タグ:中洲 ( 4 ) タグの人気記事

昭和を文字にして残す活動
今、訳あって、郷土史のほうのことを色々と調べており。
で、私、博多人でありながら、ずーっと、「東中洲」というのと、「西中洲」というのがわからなかったんですね。
よく、「西中洲で待ち合わせね」などと言われるのですが、「西中洲ってどこだっけ?」と思って、地図で調べたら、「ああ、ここね」と。
でも、「西中洲」はそもそも、中洲じゃないし。
「東中洲」に至っては、そういう名前のバス停があるだけで、そういう住所はどこを探してもないんですよ。

で、調べてて初めてわかったのですが、江戸時代に中洲が出来たとき、北端の早くから開けていた方を「中島町」とし、それ以外を「東中洲」としたと。
厳密に言えば、また、「浜新地」だ、「岡新地」だと出てくるのですが、それを言うとややこしくなるので、割愛しますが、ただ、それでも、なぜ、「東中洲」になったのかと、なぜ、隣の中洲じゃない部分を「西中洲」としたのかは結局のところ、わからないみたいです。
(東中洲の名前が初出するのは江戸時代で、西中洲は大正時代にはもう存在するみたいです。)

e0027240_18294850.jpg
で、私が言いたいのは、そういうローカルな話ではなく、こういう郷土史を調べていて、強く思うことがあったからで、それが、「高齢の方に今のうちに話を聞いておく活動をすべきだ」ということす。
もうすぐ、56歳になる私も、もう、語る側の人間になりつつあるのですが、それでも、もっと私の親の世代、昭和一桁に話を聞くべきだと。

e0027240_18344890.jpg
大正12年東中州大火というのがあったのですが、昭和の頃、某地銀が地域の歴史をまとめた小雑誌を発行しており、それを見ると、当時、80代だった明治生まれの方が、「あのときは」と語っておられる。
色々と郷土史家の方はいらっしゃるようですが、また、人間の記憶というのは結構、いい加減なところがあるものですが、それでも、やはり、そのとき、その場にいたというのは強いですよ。

e0027240_1837423.jpg
こういう人の話を今のうちに聞いて文字にしておく活動を始めようと。
つまり、「昭和を文字にして残す活動」ですね。
営利でなく、地元民としての「使命感」と言うことで。
誰か、一緒にやってくれる人はいませんかねえ。
                平太独白
by heitaroh | 2017-05-29 18:03 | 社会全般 | Trackback | Comments(0)

中洲祭りなう、女神輿なう
遠方より友来たり。

e0027240_155343.jpg

一献やってました。

e0027240_165714.jpg

中洲祭り。

e0027240_185891.jpg

女神輿です。

e0027240_183076.jpg

ちょっと、こわごわなのはご愛嬌(笑)。

e0027240_171541.jpg


e0027240_192051.jpg

水上ステージだそうです。
                               平太独白
by heitaroh | 2012-10-28 01:11 | 地域 | Trackback | Comments(0)

久々の金さんだ
親愛なるアッティクスへ

e0027240_219684.jpg今宵は久々の金曜日の夜の男を満喫しておりました。
かなり、泥酔しておりますが、中洲近辺はこの時間でもこの人だかり・・・。
しっかり、景気は回復しているのでしょうか。

明日はいよいよ、参議院選挙ですね。
毎度、思いますが、あの、選挙カーって単なる経費の無駄なだけなんじゃないですか?
ガソリン使って人雇って、マイクでやたら名前を連呼して・・・、で、これで、名前を耳にして、「あ、この人に入れなきゃ」と思う人はどれくらいいるのでしょうか。
それ以前に、参議院に選挙があるのはおかしいんじゃないですか?

ていうか、そもそも、国民が喜ぶ政策を実行するなら誰だって出来るわけで、そう考えれば、国民に「苦い薬」を飲ませるのが政治家の仕事でしょ。
だったら、どうせ、与党になれない所は好き放題に「何でも出来ます」で、「税金も無くします」「貧困も無くします」の、「アメリカソ連を仲良くさせちゃいます」的なことも言えるわけで、だったら、責任政党だけが選挙を行えば良いように思いますし、どこが政権獲っても、出来る政策は限られてるでしょうしね。
ここまで言うのは、暴論だったでしょうか。
すみません、酔っぱらってますので(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-07-10 02:19 | 政治 | Trackback | Comments(4)

寒空に想いを馳せる柳生一族の陰謀・・・じゃなかった家訓!
親愛なるアッティクスへ

今日は、博多も寒かったですよ。

e0027240_14331372.jpg画像(←)は、所用で出かけた帰途、ふと思って、橋の上から、中洲の上にかかる寒空を撮ってみたときの物です。

風が強かったので、携帯で撮れるかなと思いもしたのですが、何とか、撮れてましたね。
冬晴れの中の寒さがうまく表現出来ているでしょうか・・・(笑)。

でも、よく考えたら、私、このとき、ちゃんとしたデジカメ持ってたんですけどね・・・。

で、これが、昼の中洲です。
中洲になっているのがおわかりいただけるでしょうか。
そう、中洲だから中洲です。
ちなみに、いわゆる中洲は、見えている橋のもう一つ向こうの橋から向こうです。
手前は聞かないでください(笑)。

ところで、この風景見てて、思い出したことがあるのですが、柳生 博という俳優さんをご存じでしょうか?
(実は、この方、知る人ぞ知る「日本野鳥の会」会長(元?)さんですよね。)
ところで、この方は、「柳生」という名字ですが、本当に、あの柳生十兵衛柳生但馬守柳生石舟斎らで有名な、柳生一族の方だそうですね。
(こういうと、また、映画にもなった「柳生一族の陰謀」を思い出してしまう私は、本当にどうしようもなく安直な人間のようです・・・(笑)。)
その柳生さんが、以前、テレビで言っておられたのですが、柳生家家訓の中に、「絶対に『おまえはいいよな。』と言うな!」というのがあるそうです。
柳生さんは、それを座右の銘にしていると言っておられました。
これって、なかなか、わかっちゃいるけど・・・ってやつですよね。

「金を持っている人間は金に弱く、地位の高い人間は地位に弱い」とは、私が師と仰ぐ元帝国陸軍参謀で兵法評論家の故大橋武夫氏の言葉です。
(あいにく実感としてはわかりませんが、人間の「欲」とは、そんなものなのかもしれません。)
これを、私的に言わせて頂くなら、「小金持ちは中金持ちを嫉妬し、中金持ちは大金持ちを嫉妬する。しかし、自分たちが嫉妬される側であることには触れようとはしない」ものだと思います。
私の卑近な例で言えば、「あいつはいいよな!」って言ってる友人も立派に「持ち家」に住んでますし、別の資産家の友人は、取引先の名門老舗企業の御曹司から「おまえはいいよな」って言われたそうです(笑)。
おもわず、「どっちがやねん!」と突っ込みたくなったと言ってましたが、そういう人は自分が嫉妬される側だという自覚がないみたいですね。
「俺は庶民だ!」と言っても、おそらく庶民の側で仲間に入れてくれないと思いますが・・・(笑)。

ま、これが日本人の古き良き時代の中流意識だとも言えるのでしょうけどね・・・。
平太独白
by heitaroh | 2006-02-03 00:35 | 思想哲学 | Trackback | Comments(8)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧