<   2006年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

続・理念としての大東亜共栄圏
親愛なるアッティクスへ

ところで、当ブログも、一年と丸3ヶ月が経過し、お陰様で合計で延べ1万8千人の方にお越し頂き、387件の記事をUPして参りました。
これも偏に、皆様のお力添えの賜物なのですが、実は、それらの記事の中にひとつだけ、私にとっては、いわく付きの、少々、引っかかってる題材がありました。
それが、これです。

実は、これ、以前、一度、書いた物なんです。
あるいは、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
が、そのとき、一旦、UPして、ちょっと、長く成りすぎたことから、この部分だけを切って、outlook expressメールの中に作っていたネタ帳に移して、上書き保存し、しばらくして、また、開いたところ・・・、何とネタ帳の下半分が消えているではありませんか!
あるいは、閉じるときに、なにかやっちゃったか!とも思いましたが、全部が消えるなら、まだしも、下半分だけ消えているのです。
で、諦めて、一度、閉じ、どうにも、狐につままれたような感じで、もう一度、開いてみたら・・・。

何と、今度は、その残り半分が、また、その半分になっている・・・。つまり、数行残して全部消えているじゃないですか!!
こんな奇妙な消え方ってありますか?!
あるいは、何らかの人為的な力が働いたのかな?とも思いましたが(つまり、スパイウェアなどの・・・。)、消すのなら、ネタ帳の方ではなく、ブログの方を消すでしょうし、とにかく、どうにも、「???」でした。
で、思い当たったのが、もし、誰かが消したかったのだとするなら、それは、ブログ全体の方ではなく、この部分だけだったのではないかと・・・。

ということで、本日は、以下、その消えた部分を思い出しながら書いてます。
もし、万一、このブログごと消えるような事になった場合・・・、ご賢察下さい(笑)。

以前、平太郎独白録 「理念としての大東亜共栄圏」の中で触れたことの続きなのですが、ドイツが、同じ敗戦国でありながら、この戦後六十年を、政権が変わろうと、政党が変わろうと、揺らぐことなく、「力による拡張から、融和による拡大へと方針を変え」、近隣諸国との融和に力を注いできたのに対し、日本には、そのような長いスパンを睨んだ国家方針のようなものがあったのか?と言われれば、残念ながら、対米追随という、極めて、自発的要素の少ない国是があっただけで、周囲に友邦すらない現状を思えば、何をか言わん・・・かと。
では、そのような、指針さえも、一切、存在しなかったかと言われれば、そうでもないように思います。
それこそが、大東亜共栄圏です・・・。
大東亜共栄圏というと、どうしても、拒絶反応を示される方もお有りだと思いますが、あれは、それを曲解した人たちの思想と、それを実現する為の手段が間違っていただけで、理念としてはいささかも色あせていないように思います。

とは言え、ヨーロッパでは、EUというものが出来ましたが、アジアでそういうものを作るには、(AUというのは、アフリカ連合というのが既に存在するそうですね。アジア連合の場合、何というのか、あいにく、存じ上げません。)やはり、中国インドという大国の存在がネックになってくるように思います。
即ち、EUというのは、皆、身の丈が同じくらいなんですよね。
その点、特に東アジアにおいては、中国はやはり、あまりにも、身の丈が違いすぎるんですよ・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-30 01:00 | 国際問題 | Trackback | Comments(0)

私的チームワーク論・その2 遠心力野球
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1075593.jpg今日の博多は快晴です。
夏本番近し・・・。

で、先日の続きです。
チームワークと言う点で、もうひとつ、印象に残る話があります。
それが、智将と呼ばれた三原脩氏が西鉄ライオンズ時代に提唱した「遠心力野球」です。

三原脩という人物は、これまでも、たびたび、触れておりますように、現代の日本プロ野球の戦術の大半を創った人・・・と言われています。
「当て馬」、「ワンポイントリリーフ」などというのも、この人の創出ですし、「サイン盗み」もこの人によって始められた物だと言われているくらいです。
また、「超二流選手」、「流線型打線」などの独自の野球理論は、他者の追随を許さぬところで、まさしく、智将の名に恥じないものだったでしょう。
それらの、野球理論の中に、「遠心力野球」というのがあります。

この部分を、氏の自伝、「風雲の軌跡―わが野球人生の実記」の中から、一部、抜粋してみますと、
「遠心力野球とは、私が西鉄時代に選手を掌握したやり方である。
これに対して、求心力野球というのが存在する。オーソドックスな野球といってよい。大目標に向かって、心をひとつにして突進する。フォア・ザ・チームである。そのために規則で選手をしばりつけ、あるときは口封じまでして目的を達成する。
遠心力はその点、自由であることからスタートする。やりたいことをやってもよろしい。いいたいことはいいなさい。が、与えられたことは、きっちりやらねばならない-それが大前提としてある。
言葉を換えていえば、求心力が「管理」を体質とするのに、遠心力は「個性」を尊重する。そこから生まれてくる相互信頼感を大切にしてゆく方式だ。」

つまり、み~んな、仲良くして、滅私奉公自己犠牲の上に、一丸となって、勝利へ邁進するのが、求心力野球。
それに対して、選手同士は何も仲良くする必要はない。選手間での、「あいつには負けたくない!」という反発を外へ向けるのが遠心力野球・・・というわけです。
それを象徴的に表すのが、中西太選手と、豊田泰光選手の関係でしょう。
中西選手は、打った打球がショートグラブを弾き、そのまま、ぐんぐん、上昇を続けて本塁打になったという伝説を持つ、怪童と呼ばれた強打者で、一方の豊田選手は、新人の年、清原和博選手に抜かれるまでの高卒ルーキー本塁打記録を持っていた人ですが、同時に、打つのは打つけど、とにかく、守備が下手で、実際、彼がエラーして落とした試合も少なくはなかったそうですが、そんなとき、この新人は不敵にも、「エラーした分だけ、打って返す。」と言い放ったといいます。

この両人、当然、中心選手として、お互いにライバル意識が大変に強く、他の選手たちは、その板挟みになって大変、困ったと言いますが、そのくせ、どちらかが、打席が終わってすれ違うときは、「あの投手、ぼちぼち、疲れてきたぞ。」とか、「あいつは、カーブだけ待っとればいいぞ。」などとアドバイスしていたと言いますし、さらに、片方がタイトルがかかった試合などでランナーが出ると、「送っとこうか?」、「頼む。」などという会話が為されていたとか・・・。
チームワークとは、必ずしも、仲良しにする必要はない。
「むき出しのライバル意識」でも、勝利という目的の為には「やるべきことは、きっちりやる」、お互いが為すべき事は決して、はき違えないことである。

この話に、思わず、胸が熱くなるのは、私だけでしょうか、御同輩・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-29 08:21 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

女子大生誘拐に想う豪邸拝見の正気の沙汰と現代の倭寇!
親愛なるアッティクスへ

今朝の朝刊の一面に、東京の美容外科医の21歳になる長女誘拐された事件で、犯人の中国人は、「数カ月前、テレビを見て、資産家と知り、お金にしようと犯行を思い付いた」などと供述しているというニュースが載ってました。

最近、テレビでよく、「お嬢様のお宅拝見!」とか言って、いきなり、(本当にいきなりなのかはともかく。)レポーターが行って、「おうちを見せて下さい。」みたいなのをやってますよね。
で、これ・・・、私も思ってたんですよ。
「この人たち、こんなに嬉しそうに、自宅の中から、家族構成から、生活レベルから、テレビに公開しちゃって良いの?」って・・・。

高額納税者名簿ってありましたよね。
昨年から無くなったんでしたっけ?
あれに載ることに喜びを見いだしていた人たちもいたようですが、でも、あれって、ご丁寧に、住所も書いてあるわけですし、であれば、このご時世、「この順に襲ってください。」って言ってるようなものなんじゃないんですか?

実は、私も(・・・と言っても、別に大金持ちではないですよ。くれぐれも、誤解のないように(笑)。私は、あくまで、市井人です。)、最初に拙著出版した際に、著者紹介の欄には、あまり、多くを書き込みませんでした。
まあ、「書くような経歴がない」というのが一番の理由だったのですが、次に思ったのが、やはり、世の中には、「本を出版した」というだけで、「天文学的を持っている・・・。」と勘違いするような輩もいるのではないかと思った次第でした。
(実際にいました(笑)。)

それを考えれば、テレビであんなに嬉しそうに、しかも、ご丁寧に、ターゲットとなる娘の存在まで公開する人の気が知れませんでしたよ。
あれって、犯罪を考える人にとっては、鴨が葱を背負ってくる・・・、つまり、娘は「ごちそう」にしか見えないのではないですか?
今回は、金銭目当てだったから、まあ、不幸中の幸いだったのでしょうが、世の中には、ああいうお嬢様を陵辱したい・・・などという変質者もいるんですよ。
この手の話は、今も昔も、結構、アダルト・ビデオの定番です。(←「何故知っている!」という突っ込みはしないように・・・。)
だとすれば、こんなの出しておいて、普段、ちょっと、友達と買い物に行くのにも、ボディガードを付けているってわけにもいかないでしょうに・・・。

ちなみに、犯人グループは日本人、中国人、韓国人混在集団だったとか。
これをみて、思うのは、中国人犯罪は、「現代の倭寇」であると。
福岡での一家殺害事件を初め、昨今、外国人の日本での犯罪が目立ってますよね。
でも、こういう犯罪は、当初こそ、外国人の犯罪が多かったのでしょうが、最近では、外国人のフリをした日本人の犯罪が多いように思います。
「キンコ、キンコ」と言いながら、どうも、日本人のようだった・・・などと。

で、中世に、中国沿岸を襲撃した日本人犯罪、「倭寇」も、実は、日本人による襲撃は当初だけで、後は、月代(さかやき)を日本人風に剃り、日本人になりすました中国人の犯罪だったと言います。
こういう犯罪とは、いつの時代も、外国人が発想を与え、それをみた現地人が真似をするもののようですね。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-28 08:02 | 社会全般 | Trackback | Comments(2)

私事ですが、ご報告の儀、是有り候。
親愛なるアッティクスへ

ちと、ご報告の儀、是有り候です。
実は、私、先般、講演の依頼を受けました。
「ある都銀経営者会で、講演をしてくれないか。」と・・・。
「講演ですか?!いやあ、やったことないもんで・・・。ちなみに、何分話せばいいのですか?」と聞いたところ、「一時間半」とのこと・・・。

わたしゃ、生まれてこの方、日常生活でも1時間半なんてしゃべり続けたことなかですよ!
(おっと、少し、興奮しましたか・・・(笑)。)
ましてや、人前で話す・・・なんてのは、結婚式か自己紹介くらいでせいぜい、一分半・・・。
「一時間半?一分半の間違いじゃないですか?」ということで、とりあえず、その場は丁重にお断りしたのですが、先日、熊本に結婚式に行った際、同席した秋田の友人らにその話をしたところ、「だめだ!そんなことじゃ!」と叱咤されまして・・・。
まあ、おっかないお友達ですので、あまり忠告を無視するのも何だろう・・・と思い、それで、その話を持ってきて頂いた方に、ちらっと、「講演の件ですが、先日、結婚式で同席した友人からこう言われたのですが、なにぶん、やったことがないですからねぇ・・・。」とだけ伝えたところ、その日の夕方、その方から、メールが来まして、「講演の方、ご快諾有り難う御座います!」・・・と(汗!)。
ということで、日程はまだ、未定ながら、講演をすることになりました。

で、先日、原稿を起こして・・・、と言っても、やったことがないから、どのくらいの量かがまったくわからない・・・。
そこで、とりあえず、30項目くらい書いて、時間を計って、とりあえず、誰もいない部屋で、それを朗読してみたところ・・・、意外とやれるもんですねぇ(笑)。
8項目、行くか行かないかで一時間半話し終えました。
まあ、実際に人を前にしてから、どの程度、話せるかは、また、別物だと思いますが、何せ、チキン・ハートなもんで・・・。(←あ、日頃の私をご存じの方・・・。今、思い切り、突っ込んだでしょ!ここ、笑うところじゃありませんから・・・(笑)。)
ということで、しばらく、大リーグボール養成ギブスを付けて特訓です・・・。
(もしや、特訓も死語?)

もうひとつ、改まって言うのも何なのですが、先月より、お話を頂戴して、小雑誌(パンフレット?)にコラムを寄稿させて頂いております。
ネットでも販売されているそうなので、ついでに、こちらでも、ご紹介させて頂こうと思ったのですが、まだ、私の部分が出ていませんので、いずれ、時期が来ましたら、また、改めて、ご報告させて頂きます。
あしかがたかうじ・・・じゃなかった、あしからず。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-27 08:58 | その他 | Trackback | Comments(6)

ハーメルンの笛吹男は今日、実際にあった話。
親愛なるアッティクスへ

今日、6月26日は、あのグリム童話で有名な、ハーメルンの笛吹き男による神隠し事件があった日だそうですね。
あれって、フィクションかと思っていたら、実際にあった話なんだとか・・・。

e0027240_1614951.jpg

1284年6月26日ドイツハーメルン130人の子供が突然行方不明になるという事件が実際にあったらしく、市の公式記録文書にも「ヨハネとパウロの日(=6月26日)に、ハーメルン市内で130人の者がカリワリオ山の方向(=東方の方角)へと向かい、引率者の元で多くの危険を冒してコッペンまで連れてゆかれ、そこで消え失せた」と記載されているのだとか・・・。
その引率者とは30才くらいの上等の服を着た美しい男だったとか・・・。

童話の内容を簡単に説明しますと、
「 昔、ネズミの大量発生に頭を抱えていたハーメルンの町長は、『ネズミを見事退治した者に多額の賞金を与える』と宣言したのだとか。
 すると、笛吹き男が現れ、『俺が退治してやろうか。賞金は出すんだよな?』と。
 町長が『出す』と言うと、その男、おもむろに笛を吹き始め、すると、不思議なことに、ネズミは一斉に彼の後を付いて行き、男が川へ行くと、ネズミはそのまま、川に入って溺れて全滅したのだとか。
 ところが、いざネズミがいなくなると町長は彼に賞金を払うのが惜しくなり、何だかんだと言って払おうとしない。
 それを見た男は、『あ、そう。』と言うと、また、笛を吹きながら、歩き出したとかで、すると、今度は町中の子供たちが男の後に付いていき、共に姿を消してしまった。」
というような話だったと記憶しております。

で、この話、何かと合理的な答えを求めたがるヨーロッパ人らしく、諸説有るみたいですね・・・。
やれ、十字軍に連れて行かれたんだ・・・とか、やれ、奴隷にされたんだ・・・とか。
まあ、もちろん、グリム兄弟の話というのは、あくまで、事実を基にしたとはいえ、物語なんですけどね。
そもそも、「神隠し」「人さらい」なんてのは、日本でも昔からあったわけですし、何より、以前、平太郎独白録 「もうひとつの元寇にみる日本政府の拉致への対応。」の中でも触れましたように、外敵が来て、日本人を奴隷にする為にさらっていったとかいう話もあるわけです。
(そう言えば、最近、戦国時代にポルトガル人が日本人を奴隷にする為に売り飛ばしていたなんて記録も見つかったそうですね。)

あと、意外に多かったのが、両親が農作業中、傍らの土手に寝かせていた赤ん坊が摑んで飛び去ってしまうということだったとか。
まあ、途中で足を話したとしても、乳児であれば、落下した打撃に耐えられず即死でしょうし、離さず、巣に持ち帰れば、小鳥の餌にしちゃうんでしょうけど、諦めきれない親からしてみれば・・・。
そこに伝説が生まれる・・・。
(確か、空海などにもこういう伝説があったような・・・。)
グリムの童話も、そういった類のものだったんじゃないでしょうか・・・。
連れ去られた人たちを想う思いがこういう童話には詰まっているのかもしれません。
                             平太独白
by heitaroh | 2006-06-26 06:53 | 文学芸術 | Trackback | Comments(0)

ワールドカップも終わったしに見る自己管理に対する意識。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_13421027.jpgサッカー・ワールドカップが終わったと思ったら(まだ終わってない?!(笑)。)、タイミング良く、昨日からプロ野球のペナントレースが再開ですね。

(←職場から見える夜景です。この角度しか、夜景らしき物は見えません(笑)。)

ということで、交流戦が終わり、いよいよ、これからナイタービールの季節がやってきます。

と想っていた矢先、今や、巨人に代わり、球界の盟主になった観さえある人気球団、阪神タイガース(阪急タイガース?)の抑えの切り札、久保田智之投手が、ベビーカーから落ちそうになった娘をかばおうとして右手甲を地面に強打、右手骨折のため出場選手登録抹消されたというニュースを耳にしました。

この話を聞いて、すぐに思い浮かべたのが、球史に残る大投手、金田正一氏は、我が子を絶対にその腕に抱かなかったという話でした。
我が子は可愛い・・・、だから、もし、抱いていて落とした場合、思わず、利き腕でかばってしまうかもしれず、それで利き腕をケガしたら、商売あがったりになる・・・。
自分は、家族をこの腕で養っているのだから・・・という、何とも、凄まじいプロ意識、凄まじい職人気質、凄まじい自己管理ですよね。
今の時代から見れば、少し神経質にも見えるような話ですが、こういう話は、当時は何も特別な話ではなく、以前、平太郎独白録 「熱帯夜に見るプロのプロたる所以・・・。」の中でも触れさせて頂きましたように、当時はプロならば、当然のように持っていた意識で、仮に、球団から「自己管理はするな!」と言われても、「冗談じゃない!俺の腕が使えなくなったら、球団が俺と家族の面倒を見てくれるのか!」と食ってかかるような、彼らからすれば、むしろ、義務というよりは、権利に近いような感覚だったでしょうか。

まあ、久保田投手の場合は、咄嗟のことだったのでしょうから、一概には言えないでしょうが、金田正一氏の自己管理で思い出すのが、違う意味で「ほお・・・!」と思ったのが、西武の松坂大輔投手。
彼が新人の年、キャンプに視察に来ていた金田氏と当時の東尾監督と三人で対談していたのですが、金田氏が自分のことを指さして、「このおっちゃんのこと、知ってるか?」と聞くと、松坂投手は「はい。」と。
続けて、金田氏が、「どんなふうに知ってる?」とたたみかけると、18歳の松坂投手は、少し、口ごもりながらも、「大変自己管理に厳しい方だったと・・・。」
18歳で、こんな受け答えできますか?!
ていうか、金田氏が自己管理に厳しかった時代は、彼が生まれる遙か前、下手すれば、お父さんも知りませんよ。
(昭和36年生まれの私も、金田投手と言えば、「巨人の星」の中で、明らかに別格扱いの大投手として登場していたから知っていたようなもので、実際に投げていたのはまったく覚えておりません。まあ、それも当然と言えば当然で、金田氏は私の父と同じ年であり、その息子で俳優の金田賢一氏が確か私と同じ年だったわけで・・・。)
このとき、松坂というのは単なる筋肉バカじゃないんだな・・・と、強く、思いましたね。

この松坂投手の受け答えで思い出されるのが、松坂投手とはほぼ同世代(・・・ていうか、当時の松坂投手よりは5歳も年長の23歳)で、しかも、金田氏がかつて所属した巨人の、それも、祖父も巨人OB内海哲也投手と金田氏とのやりとりでしょうか。
松坂投手と同じく、キャンプ中に、巨人の原監督が、視察に訪れた400勝投手の金田氏と談笑していると、そこに内海投手が通りかかったので、原監督が呼んで、「おい、この人、誰か知っているか?」と尋ねたところ、内海投手は「はい、カネムラさんです」と・・・。
慌てた原監督は助け舟を出すつもりで、「バカヤロー、何勝した人だと思ってるんだ?」と聞いたことろ、今度は「三百何勝ですよね。」と・・・。
直後に原監督は「教育し直します。」と言ったとか・・・(笑)。
まあ、この受け答えが普通と言えば普通なんでしょうが、やはり、改めて、「松坂は凄い!」・・・と。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-24 08:36 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

日本代表は違う意味での本当の日本代表!
親愛なるアッティクスへ

どうしても、今日はこの話題でしょうねぇ・・・。
サッカー・ワールドカップ、日本代表予選リーグ敗退・・・。

でも、見事に私の予想通りになってしまいましたね。
最初、開戦前に、平太郎独白録 「ワールドカップ ドイツ大会に想いを馳せる日韓共済!」の中で、「オーストラリアと日本の勝った方が決勝トーナメントへ進出する」と言ってましたし、今朝の結果についても、平太郎独白録 「嗚呼、サッカー・ワールドカップに見る勢いというものの意義。」の中で、「日本が負けて、オーストラリアが勝つ」と・・・。
言ってたとおりになりましたね・・・。
無論、私にサッカーの技術的なことなどがわかろうはずもなく、私が見ていたのは、ただ、勝負事という観点だけでした。
この点で、オーストラリアには「勢い」「ツキ」があり、日本クロアチアにはそれが致命的なまでになかった・・・ということでしょう。
日本が今大会で7失点、クロアチアは2得点のみ・・・という数字に、すべてが表れていると思います。
今のオージーには、前回大会での日本韓国のような「勢い」を感じます。
組み合わせにもよるのでしょうが、うまくいけば、ベスト8・・・、あるいは、それ以上にも入ってくる可能性もあると思います。
ま、ここから先は、組み合わせの関係がありますので、これまでのように、自信を持って言い切ることは出来ませんけどね(笑)。

ところで、いつもこの日本代表というものを見ていると、私としては、別の意味で「ああ、本当に日本代表なんだな・・・。」という感慨を受けます。
それは、 出身地。
これは、2002年のワールドカップのときのデータなのですが、
静岡 茨城 静岡 富山 広島 山梨 愛媛 東京 兵庫 岩手 大阪 静岡 静岡 愛知 静岡 神奈川 大阪 群馬 滋賀 静岡 奈良 茨城・・・。
(今年のデータは、見あたらなかったんですよ。皆、所属チームまでしか書いてなくて・・・。)

まあ、サッカー王国静岡が多いのは別として、それから、東京、大阪などの大都市圏も、人口の絶対比が多いわけですから除外するとして、そうやってみてみると・・・。
まず、山梨県出身の中田ヒデはかつて、武田信玄に率いられ、戦国時代を席巻した甲州武士
そう言われてみれば、あの精悍さはさもありなんと・・・。
また、富山県出身の柳沢 敦選手は、かつて、信玄と並び称された勇将、上杉謙信を散々、苦しめた越中人
さらに、中田ヒデとMFの両翼を為す、福西崇史選手は、あの「坂の上の雲」で有名な秋山兄弟(秋山好古・真之)の出身地である愛媛県出身。
DF 中田浩二滋賀県出身ですから、駆け引き上手な近江商人
MF 小笠原満男選手は、アテルイ以来、中央政府に抵抗し続けたことで知られる岩手県出身。

野球にしたって、WBC日本代表見てたら、
「神の手」ムネリンこと、川崎宗則選手は、鹿児島県出身で戦国最強を謳われた薩摩隼人
日本の四番 松中信彦選手は、反骨の肥後男、通称、肥後もっこすと呼ばれる熊本県出身。
共に、昔から、兵隊が強いところで有名です。
何か、それ見てたら、「あ、本当に日本代表なんだな・・・。」と(笑)。

世が世ならば、中田ヒデと柳沢は川中島で一騎打ちしていたかもしれず、川崎と松中は国境を挟んで対峙していたかもしれないわけです。
ちなみに、あの中田ヒデみたいな顔が武田騎馬軍団にぞろぞろいたことを想像すると・・・、もう、それだけで、武田兵のその強さが想像出来るような気がします・・・。
あまり、暗いところでは会いたくないですね・・・(笑)。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-23 12:33 | スポーツ | Trackback(3) | Comments(2)

日米のスポーツ観の違いにみる日米親善の目的意識。
親愛なるアッティクスへ

スポーツというものの考え方においては、日本では、とかく、「修行」のような意識が見え隠れするようで、少なくとも、「スポーツを楽しむ」という点においては、日本と、アメリカにはまったく、似て非なる「異質」な物があるようですね。
昭和44年(1969年)、日本に一大ブームを巻き起こした太田幸司投手を擁し、まったくの無名ながら、決勝戦で優勝候補の松山商業延長18回、0-0の死闘を繰り広げた三沢高校ナインですが、一方の松山商業が伝統校らしく、まさしく、「野球道」を追求し、「練習」と言うよりも「修行」に近いような下地の中に原点があったのに対し、三沢高校は、青森県三沢市という米軍の基地がある町らしく、選手たちは子供の頃から、アメリカ流の「楽しむ野球」に親しんでいたと言います。
どちらがいいとは言いませんが、この点で、ひとつ、思い当たる話があります。

大使館職員の子供たち相手だったかの日米親善小学生野球があったとき、アメリカ側が驚いたのが、日本側は何と「送りバント」をしてくるのだそうですね。
さらに、アメリカ側の選手の一人がトイレに行きたいというので、行かせてやって、その間、他の子供を守備につかせておき、その子が戻ってきたので、また、守備につかせようとしたら、日本側から「ルール違反だ!」抗議が出たとか・・・。
試合後、アメリカは怒って帰っちゃったそうですが、これじゃ、全然、親善になって無いでしょ・・・みたいな。
日本の修行、チームプレイ、自己犠牲の精神もいいけれど・・・、あくまで、「何の為にやっているのか?」という目的は踏み外しちゃいけないような・・・。
結局、野球に限らず、日本のスポーツには、これが曖昧なままなんじゃないでしょうか?

ついでに交代繋がりで言えば、以前、ケーブルテレビを付けたところ、たまたま、昭和48年(1973年)の巨人vs阪神戦をやってました。
長嶋茂雄選手や王貞治選手はまだ、現役でしたし、川上哲治監督の若いこと!
阪神、江夏豊投手のフォームも見事なくらいきれいでしたし、倉田という投手も結構、いい球放ってましたよ!速かったですねー。
(そう言えば、そんなピッチャーいたなー・・・と。ダイジェスト版などで1シーンだけ・・・というのは見たこと有りましたが、本当に、こんな試合中継としてリアルタイムで淡々と進んでいくのをみたのはもの凄く新鮮でした。)

でも、昭和48年と言えば、オイルショックの年であり、ジャイアンツ9連覇最後の年ですが、驚いたのは、「キャッチャー吉田に代わりまして、」とコールされた後、森昌彦捕手が出てきたのですが、なぜか、ユニフォームだけの姿で、ベンチの前でじっとしてるんですね。
「???」と思ってたら、何と、吉田が森がいる場所まで行くとレガースなどの捕手の用具をはずし、今度は、森がそれを付けだしたんですよ!
つまり、この時代まで、野球用具はプロでも、まだ、付け回しだったんですね~!
今だったら、城島なんかは、「城島」と書いた自分用のレガースなんかを持ってますよね。
ほー!と思って、そういう時代だったんだな・・・と改めて、感慨ひとしおでした。
                          平太独白
by heitaroh | 2006-06-22 08:38 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

私的チームワーク論・その1 手綱さばきにありと見つけたり。
親愛なるアッティクスへ

私は、遙か昔の学生時代、ある「期間限定」のアルバイトをしたことがあったのですが、その最終日に、「打ち上げ」として、そのときのメンバー全員で、その会社の責任者の人に一席設けてもらったことがあります。
で、そのとき、一旦、全員がその会社に集合し、バイト料をもらって、そのまま、一緒に宴会場へ行ったのですが、どういうわけか、一部の者らが時間になっても一向に来ない・・・。
私は「時間になったんだから、もう始めていいんじゃないですか?」と言ったのですが、その責任者の方は、「いや、全員、揃うのを待つのがチームワークだ。」と仰いました。
私は、「そうですか?」と言って首をひねりましたが、それ以上は言いませんでした。
でも、内心は、「それは違うんじゃないですか。遅れてくるヤツを待つのがチームワークではなく、遅れてくる者がいなくなるのがチームワークなんじゃないですか?」と・・・。
当時の私の考え方としては、ここで一旦、遅れてきた奴らを待てば、そいつらは、「遅れて行っても、どうせ待っててくれるさ。」ということになり、次からも遅れてくるようになる・・・、つまり、「遅れてくるのを待ってやることは、かえって弊害が大きい。」というものでした。

しかし、今では、一方では、この考え方をすべての局面に押しつけることには、少し懐疑的です。
なぜなら、組織の中にあっては、改革派というものは、とかく、先を急ぎすぎる物だからです。
一方でトップとしては、全体が付いてこないといけないので、手綱を引きつつの改革と言うことになるでしょうが、ペレストロイカにおけるエリツィンをみるまでもなく、手綱を引いていたはずが引き倒されてしまう例はよく見られるようです。
こういう問題はある程度の組織規模になってくれば、避けては通れぬ問題なのかもしれません。
では、遅れてくる者を待つことは弊害なのでしょうか?
それとも、早く行きすぎる者が罪なのでしょうか?

この点で、あまり、知られていない話ですが、私が企業人として敬愛する藤沢武夫氏もまた、本田技研工業レンタカー部門を新設したとき、同様のエピソードを残しておられます。
藤沢氏は、この新部門を立ち上げるに辺り、公私ともにもっとも寵愛し、信頼する部下に、この新部門を任せたそうです。
この人物は、なかなかの才人であり、藤沢氏の期待に応え、新事業は順調な滑り出しを見せたそうですが、ところが、この人物は、成功に驕り、行きすぎた行動をとるようになり、藤沢氏も、再三、この腹心への行きすぎを注意しますが、この人物は仕事が出来る人にありがちな自己過信が強く、一向に改めようとはしなかったそうです。
その結果、藤沢氏はどうしたのか?

この人物を責めれば、この有能な部下を失う結果になるかもしれない・・・。
逆に、このまま私情に任せ、彼の行動を黙認すれば、他の部下にも悪影響をおよぼしかねない・・・。
速く走る者に合わせるべきか、遅く来る者に合わせるべきか・・・。
藤沢氏は、苦慮した結果、この有能な部下を徹底的に干しあげたそうです。
結果的に、この部下は、これにより自らの行きすぎを反省し、また、他の部下たちも、腹心と言えども容赦ない藤沢氏の行動に、一段と襟を正したと言います。

速く走りすぎる者は手綱を引き締め、遅く来る者は手綱を引き寄せる・・・。
この話は、私的には色々と、示唆に富んだ話のように思えます。
                           平太独白
by heitaroh | 2006-06-21 08:10 | 思想哲学 | Trackback(1) | Comments(4)

フランス料理が敗因と上海協力機構が新冷戦時代の足音。
親愛なるアッティクスへ

e0027240_1872247.jpgサッカー、ワールドカップということもあり、ここんとこしばらくは、スポーツネタばかりが続いております。
万遍なく、何事も、バランス良く・・・と思いながらも、なかなか、やる気になりません(笑)。

(←こちらは、紀元前からうちにある花器に、観葉植物に使ってあった物を置き、その上に、どこぞの神社から取ってきたコケ・・・のようなものを乗せた物です。原価0円。私は、咲き誇る大輪の花より、こういう物が好きでして・・・。)

ところで、この土日は、友人の結婚式で熊本に行っておりました。
結論から言うと、体調不十分で飲み足りなかった私は、不完全燃焼・・・で、矢吹丈のような、「燃えかすも残らない真っ白」になっておりませんで、どうにも、ここ数日、サッカー日本代表と同じで、もやもやした日が続いております・・・。
ちなみに、敗因は、偏に結婚式で出たフランス料理・・・。
私は、どうにも、ああいう、高級なものは内臓脂肪が受け付けないようで、お腹がパンパンになっちゃって、その後は、食い物はおろか、酒も入らなくなってしまいました。

で、先日、中国が主導する上海協力機構のニュースをやってましたよね。
アメリカについても、名指しこそしないものの、かなり、言いたいことを言ってましたし、何より、アメリカの最大の潜在敵国、イランオブザーバー参加させ、一方のアフガニスタンカルザイ政権アメリカの傀儡ということで参加を拒否しているという・・・。
中国も遂に思い切った行動に出始めたな・・・と。
思わず、ワルシャワ条約機構とか、COMECONなどという、今となっては、「あれは、一体何だったのか?」という気さえする、前時代の遺物を思い出してしまいました。
米中新冷戦時代の足音が聞こえたような気がしましたが、アメリカという国に限らず、先進国の多くが、冷戦時代はうるさく言われないでよかった・・・という想いを持っていると思われ、であれば、今すぐでないにしても、アメリカも新たな覇権競争国の出現は、内心、喜んでいるところではないでしょうか。
考えてみれば、アメリカとソ連も、第二次大戦後の何年かは割とそうでもなかったんだと・・・。

で、あらゆる意味で、今の時点では、中国の外交はアメリカに一歩先んじていますよね。
中国はインドから奪っていた領土を返し、中印雪解け・・・
さらに、ロシアとの間で領有を巡って争っていたダマンスキー島放棄させることに成功。
その上で、日本の尖閣諸島に出てくるという、敵と味方、割とはっきりした進行方向の元で線引きを始めたように思えます。

この点で、アメリカもあまり、外交に関しては上手だとはいえないように思えます。
ドイツ日本をあまりに弱体化させたがためにソ連という大敵を招き入れ、ソ連を封じ込めようとするあまり、アルカイダイラクイランという難敵を育んでしまった・・・。
ヒトラーも、その末期に、「アメリカは、これ以上、私を追い詰めるようなことはしないだろう。」という読みを持っていたと言います。
まさしく、この点は、ナポレオンを必要以上に追い込むことで、自国内の革命勢力の台頭を許すことを避けようとしたメテルニッヒの判断とは対照的なものだと言えるでしょうか・・・。

思わず、以前、申し上げました、どこかの外交評論家が言っていた、「原則があって外交上手はイギリスくらい。原則が無くって外交上手というのはタイ。原則があって、外交下手というのが、その他大多数の国で、原則が無くって外交下手というのが、哀しいかな日本ぐらい」という主張を思い出しました。
(これについては、私は原則とは外交方針のことかと思っていたら、むしろ、外交哲学のことだと、ある人に教えていただいたことがあります。)
この点で、日本は人道支援と言うことを外交方針ではなく、もっともっと、国是として掲げるべきではないかと思いますが・・・。

そして今、アメリカに対抗する駒として、中国が出て来ようとしている・・・。
かつて、ボクシングまんがの名作、「あしたのジョー」において、「ストラディバリウスというバイオリン名器は、誰が弾いても素晴らしい音を奏でるというわけではなく、それなりの腕を持った人が弾かなければ素晴らしい音は出ないという。矢吹丈にとって、ライバル・力石徹亡き後の今までの敵は小粒すぎた。」と言うシーンがありましたが、アメリカにとって、ライバル・ソ連亡き後のイラクやイラン、セルビアなどという敵は小粒すぎた・・・ということになるのでしょうか?
それとも、イラクやアルカイダという難敵を叩きすぎたが為に、中国の台頭を許してしまった・・・ということになるのか・・・。

いずれにしても、私は、今すぐではないにしても、そう遠くないうちに中国には、漢の武帝のような軍事政権ができることは間違いないと思っています。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-06-20 07:59 | 国際問題 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧