とりとめもない一周年の余韻と世界最大のオーロラビジョン。
親愛なるアッティクスへ

さて、当ブログは、先日から、既述しております通り、昨年の3月下旬から書き始めたのですが、書き始めた時点で、すでに書きたいことが山のように貯まっていたモノで、ちょいと、一ヶ月くらいさかのぼって3月1日から始めたような形で始めてしまいました。
ところが、そのうち、日が経つに連れて、やはり、実際に始めた日に合わせるべきでは無かろうか・・・と思い始め、改めて、調べてみたら、これがわからない・・・。
で、色々調べた結果、去年の手帳の3月25日の欄に「ブログ開始」の文字が・・・。
ということで、厳密にはわからないけど、そこは、何事もアバウトな県民性福岡人らしく、「まあ、これでいいや・・・。」と(笑)。

で、始めるに当たって、元々、ブログという物の存在は、以前、誰かが経済誌に寄せていた記事で知っていたものの、作り方や専門用語などはさっぱりわからず、いずれ、ヒマになったら始めよう・・・と思い、放り出したままになってました。
(結構、これが多いんですよ。必要に迫られないとやろうとしないという・・・(笑)。)

e0027240_11395124.jpgところが、去年の四月に、友人から、京都での、ある会への出席を誘われたことで、まあ、そういう晴れがましいような会に出させて頂くのであれば「ブログやってます。」くらい言わなきゃな・・・と思い、それで、急に始めた次第でした。
(この辺は、平太郎独白録 「月はおぼろに東山~♪秋田人ハセガワ氏と見る等伯の渾身の筆!」をご参照下さい。)

(←そのときの、京都の夜桜と舞子はんどすぇ。ちょっと、ピンぼけしてますけど、これもまた、風情があって、よろしおすどっしゃろ(笑)。)

で、まずは、とりあえず、書店に行って、ガイドブックを買ってきて・・・のスタートだったのですが、最初買ったガイドブックは、ライブドアのものしかなく、仕方なし(?)にライブドアで始めました。
(さすがに、最近は、トラックバックコメントくらいは理解しましたが、未だにPING送信などはよく理解していません(笑)。)

最初はガイドブックを睨みながら、格闘してましたが、数ヶ月ほどして、ようやくシステムに慣れてきて、色々と知恵がついてくると、ライブドアの他にも色々とブログがあることに気付き、幾つか試行錯誤した後に、まずは、同時並行でgooを始め、昨年の7月中旬よりライブドアからエキサイトに完全に移行しました。
タダというのは、気軽に始められるから、本当に有り難いです・・・。)
で、色々、使ってみての感想ですが、まあ、各ブログとも、善し悪し・・・というよりも、私の需要合う合わないがあるようで、それもあって、今では同じ内容ですが、gooとエキサイトを並立させております。
まあ、どちらでもいいのですが、どちらかと言えば、エキサイトの方がメインでしょうね。

e0027240_1210559.jpgあ、今宵も、今から、ヤフー・ジャパン・ドームソフトバンクVS西武を見に行かなくてはなりません。
これは、福岡市民の義務です(笑)。
ちなみに、今日は世界のMVPとなった福岡人の婿松坂大輔投手が相手のようです。
婿・・・、つまり、松坂投手の夫人は福岡人です。


あ、そう言えば、ヤフー・ジャパン・ドームのオーロラビジョンは、今年から、大きくなって、さらに、ハイビジョンとなったのですが、ハイビジョンの画面としては、これは、世界最大の物だそうです。
あ、写っているのは、日本の四番打者、松中信彦選手です。
あ、ちなみに、近くには、東洋最大の観覧車というのもあります。
あ、ひょっとしたら、最近、どこかに抜かれたかもしれません。
あ、これ以上書いていたら、遅くなりそうですので、続きは明日のココロだ~ということで、ご理解下さい、御同輩・・・。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2006-03-28 17:23 | 私小説 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/3093981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokkey_0524zet at 2006-03-28 22:36
 ライブドアは堀江氏が逮捕された日にブログを止めてしまった方が多く見受けられましたね。
 ヤフー・ジャパン・ドーム、一度は行ってみたいものです。
Commented by へいたらう at 2006-03-29 01:10 x
>tokkey_0524zetさん

私は、彼が逮捕される前から、彼には批判的でしたので、他にもあると聞いたら、すぐにやめました。
その意味では、先見の明があったんですね(笑)。

ヤフー・ジャパン・ドーム、今日も行ってきました。
GWにお越しになりませんか?
実は、訳あって、席があります(笑)。
鈍行に乗り継いで・・・どうですか?
Commented by skwakasaman at 2006-03-29 09:05
コメントの話題が違うのですが、たしか前にへいたろうさんの記事でPDF出版の事が書かれてあったと記憶しているのですが、わかる範囲でくわしくおしえてもらえませんか?。
私のブログもパンクに近くなってきまして残しておきたい思うのですかが・・・。
Commented by へいたらう at 2006-03-29 11:47 x
>skwakasamanさん

>コメントの話題が違う・・・と出ていましたので、何か、お叱りを受けるのか!と冷や冷やしながら、開きました(笑)。

PDF出版に関してはですね・・・、えーっと、まず、設定画面からPDF出版という項目を開いて、出版インデックス作成・・・、そこから先はその画面の下に書いてあるPDF出版の利用案内を見て頂いた方がいいようです。
ただし、画像の大きさなどに制限があり、400x300以上になると、文字化けしたりするようですので、その点では、画像が多い、貴ブログのコンセプトとは合わないかもしれません。
ヘルプ項目を詳細に見ればいいのでしょうが、私はそんなの見ないでやったもんですから、失敗だらけでした(笑)。
わからないことがあったら、また、聞いて下さい。
Commented by skwakasaman at 2006-03-29 21:33
只今仕事から帰りました。
早速のコメントありがとう。
画像は縮小してありますので大丈夫かと思いますが作成画面から少し勉強してみます。
あまり文章に自信がないのとデジカメを利用したブログが楽しみなので
・・・・見て頂く方もわかりやすいと思ってこんな記事になっております。
また質問なんですけどPDF出版は無料なんですか?。
どういう形で出版されるのでしょう。
初歩的ですいませんがわかる範囲で教えて下さい。
Commented by tokkey_0524zet at 2006-03-30 02:19
 スミマセンが現在交通費もままならない状態でして・・・^^;。
Commented by へいたらう at 2006-03-30 12:08 x
>skwakasamanさん

>また質問なんですけどPDF出版は無料なんですか?

えーっとですね、まず、そちらがエキサイトにどういう形で加入してあるかにもよるのですが、月々250円くらい払っての有料会員であれば、無料ですが、無料会員は、出来ることは出来るのでしょうが、確か、容量に制限があったと思います。
おそらく、画像をあれだけ出してありますので、有料会員になっておられるとは思いますが・・・。
ちなみに、私も今まで無料会員だったのですが、最近、PDFするに当たって有料会員に切り替えました。

>どういう形で出版されるのでしょう。

これは、私も一番下にあるPDFをクリックして出てくる物以上のことはわかりません。
確か、今は何らかの理由で出版はされてないのではないでしょうか?
うろ覚えで、あまり、いい加減なことを言っても申し訳ないのですが、実は私もそれほど、把握しておりません(笑)。
ただ、公開するかどうかは選択出来るみたいですよ。
Commented by へいたらう at 2006-03-30 12:10 x
>tokkey_0524zetさん

誠に勝手な解釈ですが、現在、少々、煮詰まった状況にお有りなのではないですか?
そういうときは、少々、無理をしてでも、一度、原点に戻ってみるべきだと思います。
無理をしてでも・・・です。
Commented by at 2006-03-31 08:59 x
へいたろうさん、おはようございます。
私は、gooではじめましたが、写真の貼り付けが一枚でしか出来ないため、自分用はExciteで始めようかと思っています。

しかし、全城連と同時にはさすがに時間がなく無理なため、
終わってからになりそうですが(笑)

ロッテ何とか3連勝です。ソフトバンクに追いつくぞー(笑)
Commented by へいたらう at 2006-03-31 10:39 x
>俊さん

gooはやり方次第で、画像の貼り付けは何枚でも出来ますよ。
参考↓
http://blog.goo.ne.jp/heita2000/e/cb2095a6422d7f5f492d6dd2824cba23
ただ、ちと、難しい。
テクを使わねばならないし、エキサイトほどキレイにはならない。

その辺は、また、近々、記事にしますね。

ロッテはやはり、強いですよ。
日本代表に8人も出したというのは、去年の優勝がフロックでもなんでもない証明だと思います。
<< 一周年シリーズ、勝利の花火。 2006年パ・リーグ開幕!そし... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧