<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

年末ご挨拶
今年もまもなく暮れようとしております。
一年間、大変、お世話になりました。

e0027240_20121347.jpg
(↑肥前名護屋城、秀吉のうたかたの夢の跡。)

今年はおかげさまをもちまして、増刷に講演にと、それなりに忙しい時間を過ごさせて頂きました。
これもひとえに皆々様のお引き立ての賜物と厚く御礼申し上げます。


e0027240_200599.jpg
↑黒田如水が九州の関ヶ原こと、石垣原合戦において本陣を構えた実相寺山よりの景。
季節は今の暦では10月中旬とはいえ、当時はもっと寒かったことを思えば、あるいは如水が見ていたのはこういう初冬の風景だったのかもしれません。

ということで、どなた様も良いお年をお迎えください。
平太独白
by heitaroh | 2014-12-31 19:54 | その他 | Trackback | Comments(0)

赤穂浪士討ち入りと衆議院選挙の日に思う原初の人口分布
e0027240_1710447.jpg「先生と
 呼ばれて背負う
  床柱
任に非ずと
  我ぞ良く識る」
   平太郎


気がつけばいつのまにやら12月も半ば。
今年一年も終わりですね。
毎年、同じことを言ってるような気がしますが(笑)。

で、少し早いかもしれませんが、今年一年を振り返ってみますと、まず、何と言っても大河ドラマ「軍師官兵衛」の恩恵に預かった一年だったと言えるでしょうか。

おかげさまで拙著黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望増刷の栄に預かり、また、幾つか講演などもさせて頂くなど、ちょっとばかり忙しくさせていただきました。
で、上述の句は講演の後の宴会に参加させていただいた折、柄にもなく、「先生」と呼ばれて上座に座らせていただいた時の句です。
大変、光栄なことなのですが、やはり、「先生、あなたはか弱き大人の代弁者なのか~♫」と歌ってる方がお似合いの私にはどうにも・・・(笑)。

で、今日は赤穂浪士の討ち入りの日・・・であると同時に、衆議院選挙の日でもありますよね。
選挙区の割り振りで違憲判決などが出ましたが、そもそも、ああいう物を政治に任せておくこと自体、無理があるんですよ。
まずもって、選挙区なんてものがあるから「地盤」なんて物が派生するわけで、あんなもの、当事者に任せておかずに司法がフレキシブルにその時、その時で変えていくべきだと思います。
次も選挙区になるかどうかわからない所に利益誘導しようとも思わないでしょう。

で、この点で思い出したことがあります。
明治23年(1890)、我が国で初の衆議院選挙が行われた際、議席定数300を人口に応じて各府県に割り振ったそうで、この時、首都東京府の12人、大阪府10人を超える13人の定員を得た県があったとか。
つまり、人口最大県ということですよね。
それが新潟県だそうで、明治21年の統計によると新潟県の人口は166万人で全国1位。
でもって、2位兵庫県、3位愛知県で、4位東京府で135万人、大阪府は124万人で6位だったとか。
これがある意味、日本の原初の人口分布だったんだなと。
もし、マッカーサー様が来られなかったら、これ、どの程度変わったんだろうなという気はしますが(笑)。
                             平太独白
by heitaroh | 2014-12-14 18:09 | 政治 | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧