春眠暁を覚えずに思い出す邯鄲の夢的妄想の極み!
親愛なるアッティクスへ

春ですね。
春と言えば、春眠暁を覚えず・・・でしょうか。
ということで、今日は夢について述べてみたいと思います。

まず、「邯鄲の夢」というのをご存じでしょうか?
まあ、私なんぞが改めて言うことではないのでしょうが、確か、
「中国は唐の時代、ある不遇を託っていた青年が邯鄲という街の宿で、たまたま、一緒になった道士からを借りて眠ったところ、枕が大きくなって、枕の横の部分にあった穴の中に入って行くと、家があり、そこの娘を嫁にもらい、その縁で官途につき、その後、栄達したかと思えば左遷されたり、復活したかと思えば失脚したりして、最後は高官として、一生を終える・・・というを見た。だが、目覚めてみると、炊きかけの粟もまだ炊き上がっていない、わずかな時間であった」という話だったと記憶しております。

まあ、栄達というものがいかに儚いものであるかのたとえであり、かつ、我が身の不遇ばかりを嘆くでないよ・・・という戒め的な話なのでしょうが、何故こんなことを言うかというと、実は、私もこれと似たような不思議な経験をしたことがあるからです。
お恥ずかしい話ですが、まだ建設現場に出ていた20代半ばの頃、陰気な、辛いだけの職場だったこともあり、時間が早く過ぎることだけを願っていた私は、いつものように電気カンナで材木を削る単純な作業の繰り返しの中、現実から逃れるべく、いつものように空想にふけりました。

e0027240_15143139.jpgある日突然、当時の日本の最大の仮想敵国であったソ連が、一斉に、日本に侵攻してきて、大混乱になります。
私は、その侵略に対し、レジスタンスに身を投じ、戦乱の中で、次第にレジスタンス軍の中で重要な地位につき、そして、ソ連を撤退させたことにより、最後は、この国の独裁者にまで登り詰めます。
(細かい経緯は忘れました。)
独裁者となった私は、まず、理想の国家作りを実現すべく、改革へ着手。
改革に抵抗しようとする、宗教勢力死刑にしました。

次に、その連中の近親者がこれを恨んでクーデターの計画があることが発覚すると、先手を打って、この連中もすべて粛正しました。
すると、今度は、それにつながる友人、支援者たちが恨んでいるという情報を得たので、これも、すべて殺しました。
その後も、それらを繰り返していくうちに、ついには、自分の側近家族も誰も信じられないようになりました。
私は半ばパニックになり、「今の自分の姿は、まさしく、スターリンそのものじゃないか!どうしてこんなことになったんだ!こんなはずではなかったのにぃ・・・!」と叫びそうになって、ふと我に返りました。
そのとき材木は、まだ10本程度しか削れてなかったと言う・・・。
これは、ただの、私の、取るに足らない妄想だろうか・・・、それとも、何かが私に与えた啓示だったのだろうか・・・などということは、私にはわかりませんが、一つだけ、はっきりと言えることがあります。

「自分に死ぬ勇気がない奴は、絶対に、人を殺してはいけない」

おそらく、スターリンも同じ状態だったのでしょう・・・。
                            平太独白
# by heitaroh | 2005-04-11 08:40 | 思想哲学 | Trackback | Comments(6)

プロ野球選手に見られなくなった形容詞はマスコミの怠慢
親愛なるアッティクスへ

先日から、ちと、オールドプロ野球に触れたこともあり、少し思うことがありました。

それは、朕思うに、かつてプロ野球選手には、ユニークな形容詞が付けられてましたよね。
「ミスタープロ野球」と言えば長嶋茂雄
「打撃の神様」と言えば、川上哲治
(川上さんは他にも、「テキサスの哲」とか、「弾丸ライナー」「赤バットの川上」など、色々あります。)
他にも、「悪太郎」「安打製造器」「鉄腕」、「怪童」・・・、中には、「針の穴を通すコントロール」などというのもありました。
これらの形容詞の付け方の絶妙さには、ホント、惚れ惚れしますよ。

e0027240_10303128.jpg

でも、これらはすべて、過去のマスコミの先輩方が命名されたもので、最近の選手には、そんな形容詞が見あたりませんよね。
選手が画一化され、個性が無くなったと言う声も聞きますが、かつての、落合博満選手なんか、かなり、個性的な選手だったように思うのですが、それでも、「オレ流」なんて形容詞のうちにも入らないような物があるだけで、もう少し、何かなかったのかな・・・という気がします。
いいなと思うのは、せいぜい、野茂トルネード投法くらいのもので、イチロー振り子打法なんて、本人に否定されて終わっちゃいましたし・・・。

今、それらしい物と言えば、「番長清原」くらいのもので、松中小笠原はまだしも、あのSHINJOHだって、特にないわけですから・・・。
あったとしても、昔、先輩たちが作られた物を、臆面もなく、勝手に再使用している物もありますよね。

これって、マスコミの怠慢なのではないでしょうか?
何か考えつかないんでしょうかね。
                                         平太独白
# by heitaroh | 2005-04-09 19:49 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

同字同姓同名会同時発足・・・?!
親愛なるアッティクスへ

今日こそは、まだ、病み上がりだから、早く帰ろうと思っていたら、さきほど、突然、電話が・・・。
「誰?」と思っていたら、昔、同僚だった女性からでして・・・。
まあ、大した用事ではなかったのですが、(ワタクシに限っては、ご想像のようなことは・・・。葬式ハンカチと呼ばれてますから!清廉潔白です(笑)。)、「ん?俺、年賀状に電話番号とか書いてたっけ?」などと思って、聞けば、「わからなかったので、アナタの名前ネット検索したら、出てきた」・・・と。
・・・・うっそおー!!

で、半信半疑で自分の名前で検索したら、6件もヒット!
(確かに、そのうちの2件は私でした・・・。誰かが、勝手に、ある会の名簿をネット上に掲示していたみたいです・・・。)
が、しっかし、いるもんですねー。
同字同姓同名・・・。

e0027240_1902936.jpg

まずは、埼玉県川口市秋田県秋田市にいましたが、何だか、意外に微妙に共通点もあるんですよ・・・。
秋田市の私(?)は大学か何かの歴史学者さんのようで、また、川口市の私(?)は同業者でした(笑)。
でも、ということになると、このほかにも、無名の私がまだ、たくさんいるってことですね・・・。
同字同姓同名会作ろうかな・・・。
秋田の私を発起人にして・・・(笑)。

でも、山田ヒロシさんや佐藤コウイチさんのように同字同姓同名でもそれほど珍しくない人々ならまだしも、それほど多いとは言えない名前であれば、是非、一度、会ってみたいものです。
意外に、同じ人生を歩んでいたりして・・・ですね(笑)。
ということで、病み上がりなので、今日こそは、もう、帰って寝ます・・・。
                                         平太独白
# by heitaroh | 2005-04-08 18:50 | 社会全般 | Trackback | Comments(0)

映画「宣戦布告」に見る「戦争」
親愛なるアッティクスへ

雨降っているのに、気温は冷気きれいさっぱりの今日此の頃、如何お過ごしでしょうか?

去年でしたでしょうか、こんな夏の雨の日に「宣戦布告」と言う映画のDVDを借りてきて見たことを思いだしました。
まあ、語られつくした感も無きにしもあらずでしたが、一見の価値はあるように思いました。
(買おうとは思いませんが・・・(笑)。)
戦闘シーンなどは、なかなかにリアルでしたよ。
60年間、戦争をしたことがない日本の自衛隊員は、どうしても、人を撃った事がないので、いざ、敵と向き合ったときに一瞬、体が止まる
猟の専門用語でいうところの、ビギナーズ何たらいうやつですね。
どんなベテランのハンターでも、初めての獲物の前では、一瞬、動きが止まるという・・・あれです。
ましてや、相手は動物などではなく、自分同様に銃を持った人間なのですから、決して映画の中の話などではなく、実際にそうなったときには、十分に有り得る話でしょう。

で、そこをすかさず撃たれる
小銃での戦闘では、確かに、この映画の通り、いざ戦闘になれば、自衛隊員は甚大な被害を受けるでしょう。
でも、同時に私が思ったのは、日本は戦争してないと言うけど、北朝鮮だって、朝鮮戦争以来、戦争はしてませんよね?
少なくとも公式には・・・。
韓国ベトナム戦争に行ったでしょうが、北朝鮮は韓国との小競り合いはあったでしょうが、(あるいは、非公式にアフガンなどに従軍させていたかもしれませんが。)それにしたところで、たかがしれているでしょう?
いざ、戦争になったときには、訓練は日本の比ではないかもしれませんが、(と言うか、この場合、実際に処刑などという手段で人を撃つ機会を作るという、まったく、異質の訓練でしょうが・・・。)それでも、多かれ少なかれ兵士の戦争慣れという点では大差ないのでは?と思うのですが・・・。
その意味では、日本人は、すでに戦う前から北朝鮮兵過大評価しすぎて、影におびえていると言えなくもないような気もしますが如何でしょうか?

でも、映画の中で古谷一行扮する総理(モデルは小泉総理だそうです。もっとも、小泉さんが総理に就任する以前の映画だそうですが・・・。)が陣取る有事の際の司令室は、現実のものではなく、大本営の資料を基に作ったと言うのも、逆に言えば、「大本営まで遡らなければ、そんな資料もないんかい!」でした。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
# by heitaroh | 2005-04-07 18:31 | 文学芸術 | Trackback(2) | Comments(0)

ゾルゲの言葉にデジャブを見る
親愛なるアッティクスへ

「頃は良し 群れ飛ぶ雀 乱れ撃ち」 梁庵平太 (何のこっちゃ・・・。)

e0027240_15412264.jpg

今、ここにある文書があります。
「日本は現在、もっとも困難な状況に直面している。にもかかわらず、日本には政治の指導者が存在しない。その政府は、財界官僚政党寄せ木細工の観を呈し、誰も統制力を持っていない。腐敗と各派閥の内部闘争は、かつて政党が持っていた力を奪い、国民の大多数が政党軽蔑している。日本を注意深く見守っている者は、矛盾と決断能力の無さに充ちた、このような状態が長続きするとは決して思っていない。」

これを見ると、「なるほど。」と、頷かれる方も多いのではないかと思います。
むしろ、「今更!」と言われるかもしれません。
だが、これは、実は昭和十年(一九三五年)のものであり、これを書いた人物こそ、戦前、日本を揺るがしたスパイ事件で有名なリヒャルト・ゾルゲなのです。

本当は、「財界、官僚、政党の寄せ木細工の観を呈し・・・」の前に、「軍部」が入るのですが、ちょっとしたいたずら心で割愛させてもらいました。
しかし、「軍部」の文字さえなければ、何と、現代と酷似していることかと思われませんか?
その余りの酷似ぶりに、寒気さえ覚えるのは私だけでしょうか・・・。
この後、日本は権力の重心不在から、軍部の突出を招き、遂には、東條英機に全ての権力を集中させることを許し、坂を転がるように、破滅への道を突き進んでいくのです。

ちなみに、ゾルゲの言葉には「日本の銀行は決定的に時代遅れである」というのもあったそうです。
こちらも、何ともデジャブ・・・。
                                平太独白
# by heitaroh | 2005-04-06 20:36 | 政治 | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:26
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:23
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 03:13
いや、元号が変わるのは平..
by sakanoueno-kumo at 02:56
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:42
平成最後の大晦日は来年で..
by sakanoueno-kumo at 18:56
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:51
面白いですね。 近代の..
by sakanoueno-kumo at 18:22
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:01
いいですね、胴上げ。 ..
by sakanoueno-kumo at 00:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧