危うく忘れるところだった祝12周年!
気がつけば3月も後半。
「何か書かなきゃなあ」と思っていたのですが、特に書くこともなくそのままになっていたところ、ふと、「あ!12周年だ!」と。
もう、12年も経ったら、完全に忘れてしまってました。
(12年の星霜は短いようで長い。人間の経年劣化も激しく。思い出すたびに忘れ・・・(笑)。)

ということで・・・、相変わらず貧乏暇なしで、色々と世間の雑事に追われておりますが、祝!12周年~!となりました。

e0027240_17532572.jpg
(↑初回からずっと、周年は「道」をテーマにした画像をUPしてきましたが、今回は少し趣向を変えて、「海に残った道」ということで。)

で、12年ですが、先述したとおり、12年というのは短いようで長い歳月ですねえ。

e0027240_18151989.jpg
(↑過日、長崎県でたまたま通りがかったホテル。周囲の風景には似合わないほど、明らかに目立ってましたので、ちょっとお茶してきました。設計は・・・、案の定、隈研吾でした。)

42歳の本田宗一郎が38歳の盟友・藤沢武夫と初めて会った時、「あたしも若かったけど、うちの副社長(藤沢)も若かったねえ」と言ったといいますが、当時、私はまだ20代。
「42歳と38歳の何が若いんだ。おっさんじゃねーか」と思いましたが、今、改めて振り返ってみて、40代が如何に若かったか・・・ということを痛感しますね。

e0027240_1843875.jpg
(と思ったけど、やっぱり、道シリーズが途切れるのも心苦しいので形だけ(笑)。)

最近では、「私たちはスマホと大人になっていく初めての世代だ」などというCMがありますが、スマホなんてあっという間に過去の遺物になりますよ。
iモードが死語になったように。

e0027240_18435970.jpg
(やっぱ、周年の割には華やかさが足りないなと。)

とりあえず、13周年・・・があるのか無いのかわかりませんが、ぼちぼち、頑張りませうご同輩。
                     平太独白
# by heitaroh | 2017-03-21 17:57 | その他 | Trackback | Comments(0)

新著「三菱を創った男 岩崎弥之助の物語」電子出版開始
早いもので、もう、2月も終わりですね。
危うく、また、ブログの更新を忘れるところでした。

ところで、先日から申し上げておりました、新著、
「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」ですが、このたび、ようやく、電子書籍化の運びとなりました。
(何で同時じゃないんだ・・・とは私も思うのですが。)

上記タイトルをクリックしていただくと当該ページに飛ぶようになっておりますが、一応、以下にアドレスを貼っておきます。
どなたさまも、よろしくお願い申し上げます。

https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B06WWPSYJJ/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1484378845&sr=1-1

本当はもっと縮められるのかもしれませんが、あいにく、そちらの方には疎く・・・。

e0027240_18495887.jpg
(↑絶賛発売中!(笑)。)

            平太独白
# by heitaroh | 2017-02-26 18:24 | 私小説 | Trackback | Comments(0)

新著「三菱を創った男 岩崎弥之助の物語」出版の案内
先日から申し上げておりましたように、このたび、新著、
「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 弥之助なかりせば」を出版致しました。
ちょっとした手違いで、長~いタイトルとなっておりますが、三菱の創始者・岩崎彌太郎の弟で、兄の没後に、その遺業を受け継ぎ、「三菱財閥」を創った岩崎弥之助の生涯を描いたものです。

e0027240_1825190.jpg

今回はこれまでの戦国時代物と違い、三菱の創業物語を軸に、幕末明治を舞台にした物・・・となっております。
なかなか、満足行く校正が出来ておらず、いささか、読みづらいところがあるかもしれませんが、よろしくお引き立ての程、お願い申し上げます。

上の、タイトルを押していただくと紀伊國屋書店のHPに飛ぶようになっておりますが、念のため、下記にアマゾンのHPも記しておきます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4344910370/

先日もちらと述べましたように、「三菱」というと、岩崎彌太郎ばかりが有名ですが、実は彌太郎の三菱は、系譜の上では今の日本郵船に受け継がれており、「三菱財閥」は弟の弥之助が「海から陸への転換」を果たして創業した物です。
さらに、弥之助は日銀総裁なども歴任しているにも関わらず、如何せん、あまりにも兄の盛名が大きすぎ、ウィキペディアなどでも、「え?たったこれだけ?」というほどにしか触れられておりません。
ということで、知名度的には決して高いとは言えない人物なのですが、「光を当てられていない人に光を当てたい」をモットーとしており、敢えて、題材としてみました。

e0027240_1885464.jpg

(↑わずかな光ですが、これだけでも、随分と明るくなる気がします。)
よろしく、ご理解の程、お願い申し上げます。
                       平太独白
# by heitaroh | 2017-01-19 18:26 | 私小説 | Trackback | Comments(2)

2017年謹賀新年の~弥之助なかりせば~の年賀状
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ところで、私の今年の年賀状です。

e0027240_1745910.png

ご覧の通り、本年は、性懲りもなく、またまた、新著、
「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」
を出版する予定です。
今回は戦国物ではなく、幕末明治が舞台で、「三菱」と言えば、大河ドラマ「龍馬伝」などでも周知の岩崎彌太郎ばかりが有名ですが、主人公はその弟の岩崎弥之助
「誰もが書いていることは書きたくない。光が当たっていない人に光を当てたい」というのが私のモットーであり、いささか、知名度の点では物足りないかもしれませんが、よろしく、お引き立てのほど、お願い致します。
(彌太郎と彌之助、とても紛らわしく、資料も何冊も同じ物を買ってしまいました。なので、敢えて、彌太郎と弥之助・・・と。)

e0027240_17323646.jpg

実は、彌太郎が「作った」三菱は、現在の三菱グループではなく、系譜の上では日本郵船に引き継がれており、三菱グループの基となった三菱財閥は、彼の死後、その弟、弥之助が引き継いで新たに「創った」ものです。
なのに、ウィキペディアなどでも、この弟のことは呆れるくらいにあっさりとしか触れられておらず、さらに、彌太郎の盛名ばかりが高すぎて、弥之助のみならず、中には、その後の「財閥解体」で終演を迎えた時の当主まで、すべてが彌太郎一代の出来事だと思っている人もいるとか。

今のところ、1月17日の発売予定と聞いておりますが、(「1/17に間に合わせたいなら、最終校正を一日でやってくれ」と言われ、夜中まで意識朦朧となりながらやりました。言葉足らずの点は平にご容赦を。)また、はっきりしましたら、ご案内させていただきます。
                    平太独白
# by heitaroh | 2017-01-03 17:45 | 私小説 | Trackback | Comments(2)

米欧亜回覧の会20周年シンポジウムの冷ややかな東京
気がつけば、あっという間に12月も半ばを過ぎ、すっかり年末ですね。
私も今、原稿の最終校正でかなり余裕がない毎日を送っており・・・。
今、ようやく時間が出来たので、年賀状でも書こうかと思い、ふと、ブログ更新をと思い出しました。
まだ半月ある・・・なんて思っていると、また、二度目の一ヶ月更新怠りになってしまうので、今やっておかないと・・・と(笑)。

e0027240_20143620.jpgで、少し前のことになるのですが、明治初期に日本政府首脳が丸ごと長期に渡って外遊したことで知られる岩倉使節団が書き残した「米欧回覧実記」という物があるのですが、今月初め、それに因んだ、NPO法人「米欧亜回覧の会」設立20周年記念 グランドシンポジウムとやらに出席するため、ちょっと、東京まで行ってきました。福岡はこの秋、あまりすっきりした天気がなかったのですが、東京は見事なまでの快晴。
ただ、風は間違いなく、福岡より冷たかったですね。

福岡ではまだ、あまり、マフラーを巻いている人は見かけなかったのですが、東京は皆、完全な冬装備でしたから。

e0027240_20423854.jpg
(↑博多駅前クリスマスマーケット。東京だとさすがに寒いかも(笑)。)

e0027240_20164880.jpgちなみに、先日、東京から福岡に移り住んだ人から、「福岡は日本海側だから、東京に比べ、冬は曇りの日が多い」と言われ、特にそんな気もなかったもので、「そんなことないやろ」と言って、調べたら、やはり、冬場の日照量は東京の半分でした。
ただ、日本海は関係なくて、東シナ海の影響とのこと。
まあ、半分正解、半分不正解というところでしょうか(笑)。

で、当日はシンポジウムに集中するため、酒は一滴も飲まない・・・予定だったんですが、なぜか、当日はしっかり二日酔いとなっており・・・。
隣の席のおばさんの目が外気並に冷ややかでした(笑)。

e0027240_20182661.jpg

講師の方たちは錚々たる顔ぶれで、とても参考にはなったのですが、肝心の米欧回覧実記については、いささか、話を広げすぎているような嫌いがあり。
現代日本の諸問題の根源をすべて岩倉使節団に求められても、彼らも、「そんなの知るか!」と言うんじゃないかと。
「後世のお前らは何をやってたんだ!」と。

e0027240_20195566.jpg

私は、岩倉具視が髷を落としただけでも、十分に価値があったと思いますけどね。
何より、彼らが西洋文明なるものを持ち帰らなければ、日本がユートピアであり続けられたかと言えば、決して、そんなこともないわけで。
                   平太独白
# by heitaroh | 2016-12-17 20:46 | その他 | Trackback | Comments(0)


国際問題からスポーツまで、世の出来事に対し独自の歴史観で語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
池田平太郎

昭和36年 福岡市下人参町(現福岡市博多区博多駅前)で代々大工の棟梁の家に生を受ける。

昭和43年 博多駅移転区画整理により、住環境が一変する。
物心付いて最初に覚えた難しい言葉が、「区画整理」「固定資産税」

以後、ふつー(以下?)に現在に至る。

平成16年 関ケ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ上げられてしまったために、大国毛利を凋落させた男、「毛利輝元」の生涯を描いた小説、[傾国の烙印―国を傾けた男毛利輝元の生涯]を出版。

平成18年 老いた名将信玄に翻弄される武田勝頼を描いた[死せる信玄生ける勝頼を奔らす]を出版。

平成20年 共に絶版となる。

平成22年 性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之、三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版。

平成23年 処女作「傾国の烙印」がネット上で法外な値段で売買されている現状を憂慮し、「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」として復刻再出版

平成25年 前作、「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす」が大幅に割愛された物だったことから、常々、忸怩たる思いがあり、文庫本化に際し、新たに5倍近くに書き足した「死せる信玄 生ける勝頼を奔らす 増補版」として出版。

平成29年 兄、岩崎彌太郎の盛名の影に隠れ、歴史の行間に埋没してしまった観がある三菱財閥の真の創業者・岩崎弥之助を描いた、「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」を出版。

わかりやすく言うならば、昔、流れていた博多のお菓子のCM、「博多の男は、あけっぴろげで人が良く、少しばかり大仰で祭り好き」を聞き、「人が良い」を除けば、何とピッタリなんだと思った典型的博多人にして、九州データブックという、まじめな本に「福岡県の県民性」として、「面白ければ真実曲げてもいい」と書いてあったことに何の違和感も持たなかった典型的福岡人
ライフログ
最新のコメント
> sakanoueno..
by heitaroh at 18:12
光を当てられていない人に..
by sakanoueno-kumo at 15:14
>sakanoueno..
by heitaroh at 11:09
あけましておめでとうござ..
by sakanoueno-kumo at 15:22
>Mさん  そうだ..
by heitaroh at 20:52
壊れた時計が動く理由もネ..
by M at 20:38
> sakanoueno..
by heitaroh at 12:35
なるほど。 先日の疑問..
by sakanoueno-kumo at 22:50
>sakanoueno..
by heitaroh at 10:05
キリのいい年となると、あ..
by sakanoueno-kumo at 19:28
>細田さん すみま..
by heitaroh at 10:36
すいませんが、色々とお聞..
by 細田 at 21:04
>sakanoueno..
by heitaroh at 18:09
私も島原城は行ったことが..
by heitaroh at 17:58
結局のところ、陛下ご自身..
by sakanoueno-kumo at 21:09
検索
タグ
(64)
(54)
(54)
(51)
(50)
(46)
(42)
(41)
(41)
(36)
(32)
(31)
(30)
(30)
(29)
(28)
(26)
(26)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新のトラックバック
八犬傳(上・下)
from 天竺堂の本棚
2016年NHK大河ドラ..
from <徳島早苗の間>
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
明治日本の産業革命遺産の..
from 坂の上のサインボード
時~は2015年♪。
from <徳島早苗の間>
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧