カテゴリ:時代観( 4 )

竹脇無我さん死去でまた一つ去った昭和の記憶
親愛なるアッティクスへ

e0027240_11194661.jpg昨夜、すべてのポイント失効してしまう・・・という夢を見ました。
やはり、私は病んでいるのでしょうか(笑)。
で、出勤したら、口座が残高不足になっていて引き落としできなかった・・・という事実を知らされました。
やはり、私は病んでいるようです・・・(涙)。

(←以前、重慶の観光地で見かけた標語?です。「貧乏性なのに浪費症」ふたご座の特徴と聞いて思いっきり納得した私のために設置されているのかと思いましたが・・・。要は今の中国には私のようなのがたくさんいる・・・ってことでしょうか。もっとも、上には上がいましたけどね(笑)。)

などという、与太話は置くとして、俳優・竹脇無我さんがお亡くなりになりましたね。
今の人たちにとっては「誰?」でしょうが、私にとっては「二枚目俳優」の代表選手みたいな人で、この点で少々、印象に残っている役者さんでした。
と言いますのも、実は我が家は結構、美男美女の家系でして・・・。
そう言うと、リアルの私を知っている方は思いっきり噴き出されるかもしれませんが、哀しいかなこれは真実でありまして、つまり、私だけが例外なわけで、まあ、それはさておき、それだけに子供の頃から周囲に美男美女の顔がごろごろおり・・・。
もっとも、その辺は天性の助平だったんでしょうね、女性の顔はすべて美人に見えるんですが、なぜか、男性の顔は少しくらいの男前ではまったく男前に見えなかったんですよ。

その私が、子供ながらに「世の中にれほど格好いい人がいるのか」と思った男性が二人・・・。
一人が竹脇無我さんで、もう一人が石坂浩二さんでした。
子供心にも「ハンサムというのはこういう人のことを言うんだろうな・・・」と思いましたよ。
石坂さんは今でもお元気ですが、竹脇さんの方は長らくうつ病に苦しんできたと聞きました。
ドラマ「だいこんの花」で父子を演じた森繁久彌さんとは私生活でも実の父子以上の付き合いがあったと聞きましたが、その森繁さんがうつ病に苦しむ竹脇さんに言ったという「人間笑ってばかりも生きられないが泣いてばかりも生きられない」という言葉も強く印象に残っております。
享年67歳。
私にとってはまた一つ、昭和の記憶が遠くに去ってしまった・・・という感を強くしておりますが、謹んでここにご冥福をお祈りします。
合掌・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-08-23 08:01 | 時代観 | Trackback | Comments(4)

ドラマ「ゲゲゲの女房」に日々黙考 その4
親愛なるアッティクスへ

昨日の続きです。

ドラマでは、いよいよ、水木しげる翁が世に出る運が向いてきましたね。
その一方で、南 明奈ちゃん演じる若き女流漫画家が受け入れられず、消えようとしていますが、水木翁はいくら世間から「こんなゲテモノ」と酷評されようとも自分のスタイルを変えず、対して、彼女は売れるために世間に合わせて、小さくまとまった物に変えてしまった・・・と。
この、水木翁とアッキーナちゃんの差、この辺は、私には良くわかります。
私も色々、言われましたから。
あるメルマガには、「出版とは営利事業であり、商業ベースで売れる物が要求される」・・・という記事もありましたが、確かに彼らの言うことはもっともなことなんですよ。
ただ、そういう話ばかりを聞いていると、あまりの無機質さ気が滅入ってくるんです。
もっと、ロマンが無いと・・・と。

また、私は「売れるように作った物だけが売れる」とは考えておりません。
それは、「市場に合わせて作っただけで、市場を創造したわけではない」・・・というケースが多いからで、市場とは常に流動的な物であると考えれば、「売れるように作った物」は「すぐに売れなくなる物」だともいえるでしょうか。
事実、このドラマでも、編集者氏が「ザラッとした物がないとダメ」ということを言ってましたが、これなどは私も実に同感だと思います。
(まあ、この辺は何ら実績がない私如きが言うのも何なんですが(笑)。)
その点で言えば、「ジョジョの奇妙な冒険」などは絵を見た瞬間に、「あ、これは売れる」と思いましたよ。

で、その水木翁の代表作とも言える「ゲゲゲの鬼太郎」ですが、これがテレビアニメ化されたのは昭和43年(1968年)1月だといいますから、まさしく、私の小学校入学前後の時期に当たるわけで、当時は白黒でしたので、その辺の質感もあったのかもしれませんが、その後のカラー作品には無い、間違いない、「ザラッとした物」がありましたよ。

e0027240_18185833.jpg特に私が覚えているのが、「昔の木造家屋の窓外にあった小さな出窓のような所に夜ごと光り輝く不思議な花が咲いたことから、相談を受けた鬼太郎たちが行くと、その花の茎が見る見る伸び、鬼太郎たちに絡みついて締め上げようとする。が、なぜかそこに住む少女のみには花は攻撃しようとはせず、触れるとすぐにほどける。で、この謎を解くべく鬼太郎らは、この花の種が飛んできたと思われる南方の孤島に向かい、苦労して、ついにジャングルの中で妖花の大木を発見。すると、この大木は戦死した少女の父親の遺体の養分を吸って成長した木だったことがわかった」・・・という話です。
(たぶん、第32話の「妖花」ではないかと思いますが。)

e0027240_18194756.jpgつまり、娘を独り遺して、望みもしなかった最果ての孤島で散らなければならなかった兵士の魂が、娘心配さのあまり、一粒の種として娘の元へ飛んで来た・・・というわけです。
子供心にも、他の単なる勧善懲悪のストーリーと違い、何かしら感じる物がありましたよ。

この辺は、絶望的な戦場で片腕を失わざるを得なかった水木翁としても、何らかの感慨があって描かれた作品ではなかったでしょうか。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-07-07 08:34 | 時代観 | Trackback | Comments(5)

ドラマ「ゲゲゲの女房」に日々黙考 その2
親愛なるアッティクスへ

先週よりの続きです。

e0027240_1626315.jpgこのドラマでは、最近、よく耳にする、「昭和30年代は物はなかったけど、皆、幸せだった」という刷り込みが所詮、詭弁でしかないことを知らしめるに十分なまでの、まるで痛いまでにザラザラした「貧困」というものの現実が如実に描き出されているように思います。

ここ数年、映画・「ALWAYS 三丁目の夕日」に代表される、まるで当時が理想郷であったかのような描かれ方が為されてきましたが、でも、現実にはそんな甘い世界ではなかったことはたびたび、申し上げてきた通りで、実際の貧困とはもっと、肌を刺すような物ですよ。
幼稚園くらいまでしか知らない私が言うのも如何かと思いますけど(笑)。)

e0027240_1771740.jpgと言っても、私自身は子供の頃から、欲しい物は人並み以下にしか買ってもらえなかったものの、とりあえずは、平均的な生活はして来られましたので、決して偉そうなことは言えた立場ではないのですが、ただ、私が子供の頃は、良く、マンガ(当然、他力本願です(笑)。)などを読んでいると、「俺が貧乏人だから犯人と疑われたんだ!」というようなセリフが出てきました。
当時は私の周囲ではこういう話は聞いたことがありませんでしたので、私的には、読むたびに少し違和感があったのですが、おそらくこれは、読んでいる側ではなく、書いていた側の世代の人たちにとって、少なからず、日常的にあった光景だったのではないでしょうか。

事実、後年、知ったのですが、私の同級生でも同様のことはあったようです。
その同級生曰く、「俺は本当は勉強は好きだったんだ。だが、クラスで文房具が無くなったとき、『買えないから盗んだ。おまえしかいない』と疑われ、いくら、自分じゃないと言っても先生に殴られ続けた」と・・・。
「以来、勉強なんかするものか!と思った」・・・と。
まあ、さすがに我々の時代は、必ずしも、その他多くの事例の中の一つだったというわけではないと思いますが、間違いなく、背景には「家が貧しいから」ということがあったようですから、何とも酷い話ではあります。
(今なら、大問題になるところでしょうが、当時はそんなもんでしたからねぇ。私なども、そこまで酷い話ではありませんが、似たような想いは経験ありますよ。)

この点で、このドラマは、「三丁目の夕日」とは違い、ある程度、水木しげる翁と布枝夫人の実体験に基づいているのでしょうから、貧困というものの扱い方という点ではリアリティがあるように思います。
豊かな現代日本人は、「貧困」ということを一食抜くくらいのダイエット的感覚でしか捉えていない人が多いように思えますが、しかし、かねてより申し上げているとおり、「人は走ることが辛いのではなく、ゴール無くして走り続けることが辛いのだ」という意味で、「終わりのない貧困との闘い」とは夫妻にとっては本当に辛いものだったでしょう。
この後の翁の成功を知る我々は、一時的な雌伏の時代のような観を持っていますが、ドラマの中でもたびたび出てきたように、実際には志半ばで筆を置いて去っていった無数の水木しげるがいたわけで・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-07-05 18:28 | 時代観 | Trackback | Comments(6)

大河ドラマ「龍馬伝」に見る国境ボーダレス化と西郷役の難
親愛なるアッティクスへ

NHK大河ドラマ「龍馬伝」ですが「台湾で放送されることになった」という報道を耳にしました。
現地では、中国語字幕入りでの放送だそうですが、主演の福山雅治さんは台湾でも日本同様、高い人気を誇っており、それで放送されることになったのだとか。
さらに、福山さんの人気と知名度は台湾以外のアジア各国でも知られており、韓国タイなどでも放送が希望されている・・・とのことでしたが、この点は、今、日本人も「冬のソナタ」などの韓国のテレビドラマを普通に見、韓国人のアイドルが普通に売れていることを思えば、庶民感覚の上では国境のボーダレス化が進んでいるということであり、相互理解のためにも大いに歓迎すべきものだとは思います。
ただ、いくら福山さんが人気あるからって、親日国の台湾やタイはともかく、あの韓国で、それも、植民地支配の原風景ともいえる日本の幕末期の放送が希望されるなんてのはとうとう、そこまで来たか・・・という観があると同時に「大丈夫か?」という気がしないでもありません。

そういう目線であの番組を見ると、やたら、「日本が!」とか、「日本人ぜよ」などという文句が出てくるんですよね。
これって、現代日本人的には「世界が!」とか「人類が!」などというような感覚での物なのでしょうが、他国の人が見ると思うと・・・、少し違和感がありましたよ。
「おしん」ならともかく、「良いのかー、こんなの見せて」・・・と思わなくもないような。
で、同番組での西郷吉之助(西郷隆盛)ですが、大河ドラマに限らず、どこも巨漢という点で西郷役には苦心しているみたいですね。
「龍馬伝」では高橋克実さんでしたが、昭和39年の大河ドラマ「竜馬が行く」では小林桂樹さんでしたからね。

ちなみに、昭和48年、私が小学校6年のとき、当時の担任の先生(当時、40代くらい?)が皆に何かを聞いてました。
いつも授業など聞いていなかった私は心ここに在らずの上の空だったのですが、そのうち、先生も困ったのか、こういうマニアな話題ならこいつだと言わんばかりに、なぜか私が指名され・・・。
狼狽して、「は?」と言うと、「少し前にNHKでやってたでしょ。『竜馬が行く』って番組。あなたなら知ってるよね?」・・・と。
「・・・知りません」と言うと、「どうして、皆、知らないの。やってたじゃない」と宣う。
でも、どう考えても記憶にないので、「それって、いつ頃の話ですか?」と聞いたところ、「えーと、東京オリンピックの頃だから昭和39年かな」・・・と。
「先生、僕たちは昭和36年生まれですから、まだ3歳ですよ」と言うと、その先生、「え!」と絶句・・・。
その先生にとっては9年前なんてのは少し前のことだったのでしょうが、12年しか生きていない者にとっての9年というのは紀元1世紀に相当するような話なわけで・・・(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-06-28 07:58 | 時代観 | Trackback(1) | Comments(5)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
すいませんが、色々とお聞..
by 細田 at 21:04
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:09
私も島原城は行ったことが..
by heitaroh at 17:58
結局のところ、陛下ご自身..
by sakanoueno-kumo at 21:09
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧