私事に見る「天道是か非か」的告知
親愛なるアッティクスへ

e0027240_14135498.jpg私儀、恥ずかしながら、この度、二冊目の著書「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」を出版致しました。
お笑い下されたく候です。
ちなみに、前作、「傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯」は、その節は、ヨン様と並んでましたが、今回は石原慎太郎と並んでました(笑)。

ちなみに、マジの話ですが、今日もずっと、車を運転しながら、著書のことを考え、ブログのことを考えていたら、ラジオから血液型占いが流れてきて、聞くとも為しに聞いていたら、「A型の貴方。(私です。)自意識過剰にならないように。井の中の蛙と笑われますよ。ラッキーポイント世界地図です。」と・・・。
嗚呼、天道是か非か・・・。

実は、アマゾンでもまだ、画像も登録されてませんし、店頭に並ぶのも来月初旬と聞いてましたので、それから・・・と思っていたのですが、先ほど、友人を迎えに博多駅に行ったら、すでに並んでましたので、慌てて、UPした次第でした。
本当は、昨日でブログも仕事納めにしようかな・・・と思っていたのですが・・・。
ちなみに、正月の間、アップされ続けれるだろうと言う腹黒い計算も・・・(笑)。

さておき、今回の作品は、名前からすぐにおわかり頂けると思いますが、戦国の名将「武田信玄」とその後継者「武田勝頼」を描いたモノです。
ただ、前作よりも、かなり色濃く、私自身の体験が出ている作品だと言えます。
そして、哀しいかな、これは、私だけの特異な体験ではなく、これが、日本の中小企業(あるいは、松下幸之助などを見ていると、大企業でさえも・・・。)で起きていることの現実だとも言えるような気がします。
中内功、藤田田、水島広雄、和田一夫・・・etc、昨日の名将が今日も名将であるとは限らないんです。
その意味で、おそらく、500年前の武田家の実態も「当たらずといえども遠からず・・・」だったのではないかと思っています。
過去のカリスマがかえって仇を無し、迷走さえも深謀遠慮に映る・・・。

「ボケた毛沢東ほど始末の悪いモノはない。」
これが、私が身を以て体験したことの結論です。

よろしければ、クリックお願いします。→ 人気blogランキング
by heitaroh | 2005-12-30 20:24 | 私小説 | Trackback(6) | Comments(5)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/2331544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 世の中の想定外な事 at 2005-12-29 20:56
タイトル : 顧客満足−サービスと価格
「歳末助け合い」というのを以前はよく聞いていたように思います。今でもそうなのかもしれませんが(私が聞いてないだけかも)_笑。 会社は昨日で基本的に終わりだったのですが、顧客の都合とこちらのスケジュールの関係で今日そして明日とアポイントがあり、今日まず1...... more
Tracked from 世の中の想定外な事 at 2005-12-29 20:57
タイトル : 子供の教育に参考になるかな?
記事を読んだら、これも韓国。何かと韓国が出てくるなぁ・・・。 それは兎も角、「うちはもう遅い」_笑。子供からすれば、「遺伝子の問題だ。」とか_とほほ。天才らしいです。... more
Tracked from 世の中の想定外な事 at 2005-12-29 20:58
タイトル : 「不適切な」トラバへの警告
最近、奇妙なトラックバックが目立つようになりました。所謂、エロトラバ、とかいう類ですが、”巧妙な手口”も目立ちます。 私が誰かを知ってて、不適切なトラバをしているのかどうか知りませんが、警告を無視した場合には、覚悟のほどを。 LinksにあるParkさん....... more
Tracked from 世の中の想定外な事 at 2005-12-29 20:59
タイトル : 大手ゼネコン、談合廃止へ 独禁法制裁強化で
今日の朝日の朝刊のトップは、コレでした。新聞によればその大手ゼネコンは4社、鹿島、大林、大成、清水。 全国の談合組織の舵取り役とのことで、この4社が実際に全く関らなくなると組織が機能しなくなるとか。他の業者にとっては痛い話?... more
Tracked from 世の中の想定外な事 at 2005-12-29 21:00
タイトル : 気分転換−ジャンプ
今年も残すところ、今日も含めて3日。この12月は驚異的なスピードで過ぎ去っているように感じられてならない。 しかも酷寒ときている。風も強く、東北では吹雪の中脱線事故で死傷者が出ましたね。脱線事故といえばJR西日本、乗務中に会社支給の携帯で”不適切な使用”....... more
Tracked from 戦国武将ファイル at 2005-12-31 20:43
タイトル : 武田信玄
 武田信玄は甲斐という生産性の低い土地でその生を得た。 相した土壌のなせる業だったのであおろうか。信玄は実はあまり好戦的な漢ではなかった。 むしろ調略や内応策を得意とし、戦わずして勝つを旨としていた。そして出来るだけ無謀な戦は避けた。力攻めの戦は好まなかったのである。  しかし信玄はその知略も含めて他の戦国大名には恐れられた。 確かに、信玄最後の戦である西上作戦でもその戦力は凄いものだった。  特に三方ヶ原では戦国一とまで言われる三河武士有する徳川軍をも一蹴するのだ。  しかし、「信玄公の...... more
Commented by hideki-0319 at 2005-12-31 20:45
 お恥ずかしい話ですが、貴殿の事を今回初めて知りました。
著作の方も興味をそそる内容が多いように思われます。
是非、書店で探したいと思います。
 ただ・・・。奈良には無いのでしょうか・・・。
もし宜しければ教えてくだされば幸いです。
Commented by hideki-0319 at 2005-12-31 20:45
↑は戦国武将ファイル筆者です^^;
名前を入れ忘れました^^;
Commented by heitaroh at 2005-12-31 21:06
>hideki-0319戦国武将ファイル筆者さん

過分なお言葉、有り難う御座います。
奈良は
奈 良 磯城郡     宮脇書店 田原本店
奈 良 大和郡山市  庫書房
奈 良 香芝市     万葉書店 真美ヶ丘店
奈 良 香芝市     森谷書店
奈 良 生駒市     万葉書店 生駒店
となっております。
奈良市は見あたらないみたいですね。
申し訳ありません。
アマゾンの方では如何でしょうか?
ライフログの方で掲示しておりますが・・・。
Commented by マツダミヒロ★魔法の質問 at 2006-01-03 01:16 x
ご無沙汰です!
すでに2度目なんですね。
著者の先輩として、いろいろ教えてください。

今年は博多であいましょう!
Commented by へいたらう(管理人) at 2006-01-03 12:48 x
>マツダミヒロ★魔法の質問さん

ご無沙汰しております。
山形は雪で、色々と大変みたいですね。
特に影響はなかったですか?

私のは、単なる、道楽です。
こちらこそ、ご指導を頂かねば・・・と思っておりますので、よろしくお願いします。
<< 謹賀新年に見る博多雑煮の世界! 年末に薩英戦争と織田信長で嗤う... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧