スナック・ドーベル閉店に想うは池永氏のジャンボ尾崎評
親愛なるアッティクスへ

西鉄ライオンズ投手の池永正明氏のスナック「ドーベル」が昨年末の12月29日に閉店したと耳にしました。
閉店する・・・とは聞いていましたので、一度、足を運ぼうかな・・・とも思っていたのですが、ずーっと行ってなかったので、何か今更・・・って感じもあり、結局、行きませんでしたね。

ちなみに、池永正明という人物は、以前からたびたび、平太郎独白録 : CM契約にみる毀誉褒貶、その2 伝説の名投手 池永正明。、及び、平太郎独白録 : CM契約に見る毀誉褒貶その3 伝説の名投手 池永正明などでも述べておりますとおり、昨年亡くなった稲尾和久氏とは違う意味での西鉄ライオンズの伝説的名投手です。
特に、福岡市で昭和40年代に少年時代を送った子供たちにとって、この人の名前は、少々、複雑な回想を伴って思い出される名前であり、この人が中洲で店をやっているということは耳にしていましたので、機会が有れば、是非、伺いたいと思っておりました。
で、今から20年くらい前でしょうか、バブル真っ盛りの頃に、縁在って、池永氏がやっていた店に行き、以来、何度か足を運んだことがありました。

で、当時、同氏に、聞いたことがあります。
「(投手として、西鉄ライオンズの同期入団だった)ジャンボ尾崎こと、尾崎将司さんは野球選手としてはどうだったんですか?打者としては、なかなかの素質を持っていたと聞きましたが?」と・・・。
すると、普段、余計なことは言わない池永氏が、カウンターの中から、「いやいや!投手としても素晴らしかったですよ」ときっぱりと一言・・・。

この点は、少し、意外でした。
尾崎氏は、元々、高校時代には徳島県立海南高校の投手として、昭和39年(1964年)春の選抜高校野球大会初出場初優勝を成し遂げたほどの投手で、(ちなみに、前年春の選抜高校野球優勝投手が、当時、下関商業の2年生投手だった池永氏。)、尾崎氏は、翌昭和40年に、池永氏と二人同時に西鉄ライオンズ入りしたものの(当時は、ドラフト制施行前)、入団後、同じ甲子園の優勝投手と言っても、そのあまりの才能の差に愕然とし、「こんな凄い投手がいたんじゃ、俺なんかが飯を食っていけるわけがない」と思い、打者に転向した・・・と聞いていたからです。

ただ、投手として・・・といえば、確かに思い当たるところもあります。
入団間もなくからゴルフに目覚めた尾崎氏は、昭和43年(1968年)に正式に西鉄を退団し、二年後の昭和45年にプロテストに合格、正式にプロゴルファーとしてデビューするわけですが、西鉄球団在籍当時、大した成績も残していないにも関わらず、ゴルフ三昧の尾崎氏に、周囲の視線は冷たく、風当たりも相当強かったと聞いています。
その点では、やはり、その辺を気にもしない・・・、よく言えば、強靱な精神力、悪く言えば、傲岸不遜>な性格があったればこそ・・・の今日の成功だったでしょうか。
この辺は、よく、ラウンド中にたばこを吸うなどと、マナーを批判されながらも、平然とどこ吹く風で成績を残し続けたことが想起されますが、この辺などは、確かに投手向きだったのでしょうか・・・。
                            平太独白
by heitaroh | 2008-02-08 08:41 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/7216807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by D-KID at 2008-02-08 22:46 x
そういやジャンボ尾崎が西鉄ライオンズに入団した事は耳にしたことがありましたが、池永さんと同期だったことは知りませんでした。

ジャンボはプロ野球マスターズリーグに一度(だったかな?)参戦したことがあるんですよね。
Commented by heitaroh at 2008-02-09 14:27
<D-KID さん

そうそう。
だから、池永さんが永久追放になったときにゴルフに来ないかと誘ったらしいですね。
池永さんがプロゴルファーになっていたら、中島や青木なんかと良い勝負だったでしょうね。

この辺は、以前、書きましたので、よろしければご覧ください。
      ↓
http://heitaroh.exblog.jp/6633941/
<< ふと気づけば夜も明るい日本と自... 「絶版宣言」と、文字に見る表現... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧