-19 08:31 | 私小説 | Trackback(1) | Comments(12)

豊田泰光のチェンジアップ人生論に思う一言居士
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1152507.jpgこちら(←)は我が家のひな人形です。
おそらく、妹が生まれたときに買ったんじゃないか・・・と思いますので、ウン十年物なのでしょうが、今時、飾るスペースもないし、何より、近来まれに見るほどの不精者家人が出すのを露骨に嫌がりますし・・・。

で、この20年くらいはしまったままになってたのを、日本の風習劣化させてはいけない・・・という想いから、久々に出してきました。
昭和時代までは、毎年、この季節になれば飾ってたんですがね・・・。

当然、うちの子供たちも初めて見る我が家のおひな様です。
本当は、七段飾りなのですが、台が無くなっているのと、スペースの問題で、ここに乗せてもらえるのは五人囃子まで・・・となっております。
ここにも、格差社会リストラの波が押し寄せているような・・・(涙)。

昨日今日と福岡地方は黄砂の影響でも何も真っ白!
朝起きたときから、偉く暗いなーと思っていたんですよ。
雨だからか・・・とは思いましたが、それにしても暗いなと思っていたら・・・。
黄砂は、福岡には昔から飛んできてましたので、季節の風物詩ではあったのですが、これほど酷くはなかったですよ・・・。

で、気を取り直して、本日の本題です。
先日、豊田泰光という人の書いた「豊田泰光のチェンジアップ人生論」という本を読みました。
氏は、昨年、直言苦言を厭わない一言居士としての活動が認められ、野球殿堂入りされましたが、この人の著作は、顔に似合わず(?)(失礼(笑)。)、結構、考えさせられることが多いんですよ。
昭和の頃に読んだ著書では、「プロ野球には引き分けというものをなくすべきだ」というのと、「日本のプロ野球の球場はもっとメジャーリーグ並にグラウンドを広くするべきだ」という主張に強く共感しましたが、そのことは、「延長時間の延伸」と、福岡ドームの誕生、甲子園からのラッキーゾーン撤廃という形となって現実の形となったことを考えれば、プロ野球機構にもそれなりの耳を傾けさせるものがあったように思いました。
で、今回、この人の著作を読んで、またまた、考えさせられる点がありましたので、後日・・・。

P.S そういえば、先日の夕方・・・、たまたま、先頃絶版になった拙著、「傾国の烙印」のアマゾンのHPを覗いたところ、中古品が1品出てました。
定価は¥1,800なのに、何と、¥21,477の値段・・・。
思わず、噴き出して大笑いしてしまいました(笑)。
貴重品扱いかよ・・・とw
で、夜、もう一度、見てみました。
すると、消えてましたので、もしかして売れた・・・ってこと???
今度は驚きでした・・・・。
                                平太独白
by heitaroh | 2008-03-04 08:45 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(13)

公立図書館はもっと寄贈に対して体制を整えるべき論
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1003584.jpgこちら(←)は、私の今年の年賀状です。

切手シート3枚も当たってました。
子供の頃から、くじ運が悪かった私としては、結構な好成績でしたね。
これだけ来て、一枚も当たらないということもよくありますので・・・。

ところで、以前、拙著を福岡県立図書館に寄贈しようと思いメールしたところ、「送ってくれ。ただし、送料はアナタ持ちですよ」という返事が来ました。
ちゃっかりしているというか・・・(笑)。
(思えば、拙著も、発売当初は、「図書館購入用の本のカタログに選ばれた」とかで、そのカタログが送ってきたことがあったんですけどね。ちなみに、私も、このとき、初めてこういう物があると言うことを知りましたが、なかかなに立派なカタログで、こんなのが毎月(?)出てるなんて・・・とちょっと驚いた記憶があります。)

で、話を元に戻すと、言われるとおりに県立図書館に郵送したのですが、実は他にも福岡で一番大きくて新しい福岡市総合図書館にも寄贈しようと思ってHPを見たところ、こちらには、メールアドレスが書いてありませんでしたので、そのままになっておりますが、この点でちと思うことがあります。

以前、福島県のどこかの自治体が「図書館は作ったが、ここに納める本は一般から(送料も先方持ちで)募集する」と公表したことがありましたよね。
実に良い取り組みだと思います。
すべての自治体に適用してもいいんじゃないですか?
大体、この物資が溢れた世の中、図書館が新規予算を使って購入しなければならない本なんてどのくらいあるんでしょうか。
まったくないとはいいませんが、ある程度は、寄贈でまかなえるんじゃないですか?
送る方だって、送料使って送るわけですから、ゴミ同然の物を送りつけるようなことはしないでしょう。

いるいらないを選別しなければならないというのであれば、専門の「寄贈受付コーナー」を置いて対処すればいいだけで、少なくとも日本中の公立図書はHPくらいはメールアドレスを表示して受け入れる体制を持つべきではないかと思った次第です。
ま、予算減るから余計なことは言わないでくれ・・・と言われるのがオチでしょうけどね。
                             平太独白
by heitaroh | 2008-02-15 08:58 | 社会全般 | Trackback | Comments(6)

「絶版宣言」と、文字に見る表現者としての資質
親愛なるアッティクスへ

本日は、哀しいお知らせがあります。
数年前に、最初に出版した拙著、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」完売してしまったようで、このたび、目出度く、「絶版」ということに相成りました。
同書は、全部で二千冊刷られたのですが、丸4年を待たずして、完全に売り切れてしまったようです。
出版社に「増刷の予定はないのか?」と問い合わせたら、「書店からの注文状況により検討いたしますが、残念ながら、現状での増刷の予定はありません」とのことでした。
ほぼ、絶版になることは決定でしょう・・・。
実は、私も、手元には数冊しか持っておりませんので、「しまった!こんなことなら自分でも買っておけば良かった・・・」と今更ながらにほぞをかんでいるところです。
結構、自信作だっただけに残念なんですが・・・。
どこか、出してくれませんかねぇ・・・。

e0027240_12534781.jpg(←何か、私の人生象徴しているような・・・。道は狭く未だ遠い・・・。

で、表現者という意味で、少し思うことがあります。
まず、ワンドラフトという福岡出身の歌手をご存じでしょうか?
あいにく、私はそのグループ(?)のことは知らなかったのですが、その人の中学時代の恩師が、今は、うちの息子の学校の先生らしく、かねてより、色々と話を聞かせてもらっているようで、先日、その人から先生宛てに来た手紙を見せてもらったと言ってました。
「どうだった?」と聞くと、意外・・・と言っては、大変失礼かもしれませんが、大変に達筆だったとか。

私は見てませんから、達筆と言っても、どういう達筆だったのかはわかりませんが、この点で、思い出したことがあります。
以前、吉永小百合という人の12歳の時の作文というのを見たことがありますが、ここで、私が印象に残ったのは、内容よりも、その字体でした。
原稿用紙の升目一杯一杯に、線一本一本が力強く、 そして、きちっと刻み込まれていました。
それを見た瞬間、私は、「ああ、これがこの人の本来の気質であり、持って生まれた表現者としての資質なんだろうな」と思いました。
女優という職業は、自らの体を使って表現する職業であることを考えれば、美貌よりも、そこに必要とされるのは、むしろ、表現力では無かろうかと・・・。
吉永小百合という人は、昭和を代表する美人女優であると言い切っていいのでしょうが、あまりにも「美しすぎた」という点で、美貌とばかりが注目されてきたきらいがありますが、実際に、彼女をここまでにしたのは、むしろ、美貌の影に隠れ、見過ごされがちな表現者としての資質だったように思います。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2008-02-07 08:51 | 文学芸術 | Trackback(1) | Comments(9)

毛利輝元公へのワタクシゴトのタワゴトのご報告と告知です。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1442952.jpg←今から、祝杯を挙げに中洲へ向かっています・・・って、うっそぴょ~ん(笑)。
なぜなら、今日の博多は台風の影響で大雨が降ってるからです。
風はあまり、大したことはなかったのですが、とにかく、雨がよく降りましたね。
(ていうか、舟で行かないし(笑)。)
で、なぜ、祝杯なのか・・・ということですが、実は、このたび、是非とも、ご報告させて頂きたいことがあり、筆(?)をとりました。

私儀、実は、先般、勿体なくも、忝なくも、「人形町サロン」様より、「論文を書いてみないか?」というお声を頂戴しておりました。

が、やはり、「論文」を書くとなると、とにかく、私には久しぶりのことでしたし、何より、過去の論者様方を拝見したら、私が昔書いたインチキ論文などでとは違い、見識在る方々ばかりの、至って本格的な論文ばかりであり、それを見た瞬間、思わず、「これは任に非ずだな・・・。」という感を強くしました。
実際、出来上がった物を見たところ、やはり、書生論の域を出るものではなく・・・。
正直、改めて、「これは、やはり、任に非ず・・・だな。」という感を強くし、論文ではなく、「読者の声」という短い読者感想文を出させて頂き、それで何とか、お茶を濁そう・・・などという不埒な考え(笑)を持ったのですが、それが、忝なくも、再度、「では、エッセイという形で著書・「傾国の烙印 ~国を傾けた男 毛利輝元の生涯~」のことでも書いてみて下さい」との有り難いお言葉を頂戴しました。
(読者の声はこちら→人形町サロン - 黒岩政経研究所 「読者の声」

で、まあ、それならば、何とかなるか・・・と思い、恐る恐る書いてみたのですが、忝なくも、選者様より、「よくできました」のお言葉を賜り、今般、晴れて、人形町サロン様の【 今月の識者 】の欄に識者でもないのに載せて頂く運びとなりました。
                ↓
人形町サロン - 黒岩政経研究所 「毛利輝元に見る危機管理」

勿体ないやら、忝ないやら・・・三拝九拝というところですが、とにもかくにも、お目通し頂けましたら、何よりの幸甚と存じます。
(取るに足らない私の略歴も、多少、出ております(笑)。ご興味がお有りの方はどうぞ。)

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-08-19 00:04 | その他 | Trackback(1) | Comments(12)

出版人よ、自信を持て!
親愛なるアッティクスへ

昨年三月に、拙著「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」が店頭に並んでから、ぼちぼち、一年が経ちます。

e0027240_18173283.jpgこれはまあ、力不足という面をご指摘されるかとは思いますが、私は一方で出版業界自信喪失という物も一因にあるように感じます。
(現に、拙著にしたところで店頭に並んでから、撤去されだすまでが3~4ヶ月程度。これで、知名度もない作者がどうやって結果を残せと言うのでしょうか?)

これはある意味、今の日本の産業界の象徴的な事例だと思います。
即ち、産業の中心的な存在である銀行がいい例で、最近でこそ、少し変わってきたのかもしれませんが(果たしてそうか~?)、未だ多くの銀行が会社の業績経営者の能力も見ようとせずに、ただひたすら「担保!」だけを求め続けたのと同じ現象ではないでしょうか?
出版業界における担保とは、即ち、知名度です。
だから、内容より、芸能人や有名作家などの作者の知名度があるものに集中し、その結果、作者の知名度は高いが、あまり内容があるとは言えない本が書店に並ぶことになる。
そして、それがまた、読者の足を遠のけることに繋がり、それがまた、出版不況になるという悪循環に繋がっているのだと思います。
その根拠として、私の周囲で、「最近、作家の知名度は高いが、読むに値しない作品が増えてきた。」と言う声をよく耳にします。
この点は、私も全く同感でした。
それは、我が身に置き換えてみればよくわかるのですが、書けと言われても、そうそう次から次に書ける物じゃないんですよ。
充電という物が必要なんですよね。
作家に充電の時間を与えようとせず、「何でもいいから、あんたの名前の載った物があればいいんだ」という姿勢こそが自分たちの首を絞めているのではないでしょうか?

さらに、出版不況と呼ばれる昨今だからこそ、出版人たちは自分たちの眼力を信じようとはせずに、「より確実に売れる物」という意味で、より薄く、より安い物を、より追い求める・・・。
薄くて安い物は売りやすいかもしれませんが、売れると決まったわけではないでしょう。

「出版人よ、勇気を持て!」と言いたいです。

担保に頼らずに案件その物を見る勇気を。
薄かろうが厚かろうが、売れる物は売れるという見識を。
消費者が欲しているのは値段と厚みではなく、中身なんだということを。
しかし、やはり、銀行業界のように国際競争にさらされないと目が覚めないんでしょうね。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2005-03-30 19:29 | 社会全般 | Trackback(2) | Comments(5)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧