<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

電子書籍万能に首を傾げる今日このごろ。
先日、何かの雑誌に載っていたものです。
これ見てて、昔、CDが出て間もない頃、同じように「レコード派」「CD派」かという特集記事があったのを思い出しました。

e0027240_19152756.jpg

レコード派は今回の紙派とほぼ同じ主張で、当時、私はこれを見てレコードが淘汰されることを確信しました。
そこに書いてあったのはすべて、音楽・・・というか、音源というべきか、中身には関わりないことばかりだったからです。
ただ、今回の電子書籍はそれと一概に同じに扱うのは無理があると思いますね。
なぜなら、レコードとCDは同じ再生メディアという、言うならば、同じ土俵でしたが、紙と電子書籍は必ずしも同じ土俵にいるとは言えないからです。

平たく言えば、ここには、「電子書籍は充電が切れたら読めない」などというデメリットについてはまったく触れられてませんよね。
いい例が手帳で、私は未だに紙の手帳を使っています。
その一番の理由は「保存」です。
変色などはあったにしても、何年何十年と電池不要で放ったらかしにしておけますよね。
さらに、意外に困るのが何十年も経つと再生機械が無くなってしまうこと。

私、結構、画像や資料なんかはMOで保存しているんですが、もう、今ではMOって機械自体、作ってないんですよね。
結構、これって冗談じゃないですよ。(CDだって、10年が保存期限とか言いますしね。)
以前、講演原稿をMOに入れてて、MOはまだ辛うじて1台持ってますので動いたのですが、今度はソフトが対応してなかったりで、また、一から原稿を起こさなければならなかったという苦い記憶があり・・・。
以来、原稿もすべて紙で保存してますよ。

結論を言えば、一度読んだら二度とは読まないというような週刊誌なんかは電子書籍でいいでしょうが、長く保存しておこうと思う物などは・・・ということですね。
by heitaroh | 2015-02-24 19:32 | 社会全般 | Trackback | Comments(4)

土井ヶ浜遺跡行ってきました。
先日、ちょっと所用があり山口県まで行く用事があったので、ついでに以前から行きたかったここにちょっと足を伸ばしてみました。

e0027240_1912585.jpg

土井ヶ浜遺跡ですね。
ここは発掘された頭蓋骨がすべて同じ方向を向いており、その視線をずーっと先に延ばしていったら中国の山東半島に行くという話を以前聞いたことが有り、以来、機会があれば・・・と思ってました。

e0027240_19161966.jpg
(↑レプリカです。こんなことしていいのかな・・・と思わなくもありませんが。)
また、現地で発掘された当時の頭蓋骨と土井ヶ浜で発掘された頭蓋骨が酷似しているという話もあり、春秋の戦乱を逃れて移り住んできた人々ではないかと。

で、私は以前から渡来人系弥生人だろうとは思ってましたが、改めて現地でのクイズの結果、実証されました。

e0027240_1920088.jpg

間違いなく北部九州土着の弥生人です。

e0027240_1921814.jpg

左下の人は俳優の小澤征悦さんかと思いました。
また、右上の人はうちの取引先にいます。
まったくこのまんまです(笑)。

e0027240_19305598.jpg

元々、日本列島には氷河期に地続きだった時にマンモスを追いながら縄文人が移ってきてたのを、その後、紀元前300年頃に中国や朝鮮半島などから移り住んできた渡来人によって先住の縄文人が駆追された・・・と。
いわゆる、神武東征なんてのもこれじゃないかと。
また、邪馬台国も九州から畿内へ移動したというふうに考えておりますので、これも神武東征ではないかと思っております。

で、東に行けば行くほど縄文系の顔が多くなり、西へ行けば行くほど渡来人系の顔が多くなる・・・とか。

ちなみに、関東の弥生人というのもいます。

e0027240_19222989.jpg

もう一つが南九州からのタイプですね。

e0027240_19231960.jpg

この辺はどっちがどう違うかは少し微妙なような気がしますが(笑)。
                               平太独白
by heitaroh | 2015-02-23 19:37 | 歴史 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
すいませんが、色々とお聞..
by 細田 at 21:04
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:09
私も島原城は行ったことが..
by heitaroh at 17:58
結局のところ、陛下ご自身..
by sakanoueno-kumo at 21:09
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧