<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仕事始めに思う日本から正月は無くなるかもしれないの理
前回、今年の正月にちょっと着物のまま出かけたら、40代の方から「いつも、そういう格好ですか?」などと聞かれたことで、ふと、「この方は、たぶん、着物を知らないのではないか」と思った・・・ということを申し上げましたよね。
で、最近では、初詣に着物で行くと、若い人の中には奇異な目で見る人もいる・・・ということも申し上げました。
つまり、明らかに着物を知らない・・・、見たことがない人たちが増えてるんですよ。
おそらく、親も着物を着たことがない世代でしょうが、ここでふと思ったことがあります。
やがて、そう遠くないうちに、日本から正月は無くなる、少なくとも今の正月という物が形を留めるということはなくなるだろうと。

(↑「ものぐさは 出るまで待てぬ 初日の出」 梁庵平太

その意味では、昭和日本の正月がどういう物だったかを書き残しておく必要がある・・・と。
大げさではなく、もう、そういう所まで来ているんですよ。
まず、昭和の正月にあって既に、消えてしまった物として「羽子板」「凧揚げ」「独楽」「獅子舞」と並んで「年始回り」があります。
昔は、年が明けたら、お得意様やお世話になった方のお宅などに挨拶に行いってました。
子どもとしてはそれだけお年玉がもらえるので嬉しかったのですが、大人は行く方も迎える方も大変だったと思いますよ。
我が家などは昔は親戚も多かったし、入れ替わり立ち代り、誰か来てましたね。
母や祖母などは前日の大晦日の夜から、「おせち料理」(これも今は家では作らなくなりましたから、ある意味、絶滅危惧種です。)の仕込みに入り、三ヶ日の来客に備えます。

だから、1月2日の夜は風呂は休み。
これなんかも、若い方たちは「は?風呂?」でしょうが、なぜかというと、働き詰めの女性を休ませるためです。
今と違って、風呂は薪で沸かす重労働でしたからね。
さらに、今、急速に淘汰されようとしている物は何も着物だけではないんですよ。
「門松」「しめ縄」などの他にも、絶滅危惧種になっている物で「年賀状」がありますが、同様に「初詣」もかなり存続が危ぶまれます。

e0027240_16380767.jpg
うちの子供達はまったく年賀状は書きませんし、初詣にも行こうとしません。
かくいう私も、行っても行列してたら、並んでまで参拝はしません。
まあ、元々、年賀状も初詣も明治以降になっての習俗ですから、消えゆくのは元の姿に返るだけとも言えるわけですが・・・。
たぶん、今のままでも残るのは「お年玉」だけだと思いますよ。
                                 平太独白                 

by heitaroh | 2014-01-07 18:24 | 社会全般 | Trackback | Comments(0)

平成二六年の謹賀新年!
新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

e0027240_16334832.jpg

実は新年早々、地元FM局の番組に「今からでもわかる軍師官兵衛入門」ということで、ゲスト出演してきました。
言うまでもなく、今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」にちなんで、主人公の黒田官兵衛(如水)という人について何か話せ・・・ということですね(笑)。
年末には大河ドラマの余録に預かったようで、拙著、「黒田家三代」も重版の運びと成りましたので、その勢いに乗って・・・などと安易に考えていたところ・・・、講演は何度かやったことがあったのですが、生放送のマイクの前に立つというのはまったく初めての経験でして・・・。

e0027240_16501215.jpgやはり、勝手が違うことだらけの上に、おまけに、前夜半から、生まれて初めて、チキンガーリックステーキ年越しカウントダウン・ミニライブなどというものに行って僅かしか寝ておらず、さらに、元旦の昼間は甥っ子、姪っ子にお付き合いして疲労のため、ゲーセンでうつらうつらしていたような状態で臨みましたので、不慣れの上に、話しながらも時々、意識が飛ぶという・・・。
まあ、ご興味のある方はネットでも配信しているそうですから、見てやってください(笑)。

e0027240_17332701.jpg
ところで、今年の正月は天気もまあまあだったので、ちょっと、着物のまま、生放送に出かけてみました。
で、ちょっと思ったのですが、私が子供の頃は父も祖父も正月は着物でしたので、それほど違和感はないのですが、ところが、ここ数年で明らかに着物を知らない人たちが増えてるんですよね。
おそらく、親も着物を着たことがない世代なのでしょうが、着物で神社に行くと若い人の中には奇異な目で見る人もいます。
まあ、そこまでなら、いい年こいたおっさんですから、特に視線を気にすることはないわけで、取り立てて言うこともないのですが、ただ、今年はちょっと驚いたことがありました。
というのは、FM局を訪れた際、40代の方から、「いつも、そうういう格好をしてあるのですか?」と聞かれたんです。
そういえば、この方、会った早々に「易者の方かと思いました」とか言ってたことを思い出し、そこで、ふと、気づきました。
「もしかしたら、この方は着物を知らないんじゃないか・・・」と。

つまり、もう、40代くらいの人まで男性の着物を見たことがない・・・ってことなのでは・・・と。
そう考えれば、少なくとも着物業界の人は相当の覚悟がいる時代に入ってきたという認識はいると思いますよ。

ということで、どなたさまも良いお年を・・・ではなかった、今年もよろしくお願いします!
平太独白


by heitaroh | 2014-01-03 16:54 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧