2010年 04月 12日 ( 1 )

タイガー・ウッズのCMは息子に小言を言うのは親父の特権
親愛なるアッティクスへ

タイガー・ウッズCM復帰だそうですね。
スポーツメーカーのナイキ社のもので、死んだ親父の声が流れてきて、「おまえは、何か学んだか?」と問いかけるものだそうですが、まったく、ナイキも憎い演出しますよねぇ。
白黒で、ただ、タイガーがカメラに向かって真っすぐ見つめるだけの映像に亡父の音声が被るもの(↓)ですが、私なら、「真っ暗な背景で、ただタイガーの顔にテレビの光が映るアップ・・・、そのまま亡父の音声が流れ始めたところで今度は反転して、真っ暗な部屋で椅子に座ってテレビを見ているタイガーの後ろ姿・・・、そして正面のテレビ画面に映るのは亡父の影像・・・」ってCMにしましたけどね。



でも、息子に小言を言えるのは親父の特権ですよ。
(最近はこの特権を放棄している父親も多いようですが。)
その意味では、このCMは私にとっても、少し、他人事ではありませんでしたね。
先日、飲み過ぎて、死にかけて、関係各位に多大なるご迷惑をおかけしたことなど、「キサン!何ばしようとか!」・・・という叱責の声が聞こえてきそうで。
私としても、「もう、そげん、言いなんなよ・・・」としか言いようがないわけで・・・(笑)。
もっとも、私の父は、タイガーの親父みたいに、あんなに優しい言い方はしませんけどね。

でも、その口うるさい親父も、昭和55年頃だったかと思うのですが、同業者と中洲で飲んで、まだ飲み足りずに、そのままうちに来て、深夜まで一緒に飲んでいたところ、突然、部屋のドアがガラガラーと開き、当時、結構、弱っていたはずの祖父が仁王立ち・・・。
何事かと困惑する一同に向かい、一言、「おまえらは毎日、酒ばかり飲んで、結構な身分だな」とだけ言うと、そのまま、また、ガラガラーとドアが閉まった・・・と(笑)。
いくつになっても、どんなに立派な息子であっても、親から見れば息子は息子ですよ。
従って、我が家では、この特権を放棄するつもりはありません(笑)。

そう言えば、何かの雑誌に、「織田信長と、その父・信秀は同じくエネルギッシュで行動的なタイプだが、信秀には動中静というべき懐の深さがある」というようなことを書いてあったものがありました。
曰く、「信秀が敵国へ攻め込み、一敗地にまみれた直後、京都から来た公家を饗応したことがあったが、大敗の直後でもあり、公家としても気を遣う所であった。だが、信秀は席に着くなり、『いやあ、この度はちと、思わぬ結果になってしまいましたが、しばしの間、やつに預けているだけです』と言って、呵々大笑した。信長は動中動という感じで、彼の生涯には、こういう芸当はまったく見受けられない・・・」と。
信長が18歳の時に死んだ信秀ですが、もし、信長の晩年まで生きていたならば、この父から、「おまえは、まだ落ち着きがたりん!」などと言われては、さしもの、絶対権力者・織田信長も、確かに、ひたすら頭を掻くしかなかったでしょうね。
                                         平太独白
by heitaroh | 2010-04-12 08:21 | 社会全般 | Trackback | Comments(2)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧