<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鹿ヶ谷の陰謀に思う大化の改新との自ら剣を振るう対比
2000年1月、訳あって知己と京都を旅したことがあります。
実は、私が観光らしい観光で京都に行ったのはこの時が初めてでして、同行した知己は京都に住んでいたこともあり、案内してくれるということになりました。
で、「どこに行きたい?」と聞かれた私は、「鹿ヶ谷山荘」と・・・。
知己は、「そこは俺も行ったことがないなぁ」ということになり、調べたら「ある」ということがわかり、男二人で雪が舞う中、革靴にスーツ姿で向かいました。
途中、「鹿ヶ谷山荘」という名の料理屋があったのですが、「これじゃ無いだろう。もう少し、先まで行ってみよう」ということで、行ってみたのですが、ところが、山道をどこまで行っても何もない・・・。
やはり、遺跡は存在せず、同名の料理屋があるだけだった・・・という(笑)。

e0027240_1136426.jpg

ちょうど、前回の大河ドラマ「平清盛」はこの「鹿ヶ谷」でしたので、ふと、その話を思い出した次第です。
鹿ヶ谷山荘とは、治承元年(1177年)、平氏の専横に反発した後白河法皇とその側近らが平家打倒を画策し、露見して潰された「鹿ヶ谷の陰謀」の舞台となった所ですね。
当時、銚子のことを瓶子(へいし)と言ったらしく、それが倒れたのを見て、「へいし(平氏)が倒れた」と言って、喜んだ・・・という子供じみた逸話がありますが、本当に陰謀を企んでいたのであれば確かに子どもじみた話です。
当時の平氏の諜報網を考えれば、察知されないはずはなく、ていうか、そもそも、そんな所に治天の君自らが出かけていく事自体、人の目を引くわけで・・・。
本当に陰謀を企むのなら、宮中でやるべきですよ。

ただ、私は今回のドラマを見ていて、想起したのは大化の改新つまり、蘇我入鹿暗殺と、それに伴う天皇家による政権奪取でした。
あの時も、入鹿暗殺後は、あれほど権勢を誇った蘇我家はあっさりと・・・、実にあっさりと滅びましたからね。
要は、TOPを獲る獲られるというのはそれほどに人心を一変させるということなのでしょう。
だとすれば、話を聞く限りでは計画自体はそれほど悪くなかったのかな・・・と。
ただ、大化の改新との違いは、首謀者自らが剣を振るわなかったことでしょう。
ここが、後白河法皇と中大兄皇子の差、ひいては時代の違いなのでしょう。

結果、西光は死罪、藤原成親父子、法勝寺の執行・俊寛僧都、検非違使の平康頼などが連座して配流に処され、後に、有名な赦免の迎え船は来たけれど、俊寛独り赦免されず・・・、去りゆく船を見送りながら、「せめて九国の地まで」と叫ぶ悲劇へと繋がっていくわけですね。
(九州人としては「『せめて』とは何だ!」と。←反応する所が違う?(笑)。)

親愛なるアッティクスへ       平太独白
by heitaroh | 2012-10-31 07:58 | 歴史 | Trackback | Comments(0)

摂津投手の沢村賞受賞と飛ばないボールの時代
昨日、プロ野球「沢村賞」が、パ・リーグの最多勝利と最優秀投手(勝率1位)の2冠を獲得した福岡ソフトバンクホークスの摂津 正投手が初めて選ばれましたよね。
摂津投手は今季、27試合に登板、193回1/3を投げ、両リーグトップの17勝(5敗)に、勝率7割7分3厘を含む、防御率1・91、153奪三振をマークしており、堂々たる成績でしょう。
ところが、なかには、「該当者なしとすべし」いう意見もあったそうで、もう、昔のように20勝も30勝も挙げる時代じゃないわけですから、その年その年で一番、良い成績を残した選手に贈るべきで、その意味では時代錯誤も甚だしいでしょう。

e0027240_1253668.jpg昔、昭和46年に大洋の平松政次投手が17勝で最多勝投手になった際、初めて20勝を切った最多勝投手ということで、初の「該当者なし」が適用されましたが、その頃とはわけが違うんですよね。
摂津投手は完投数3という少なさがネックになったのかもしれませんが、もう、これだけ投手分業制が固定されてくると、これをもって本人の実力不足だと決めつけることも出来ないのではないでしょうか。
基準はその時その時でフレキシブルに対応すべきで・・・。

ところで、それとは別に今シーズンを振り返って思うことは、両リーグともに著しい投高打低だったということです。
打率3割を打ったのはセで5人、パで4人。
逆に、防御率1点台がセ・パともに3人ずつもいます。
これは飛ばないボールを導入したことの結果だと思われますが、ここまで如実に数字として顕れるとは思いませんでした。
だって、導入前の一昨年までは三割打者はセで14人、パで13人。
逆に、投手防御率1点台というのはセ・パ合わせても1人だけ、私の記憶では防御率2点台でさえ、絶滅危機種のように思えた時期もあっただけに、この数字はとても印象的です。

ただ、それ以前、私が子供の頃までは逆にこの数字が当たり前だったんですよね。
ヤクルト・アトムズの智将、三原脩監督は対巨人戦で同点の9回裏1死満塁で投手に打順が回った時、代打に送った選手に、「三振しろ」と命じたと言う話があります。
相手投手はコントロールに不安があり、押し出し四球出してくれれば儲けもの、下手に凡打して併殺にとられることを一番危惧していたそうです。
で、その背景にあったのが、代打が三振しても続く1番打者が絶好調・・・というもので、ただ、その時の1番打者の打率は2割7分くらいだったんですよ。
「2割7分で絶好調??」と思った記憶がありますから・・・。
確かに、王貞治氏が首位打者を獲った時、三割以上は王さんだけ・・・ということもあったわけで。

親愛なるアッティクスへ
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-10-30 07:40 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

中洲祭りなう、女神輿なう
遠方より友来たり。

e0027240_155343.jpg

一献やってました。

e0027240_165714.jpg

中洲祭り。

e0027240_185891.jpg

女神輿です。

e0027240_183076.jpg

ちょっと、こわごわなのはご愛嬌(笑)。

e0027240_171541.jpg


e0027240_192051.jpg

水上ステージだそうです。
                               平太独白
by heitaroh | 2012-10-28 01:11 | 地域 | Trackback | Comments(0)

志賀島の砂の彫刻なう
先日は用務多忙の最中ではありましたが、ちと、訳あって、福岡市民の憩いの島、志賀島へ行って参りました。
e0027240_18361075.jpg
(↑海の中道です。)

で、何をしに行ったのか・・・と言えば、これ(↓)です。

e0027240_1821949.jpg

福岡の九州造形短大の学生さんたちが砂で作った金印だそうです。
なかなか、精巧にできてましたね。
他にも、スフィンクスピラミッド・・・。

e0027240_1824117.jpg

それに、ポケモン・・・。

e0027240_18265437.jpg

何でポケモン?・・・とも思いましたが、この辺は考えてみれば、今の大学生たちは、まさしく、「ポケモン、ゲットだぜ~」で幼少期を過ごした世代なんですよね。
我々の世代が最初にウルトラマンを見た時の衝撃・・・とは少し違いますかね(笑)。
で、最後がしかモン・・・。

e0027240_18301259.jpg

くまモンの向こうを張って、志賀島のゆるキャラ・・・というところでしょうか。
初めて知りましたけど(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-10-16 18:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

ユーミンが言う貫禄不要の意味・・・。
親愛なるアッティクスへ

先日、歌手のユーミンこと、松任谷由実さんがテレビに出られた際、「私も出来るだけ気をつけて、貫禄というものを出さないように戒めている」・・・という内容のことを言っておられました。
「別に、作品が心に届けばいいんであって、周りを威圧する必要は全くないのよね」・・・と。
ユーミンと言えばデビュー40年・・・、「あの日にかえりたい」がヒットして、世に、「ユーミン」という言葉を知らしめたのは私が中学生の時ですから、アルバムの売上数やコンサートの動員数などに触れるまでもなく、もう、押しも押されもせぬ大御所ですよ。

それだけに本来なら、かつての美空ひばりさんのように、もっと奉られてもおかしくないとわけで(むしろ、私と同級生の松田聖子ちゃんでも、すっかり貫禄がつきましたよね。)でも、この人は、男性社会に戦いを挑むような気負いもなければ、かと言って、同性から嫌われるほど男に媚びを売るわけでもない、この辺の自然体的なものが、この人の楽曲に繋がってるんだな・・・と。
そこまではまあ、普通に聞いていたのですが、私が考えさせられたのはむしろ、その後の部分でした。
「貫禄なんてあると損しちゃうと思うのよね」・・・と。
曰く、「若い人からでも常に、何か、学びたいし刺激を受けたいと思っているから」・・・と。
確かに、世に御大とか大御所と名が付く人たちがいますよね。
無論、そういう人は、その分野で極めた人たちなんでしょうが、そう考えれば、反面、その人達はもう、新しいことを学ぶことをやめた人たち・・・でもあるんでしょう。
普通、大御所とか呼ばれる人に、何か物を教えようと思う人はいないでしょうから。

時々、「老舗の名店」という所に行くと、「美味いのは美味いんだけど、いつか、どこかの時点で味が止まってるな・・・」ってのがあるんですよ。
そういう店は決して不味いわけではないんですが、これから売りだそうとしている店と比べると、何か、味に物足りなさが残る・・・、あるいは、感動のような物が無いと言っても良いのでしょうか、つまり、いくら味を極めた名店であっても、「もっと美味い何かがあるんじゃないか?」というものを追求していく姿勢が必要なのではないかと。
となれば、それには絶えず、「素人」「若造」などと言われるような人からでも、何かしら吸収しようという姿勢が必要なわけで、その意味では、大御所という称号は「吸収」という観点からは「損」なだけとも思うわけです。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-10-14 17:47 | 思想哲学 | Trackback | Comments(0)

権力は遠心力を有している
親愛なるアッティクスへ

今日からついに10月ですね。
驚いたのはカレンダーが2月のまま止まっていたこと・・・。
今年に入ってからの私の多忙さがおわかりいただけるでしょうか。
それと一緒で、久しぶりに当ブログの訪問者数を見てみたら、何と、236,984となっており、25万人突破が視野に入って来ていることに気づきました。
(ただ、これはこのエキサイトブログだけの数字ですから、当初はライブドアでもやってましたし、一時期はgooとも併設していましたので、実数はおそらく、30万人を突破しているのではないかと思われます。)

さて、常日頃、私は、「権力とは、それ自体に遠心力を有しているもののようである」と感じております。
即ち、権力とはハンマー投げハンマーのように、油断すると、すぐに手から離れて飛んでいってしまうもののようだと。
時には、ちょっとした油断からその辺に落ちて、側近くの者に拾われてしまうもののようでもあります。
従って、それを手放さないように維持するためには、もの凄いエネルギーを必要とするわけで、その意味では、黒田如水よりは豊臣秀吉・・・、周 恩来よりは毛 沢東のような、権力に対しての脂ぎった執着心を持った者の方が適任である・・・といえるでしょうか。

となれば、どうにも、こういう脂ぎった物を持たない・・・、つまり、恬淡すぎる私としては・・・、平たく言えば、福岡人の国民性そのものに、アバウトでどうにも粘りがない私としては・・・、砕けて言うならば、ワックスなど滅多にかけないけど、たまにかけると、半分掛けた段階力尽きてしまう私としては・・・、もっと砕けて言うならば、残り半分のワックスはまたそのうち・・・などと思いつつ、半永久的にに掛けない私としては・・・(長い!)、とにかく、こういう具体的「数字」というものは、大いに励みになるということです(笑)。

e0027240_1145265.jpgともあれ、「継続は力なり」とは申しますが、これほど多くの方にお越し頂いていたことに、知らぬうちにご支援を戴いていた感慨を覚えると共に、改めて、謝意を表し奉る次第です。誠に持って、有り難うございました。

(←この鍾乳石が繋がるには、まだ60年かかるとか。意外に早い?(笑)。)

と言いつつ、実は昨日までは先月中旬以来、多忙さも一段落して、わりとゆっくりしていたのですが、今朝からなぜか、突然、忙しくなってしまいました。

で、また、しばらくは思うに任せない日々が続くのですが、今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-10-01 07:58 | 思想哲学 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧