<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

中国高速鉄道事故は大きな国の主義で括れない危険
親愛なるアッティクスへ

e0027240_10395799.jpg先般からの中国高速鉄道事故とその後のあまりに杜撰な処理についてですが、日本人の感覚からいえば何とも信じられないやり方で、かなりの人がこれを冷笑をもって見たのではないかと思います。
(←以前、重慶で見た工事現場です。左下の標語は「安全を忘れるな」・・・でしょうか。日本でいうところの「安全第一」だろうと思いますが、私には傍らの高層ビルが冷たく見下ろしているようで、何とも寒々しく聞こえます。その横は、「珍しく命を惜しめ」・・・?でしょうか(笑)。)

私も友人からそういうことを言われたのですが、実は、私には少し違う感慨がありました。
いつだったか、テレビで中国人の実業家が「小さい国には小さい国のやりかたがあるように、大きな国には大きな国にあったやりかたがある。少しくらいのミスには構うことなく前に進むことだ」というようなことを言ってましたが、私はこれは一理ある見解だと思います。

この辺の日中の違いを私は以前、トラックの荷造りに例えて申し上げたことがあったと思いますが、日本というトラックは各荷物を安定するように揃えて詰んで運ぶのに対し、中国というトラックは四角であろうが丸であろうが、とにかく片っ端から積み込み、そのままシートで被って出発する・・・。
途中でばらまこうが、散らかそうが関係ない。
しかし、その分、往復の回数を増やすことで収益を確保する・・・と。

これは日本人の感覚からすれば、何とも無様なように見えますが、でも、回数を運んでほしい人にとってはこちらの方が向いているわけで、要はニーズの問題なのだろうと思います。
その一例となるのが、カンボジアアンコールワットの修復についてだと思います。
同遺跡の修復にあたっては日本のそれは国内の文化財修復で培ってきたノウハウそのままに既存の部分との違和感がないように丹念に仕上げますが、中国のそれはとにかく、修復したという形だけあればいいというようなものでして・・・。
ところが、カンボジア政府はこれに大きく感謝していたんですよ。
いわく、「短期間でこれだけの数をやってくれたことに大いに満足している」・・・と。
(この点は万里の長城の作り方にしても然りです。日本人の考え方ではああいう作り方はしないなと思いましたが、でも、あれはのんびりした環境で作ったわけではないですからね。一方で敵を撃退しながら作ったわけで・・・。)

ただ、今回の鉄道事故についていえば、「少しくらいの」という範疇を超えていると思います。
ああいう、世界に報道されたような大事故を「壊して土に埋めて翌日から普通に走らせる」というのがまかり通るようでは、逆に暴走を招きかねず、中国のこれからのためにも良くないですよ。
温家宝首相も駆けつけてくるのが遅いし。
ご本人は病気だったと言っておられましたし、確かに顔にもやつれがめだちましたが、おそらくはそれ以上に「軍」に対する遠慮があったのではないでしょうか。
中国の鉄道省というのは要は昔の満鉄で、国共内戦当時、兵員の輸送に利用されたことから人民解放軍の一組織で、以来、軍が手放そうとしなかった権益だったのが、ようやく、最近、鉄道省になった・・・と聞きましたから。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-08-09 08:39 | 国際問題 | Trackback | Comments(4)

東日本大震災・北関東派遣見聞録 その1 出征前夜
親愛なるアッティクスへ

最近、帰国(?)して以来、まだまだ残務に忙殺されており・・・、いや、正確には、まあ、暑さもあるのでしょう、何かに追われているようでどうにも精神的に余裕がなく・・・。
で、仕方ないから(?)、備忘録的にこの四か月、震災派遣建築士として北関東、主に栃木県ですが、こちらに行っていたことについて触れておこうと思い立ちました。
当然、一回で終わるはずもなく、それどころか、かなり長くなると思いますので、順逆不動、思いついたままに不定期で気が向いたときにUPしていきたいと思います。

e0027240_17535470.jpgで、まず、当初の勤務地は「東京」と聞いていたのですが、それが水戸になって、千葉になって、結局、宇都宮になり、いよいよ、現地へ向かおう・・・としても九州ではこちらの情報は皆無といって良い状態でして・・・。
(←行く直前、寸暇を惜しんで福岡市博物館「大北斎展」にも行ってきました。帰途、葛飾北斎の浮世絵を当時の色に復刻した物が売っていたのですが、とにかく、その色の鮮やかさに驚嘆しましたね。当時もこの色だったそうですから、そりゃ、売れるだろうな・・・と実感しましたよ。)

で、今となっては笑い話ですが、当時は、まだ震災から1ヶ月も経っていない頃ですから、「計画停電で電車が動いていないかもしれない」、「東京のコンビニから水のペットボトルが消えた」などという報道が聞こえてきており、中には「『建築士』の腕章を付けていたら『うちも見てくれ』『こっちも見てくれ』で住民同士の奪い合いになった」という話さえ耳にしており・・・。

また、それ以前に「本当にちゃんと受け入れ態勢はできているのか・・・」という一抹の不安もあり・・・、平たく言えば、到着して、指定の場所に顔を出したら、皆が一斉に振り返って、「あんた誰?」・・・なんてことになるんじゃないかと(笑)。
(この辺は今となっては「考えすぎ」と言われるかもしれませんが、当時は、こちらも情報不足でしたが、派遣元も、受け入れ側もとにかく混乱していたようで、「宇都宮へ行け」と言ってきたものの、「宇都宮のどこへ行け」とは最後まで行ってきませんで、指定されたホテルへチェックインしたものの、誰からもアクセスはなく、結局、翌朝、ロビーで待っていても誰も声をかけてくるものもなく、「初日から遅刻」という言葉が頭をよぎり、やむを得ず、フロントの人に「ここだと思うんですけどねぇ」で場所を聞いて向かったものの、建物はあっても入口が空いてなく、やっと裏口を探して入ってもフロアーがわからないという状態・・・でした(笑)。)

ましてや、余震が来るかもしれない・・・という恐れもあり、内陸だから津波の危険性はないにしろ、倒壊した家屋の下敷きにならないように・・・、また、火が出た場合にも走って逃げれるように足元だけはしっかりしたのを履いておかねばならない・・・などなど、まったく、今となっては笑い話ですが、当時はそこまで考えましたよ。
従って、あれもこれもと詰め込んでいたら、荷物が物凄い量になり、詰め込んだは良いものの、これがまた重たい重たい・・・。
(特に、衣服という物がこれほど重たい物だとは初めて知りました。)
たぶん、下手な女性一人分くらいは優にあったと思います。
(後日、この時の話を言うと、よく、「荷物より女性連れて来れば良かったじゃない」などと言われましたが、そうできるものなら私だって・・・と(笑)。)

次回に続きます。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-08-07 18:44 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)

「エル・スール 我が心の博多」再見、そして西鉄ライオンズ!
親愛なるアッティクスへ

昨日は福岡に帰ってきて初めて、夜の風に吹かれてきました。
やっぱ、中洲は良かですねぇ・・・。

e0027240_19315588.jpgで、何しに行ったかと言いますと、こちら(←)です。

以前も、平太郎独白録 : 「エル・スール 我が心の博多そして西鉄ライオンズ」に号泣寸前で申し上げたことですが、私が大いに感涙にむせび、辛うじて嗚咽を漏らすのをこらえた、「エル・スール 我が心の博多そして西鉄ライオンズ」という舞台がまた、博多で再演されるという話を聞き、何としても、もう一度、行かねばならぬ・・・との思いから、同じく下町育ちの記憶を持つ先輩様にお付き合い戴き、行ってきた次第でした。

で、この舞台の舞台となったのが今の博多駅前地区・・・・でして、ここで生まれ育った私にとってはまさに、私の誕生前夜の博多がそこにありました。
(普通、昭和三十年代の博多が舞台になるときには、主に「山笠」などで知られる旧博多地区が舞台になるので、この現博多駅前地区が舞台になったのには本当に意外でしたが、やはり、プロデューサーの岡田潔という人が私の小学校の先輩でした。)
まあ、今回はさすがに嗚咽をかみ殺さなければならないような事態には至らなかったことだけはご報告申しあげておきます(笑)。

ただ、これも以前、続・「我が心の博多そして西鉄ライオンズ」と「恋文」比較で申し上げたことなのですが、「ALWAYS三丁目の夕日」などと違い、決して倫理的には褒められたものではない登場人物たちや、現代ではハラハラするような露骨な表現なども出てくるため、女性や、当時の時代背景、地域事情などを知らない人を誘うのはちと難しいかな・・・という気がしたのも事実でして、今回、この先輩に断られたらどうしよう・・・と思っていたのも事実でした。

ま、そんなこんなで会場となったアクロス福岡に行ってきたのですが、ただ、前回と違い、今回は二部構成で、第一部としてかつての西鉄ライオンズの名選手によるトークがあり、私の父をして、「今日も西鉄、明日も西鉄、勝てば勝ったで祝い酒、負けたら負けたでヤケ酒」と言わしめた伝説の名選手たちが舞台の上に出てこられたのですが・・・、まあ、皆さん、しっかりお年を召されたのは仕方ないのですが・・・、ただ、闘将としてならした豊田泰光翁の著しく衰えた姿にはとても驚きました。
私はかねて、この方の著書などには大いに啓発されるところが多く、機会があれば是非、一度お目にかかりたいと思っていただけに、初めて見た生豊田の姿に言葉を失いました。
また、是非、元気な姿を見せていただきたいと願ってやみません。 
                                        平太独白
by heitaroh | 2011-08-04 20:16 | 文学芸術 | Trackback | Comments(6)

続・蟻が象を倒した なでしこジャパン国民栄誉賞授与!
親愛なるアッティクスへ

サッカー女子ワールドカップ(W杯)で世界一のアメリカを下し、初優勝した日本代表チーム「なでしこジャパン」国民栄誉賞が授与されるということが正式に決まったそうですね。
団体での受賞は初めてだそうですが、まあ、今回の場合、それもありなんでしょうね。
冷遇されてきた女子サッカーそのものへの認識を新たにさせるという意味でも・・・。
ただ、選考基準の曖昧さが指摘されてきたのは今に始まったことではないのでしょうが、私は澤 穂希選手一人の受賞でも良かったのではないかとも思っています。
監督も選手も澤選手がもらうぶんには誰も文句はいわないんじゃないですか?
それほどに澤選手の活躍は素晴らしかったと思いますよ。

この点で想起するのが、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一になったときの日本代表におけるイチローの存在と、リレハンメルオリンピック・スキージャンプ団体競技のときの原田雅彦選手について・・・です。
原田選手が同オリンピックで、「よほどの大失敗ジャンプでもない限り金メダルが確定している」・・・と言われた場面で100mにも届かないという凡果に終わり、結果、日本は銀メダルとなったということがありましたよね。
原田選手はこのことで大きく叩かれましたが、私はあのとき、飛ぶ前から危ういな・・・という予感を感じてましたし、結果が出たあとも、彼に対しては少し同情的でした。

と言っても、もちろん、スキーなど殆どやったことがない私に技術的なことがわかるはずもなく(高校の修学旅行で一回行っただけです(笑)。)、私がそう思ったのは「このチームにはエースがいない」ということと、そして、「原田はエースではない」ということでした。
ただ、では「エースとは何か?」と言われれば、私がそう思った辺りは極めて感覚的なもので定義付けするのは少し難しいのですが、まず、誰もが認める技術的な裏付けという点は当然として、誰もが息を飲むような場面で大本塁打で無くて良いから、ある程度、最低限の仕事が出来る・・・ということがあると思います。
その点で、原田選手はチーム1の飛距離はあったとしても、まさしく、大本塁打ど三振か・・・というタイプであって、コンスタントに一定の飛距離が出せる選手ではないように私には思えました。
つまり、野球で言うならば「クリーンナップの後で追加点という結果を残すことを期待される6番打者」辺りの感覚ではなかったでしょうか。

この点、長野オリンピックではエースとして船木和喜選手が育ってきてましたから、3番手として飛んだ原田選手が例によって、1回目で凡ミス(?)とも言うべき80mに及ばない大失敗ジャンプ(グループ最下位)に終わった後も、割と安心して見てましたね。
「原田という選手は二本続けて大ジャンプが跳べる選手でもないけど、こういう物はすべて失敗していた選手でもない以上、確率的に二本続けて大失敗することもない」と思ってましたし、二本目で案の定、原田選手が137mの特大ジャンプを決めた後はもう、金メダルを確信しましたね。
「今回はエースとして船木がいる」と思ってましたから。
その意味では、前半、結果が出せずに苦しんだものの、最後に勝利に導いたイチローは紛れもなく、「エース」でしたし、苦境にあってもチームを鼓舞し、最後に結果を残した澤選手もまた、「エース」だったと思います。
うまく言えなかったけど。
                 平太独白
by heitaroh | 2011-08-03 12:33 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(2)

昨日は花火大会だったんですね
親愛なるアッティクスへ

e0027240_7405810.jpgいよいよ、8月。
昨日は福岡で一番メインの花火大会である大濠公園花火大会でした。
といっても帰国以来、業務に忙殺されている私にこういう華やかな場所に出かけられるはずもなく、昨夜、帰宅したらテレビでやっているのを見ただけです。
それに、行ってもとにかく人混みが凄いので最初から行くつもりはありませんでしたけどね。
(昨夜の人出は45万人だったとか)

                                        平太独白
by heitaroh | 2011-08-02 07:40 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧