北東アジアの緊迫が語る福岡県に空襲警報と高射砲の音
親愛なるアッティクスへ

e0027240_10195099.jpg先日、画像を整理していたらこういう物(←)を見つけました。
「ああ、宇都宮に居たとき、ホテルの窓から撮った風景か・・・」と思ったのですが、よく見てみると、まったく違う風景でして・・・。
私は当然、ニューヨークなんか行ったことはないし、ていうか、それ以前に外国ですらないような、何か、昔、ウルトラセブンなどに出てきた異空間の都市みたいにさえ思え・・・。
「???」と思い、しばらく考えて・・・わかりました。
右90度回転した岐阜でした(笑)。

ということで、本題です。
一昨日、佐々淳行氏のセミナーに行ってきました。
氏ももう80歳だそうで、かなり、歩行も困難なご様子でしたが、首から上はまだまだカクシャクとしておられ、相変わらず自慢が多い講演でした(笑)。
で、まあ、内容自体はこれまでに聞いた内容とそう大きく違うものはなかったのですが、その中で、興味深いというか、少し意外なことを言っておられました。
今、北朝鮮ノドン・ミサイルに備えて、東京・大阪・名古屋にはそれ(パトリオット?)に対応した師団が配備されているそうで、それに対して、福岡県出身麻生太郎元総理が強硬に福岡県への配備を主張して1個師団配備されたんだそうです。

で、私が興味を持ったのは「麻生さんが地元に持ってきた」ということではなく、このとき、麻生元総理が佐々氏に言ったという会話でした。
曰く、「佐々さん、あんた、空襲警報は最後にいつ聞いた?」と聞かれたから、「15日はまったく来なかったから、昭和20年8月14日だ」と答えたら、「冗談じゃない。北九州の人たちは昭和27年まで空襲警報高射砲の音も聞いているんだ」と・・・言われたそうです。
まあ、北東アジアでの脅威に対しては如何に北部九州は枢要の地であるか・・・ということを言いたかったのでしょうが、どういうことかというと、朝鮮戦争当時は、時折、北朝鮮ミグ戦闘機がこちらのほうまで飛来したらしく、その際には、空襲警報が発令され米軍機がそれを迎撃すべく一斉に飛び立ち、、高射砲も発射されたんだそうです。
だから、「北九州の人たちは昭和27年まで空襲警報の音も高射砲の音も聞いているんだ」・・・と。

これは私はまったく知りませんでしたね。
父からも祖父からもこういう話はまったく聞いたことがありませんでしたから。
氏は「北九州」と言っておられましたが、これは現代の「北九州市」のことではなく、おそらく、「北部九州」という意味ではないかと思って聞いていたのですが(確かに紛らわしいんですよ。福岡市も「県」なのか「市」なのかわからないし。「小倉市」「博多市」にして欲しいんですけどね。)、あるいは麻生さんの地元は北九州市の方に近いし、当時は小倉の方が博多より大都会でしたからね・・・。
そう考えれば、やはり、北九州市だけのことだったのかもしれませんが、いずれにしても、福岡県には昭和27年まで空襲警報が鳴っていたことは事実なのでしょう・・・。
                                         平太独白
by heitaroh | 2011-09-10 06:51 | 歴史 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heitaroh.exblog.jp/tb/15407986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mohariza6 at 2011-09-11 15:46
何か、昔、ウルトラセブンなどに出てきた異空間の都市みたいにさえ思え・・・。
「???」と思い、しばらく考えて・・・わかりました。
右90度回転した岐阜でした(笑)。>・・・
の写真、確かにどこか、レトロ調で、異国風で、未来都市風に見えました。

90度回転の画像の妙(:普段見ている景色等も角度を変え見ると、違って見えると云う)の発想、こんど、いつか、使わしていただきます。
Commented by heitaroh at 2011-09-12 21:24
<by mohariza6 さん

さすがデザイナー。食いついてこられましたね(笑)。
<< 南紀で見つけたでゅー・ゆー・い... 東日本大震災・北関東派遣見聞録... >>


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧