「レ・ミゼラブル2017福岡公演in博多座」観劇記
昨日今日は台風の影響で随分と過ごしやすくなっていますが、まだ、暑い盛りの8月。
私、門外漢ながら、博多座で上演されたミュージカル「レ・ミゼラブル2017福岡公演in博多座」に行ってきました。

e0027240_1152817.jpg

我々の世代は、レ・ミゼラブルと言うよりも、「ああ無情」の名で記憶されている方も多いと思いますが、実は、私も存在は知っていたものの、ヒュー・ジャックマン主演の映画「レ・ミゼラブル」を見て、見るまで、殆ど、内容は知りませんでした。
で、映画を見て初めて、どういう物かを知り、今更ながらに、原作を読み、解説書を読んで、本場、ロンドンでのミュージカルのDVDを購入したことがあり・・・。

e0027240_11103836.jpg

で、感想を言えば、設備が新しい分だけ、ロンドンのそれより、舞台美術などは素晴らしかったですね。
冒頭の場面で、舞台上に波が立つのは思わず、目を疑いましたよ。
ただ、席が端のほうでしたので、なかなか、全体を俯瞰するわけにはいかず。
博多座も考えてセットを組めば良いのにと。
(舞台からはみ出た所で、突然、歌い出してもどこで歌っているのかしばらく、探さねばならず。)
教訓として、こういうのは後ろの方でも良いから、中央付近で見るべきかと。

e0027240_1128726.jpg

また、思ったのが、日本語では「私は 海へ 行く」が、英語では「私は 行く 海へ」なわけで、その意味では音楽に乗せたときの訳詞の難しさというものも感じました。
「君の名は?」と問われ、「アイ・アム・コゼット~♪」と歌う所が、「私はコゼットです~♪」では、本来、もっとも伝えたい固有名詞である「コゼット」と歌う部分に「です」が来るわけで。
一方で、DVDではストーリー知っているからわかるけど、知らない人が見ると、説明不足でわからないような部分もありましたが、この辺は舞台では日本人にわかるように、見事に必要な説明は台詞の中ですべて簡潔に語られてましたね。

と言っても、役者の技量という部分では、声量も含め、本場のそれにいささかも遜色ないように感じました。
むしろ、よく出来すぎていて、「よくぞ、他国の文化にここまで従順に・・・」と、日本人らしさに苦笑したくなりましたが(笑)。
                        平太独白
# by heitaroh | 2017-09-15 06:46 | 音楽芸能 | Trackback | Comments(0)

福岡県朝倉市水害における観光地秋月へのエール
残暑お見舞い申し上げます。
先般の福岡県の豪雨被害にて、色々、ご心配をおかけしたようですが、実はあの日、同じ福岡県でも福岡市ではまったく、雨が降ってませんでした。
(日付を跨いだ辺りから降ってきましたが。)
また、被害が大きかった福岡県朝倉市の中でも、かなり、程度に差があったようで、同市の観光名所である秋月などは幸いなことに殆ど被害が無かったとのこと。

e0027240_11544079.jpg
(↑先月、秋月の川床料理、「だんごあん」に行ってきました。今の季節は清流と深い緑に囲まれ、なかなかに快適です。)

ただ、逆に、我々が「福岡県」で一括りにされるように、ここも「朝倉市」で一括りにされることで、風評被害が心配だ・・・とのことでした。

e0027240_12211337.jpg
(↑かつての秋月街道だそうです。秋月藩はこの道を通って、江戸まで参勤交代に行ったと伺いました。まあ、自動車が無い時代ですから、これで良かったんでしょうが、でも、それでも、せいぜい、二列縦隊でしか進めませんよね。)


e0027240_12232054.jpg
(↑旧秋月城下の武家屋敷。良い風が吹いてました。)

私も当地のことは同県ながら、あんまり、詳しくなく・・・、被害が甚大だった場所と軽微だった場所がうまく説明できません。
が、せめて、この夏の観光名所への風評被害だけでも軽微であったことを祈って止みません。

ちなみに、2005年に福岡市でも福岡西方沖地震というのがありましたが、この時も、被害があった所に差があり、博多湾に浮かぶ島の片方の被害が甚大だったのに対し、もう片方は殆ど被害がなかったことから、この時は風評被害に対するアナウンスが、かなり、なされていたように感じました。
まあ、それでも影響は深刻だったのでしょうが。
(ちなみに、水害も2009年だったかに見舞われており、うちもそのときに浸水しました。)
今は、ただ、一刻も早い復旧を願ってやみません。
                   平太独白
# by heitaroh | 2017-08-18 06:48 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)

藤井聡太四段の快進撃にひふみんがもはや歴史
またやってしまった。
6月の更新を忘れてしまいました。

e0027240_19363396.jpg

藤井聡太四段の快進撃と違い、既に一度途切れてたんですけどね(笑)。
もっとも、私は将棋は小学生とやっても負ける程度で、到底、将棋で人様に語れるものは持っておりませんが、ただ、「歴史」という観点から見ると、少し思うこともあり。

その藤井四段の連勝記録の最初に対戦した「ひふみん」こと、加藤一二三九段ですが、自身、「神武以来の天才」と呼ばれた人だっただけに、14歳の藤井四段との対比がより、印象づけられたのでしょうが、私が言いたいのはそこではなく、初めての名人戦挑戦の相手が神様・大山康晴だったと言うこと。
(まさしく、今の藤井聡太と羽生善治かと。)
さすがの、神武以来の天才も神様大山の前には鎧袖一触、これでもかというほどに叩きのめされます。

その加藤青年を懇意にし、打倒大山に執念を燃やしたのが、大山の同門の先輩である無頼派・升田幸三
升田はついに昭和31年(1956年)の第16期名人戦において大山から名人位を奪うが、大山の巻き返しに合い、翌年から次々とタイトルを奪回される。
それだけに、升田の執念はすさまじく、ついに、さしもの大山も追い詰められる。
九分九厘勝っていた場面で、升田が放った「ほな、ボチボチ攻めたろかい」の一言に、大山が憤激。
そこから、まさかの逆転で敗れ、以後、升田は、タイトルを一つも獲得できなかった。

その升田は、明治3年生まれの「王将」坂田三吉の謦咳に接している。
そう考えれば、加藤九段の存在自体がもはや、「歴史」なんだなと。
一方で、「若いうちは強いのが当たり前です」とは大山名人の言。
泉下の神様、藤井聡太四段の快進撃をどう思う。
                    平太独白
# by heitaroh | 2017-07-03 18:53 | 音楽芸能 | Trackback | Comments(2)

昭和を文字にして残す活動
今、訳あって、郷土史のほうのことを色々と調べており。
で、私、博多人でありながら、ずーっと、「東中洲」というのと、「西中洲」というのがわからなかったんですね。
よく、「西中洲で待ち合わせね」などと言われるのですが、「西中洲ってどこだっけ?」と思って、地図で調べたら、「ああ、ここね」と。
でも、「西中洲」はそもそも、中洲じゃないし。
「東中洲」に至っては、そういう名前のバス停があるだけで、そういう住所はどこを探してもないんですよ。

で、調べてて初めてわかったのですが、江戸時代に中洲が出来たとき、北端の早くから開けていた方を「中島町」とし、それ以外を「東中洲」としたと。
厳密に言えば、また、「浜新地」だ、「岡新地」だと出てくるのですが、それを言うとややこしくなるので、割愛しますが、ただ、それでも、なぜ、「東中洲」になったのかと、なぜ、隣の中洲じゃない部分を「西中洲」としたのかは結局のところ、わからないみたいです。
(東中洲の名前が初出するのは江戸時代で、西中洲は大正時代にはもう存在するみたいです。)

e0027240_18294850.jpg
で、私が言いたいのは、そういうローカルな話ではなく、こういう郷土史を調べていて、強く思うことがあったからで、それが、「高齢の方に今のうちに話を聞いておく活動をすべきだ」ということす。
もうすぐ、56歳になる私も、もう、語る側の人間になりつつあるのですが、それでも、もっと私の親の世代、昭和一桁に話を聞くべきだと。

e0027240_18344890.jpg
大正12年東中州大火というのがあったのですが、昭和の頃、某地銀が地域の歴史をまとめた小雑誌を発行しており、それを見ると、当時、80代だった明治生まれの方が、「あのときは」と語っておられる。
色々と郷土史家の方はいらっしゃるようですが、また、人間の記憶というのは結構、いい加減なところがあるものですが、それでも、やはり、そのとき、その場にいたというのは強いですよ。

e0027240_1837423.jpg
こういう人の話を今のうちに聞いて文字にしておく活動を始めようと。
つまり、「昭和を文字にして残す活動」ですね。
営利でなく、地元民としての「使命感」と言うことで。
誰か、一緒にやってくれる人はいませんかねえ。
                平太独白
# by heitaroh | 2017-05-29 18:03 | 社会全般 | Trackback | Comments(0)

「ポンペイ壁画展」で驚きの昭和の建築道具の数々。
またまた、「何か書かなきゃなあ」と思っているうちに、気がつけば4月も終わり・・・どころか、あと少しで今日も終わり。
こうやって人生が終わっていくんでしょうねえ。

先日から、福岡庶民史の年表を縦覧していて、呆れるくらいに自分が何も知らないことを痛感しております。
特に、「知ってて当然」みたいに人名が出てくるのですが、残念ながら、私は聞いたことも無く、ネットで検索しても伝記の類いが出てくればまだしも、殆どの人が、何をし、どこに住み、どういう経歴でどのような人生を送った人なのかさっぱりわかりません。
ましてや、市井の人のこととなると、完全に土に溶け込んでしまっており・・・。

で、深夜に独り、原稿書いててふと、思いました。
「結局、俺がやってることもこういうことなんだろうな」と。
まあ、当たり前っちゃ当たり前ですけどね。

で、先週末に、福岡市博物館で開催されている『日伊国交樹立150周年記念 「世界遺産 ポンペイの壁画展」に行ってきました。

e0027240_21525152.jpg

私は以前も行ったことがあったので、特に行くつもりも無かったのですが、ちょっと人に誘われたもので覗いてきた次第です。ただ、今回は「壁画」に特化した物だったようで、それ見て、「やはり、教養として、ギリシャ神話くらい知っておかなければならないなあ」と自分の不勉強さを痛感。

e0027240_2154196.jpg

で、結構、驚いたのがこれ(↑)で、当時の作図道具なのですが、殆ど、昭和の頃の建築道具と何の変形もありません。

e0027240_14214672.jpg

折り尺はともかく、差し金(曲がり尺)下げ振りなどは、まあ、日本原産では無いだろうなとは思ってましたが、少なくとも、東洋発祥なのだろうとばかり思ってました。
アルプスで発見されたアイスマンの入れ墨は針治療のそれを示していたという話もありますから、案外、あちらが発祥ってこともあるのかもしれません。
ちなみに、コンパスはロック付きだそうで、これは今でもあまり見たこと無いような。

e0027240_2261935.jpg

で、今回、日本の展示物には珍しく、全面的に写真撮影OKでした。
写真ダメなんて言っているのは日本だけだそうですから、ようやく、世界レベルに達したかと。
某大臣の「学芸員は癌」発言に発憤したというわけではないと思いますが(笑)、良いことです。

e0027240_2212495.jpg
(↑壁に書いてあった絵。たぶん、現代の有名な人の作画だろうと思いますが、あまり興味なく(笑)。)

つーことで、こんなんで申し訳ないのですが、今日が終わる前に何とか帰って晩飯食わねばならないもので、これにて!
また来月(笑)。
                       平太独白
# by heitaroh | 2017-04-29 21:36 | 文学芸術 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 19:21
わたしは小学生の頃、少し..
by sakanoueno-kumo at 10:11
> sakanoueno..
by heitaroh at 10:46
ようやく読み終わりました..
by sakanoueno-kumo at 19:09
> sakanoueno..
by heitaroh at 17:31
12周年おめでとうござい..
by sakanoueno-kumo at 03:47
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧