カヌー選手による薬物混入は明治では水銀!
カヌーの選手が先輩からドーピング薬入れられたって話ですが、私は飲む方も飲む方だけど、良心が咎める方も咎める方で、まあ、いかにも今の時代らしいなという気がしました。
で、こんなこと考えるのは私だけかと思っていたら、しっかり、被害者側の意識の低さを指摘する声もあるとか。

男子陸上競技で五輪出場経験者の為末大さんによると、誰かから渡された飲み物は飲むな。ペットボトルはかならず開けた時に音がするか確かめろと言われた」と。

これを「スポーツの世界にあるまじき」などと思うのは、豊かさに慣れきった現代日本人ならではかと。

明治期の記録を読んでいると、謡曲だったかの世界では、ライバルの美声を潰すために、お茶に水銀を入れるのが横行していたと。
事実、それで、せっかくの美声がダメになって消えていった人がたくさんいたとか。
そのため、出された飲み物に軽々に手を付けることはなく、みんな、絶対に自宅から持ってきたお茶などを飲んだそうで、楽屋でも、当然、そこら辺に軽々しく置いておくなどということはなく、弟子や身内などの信用できる人に監理させていたとか。
これが、「プロ意識」ですよ。

この点は、昔は競争社会ではどこでもあったことなんじゃないでしょうか。
その背景にあって、見逃せない要因の一つが、「貧困」なのだろうと思います。

かつて、西鉄ライオンズの大投手・稲尾和久氏は、入団当初、打席でデッドボールを辛うじてよけると、自軍ベンチから「当たれ!」という声が聞こえたと。
当初は、「当たってでも塁に出ろ」という激励の声かと思っていたら、そうではなく、本当に「当たれ!」で、「ボールが当たって、あいつが怪我すれば、俺が試合に出られる」という意味だったとか。

稲尾さんが入団したのが昭和31年ですから、まだ、戦後11年。

e0027240_19394615.jpg
「もはや戦後ではない」との言葉が白書に載った年ですが、人々の生活は本当に苦しく、同じ西鉄の主砲・中西太選手は行商でリヤカーを引く母に少しでも楽をさせたいと思ってプロ入りしたというし、毎日オリオンズの榎本喜八選手は穴が空いた屋根から室内に霜が降り、寝ていた祖母の涙が凍っているのを見て、祖母を助けたいと思ったと。
他の選手も、おそらく、多かれ少なかれ似たような境遇だったのでしょう。
だからこそ、巨人の川上哲治選手のように、チームの打撃練習時間の大半を一人で使ったという話も出てくるわけで。

e0027240_19395277.jpg

つまり、誰もが生きるために必死で、他人を押しのけて取って代わることに何の疑問も持たなかった・・・と。

ただ、問題は、そんな昔のこと・・・などと言うのは現代日本人だけだということ。
世界の大半ではまだ、昭和の日本人と同じような環境で生きている人たちがたくさんいるわけで、そういう環境からオリンピックに出場してきた連中と戦うのに、「まさか、薬を入れた水を飲まされるなんて」とか言っている方が甘いわけです。
昔なら、「水銀じゃなくて良かったですね」・・・と声を掛けられたでしょうね。
                       平太独白

# by heitaroh | 2018-01-12 19:41 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

平成最後の謹賀新年!
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配にあずかり厚く御礼申し上げます。
本年も何卒倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成もいよいよ、最後の年が明けました。
平成の終わりの始まりですね。
e0027240_20534235.jpg
(↑新しい御世、私の行く先はどこなんだ・・・。)

さて、実は当家では長く、大晦日と元旦は実家で家族全員がそろって過ごすようにしていたのですが、昨年は大晦日に身内の葬儀があった関係で、初めて、自宅待機。
で、生まれて初めての除夜の鐘というものを経験したのですが、今年はついに、何も無いのに大晦日に集まるのはやめようということに。
・・・気がつけば、みーんな、年をとってきてるわけで。
長年の我が家の仕来りも老化にはかなわなかったと。
e0027240_21024041.jpg
ということで、今年から健康診断カウンセラーからも「うどんとおにぎりをやめろ」「早食いをやめろ」と言われましたので、大好物の博多雑煮も去年までみたいに、年の数だけ餅は食べてません。

ところで、昨年の紅白歌合戦見ていて思ったことがあります。
昔、桑田佳祐という人が出てきたとき、音感優先で詞に意味を求めぬやり方に既存の作詞家は失業を予感したというけど、この人の凄いところは、そのやりかたで、終わってみれば見事に1つの詞になっているところかと。
改めて、これは誰でも真似できるというものではなく、天性のものなんでしょうね。

どなたさまも、本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
               平太独白

# by heitaroh | 2018-01-02 21:12 | その他 | Trackback | Comments(2)

一年間お世話になりました。平成最後の年末ご挨拶。
e0027240_16064653.jpg
まずは、今年一年、格別のご高配にあずかりましたる段、厚く御礼申し上げます。
今年も気がつけば一年が終わろうとしております。
結局、大掃除もろくに終わらず、今日、明日でやらなければいけない羽目に。
なので、寸暇を惜しんで書いてます。

e0027240_16355491.jpg

今年は私にとっては「辛い別れがあった年」でした。
秋口に、私の理解者で有り、支援者でもあり、友人でもあった知己が突然に亡くなり、これはかなり堪えました。
昔、北野武翁が「俺も、逸見(政孝)さんが亡くなったとき、堪えたもんなあ」と言っていたのを聞いて、まったくその感覚がわからなかったのですが、要は自分もそういう年になってきたってことなんでしょうね。
以来、毎日、その人のことを偲ばない日は無く・・・。
いろいろなことを考えさせられました。

e0027240_16373775.jpg

(↑訳もなく、道を間違えて行った先の行き止まりでした。何か、私の人生を象徴しているような・・・(笑)。)

ところで、年末と言えば、未だに大晦日の風物詩「紅白歌合戦」ですが、先日、テレビを見ていて初めて知りましたが、昔はかなり、勝ち負けに拘ったそうですね。(今はどうか知りませんが)
私は勝ったから負けたからなんて、誰も気にしてないのかと思ってました。
でも、両軍ともかなりガチンコで、三波春夫さんなんかは白が負けたら「あいつの歌がまずかったから負けたんじゃないのか!」って本気で怒ってたと。
(「お客様は神様です」なんて言って、にこやかにやってたけど、昭和の大御所なんていう人たちは裏に回ればそんなもんでしょう(笑)。)
美空ひばりさんは「私の相手は誰なの?」とだけ聞いていたと。
大将戦に臨む主将の感覚だったんでしょうね。
平成も最後の大晦日となると、昭和の猛者たちの「合戦」が懐かしく思い出されます。

e0027240_16594012.jpg
それでは、今年一年間、大変、お世話になりました。
どなたさまもよいお年をお迎えください。
                         平太独白



# by heitaroh | 2017-12-30 17:00 | その他 | Trackback | Comments(4)

私的新しい元号を勝手に推理するの巻!
先日、何かの番組で、林修先生「新しい元号の頭文字はRじゃないか」と仰ってましたが、私はこれは無いかなと思っています。
なぜなら、「R」で始まった場合、人によっては「L」を使用する人もあり、無用な混乱は避けたいと考えるはずと。
で、その論から、ちょっと、次の元号を推理してみようと思い立ちました。

まず、周知の通り、略語にしたときに混乱が無いように、明治、大正、昭和、平成のそれぞれの頭文字、「M,T,S,H」は除外されるでしょうが、それに加えて、使いようが無い「X」「Q」も除外されるでしょう。
それに、先ほどの「R」と「L」、同様の理屈で、「C」と「T」、「D」と「J」と「G」と「Z」、「F」と「H」なども除外し、少しむりやりですが、「I」と「Y」も敢えて除けるかと。
(大胆すぎる嫌いもありますが、少しでも絞り込むために敢えて。)
結果、可能性が出てくるのは、「A,E,K,N,O,U,W」に絞られる・・・と。

次に、平成もいよいよ終わりが近づき、特番なんかやってるのを見てると、昭和の時と似てきたなぁという気が。
まあ、昭和の時は天皇崩御と共に・・・でしたから、必ずしも年末に・・・というわけではなかったのでしょうが、今回、特番が「平成と言いながら平成は自然災害に見舞われた時代であった」という意味のことを言ってるのを聞いて、昭和の時も特番は口々に、「昭和と言いながら昭和は戦乱の時代であった」と言っていたのを思い出してしまいました。

e0027240_19144032.jpg
(↑忌まわしき戦争の記憶。臼杵城の城壁に掘られた防空壕。)

その上で、新元号を選ぶときには何かしら新天皇の希望が入るのかもしれませんが、むしろ平成が発表されたときに私が感じたのが、去りゆく側の意向。
新元号が「平成」と発表されたとき、私が抱いた感想は、「ベタだが、それだけ戦乱を経験した世代にとっては戦争はトラウマなんだろう」ということで、おそらく、昭和天皇を初め、昭和の戦争に懲り懲りした世代は「平和」というものを強く念じていたでしょう。
ですから、今上天皇は昭和天皇のその意向をよく承知しておられ、その意向に沿う形でその旨の希望を出されたと。
であれば、おそらく、平成上皇となられる今上天皇も昭和天皇の遺志を受け継ぎ平和重視路線は変わらぬ一方、そこへ自然災害も収まるようにという願いや祈りのようなものを込めてくれという願いを皇太子殿下に漏らされているのではないかと。

e0027240_19401962.jpg

両者を考慮し、その上で、「A,E,K,N,O,U,W」の中で過去に出てない元号で、「健」とか「安」とか「寧」とかいう文字が入るものとなれば、「安寧」という言葉は既に存在しているから無いとして、「寧安」「健寧」「健安」といったところかと。
で、私がお勧めなのが「健安」
過去に「建」を使った元号はあるんですが、「健」は見当たらないみたいなんですよ。(「健寧」でもいいのですが、画数が多いから却下でしょう。)
懸念は「懸案」と重なることかと・・・。
ま、何にしても、事前に発表して問題ないものであれば、早く決めて発表して上げた方が、手帳屋さんやカレンダー屋さんも喜ぶかと。
                        平太独白
# by heitaroh | 2017-12-07 20:00 | その他 | Trackback | Comments(2)

今更ながらの現場の福岡ソフトバンクホークス日本一!
また、すっかり、10月の更新を忘れてしまってました。
で、11月ですが、実はちょっと大きな訃報があり・・・。
ちょっと突然だったこともあって、今もまだ少し引きずっています。
今まで、親が死んでもまったくこんな感覚無かったんですけどね。
要は自分もそういう歳になったということなんでしょう。

で、さておき、今月最大のイベントと言えば、何と言っても福岡ソフトバンクホークス日本一!でしょう。

e0027240_20271981.jpg

ということで、しっかり、胴上げの瞬間、見てきました。
(↑画像がなぜか、縦になりませんが、まあ、ご愛嬌ということで。)

e0027240_20442914.jpg

今年の日本シリーズ行かない?と知己より誘われた時、私は、パはまだ不安定要素があったものの、セは広島で決まりだと思ってました。
今年の広島はパの優勝チームと遜色ないくらい強い・・・と。
なので、もし、ソフトバンクが日本シリーズに出た場合、4勝3敗は十分に有り得ると。
で、安全策を採って第6戦なら・・・と思っていたら、まさかの横浜
最初に3勝したときには第6戦はもう無いんじゃないか・・・と。

で、念願叶って横浜が頑張ってくれて、第6戦に行ったわけですが、9回にまさかの内川同点ホームランが出るまでは、単なる横浜のワンサイドゲームでしたから、まさしく、神様仏様内川様でした・・・。
思わず、石毛山本浩二が9回に打った同点ホームランを思い出しました。

でも、試合が終わった時、既に23時半
普通なら7回くらいから帰る人達が誰も帰らない・・・。
我々は知己の「早くしないと中洲が閉まる」の一言で勝利の花火を見ないで出ましたが、その後、中洲で祝勝会をやって帰る1時半の時点で聞けば、まだ、福岡ヤフオクドームは渋滞中とのこと。
そーだろうと思ったもん。
あやうく、帰宅難民になるところでした。
                  平太独白
# by heitaroh | 2017-11-21 20:43 | スポーツ | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:26
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:23
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 03:13
いや、元号が変わるのは平..
by sakanoueno-kumo at 02:56
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:42
平成最後の大晦日は来年で..
by sakanoueno-kumo at 18:56
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:51
面白いですね。 近代の..
by sakanoueno-kumo at 18:22
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:01
いいですね、胴上げ。 ..
by sakanoueno-kumo at 00:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧