恣意と独断で選んだプロ野球歴代ベストナイン!
親愛なるアッティクスへ

今日からいよいよ、12月ですね。
先月はたぶん、私のブログ史上最高なほどにさぼってしまいましたので、今月は最初くらい、ちゃんとしようと(笑)。

で、私、福岡ソフトバンクホークスアジアシリーズサムソンに敗れたということに大変、不満と憤りを持っております。
それは、2005年の開催開始以来、日本の球団が初めて優勝を逃した・・・などということではなく、(むしろ、初めて日本以外のチームから優勝が出たということは良いことだと思っています。)ソフトバンク球団がこの大会を「花相撲」としか捉えていないことについてです。
特に、秋山幸二監督は日本シリーズ直後のインタビューで、「次はアジアシリーズですね!」と水を向けられると、「そんなこと、どうでも良い」と言わんばかりに、徹底して話をかわし続け、開幕後も紅白戦程度のメンバーしか出場させませんでしたよね。

e0027240_13345660.jpg本心は、「迷惑だ」・・・ということだったのでしょうが、従って、負けても、「ああ、やっと余計なお付き合いが終わった」という程度だったのでしょう。
しかし、元々このシリーズはメジャーに人材が流出し、アメリカの2軍化することに危機感を覚えた日本側の肝いりで始まったものだったのでは?
それなのに、いくら台湾だからってテレビ中継もないし、現場は迷惑がっているから主力も出さない、こんな状態であれば、相手にも失礼であり、こんなの続ける意味があるんですか?

日本人は、いい加減もう、「日本だけで完結していた時代」は終わった・・・とわかっているはずなんじゃないですか?
ていうか、この業界だけは、かえって現実から目を背けて内向的になろうとしてませんか・・・?

ということで、私も思い切り内向的になって、過去のプロ野球選手の歴代ベストナインを恣意と独断で持って選んでみました(笑)。

1 センター    福本 豊
2 ライト     イチロー
3 ファースト   王 貞治
4 サード     長嶋茂雄
5 キャッチャー 野村克也
6 レフト      張本 勲
7 セカンド    落合博光
8 ショート    吉田義男
9 ピッチャー   稲尾和久  
           金田正一

ついでに、ゴールデングラブ賞は・・・またの機会にしましょう(笑)。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-12-01 07:43 | スポーツ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/16990255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakanoueno-kumo at 2011-12-09 17:20
例年は今年ほど露骨ではなかったですよね。
今年は開幕を遅らせたことで、ドラフトも日本シリーズも全てが後にずれ込んでしまい、そんな理由もあったんじゃないでしょうか。
11月末まで野球やってた年なんて、いままでなかったですからね。
だからと言って手を抜いていいという理由にはなりませんが・・・。
つまるところ、なんだかんだ言っても日本はアジアをなめているということでしょうね。
WBCの主催でありながら同大会をなめているMLBのようなもので・・・。
Commented by sakanoueno-kumo at 2011-12-09 17:33
それから歴代ベストナインについて。
私もほぼ同じですね。
強いて言えば、稲尾や金田の現役時代を知らない私としては、投手は江夏と言いたいぐらいでしょうか。
あと、落合選手はセカンドの印象が少なく、ファーストかサードのイメージが強いのですが、そこには絶対に動かせない選手がいるため、落合を選ぼうと思えばセカンドしかない・・・といったところでしょうか。
ファースト・サードにはビッグネームが他にもたくさんいますからね。
その点、ショートには打者としてのビッグネームが少ないですね。
吉田義男氏もどちらかといえばゴールデングラブ賞の人ですから。
じゃあ、ほかに誰がいるかと考えれば、広岡、豊田、宇野、立浪・・・いずれも似たようなタイプですもんね。
Commented by heitaroh at 2011-12-09 18:58
< sakanoueno-kumoさん

いやあ、私にはそうは思えませんでしたよ。
秋山監督はインタビューの時から、眼中に無いみたいな感じでしたし、何より、最初から主力が出てないわけでしょ。
まるでやる気ないって言ってるようなもので、相手にも失礼ですし、この状態で続ける意味あるんですか?

ちなみに、新人王とMVPはこれまで別々の日に発表してました?
ベストナインと一緒に、これまで同じ日に発表されていたような気がしたのですが・・・。
開幕を遅らせた影響があるなら、逆に、ゴールデングラブ賞も一緒の日で良かったんじゃないですか?
明らかな、新聞のネタのためのように思えるですが(笑)。
Commented by heitaroh at 2011-12-09 19:11
< sakanoueno-kumoさん

稲尾、金田を知らないのは私も一緒ですよ(笑)。
私ももう一人くらい、本当は江夏を付け加えようかと思ったんですけど、それ入れてしまうと、野茂や鈴木啓示・・・と切りがなくなってくるような気がした次第でして・・・。
その意味では、やはり、このお二人は図抜けているということではないでしょうか。
ちなみに、本当は張本さんをDHにして・・・ということも検討したのですが、そうなるとこれも、山本浩二、山内一弘、松中、長池・・・と切りがなくなってきそうでやめました。

>あと、落合選手はセカンドの印象が少なく、ファーストかサードのイメージが強いのですが、

いえいえ、落合さんは最初にロッテで三冠王を獲ったときはセカンドでしたよ。
私は今も落合さんはセカンドだと思ってます。

それから、ショートは本当は私は豊田泰光さんを入れようかと思ったのですが、やはり、走攻守すべての点で検討してみれば吉田さんかな・・・と思った次第でした。
少々、打力に偏りすぎた選出になりすぎたような気もありましたしね。
<< 大王製紙御曹司の不祥事に思う昭... 悲運の闘将・西本幸雄監督の逝去... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧