<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シュミット元西独首相の「有害な愛国主義」批判に感嘆
親愛なるアッティクスへ

今日は、あの、あさま山荘事件からちょうど、40年なんだそうですね。
当時、私は小学校4年・・・。
あの、最近、AUのCMにも出てくる星飛雄馬のライバル・花形 満大リーグボール1号打倒のための特訓に利用した解体現場用の巨大な鉄球と、随分と長かったテレビ中継が印象に残ってますが、まあ、当時は繁栄の頂点であった大阪万国博覧会高度成長の終焉をもたらしたオイルショックとの間で、経済的な繁栄と裏腹に、こういう共産革命的なものを目指す血なまぐさい動きもままあり、子供心にも、今更大人は何をそんなに大騒ぎをしているのか・・・というのが正直な実感でした。

今となっては当時の彼らの行動に共感を覚える人は少ないでしょうが、ただ、あそこまで極端な行動に出ることはないにしても、今も、少し背中を押されたら一気に坂を駆け下りてしまいそうなことを言っている人は少なからずいるような気がします。
この点で、少し思ったのが、最近、ドイツでも与党議員らが、「欧州では今、再びドイツ語が話され始めている」というようなことを得意になって述べる姿が見かけられるようになってきたということです。
これは、他の欧州諸国の凋落ゆえに、対照的にドイツ人の欧州の中での比重が上がってきているということなのでしょうが、一方で、私には、「日本は本当は悪くなかった」、「日本人は素晴らしい」というようなことを述べる日本人が増えてきたのと二重写しに見えて仕方が無い気がするんです。

その、ドイツ人の姿に激しい叱責を加えているのが旧西ドイツシュミット元首相・・・、御年92歳・・・。
第二次大戦の従軍経験があり、ドイツの世論調査では度々、「最も愛された首相」に選ばれている人で、この辺り、日本での中曽根康弘元首相のような存在なのかもしれませんが、少し違うのは、この方は、好調な経済を背景に「独善的なドイツの台頭」が指摘される現状に憂慮を示すなど、その、「他の欧州諸国との連帯を常に訴える姿勢には根強い支持」があると言われている点です。
(その意味では、むしろ、故・後藤田正晴元副首相に近いのでしょうか。)

同氏は、「ドイツは今、欧州の師匠役を気取っている。欧州の盟主を目指せば必ず近隣国の反発を招き、やがて孤立する」と訴え、さらに、現在の欧州危機に際しても、「他国の債務の共同保証」に反対するメルケル首相を「有害な愛国主義」と批判し、「ドイツは再び近隣国を不安にさせている」と指摘。
また、「ドイツの輸出黒字は、他の欧州諸国の赤字の上に成り立っている。だからこそ負債は一緒に引き受けるべきだ」・・・と。
いずれも、まったくの正論ではないですか!
「ドイツ人よ、奢れるなかれ!」・・・と。

氏は、さらに「戦後ドイツの復興は、他の西側諸国の支援なしには不可能だった事実を忘れてはいけない。ドイツは今こそ、ギリシャなどに連帯を示す歴史的義務がある」と語り、欧州全体の利益を重視し、さらに資金を拠出すべきだとの考えを示した・・・と。
日本人は氏のこれらの発言と増長するドイツ人の姿をどう見るのか・・・、以って他山の石とすべしと私には思えるのですが・・・。
                                     平太独白
by heitaroh | 2012-02-28 07:52 | 国際問題 | Trackback | Comments(0)

フロントガラスが凍る・・・ほどの大雪に初体験。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1785590.jpgこの週末は福岡市内でも良くが降りましたねぇ。
(福岡県地方・・・と言いたいところですが、意外に降っていたのは福岡市方面だけだったようで・・・。)

「この程度」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらではここまで降ったのは最近では記憶がないですよ。
土曜の午前中はまったく降ってなかったのに夕方になって出かけようとしたら、いきなり、この状態(←)。
となれば、雪に弱い福岡県、都市高速はすぐにストップ・・・。

まあ、電車が止まらないだけ良かったんでしょうか。
朝起きたら積もってた・・・というのはまあ、あるのですが昼間にこの短時間でここまで・・・というのは、結構、びっくりでしたね。

で、今朝、出かけようかと思って困ったのがこれ(↓)。

e0027240_17165917.jpg

一回、溶けかかったのが凍ったようで、ワイパーは動かないし、指では固まっててとれない。
塵取り見つけてきて、削り取りましたが、ガラスに傷がつくんじゃないかと・・・。
フロントガラスに雪が積もっててもワイパーではねのけられる程度なら何度もありましたが、ここまでなるというのはちと、私の記憶ではなかった体験でした。
明日は暖かくなると言ってますけどね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-02-20 17:39 | 地域 | Trackback | Comments(0)

恥ずかしながら良い年こいて朝ドラ「カーネーション」に感銘
親愛なるアッティクスへ

今、朝ドラで「カーネーション」というのをやってますよね。
私は普段、こういうのはあまり見ない人ですので、これまでまったく見てなかったのですが、少し前から録画してまで見ています(笑)。

e0027240_1523244.jpgこのドラマは、コシノヒロコ・ジュンコ・ミチコ「コシノ3姉妹」の母の生涯を描いた物・・・だそうですが、私が「朝ドラ」なんぞを録画してまで見るというのは後にも先にも「ゲゲゲの女房」とこれだけですよ。
(ある程度、実在の人物の泣き笑いに肉付けしたモノでないとどうにも・・・。)
で、このドラマ、ゲゲゲの女房同様、結構、毎回、終わった後に考えさせられることが多々あり・・・。
(もっとも、どちらも前半は殆ど見てませんでしたけどね(笑)。)

で、場当たり的に、思いつくことを縷縷述べてみたいと思いますが、まず、女優陣、結構、凄いですね。
ヒロインを演じる尾野真千子さん、
私はこの人のことはまったく知らなかったのですが、NHKのドラマ「火の魚」で故・原田芳雄の可愛い相手役をした人・・・と知ったときは、結構、意外でした。
見事に体当たりで河内女を演じきっており・・・。
それと同じくらいに、凄い・・・と思っているのが、次女役の川崎亜沙美という人・・・。
こちらも、私はまったく存じあげなかったのですが、良くぞ、こんな役者居たなぁ・・・って感じで。
「女にしておくのが惜しい」という昭和時代の言葉がこれほど似合う女優さんも久しぶりに見ましたね。

ついでに言うと、「長女が笑うと次女が泣く、長女が泣くと次女が笑う」・・・というシーンがありましたが、この姉妹は単に姉が成功したから妹もやってみたら成功した・・・などという生易しい関係ではなかったんですね。
俳優の長門裕之、津川雅彦兄弟なども「兄がデビューしたら弟が不機嫌になり、弟が売れ出したら兄は裏で物を壊す音がした」・・・と、同様のことがあったように聞いておりますので、この点は、なかなか余人にはうかがい知れないものがあるのでしょう。

もう一つ言うと、今年の大河ドラマでは私と同年である中井貴一くん(?)が主人公の父親役をやっていることに、初めて、眼前に、「嗚呼、もう、ついにそこまで来たか・・・」という事実を突きつけられた感を強くしておりますが、(これまで、大河ドラマで主人公の父親役と言えば、滝沢修、千秋実さんらの時代はあんまりとしても、それでもせいぜい、北大路欣也、高橋英樹、長塚京三、児玉清・・・とまだ、少し上の世代だったんで・・・。油断していました(笑)。)、このドラマでも、お祖母ちゃん役は我々の時代のアイドル・麻生祐未ちゃんではないですか!
先般、竹下景子お姉さんが「ゲゲゲの女房」や「坂の上の雲」でお婆ちゃん役をされたのもショックだったのですが・・・。
時代は否応なく、我々を端へ端へと追いやっているようで・・・(涙)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-02-17 18:06 | 音楽芸能 | Trackback(1) | Comments(2)

続・坂本龍馬暗殺犯異論 真犯人は誰か?
親愛なるアッティクスへ

前回、坂本龍馬暗殺事件の実行犯について触れましたが、では、気になる黒幕は・・・となると、ここでも薩摩説、長州説からグラバー説、勝海舟説まで色々あるようで、最近では実行犯である京都見廻組の上部組織である会津藩説が定説となりつつあるようです。
この点は、私も「史実とは案外に面白味に欠けるもの」という考えから、肯首するに何らやぶさかではないのですが、ただ、最近、以前は歯牙にもかけなかったある説が妙に気にかかっています。

後の三菱グループの創始者・岩崎弥太郎は坂本とは同郷でありながら殆ど面識はなかったようで、当初は立場の違いから反目しあったものの、やがて、杯を傾け、腹蔵なく語り合うことで互いを認めるに至ったそうですが、私が気になるのが、岩崎が、最後に坂本が上京していく船を見送った際に、「余、不覚にも数更の涙を流す」と日記にしたためていることです。
これはまるで、その後の坂本の運命を知っていたかのような記述で、事実、これが両者の永遠の別離となったわけですし、さらに、岩崎はその少し後に藩の出先機関の運営方針を巡って上司と揉め長崎を出奔し、京坂にいた土佐藩の事実上の宰相的地位にあった後藤象二郎を訪ねた際にも上方にいるはずの坂本をまったく訪ねていません。

また、坂本の潜伏先である近江屋は土佐藩邸にも近く、近所にも知人が多く住んでいたのに、それが事件当日に限って、坂本は土佐藩邸と近所の知人を訪ねるも、すべて不在であった・・・と。
やむなく近江屋に戻ってきたところへ、盟友・中岡慎太郎が訪ねてきて、凶行に巻き込まれるわけですが、実はこの部屋には直前までもう一人、土佐藩の内偵を専門とする下級役人・岡本健三郎もいたそうで、岡本は二人としばらく話をした後、襲撃の直前に退出し、難を逃れています。
これら、当日の動きをすべて偶然で片付けるにはあまりにも状況証拠が揃いすぎているように思えるんですよ。
つまり、土佐藩と後藤は何らかの理由で坂本が狙われやすい状況を作り出していた・・・と。
それも、その日一日だけ「特に・・・」です。

ただ、私が以前から後藤説に否定的だったのは、後藤ほどの者が「坂本を殺すリスクとそれによって得られるリターンとを勘案出来ないはずはない」・・・ということで、この点は私にはどうにも腑に落ちない部分です。
つまり、状況証拠は揃っているが動機がない・・・と。
あるいは、後藤は坂本暗殺への協力を求められた際に、坂本を人身御供に差し出すことにそれほど抵抗もなかったので、協力してやった・・・という見方をするのが適当なのでしょうか。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-02-10 07:54 | 歴史 | Trackback | Comments(2)

由紀さおりの世界的ヒットに良品は人の胸をうつの理
親愛なるアッティクスへ

昨年のAKB48は、それまで、ピンクレディなどの昭和のヒットメーカーたちが持っていた記録をことごとく塗り替えたんだそうですね。
一方で、同じく昨年、話題になったのが、由紀さおりさんの昭和44年(1969年)の代表作「夜明けのスキャット」・・・でしょう。
昨2011年は世界20ヵ国以上でCD発売・デジタル配信され、11月2日付のiTunesジャズ・チャート及びカナダiTunesチャート・ワールドミュージックで1位を獲得した・・・とのこと。

私は「夜明けのスキャット」をぎりぎりリアルタイムで聞いた世代ですが、今の若い人たちからすれば、「誰?」か、もしくはせいぜい、「ああ、童謡歌手のおばさん姉妹」・・・ではないでしょうか。
また、知っていても、ドリフターズのコントや映画やドラマなどでの母親役などで女優として認識されている方も少なくないのではないでしょうか。
それだけに、何だか、思いもよらぬ所から突然火がついた観がある・・・のではないかと思いますが、でも、私はこの曲がこうなることにはそれほどの驚きはなかったですよ。

実は、今から何年(何十年?(笑)。)くらい前でしょうか、松田聖子ちゃん(だったか)の曲がスペインでヒットしている・・・という話を聞いたことがあります。
まあ、なにぶん、当時のことですから真偽の程はわからないのですが、私はそれを聞いて、「もっと、日本語の歌も受け入れられるはずだ」・・・と思いましたよ。
つまり、本当に良い曲は何語であろうと絶対に人の胸をうつはずだ・・・と。
ただし、それにはそこへ挑戦するだけの「資格」がいる・・・と。
(そうでなければ、大した実力もないのにメジャーへ挑戦し、結果、評判を落としている日本のプロ野球選手のようになるでしょう。)
そして、その意味ではそれに値する曲・・・となったときに、私がまっさきに思い浮かんだ曲の一つが「夜明けのスキャット」・・・でした。

何より、そう確信したのは、当時、他ならぬ私たち自身が英語の曲を、歌詞の意味なんかまったくわからないで普通に聞いていた・・・ということでした。
今でもそうだと思うのですが、私たちは母国語は別として、外国の歌を聴くとき、歌詞を理解しながら聴くのではなく、一種の、メロディの上に乗って流れてくるデコレーションのような感覚で受け入れているのであり、その意味では、日本語だからってアメリカ人の胸に響かない・・・ということもないだろうと。
それがそうならないのは、単に、英語文化卑屈になってるだけで、紹介されていないだけだと・・・。
(ちなみに、ビートルズ「レット・イット・ビー」は私には何度聞いても、「エル・ピー~♪エル・ピー♪♪」と聞こえましたので、「なぜ、LPなのか?」と思いつつも、思いっきりそう歌ってました(笑)。)

実際、すでに、前例があったわけじゃないですか。
日本人で唯一、ビルボード1位になった「SUKIYAKI」は、当初、日本で発売された歌がアメリカでも人気になってきたことから、色々な人が様々な歌詞に翻訳して歌ったそうですが、結局、ヒットしたのは意味不明の坂本 九さんのオリジナルの歌だったわけで・・・。   
                                    平太独白
by heitaroh | 2012-02-07 07:38 | 音楽芸能 | Trackback | Comments(0)

橋下徹大阪市長の視線の先にある物が気になる雪の日。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_14221799.jpg年が明けたと思ったら、あっという間に、もう2月の始まりです。

で、今日の福岡県地方は雪。
朝は見る間に積もっていきました。
普通は夜に積もって、朝、少しゆっくりしてたら溶けるパターンが多いのですが、今朝は出ようかと思った頃から積もり始めましたのでちと、びびりました。

「雪まとう 
  川面の風の
    心地よさ」
      梁庵平太

うどん食った後だったもんで(笑)。

e0027240_14264222.jpgと言っても、東北や北海道の方が見れば噴き出しそうな程度なのでしょうが、生まれて一度もタイヤチェーンなんかつけたことがない身としては結構、狼狽えてます(笑)。

(←いきなり、凍結してます(汗!)。
「あ、凍ってるんだぁ・・・」と、九州人、結構、新鮮にびっくり・・・。)

昔、東京の友人から、「福岡は日本海側だから結構、雪は降るだろう」と言われたことがありますが、哀しいかなこれが福岡人の現実です(笑)。

e0027240_15162033.jpgもっとも、すぐに晴れ間が出てましたけどね。

「空青く 屋根白くして 頬赤し」 
          梁庵平太


「紅」じゃなくて、「赤」というところがミソですね(笑)。
ということで、ようやく、本題です。

昨年から採り上げようと思っていての積み残しの一つに、橋下通・・・じゃなかった、橋下 徹大阪市長のことがあります。
私は彼のことは別に好きでも嫌いでもありませんし、その政策を知悉しているわけでもありませんので多くを語る術は持ちませんが、昨年からの大阪市長選などを見ていて、この人物の視線の先にある物が何なのか・・・ということは気になってました。 
だって、富の蓄積が目的なら、彼はすでにタレント弁護士として莫大な富を築いていたはずで、今更、それをすべて失うかもしれないほどのネガティブキャンペーンを覚悟してまで政治を志さねばならなかった理由があるようには思えませんし、それでいて、彼には政策はあっても、思想理念のようなものがまるで感じられないことを思えば、政治を「志す」動機も薄弱なように感じます。
結果、言っていることは間違ってないと思う反面、ヒトラーと同じ臭いを感じるわけで・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-02-02 17:31 | 政治 | Trackback | Comments(4)

大河ドラマ「平清盛」の画面は汚いのか?
親愛なるアッティクスへ

e0027240_15281678.jpg今年の大河ドラマ「平清盛」のスタートが低視聴率に終わったことを受けて、兵庫県知事が記者会見で「画面が汚くチャンネルを回す気にならない」と言ったそうですね。
私は、知事がこういう、「観光客さえ増えれば良い」的な、本音があからさまに出たようなことを言うのも如何なものかと思いますが、ただ・・・、どういうわけか・・・、今回の大河ドラマは最近の大河にありがちな「女性への露骨なウケ狙い」のような物が無いにも関わらず・・・、実は、私も結構、早送りで見てしまっています。

もっとも、それが画面の汚さから来ているのかどうかは自分でもよくわからないのですが、ただ、この番組は概ね、吉川英治原作の「新・平家物語」を踏襲したもののようですよね。
この点では、やはり、一昨年の龍馬伝がそうだったように、原作は別途、書き下ろしたほうが良かったんじゃないの・・・という気がしています。
なぜなら、吉川翁が筆を執られたのは終戦から間もない昭和25年(1950年)のことでして・・・。
やはり、少し無理があるんじゃないですか?

それを端的に表すのが、先日も採り上げました昭和30年(1955年)公開の市川雷蔵主演、溝口健二監督の「新・平家物語」です。
この作品でも同様に市の雑踏の風景を描いてましたが、こちらは戦後10年の時点でのそれですから、ある意味、そこにあったのは形こそ違え、戦後のバラック闇市であり、リアルタイムで見ていた人たちには大いに実感できる物があったでしょう。
また、時代背景としては男が数多く戦死した為、結婚出来ない女性たちが巷に溢れ、私生児が数多く存在したことで、清盛落胤説もそれほど突飛なことに思えなかったのかもしれません。
まあ、源 義朝との友情話など、いかにも現代人受けするような部分や、同僚として、若き日の西行法師が登場するなどという箇所には、それなりの工夫は感じますが(前回の大河ドラマ「新・平家物語」では西行法師は出ましたっけ?緒形拳演じる庶民は覚えているのですが・・・。)、それでも、私はこの、清盛落胤説にはどうにも否定的でして・・・。
物語の柱となるような部分だけに、この点が踏襲されたのは何とも残念な気がしております。

で、その「画面の汚さ」という点で、少し思ったことがあります。
龍馬伝でもそうでしたが、臨場感と現実感を出すためにホコリがやたら多用されているようですね。
まあ、私が子供の頃までは家の中を掃除するときには、「はたき」というホコリを落とす掃除道具があったくらいですから、いくら湿潤な日本の風土でもホコリがなかったとは言いませんが、この点で、かつて、巨匠・黒澤 明監督は映画「七人の侍」撮影の際、騎馬の疾走シーンでは通り道にを撒いた・・・という話を聞いたことがあります。
黒澤監督曰く、「騎馬の疾走感を出すには馬が土埃リを蹴立てて走らなければ、どうにも疾走感が出ないんだ。空気が乾いている西部劇は良いんだろうが、日本の湿潤な気候ではどうにもホコリが立たない。それでやむなく、灰を撒いて、疾走感を出したんだ」・・・と。
龍馬伝の時とは違い、今回のドラマでは戦闘シーン以外では、そこまでホコリはいらないような気がしますけどね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2012-02-01 18:19 | 文学芸術 | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧