2007年 12月 20日 ( 1 )

鹿内家の内紛
親愛なるアッティクスへ

先日、年末の大掃除で机の引き出しの奥深くから、一冊のメモ紙・・・というか、手帳というかが出てきました。
それをみると、「鹿内家の内紛」として記しているものがありました。
ブログネタかな・・・と思いましたが、書いた記憶はないし、裏を見ると、人の携帯の番号が走り書きしてありましたが、まだ、030で始まっており、つまり、今の090080になる前の番号なんですね。

で、他に書いてある内容からして、平成5年の初期頃の物ではないかと思うのですが、少し、面白いので開陳してみたいと思います。
で、その前に、少し説明をしておきますと、現在のフジサンケイグループというものを事実上、作り上げたのは、鹿内信隆という極めて、あくの強い人物です。
この人は、創業者にありがちな唯我独尊タイプの人で、グループ内では絶対的な権力者として君臨し、その思想は極めて保守的で苛烈、労働組合の結成などは絶対に認めなかったといいます。
その後、後継者として出てきたのが、信隆の長男の春雄氏であり、この人は両親に反発しながらも、高校を落第し、アメリカへ留学するもボストン大学を中退して帰国するなど、決して、順風満帆の人生を送ってきた人でもなかったようです。
帰国後、経団連会長秘書やニッポン放送勤務等を経て、グループ議長にまで登り詰めますが、当時のグループの置かれていた現状は、必ずしも、楽観視できるものでもなく、父の頑迷な組合潰しなどの影響もあり、業績は低迷していたそうですが、それを、この春雄氏が、一気に回復し、黄金時代を迎えることになります。
ところが、その春雄氏が昭和63年、突然、42才の若さで急逝してしまったことで、急遽、娘婿の宏明氏を養子に迎え、信隆氏が再び、実権を握る体制がスタートしたものの、2年後の平成2年、信隆議長が死亡。
すると、そのまた2年後の平成4年、社内でクーデターが起こって、宏明議長が追放された・・・というものでした。

で、以下が、このクーデター事件における当時の私見です。

---------------------------------

なぜ、鹿内宏明フジサンケイグループ議長は追放されたのか。
それは、彼が二代目心構えを持たずに、他人でありながら、三代目に就任したからである。

二代目は、自分の置かれている立場もわかっているし、上手くいっても先代の手柄、失敗すれば自分の責任というダモクレスの剣を意識している場合が多い。
また、先代に対しても、比較的、批判的な立場をとることができることから、悪いところを把握し、自代に活かせる。

そういったことを知らない、ただ、TOPの椅子の輝きに目がくらんだ人間が、宏明氏のようにその椅子に座ると、剣は自分の頭めがけて落ちてくる。

宏明氏は、パーティなどで名刺交換を供の者にやらせたり、エレベーターを自分専用にするなど、初代信隆氏の悪いところ、二代春雄氏が改めたところを、そのまま、復活させた。
自分にも許されると信じた。
二代目の椅子の上にぶらさがっているダモクレスの剣に気が付かなかった男の悲劇だろう。

--------------------------------

以上。
まあ、今だったら、必ずしも、こういう考えはもたないでしょうね。
ただただ、未熟者ということでお許しを・・・。
平太独白
by heitaroh | 2007-12-20 08:48 | 経済・マネジメント | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 20:01
いいですね、胴上げ。 ..
by sakanoueno-kumo at 00:13
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
検索
タグ
(65)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧