オールスターでのパ・リーグの選手たちの笑顔に喝ーっつ!
親愛なるアッティクスへ

オリンピックも始まり、プロ野球オールスター・ゲームも終わり、甲子園高校野球もあわただしく始まるという今日この頃・・・。
で、本日は、そのオールスターの件で、どうしても言いたいことがあります。
どうして、彼らは笑っているのか・・・と。

e0027240_1443518.jpg先日、帰宅したところ、テレビでオールスターゲームをやっていましたので、まあ、見るともなしに見ていたのですが、どうにも私には違和感を感じる部分がありました。
それは惨敗したパ・リーグの選手たち笑顔が見られることでした。

(←福岡ドームホークス勝利の日のみに上がる花火。ここまで、綺麗に撮れたのは初めてでした。)
特に、千葉ロッテマリーンズバレンタイン氏は彼らに何を教えてきたんだ・・・と。
いくら、お祭りだからって、一流の中の一流のプレイヤーのプレイを見に来ている観客の前で負けておいて、彼らは悔しくはないのか???と。

お祭り、お祭りっていうけど、そもそも、「お祭り」って何なの・・・と。
ファンのためのお祭りであって、選手のお祭りではないのではないだろう・・・と。
選手が楽しみたいのなら無料でやるべきであって、客からお金を取っているのであれば、「お祭り」だからって、ふざけ半分、遊び半分でやっていいってことでもないでしょ・・・と。

それに、ここ最近のオールスターでは、パ・リーグはこれまでセ・リーグに勝った記憶がありません。
なのに、また、こんな状態・・・。
で、ここで思い出すのが、2003年阪神ダイエー日本シリーズの前に、当時、阪神にいた片岡篤史が、ダイエーの松中信彦選手に、「松中、ダイエー頼むから勝ってくれ。こっちの連中は、パをなめきっとる」と言わしめたという話です。
昔は、「人気のセ、実力のパ」などと言われオールスターではセはまるでパに勝てなかったのに、今や、優秀な選手はすべて、FAして、メジャーかセ・リーグに行ってしまい、パに残ったのは、カスばかり・・・。

これじゃあ、近鉄球団消滅の折の1リーグ制構想、つまり、パ・リーグ不要論が出てきても仕方ないでしょう。
あのときは、目の色を変えて戦ったパの選手たちも、喉元過ぎれば熱さを忘れるで、今やオールスターでまったく勝てない・・・。
であれば、それを裏付けられていると言われても仕方ないことで・・・。
まあ、日本シリーズでは一昨年まではずっと勝っていたことが救いと言えば救いなのでしょうが・・・。
                                平太独白
by heitaroh | 2008-08-02 08:19 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/8406022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 回転寿司 at 2008-08-03 10:48
タイトル : 小倉優子音楽隊 野球
Wゆうこりん:最初で最後のハーモニー?毎日新聞TBS「さんまのスーパーからくりTV」(日曜後7・00)で結成された「小倉優子音楽隊」のメンバーとして登場。同局の青木裕子...... more
Tracked from さやの出来事 at 2008-08-03 17:42
タイトル : 小倉優子音楽隊
Wゆうこりん:最初で最後のハーモニー? 毎日新聞TBS「さんまのスーパーからく...... more
Commented by ななし at 2008-08-02 16:57 x
 オールスターも年を重ねることによりどんどん質が変わってきてますね。時代の流れともいうか、セリーグの巨人という怪物が君臨し、パリーグは光が当たらなかった。今やセリーグもパリーグも格差が縮まってきてますし、ヤローあいつだけはなにがなんでも負けたくないという甲子園のようなチームとして勝利するというより、個人の力をためして、うたれたらしょうがない感覚になってきてるような。

それにまたメジャーという選択肢やオリンピックやWBCといったコンテンツも出てきているわけで、その点かつてのオールスターファンからみたら寂しい感覚なんじゃないでしょうか。
Commented by Kazu at 2008-08-02 18:46 x
私の子供の頃、テレビ中継は巨人戦だけで、パリーグの試合といったらたまに日曜日デーゲームがNHKで放送されるだけ。だから、パリーグの選手には、「オールスターでテレビに出るからには出来るだけ活躍して顔を売りたい」という気持ちがひしひしと感じられました。南海の職人門田とか阪急のアホの加藤や山口(球が速かった)等々。今はBSでもパリーグの試合が放送されるし、交流戦でセリーグ(人気の巨人・阪神と)と対戦する、またCSで専用チャンネルがあると選手にとってオールスターが特別なものでは無くなっているのでしょう。私も緊張感の無いオールスターより、ガチンコ勝負の交流戦・日本シリーズの方に興味がひかれます。でも今はオリンピックです。米が2軍とは分かっていてもやっぱり燃えます。
Commented by D-KID at 2008-08-02 22:45 x
いやいや、昨日のM成瀬投手はアカンでしょ、いくら球宴という肩の力が抜けそうな場とは言え。本番に向けての厄が落ちた、という風に向かえば理想でしょうが…

確かに交流戦が公式シリーズとして組み込まれている今、オールスター戦の意義って何なんでしょうね?
Commented by heitaroh at 2008-08-04 12:43
<ななしさん

元々、オールスターでは、阪神の小山投手がずる休みしようとしたりしたなどということもあるくらい、選手・・・特にセの人気球団にとっては、余計な負担以外の何ものでもなかったようですよ。

だからといって、打たれて、エラーして、それで笑顔が出ていいってことはないでしょう。
やつら、プロ野球選手として以前にアスリートとして、悔しさはないのか???と。
Commented by heitaroh at 2008-08-04 12:49
<Kazuさん

確かに。
でも、顔ぶれという点では、随分、小粒になったなという気はしますね。
我々が子供の頃には、セはエースばかり、パは四番打者ばかり・・・で、もの凄い顔ぶれのパ打線を江夏がきりきり舞いさせたかと思うと、王も長嶋もまるで打てない平松のシュートをアホの加藤がホームランしたり・・・で、ウッソー!みたいな部分があったんですが、今は・・・。

確かに、交流戦の実施でオールスターの意味はかなり、薄れていますが、だからといって、勝てないパで彼らには悔しさはないのか???と。
FAが来たら、メジャーに行っちゃうから関係ないよ・・・ということのように思え・・・、何とも、情けない限りです。
Commented by heitaroh at 2008-08-04 12:50
<D-KID さん

オールスターなんて、二試合もやっているということは、やりたい人たちがいるってことでしょうから、だったら、やりたい側の人たちは、最低でも仕事しなきゃ・・・。
彼らは、自分の置かれている立場がわかっていない。
FAしてメジャーに行けるのはほんの一握りだということが。
<< 映画「300」にみる大国と小国の理 父の詫び状に想う「明日有りと思... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧