<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

福岡城抜け穴伝説を検証 その1
福岡市南区に穴観音という所があります。
穴の中に観音様が彫ってあるから穴観音。
わかりやすい名前です(笑)。
e0027240_13093910.jpg
ここは古墳だったのですが、誰かが後年、ここに観音様を彫ったわけですね。

ただ、元々、古墳はここ一箇所だけではなく、一帯には古墳がたくさんあったそうですが、1600年、関ヶ原の戦いの後に新たに筑前の領主と成った黒田長政が自らの居城、すなわち、福岡城を築く際に辺り一帯の古墳を壊して石を持って行ってしまい、ここだけになったのだとか。
(当時の築城は廃物利用が多かったそうで、他にもそれまでの国主の居城があった福岡市東区の名島城などからも多く持ってきたと聞いております。)
結果、福岡城の石垣には今もここと良く似た石が使ってあったりするんだそうです。

e0027240_13165299.jpg
で、この穴観音ですが、福岡城より緊急脱出用秘密の抜け穴」が通じていたという伝説があります。

e0027240_13262933.jpg
ここは今は、曹洞宗のお寺になっているのですが、境内には昭和10年に建設されたという赤穂浪士の墓があり、抜け穴はこの辺りにあって、これが出来た際に塞がれたんじゃないか・・・とのことでした。
ちなみに、ここには、「カップルがここでイチャイチャしてたら、突然、石垣から石が一つゴロンと転がり落ちて、見てたら中から誰か出てきて、石を元に戻してそのままどこかに行った・・・」などという都市伝説(アリエネー(笑)。)などもあります。
(こういうことを言い出すのが福岡人です(笑)。)

ちなみに、この赤穂浪士の墓ですが、首を傾げられる方も多いと思います。
それもそのはず、赤穂浪士の墓は東京品川泉岳寺にありますし、刑が確定するまでの間、各浪士はいくつかの藩に分散されて収容されていましたが、岡藩はその中にすら入ってないわけで・・・。

e0027240_13444148.jpg

どういうことかというと、昭和の初めに東京観光に行った人が品川泉岳寺にて赤穂浪士の墓を見て痛く感銘を受け、帰郷後、泉岳寺にあるそれとそっくり同じ物を作った・・・と。

従って、墓はあっても遺骨はなく、血のついた太刀を洗ったという手水鉢はあっても血は流れてないわけです。

e0027240_13461496.jpg
他県の友人にこれを見せると、「まあ、今で言うテーマパークだな」と言いますが、ただ、かといって、これはそれほどいい加減な想いで造られた物でもなく、今でも12月14日の討ち入りの日には義士祭が行われ、信仰の対象として、私の祖母や母などは毎年行ってましたから。
で、話を本題に戻して、抜け穴の件ですが・・・、次回に続きます。
                                                              平太独白

by heitaroh | 2013-11-29 13:58 | 歴史 | Trackback | Comments(0)

第二次長州征伐における幕軍の周防大島占領は腰が引けた証拠
最近、日曜はコーヒーを片手に終日、読書をしております。
で、先日、幕末のことについて書かれた物を読んでいたのですが、その中で、第二次長州征伐の際に、フランス公使ロッシュが幕府軍に対し、「大島ではなく、小倉から一気に下関を攻略することを進言したということが載ってました。

e0027240_18372533.jpg
今まで、「戦争勃発となった後、幕府海軍は先制攻撃を仕掛けて周防大島に上陸し、島民にかなり酷いことをしたけど、長州の風雲児・高杉晋作率いるオテントサマ丸の奇襲を受け、うろたえて同士討ちをやって大損害を出した」・・・という程度の認識はあったのですが、この話を聞き、初めて、地図を出してきて、大島という所の位置関係を把握しました。
結論を言えば、私も幕府海軍が長州征伐の最初の攻略地に大島を選んだことに少なからず疑問を持ちましたね。

e0027240_18370732.jpg
ただ、むしろ、私なら、ロッシュの言う下関攻略よりもむしろ、大島を通りすぎて、一気に長州の脇腹、防府(もしくは小郡)を攻略し、そのまま陸戦隊を上陸させて事実上の藩都・山口を衝く構えを見せます。
無論、攻めこむ構えだけです。
もし、山口が落ちれば、満天下に幕府軍優勢を知らしめることの最高のアピールになるわけで、そうなれば、日和見を続けている諸藩も「これはいかん。戦後、お咎めがあるぞ」ということになって、各戦線で奮起したでしょうし、何より、藩都が危険にさらされるとなれば、長州藩は福岡、広島、島根などの各戦線から兵力を引き上げてこれに備える必要が出てくるわけで、各所で幕府軍は有利に戦えたはずです。

ちなみに、防府は当時、三田尻と言い、長州藩の軍港があったはずですから、それなりに港湾も整備されていたはずで、艦隊の装備だけなら優勢だった幕府海軍のちからをもってすれば十分に制圧することは可能だったのではないでしょうか。
そもそも、大島に攻めこむ時点で腰が引けてる証拠ですよ。
正面玄関からご丁寧に一つ一つ行くのが正攻法というかもしれませんが、そんな連中はとかく、「相手は我々の大軍を見たら、それだけで、為す術もなく降伏してくるだろう、してくるんじゃないか、してきたら良いな」という希望的観測に満ち満ちているもので、本音を言えば、我々が大島を攻めている間に戦争が終わってくれたらいいのにな・・・だったでしょう。
この点を如実に表すのが、現地視察に行った新撰組局長・近藤勇の「幕軍の士気は緩みきっており、戦えば負ける」というレポートだったでしょうか。
                                      平太独白

by heitaroh | 2013-11-27 19:26 | 歴史 | Trackback | Comments(0)

姫路城工事見学ツアー「天空の白鷺」行ってきました。
先週末、ちょっとこちらに行く用事があり、ついでに姫路城へ行ってきました。
姫路城といえば、言うまでもなく、世界遺産で国宝でしょうが、ちょうど今、大天守保存修理工事が行われており、大天守をすっぽりと覆った仮囲いの部分から普段見ることが出来ない大屋根を間近で見ること出来るというのが売りの姫路城大天守修理見学、通称、「天空の白鷺」をやってました。

e0027240_11222651.jpg

この、天空の白鷺は、平成26年(2014年)1月15日(水)で終りとなるとは聞いてましたので、せっかくなので行かなきゃなあ・・・とは思っていたのですが、ちょうど、申し込んだツアーにこれが組み込まれており、好機至れり尽くせり(?)ってことで行ってきました(笑)。
ただ、普通に行くと、物凄い待ち時間を覚悟しないといけないらしく、この日は一時間半の待ち時間とのことでしたが、私が行ったツアーは「ストレスフリー」で見学できるよう、予約してあったそうで、並んでいる人たちを横目に割りとすんなりと入れました。
e0027240_11222617.jpg
ただ、私はもっと間近で見れる、もしくは、足場の上から俯瞰で見れるのかと思っていたら、横から、しかもガラス越しでの見学でしたので、これでは・・・と。
見学者も意外にあっさりとした感じで、舐めるように見る人は殆ど居ませんでしたね。
e0027240_11222664.jpg
まあ、この位置からなら、下から見るのとあまり変わらないような・・・。
白が漆喰で、黒が瓦だ・・・というくらいはわかりますからね。
e0027240_11222657.jpg
眺めは良かったですが、これもガラス越しでは何だか味気なかったです。
e0027240_11222522.jpg
それでもまあ、こういう物の工事中が見れるということはそれ自体がメモリアルなことなわけで・・・。
東京スカイツリーと一緒で、出来てしまえばいつでも見れるわけですからね。
                                         平太独白

by heitaroh | 2013-11-12 07:20 | 地域 | Trackback | Comments(2)

備中高松城水攻めにみる心理的効果が黒田官兵衛の特徴
豊臣秀吉がまだ織田家の部将であった頃、三木の干殺し鳥取の飢殺し高松城の水攻めで中国地方を席巻したと言われてますよね。
特に有名なのが城の周囲に延々と土堤を築き、川の水を引き込んで水没させて落とした備中高松城ですが、私がかねてより疑問だったのが、なぜ、ここだけ水攻めだったのか・・・ということでした。
もちろん、他の2つと違い、水を貯めやすい地形だったということはあるのでしょうが、でも、他の2つは普通に兵糧攻めで落ちてるわけですから、別に水没させなくても落とせたんじゃないの?・・・と。
で、さらに疑問なのが、秀吉方は救援に来た毛利軍の猛将・吉川元春の軍と土堤との間にはわずかな部隊しか配置していないことで、これでは、毛利軍がその気になれば夜間にでも急襲をかけて土堤を破壊し、城を水没から救うことは出来たんじゃないの・・・と。

e0027240_1044137.jpg
(↑左側に少しだけ写っている緑地が吉川陣。土堤との間には花房、山内の部隊しかいないことがわかると思います。)

ここまで考えて、ハッとしました。
つまり、「ここがどういう場所か?」ではなく、「今がどういう時期か?」だったのではないかと。
戦闘は梅雨から初夏にかけて行われたそうですから、織田家と違い、兵農分離が進んでいない毛利兵は農繁期の出兵を嫌ったのではないか・・・と。
兵からすれば、「だったら、来年の年貢は負けてもらえるんですか?」と言ったとしても、言われた側は現代もそうであるように税収不足は困るわけで、「いや、それはそれで・・・」としか言えず、だったら「冗談じゃない」となった・・・と。
となれば、救援に来た毛利軍は実際には大した兵力を確保できておらず、さらに、いくら、「もうすぐ終わるから」と言ったところで、目の前でしっかり水に浸かっている城を見れば長引くというのは明らかで、そうなると今いる兵を引き留めるのも難しくなっていたのではないか・・・と。

e0027240_1046973.jpg
(↑昭和期の大雨時の写真。中央で天橋立のようになっているのが高松城址。)

結果、少ない兵力で土堤に向かって出動すれば「待ってました」とばかり秀吉軍の主力部隊に捕捉され、全滅してしまう可能性があり、また、秀吉もそれを狙っていた・・・と。
そういう目で見れば、高松城は周辺の泥沼で防御するという「時代遅れの城」で秀吉軍なら水攻めでなくてもどうにでもなった・・・と。
つまりは、織田家の革新兵制「兵農分離」も含めた戦争形態の変化が勝利の背景にあったと言えるでしょうか。

ちなみに、この攻略法を献策したのは秀吉の参謀として頭角を現していた黒田官兵衛(如水)だったという説もありますが、これは私もそう思います。
なぜなら、作戦計画という物には人それぞれの傾向というものがあるもので、官兵衛のそれは、後の小田原攻囲の時などでもそうですが、単に物理的に攻略を企図するのではなく、目に見える形での心理的効果を狙うというのが一つの特徴のように思えるからです。
つまり、水攻めは攻略の手段ではなく、敵兵に与える心理的効果を狙った象徴的な物だったと。
                                         平太独白

by heitaroh | 2013-11-07 17:44 | 歴史 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧