大河ドラマ「真田丸」での中間管理職・板部岡江雪斎の悲哀
昨日の大河ドラマ「真田丸」での板部岡江雪斎の姿を見て、中間管理職の悲哀に、いたたまれなかった人も多かったのではないでしょうか。
板部岡は小田原北条家の外交官(僧?)で、その末期に武田、織田、徳川との外交交渉を担った人ですが、ドラマでは苦労して勝ち取ってきた「成果」を主君である北条氏政に、はねつけられる・・・という、現代でも往々にしてよくある光景を展開してましたね。
現場の担当者としては、「そんな馬鹿なぁ!」と思わず、言いたいところでしょうが、いつの時代も「部下は上司を選べない」なわけで、「もう一回、行ってこい」などと言われても、誰よりも無理なことはわかっているだけに・・・。
「このバカタレが!」と言って、辞表を叩きつけたいところでしょうが、なかなかそうもいかないのが人の世なわけで・・・・。

e0027240_1215067.jpg
(↑小田原城。)
ただ、ドラマでは絵に描いたような愚かな上司としての氏政が出て来るのですが、現実にはそれほど簡単な話ではなく、父、北条氏康の時代にその片腕を担ったのが妹婿であった猛将・北条綱成であったように、氏政の時代に事実上、軍事面をリードしたのが、氏康の次男で、氏政の弟になる氏照でした。
武田、上杉、織田に対しても一歩も引かず、赫々たる戦果を挙げてきた氏照の発言力は大きく、五代当主で甥の氏直に対しても、未熟者扱いで、隠居の氏政が同席していないと何も言えなかったとか。
氏直も父が死んだら、この叔父さん、どうしよう・・・と思っていたでしょうね。
同族経営の悲哀です。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐が勃発すると、氏照は反対意見を抑えこんで徹底抗戦を主張。
秀吉もその辺の力関係は的確に把握していたのでしょう、戦後は兄、氏政と共に切腹を命じられています。

e0027240_1223165.jpg

一方、板部岡と並んでもう一人、外交に尽力した人物に北条氏規がいます。
この人物は氏政、氏照らの同母弟になりますが、五男坊ともなると、もう、単なる人質要員
そのため、幼少時は駿河今川家に人質として出され、この頃、同じく、今川家の人質となっていた徳川家康と親交を持ったといわれます。
(まあ、この辺は伝説の域を出ない話ですが、私はその後の両者の親密な交流を見れば十分に有り得る話ではないかと。)
氏規は、特に家康との人脈を活かして対徳川家外交に強みを見せていたようです。
それだけに板部岡とともに秀吉への臣従を主張、自身も上洛し秀吉との交渉に当たるなどしますが、結局、兄たちに受け入れられず、韮山城へ籠もり大軍を相手に善戦するも、衆寡敵せず、家康の説得を受け入れて開城しています。

言うならば、同族企業北条において、代表取締役社長会長氏政、代表取締役社長氏直、代表取締役副会長氏照で、取締役営業部長が氏規、営業課長が板部岡・・・といったところだったでしょうか。
一方、板部岡はその後、鋭敏な外交感覚を活かして秀吉に随従、秀吉死後は家康への乗り換えも無難にこなし、徳川家の旗本として存続したとか。
結局、上司に恵まれなくとも、見ている人は見てくれているということでしょうか。
                      平太独白

by heitaroh | 2016-06-06 07:59 | 歴史 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/24437769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from <徳島早苗の間> at 2016-06-08 12:41
タイトル : 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」(と「あさが来た」)。
「新選組!」から「真田丸」へ。 堺雅人:山南敬助→真田信繁(幸村) 山本耕史:土方歳三→石田三成 片岡愛之助:榎本武揚→大谷吉継 小林隆:井上源三郎→片桐且元 鈴木京香:芹沢鴨の愛人→北政所(秀吉の正室)。 「平清盛」から「真田丸」へ。 藤本隆宏:伊藤忠清→堀田作兵衛(主人公の初恋女性の兄) 吉田羊:春子(佐藤義清夫人)→小松姫(主人公の兄嫁)、 温水洋一:佐伯景弘→小山田信茂(武田家の家臣) 遠藤憲一:北条時政→上杉景勝 小日向文世:源為義→豊臣秀吉 山本耕史:藤原頼長→石田三成 中川...... more
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-06-06 23:11
面白いですね。
この時代はほとんどが同族企業ですから、板部岡のような有能な万年課長が、どの家にもいたでしょうね。
でも、同族が少なかったために同族以外の人材を取締役に据えた豊臣家が、あのような末路になってしまったことを思えば、どちらがいいのかわかりませんが。
まあ、どちらにせよ、中間管理職は辛いでしょうけど。
Commented by heitaroh at 2016-06-13 14:29
sakanoueno-kumoさん

豊臣家(氏?(笑)。)はあの時代、かなりのレアケースでしたからねえ。今でも単に親族が少ないだけの同族企業というのはあるわけで。
ただ、板部岡自身について言えば、あそこであれだけ辛い立場で頑張ったからこそ、秀吉にも家康にも認められ、その後に繋がったわけで。
Commented by tokkey_0524zet at 2016-06-13 15:37
徳川幕府は江戸時代初期まではまだ「能力主義」だったんですねぇ。
末期にもなると家柄重視で旗本が貴族化して来ますが。
Commented by heitaroh at 2016-06-13 20:28
> tokkey_0524zetさん

やっぱり、建前上は家柄重視でしょうが、実際に実務する人はいるわけで。江戸時代も中期になると、老中ではなく、側用人が重視されますが、それも結局、そういうことでしょう。幕末も実力派官僚というのは結構いたみたいですよ。
<< 鎮魂原城跡 昭和男よサヨウナラだぜの今年の... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
すいませんが、色々とお聞..
by 細田 at 21:04
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:09
私も島原城は行ったことが..
by heitaroh at 17:58
結局のところ、陛下ご自身..
by sakanoueno-kumo at 21:09
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧